五ヶ所小梅は三重の伝統果実にも登録され「パール小梅」とも呼ばれ、種が小さく果肉が軟らかく
  厚いのが特徴です。 市場での需要度も高く、果樹の生育・地域の気象条件・土壌との相性など
  この地での梅栽培に適しています。
  収穫時期はは5月中旬〜6月上旬までの約20日間です。

  当地区で梅栽培に取り組んでいる中西博道さんは、今の時期、天候のよい日には家族総出で梅の
  摘み取りに従事しています。直径2cmほどの小梅を、1粒ずつ状態を見極めながらていねいに摘み
  取ってカゴへ入れていきます。今年も平年並みの収穫が見込まれるということです。