教室



あなたの感性、スキルを一緒に高めませんか


教室風景当スタジオは、正しいステンドグラスの普及と、より良い制作法、また物を作る楽しさを多くの方に知って頂きたいとの考えから教室を開講しております

ステンドグラスの制作は、フラックスやブラックパティーナ、二酸化セレンなど毒性の強い化学薬品を使いますので、取扱いには十分な配慮が必要です。スタジオナンシーでは、人体に害のある薬品の成分を充分把握しておりますので、薬品による皮膚のかぶれや怪我もなく、安心して制作する事が出来ます

またガラスの切り方や制作法などは、比類なきハイレベルな独自ノウハウを持ち合わせていますので、スキルアップしたいと考えている方には最適な教室です
 
プロを教えるプロとして・・・

教室風景当スタジオは、通常“本格的ステンドグラス工房”として創作活動をしている為、初歩からプロ養成まで一貫した授業を行っております

その為、趣味として制作している方はもちろん、より良いものを作りたいと考えている人、また鉛線を使用したパネルの制作が苦手というプロの方まで幅広く教室を運営しています。

当スクールはどのようなものでも制作できますので、カリキュラム通りに進んでしまうカルチャーセンターなどの一般の教室とは異なり、制作したいものを自由に作っていただくことができます。 

またステンドグラスはもちろん、パネルの木枠行燈などの建具、ドア本体額装のライトボックスランプ用オリジナル鉄ベース等々、何でもOKです。
見学は自由ですので、他の教室受講者やプロの方も含め、どなたでもお気軽にお越し下さい。


ステンドグラス教室のご案内



9月の開講日
月 
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10月の開講日
月 
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


黄緑色の文字は、教室開講予定日ですが
出席予定表に記載がない日はお休みです。
紫色染めと機織り教室になります。

入会金 初・中・上級 ¥10.000
プロ養成 ¥50.000
施設費  \800(一ヶ月)
授業料 1回の授業は2時間です

一般コース


授業内容はハイレベルなものになっていますので、入会金・授業料はやや高目ですが
よりいいものを作りたい、またレベルアップしたいと考えている方には最適な教室です 



授業料 初級 中級 上級 フリーコース
月1回 ¥3,000- ¥3,500- ¥4,000- ¥3,000-
月2回 ¥5,000- ¥6,000- ¥7,000- ¥6,000-
月3回 ¥6,250- ¥7,250- ¥8,750- ¥9,000-
月4回 ¥7,500- ¥8,500- ¥10,500- ¥12,000-
 
開講日 第1〜第4木・土曜日 
金曜日は不定期 なお、祝祭日は原則お休みです
駐車場 6台まで可
時 間 午前の部 10:00〜12:00
  午後の部 13:30〜15:30
   
工具代 \18240-(2012.3/6 税別)   
初めに上記の金額(税別)がかかりますが、以後はハンダやフラックスなどの消耗品だけで済みます。 工具代金は、アメリカ製などの工具に比べ価格が1/4程度で済む、韓国や中国製の工具をお勧めしています。 正直なところ教室としてあまり利益は出ませんが、品質上なんら問題はありません。
* またフュージングや全面ハンダバーレス工法を体験したい方、プロ、アマチュアを問わず1回¥3000で受講できるフリーコース(1年間有効)があります。 受講日は教室開講日でしたらいつでもOKです。 またこのフリーコースは、入会金が無料ですのでお気軽にご参加ください
プロ養成コース
プロ養成科 短期集中コース 中期養成コース 長期養成コース
期間 1ヶ月 半年間 1年間
講習費 \72,000 \432,000 \864,000
開講日 教室開講日でしたらいつでも受講できます
授業時間 午前10時から午後3時半まで
ガラス代 実費
工具代 実費
制作物 その人に合わせたカリキュラムを作りますので、パネルや
ランプシェード、オリジナルのベース、行灯の建具作りなど
ご希望のものなら、どんなものでも制作可能です。
入会金 ¥50,000
プロ養成コースの受講日や期間につきましてはご相談に応じます
また、全面ハンダバーレス工法を学びたい方、出張レッスンいたします 5/21



教室の作品をご覧になりたい方はこちらからどうぞ


生徒さんの作品

2/9 



ガラス代   負担軽減の使用面積計算
一般的にはほとんどの方が坪売り(900平方センチメートル)でガラスを購入されていると思います。

例えば、15色のガラスを使ったランプを制作する場合は、坪売りをしている一般の教室では最低でも15坪のガラスを購入しなければなりません。この場合ガラス代は高額になってしまうため、やむなく色数(ガラスの種類)を減らして当初のイメージとは違う物が出来、自分にとって納得のいかない作品となってしまいます。

これでは、時間とお金をかけて制作しても、生徒さんにとってあまり意味のある事とは思えません。やはり作者が納得する作品を制作出来てこそ、ステンドグラスの普及にもつながると確信しています。

そこで当工房では坪売りではなく、使用した分だけの面積計算をしています。この方法はガラス代がとても安くなる上、生徒さんが在庫を抱えないメリットもあり大変効率的です。ガラスの代金も制作が終了した時点で計算しますので、前もって支払う必要がありません。

結果的に坪売りで制作した物と比較して、何分の一かの料金でご自分のイメージが作品として出来上がります。ガラスの料金計算はとても面倒なものですが、これもひとえにその“普及”を目的としているからです。




TOP
有限のガラス無限の光を操り別世界の空間を演出
ナンシーロゴマーク
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室2620-4
TEL&FAX : 048-876-0770
E-mail nancy@cocoa.plala.or.jp