本尊聖世音観音像

                     

 
   
   先のラグビーワールドカップで大活躍した五郎丸選手が、ゴールキックする前に見せる
   両手を組み合わせて成功を祈るように、精神統一する独特のポーズが注目を
   集めています。

   人差し指を合わせる仕草は、仏が印を結ぶ姿でそれと同じ仏像が、当地区の飯盛観音堂
   に安置されていて、五郎丸のポーズにそっくりだと話題になっています。

   飯盛観音堂は、明治14年に建立され、本堂にある話題の仏像は、
本尊聖観世音菩薩(坐像)
   で室町時代の作りと云われています。
   
   全国には、岐阜県関市の関善光寺に鎮座する仏像一尊だけが唯一、五郎丸ポーズに似ている
   仏像だそうですので、この飯盛観音堂の仏像で二体となります。

   飯盛観音は厄除観音としてよく知られていますが、ぜひ五郎丸のルーティンポーズにあやかり、
   合格祈願・就職成就祈願にお参り下さい。
   

飯盛観音堂