白滝は五ヶ所川の上流に位置し、剣峠の麓の四方潅木に囲まれた静かな谷間にあります。
  夏でも、滝壺に近づくと冷気が身にしみ、観光客も多く訪れます。滝のすぐ側には、不動堂があり 
  不動の滝ともいわれ、5月には滝の周りに山藤の花が咲きほころび、薄紫の花が流れ落ちる 
  清流によく 映えます。  
  詩人野口有情も、かってこの地を訪れ「山にひびいて白滝さえも水に砕けて花と咲く」と詠んでいます。