園主 小山増男さん

 

  
「安全・安心で美味しいみかん作り」 をモットに、当地区でみかん栽培に取り組んでいる
  小山増男さんをご紹介いたします。


  増男さんは、1ヘクタールのみかん園と20アールの稲作経営を行っています。
  結婚を機会に就農した奥さんと、二人三脚で終日農作業に追われています。

  「消費者に、満足してもらえるミカンが自分の満足につながる」 と話す増男さん、防除日誌や
  毎日の園地の状態を欠かさずチェックしたり、園地で糖度を上げるため水はけをよくしたり
  適度な日当たりを確保するなど、園地管理にたいする努力もおこたりません。

  県内外で「マルゴみかん」の知名度は高く、その信頼に応えるため日々努力しています。
  他にも、五ヶ所小梅やデコポン、八朔など栽培しています。

  また、若い頃から絵画の勉学に励み、何度も画壇に入選・入賞しています。
  描いた油彩絵画は、寺院や公共施設などにも掲げられています。
  白いキャンパスの前に向かって、構図を考え、画筆をはしらせ、表現している時が、一番楽しい時でもあり
  心が休まる時でもあるそうです。