不倫相談 離婚の進め方

トップページストーカー規正法


不倫慰謝料について


慰謝料とは


不倫関係とは


慰謝料請求をできる場合


証拠の集め方


不倫の相手に慰謝料請求方法


慰謝料の相場


慰謝料を請求されたら


離婚の進め方と不倫


慰謝料請求書・示談書等 




ストーカー規正法とは    






不倫のQ&Aと判例


Q&A


判例





あなたは累計
人目の訪問者です。
(本日は番目のアクセスです。 また昨日は人のご来場者がありました)

ストーカー規正法とは


ストーカーから身を守るための対策

不倫関係からストーカー的な行動に発展し生活が脅かされることが起こることがあります。

どのようにすればストーカー行為を止めさせ、被害を防ぐことができるのでしょうか。

ストーカー行為には警察の介入で対抗することになりますが、法律としては、「ストーカー行為等の規制等に関する法律(ストーカー規制法)」があります。

この法律はストーカー行為等を抑制し、違反者を処罰するなど必要な規制と、被害者に対する援助等を定めています。

規制の対象となるのは、「つきまとい等」とストーカー行為」です。


「つきまとい等」とは

特定の者に対する恋愛感情その他の好意感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、その特定の者又はその家族などに対して行う次の8つの行為です。

1 つきまとい・待ち伏せ・押しかけ
2 監視していると告げる行為
3 面会・交際の要求
4 乱暴な言動
5 無言電話、連続した電話、ファクシミリ
6 汚物などの送付
7 名誉を傷つける
8 性的しゅう恥心の侵害


「ストーカー行為」とは

同一の者に対し「つきまとい等」を繰り返して行うことをいいます。
「つきまとい等」の1〜4までの行為については、身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われた場合に限ります。

まずは警察に相談


つきまとい等のストーカ行為にあったら、最寄の警察に相談して、ストーカー行為をやめるように申し出て警告してもらい、また、この警告に従わないなら公安委員会から禁止命令を出してもらうことができます。

禁止命令に従わないときには、告訴して処罰を求められます。刑罰は6月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。

ご利用案内

ご相談の方法

料金表と振込先

不倫相談リンク集
リンク集

運営者
横浜離婚相談所(YRS)
横浜市金沢区能見台5-12-9

電話 045-781-8382
携帯 080-4610-3749
斎藤清彦

 代表 斎藤清彦

京大法学部卒
元家庭裁判所調停委員
元行政書士
宅地建物取引主任者