<定山渓温泉 (北海道)>

「定山渓温泉(湯の滝)」、「支笏洞爺国立公園」

およそ130年前の慶応2年、美泉定山によって発見され、札幌

の奥座敷として親しまれてきた、湯の町定山渓温泉。ここは、町

の中央を豊平川が静かに流れ、渓谷の豊かな自然が、四季折々に

鮮やかな彩りで訪れる人を迎えてくれる、風情あふれる温泉郷で

す。ホテルや旅館をはじめ、数多くの保養施設が集まるこの町の

周辺には、ゴルフ、テニス、スキーなどのスポーツ施設が充実し、

また、手つかずの自然も満喫できる、見どころいっぱいの散策コ

ースも人気です。

定山坊が見つけた秘境の湯は、130年の時を経たいま、北海道

を代表する温泉となっています。

(泉質)純食塩泉

(住所)札幌市南区定山渓温泉

(交通)バス 函館本線札幌駅から定山渓行 終点定山渓下車(約1時間10分)

   車  札幌駅から国道230号線で約26分

(観光)豊平峡、中山峡、札幌、定山渓園地散策路

   かっぱ淵、岩戸観音、朝日岳散策コース

(案内)定山渓観光協会 Tel 011-598-2012

(ご宿泊のご案内)

Back