不倫相談 離婚の進め方

トップページ>慰謝料を請求されたら


不倫慰謝料について


慰謝料とは


不倫関係とは


慰謝料請求をできる場合


証拠の集め方


不倫の相手に慰謝料請求方法


慰謝料の相場


慰謝料を請求されたら


離婚の進め方と不倫


慰謝料請求書・示談書等 


ストーカー規正法とは       


不倫のQ&Aと判例


Q&A


判例


慰謝料を請求されたら


慰謝料を請求されたらどのように対応したらよいでしょうか。


不倫慰謝料請求書面に対しては、内容を確認してから原則として何らかの回答をする必要があります。

確認のポイントの第1は、不倫の事実があるのか、振り込め詐欺ではないか、脅迫ではないか、慰謝料請求権があるのか、正当なものかどうかです。

請求権について疑いがあると思えばその旨を理由と共に回答します。詐欺、脅迫の類は無視するか警察に届けるか判断します。

慰謝料請求権があるのかのチェック

(1)相手が既婚者であることをと知っていたか、または普通に注意すれば知ることができたのか

(2)不貞行為の時点で、相手方の夫婦関係は崩壊していなかったのか

不貞行為の時点で、既に離婚を前提に別居している場合などは、夫婦関係が崩壊していたと推定されます。

(3)自由意思で肉体関係を持ったかどうか

脅迫等で無理矢理肉体関係を持たされたなどは不貞行為には該当しません。

第2に、慰謝料請求が正当なものと確認できたら、金額についてチェックします。妥当と思われる金額の範囲内かどうかを検討し、妥当と思えば同意する旨回答し、または、指定の支払期限内に慰謝料を支払います。

金額が高すぎると思う場合には、妥当と思う金額を回答します。

このぺ−ジのトップに戻る



不倫相談は横浜離婚相談所へ

  電話 045−781−8382 携帯 080-3440-3950
 
メール   saito-88@@topaz.plala.or.jp
       (発信時に@は1個にしてください)
   
ご利用案内

ご相談の方法

料金表と振込先

不倫相談リンク集
リンク集

運営者
横浜離婚相談所
横浜市金沢区能見台5-12-9

電話 045-781-8382
携帯 080-4610-3749
斎藤清彦

 代表 斎藤清彦

京大法学部卒
元家庭裁判所調停委員
元行政書士
宅地建物取引主任者