教材(書籍・DVD)

 原書教材  MAYAN SEXUAL EDUCATION


    長老フンバツ・メン師の自主制作による「原書」は廃刊となり、その代わりとして、
    長老の許可を得て原書を忠実に再現した英文と、その日本語訳を付け加えた教材として
    本誌を提供しております。

    実践教材「マヤの性教育」の続編となり、性教育をさらに深く、さらに宇宙的に学ぶことができます。


       内容 : (英語+日本語訳付き A4、33ページ)

            マヤの人間の起源と進化論
            子供(愛しい宇宙的存在)を授かるためのアドバイス
            ピラミッド神殿における性教育
            天体と性の関係
            7つのチャクラを用いる性行為

       ご購入条件: 「レッスン7」を受講済みであること。

       価格: ¥3,000 + 送料









読者ご感想


* 最新のご感想には、「!!! NEW !!!」がついています。


「!!! NEW !!!」

女性嫌悪や女性差別の歴史が何千年も続いていると伺い、どんな女性も性行為に対しては、何かしらネガティブなものを感じざるを得ないのかもしれないと思います。しかし、「宇宙や自然と一体となってチャクラとチャクラをつなげる美しい行為が性行為であるという教えは、未来の女性たちにとって喜ばしいものではないか」と思うと、私も美しい性行為をしてみたいと感じます。本誌から溢れる美しいエネルギーを深く受け取って、「性は美しいものだ」と心から言えるようにしたいと思いました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

本誌に書かれた内容は、思春期を迎える少年少女たちにこそ伝えるべき内容だと切実に思った。「性行為=聖なる行為である」と認識したのなら、徒に、体の欲求のまま、こそこそと、まるで悪い事を隠れてするような後ろめたさの中で、最初の体験を行わずに済むのにと思った。人類創造というもっとも重要な行為とその知識は、ほとんどの人が、文字通り、闇の中で手探りで学ばなければならないという現代の歪み。その歪みはあらゆる場所に行き渡り、私たちを破壊しようとしている。種の存続という、生物にとって最も重要な部分を隠し、操作する。これでは、歪んでしまうのは当たり前である。現実に起こっているネガティブな事件や問題が、全て、「性」が隠されたために起きている気がしてならない。私に、何が出来るだろう、何を伝えられるだろう、そう思うと焦燥感に襲われる。その思いに呑み込まれないように、祈り続けて行きたいと思う。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

チャクラの活性と性的興奮というのが大きく関係するとよく言われていますが、その時、星々の影響を大きく受けるというのは、一般的にはなかなか実感として捉えられる人は少ないと思います。しかし、マヤの言い伝えからすれば、「全くもっともなことである」とうなずけますし、「性的な喜びが増加すると、太陽とのつながりが始まる」というのも、よくイメージ出来る気がするのです。日本人は文化、民族的に、性というものを汚い、いやらしい、隠すべきものと捕らえがちですが、私はもっと大切で人間が生きる上で大きく影響を与えるし、決して「隠すべき汚いもの、恥ずかしいもの」と思うことに疑問を感じていたので、この奥義を読んで、とても自然に受け止めることが出来ました。このような奥義の伝達を受けることが出来ましてとても嬉しく思っております。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

この知識を自分の肉体、スピリット、そして「性」とどう結びつけていこうか、対応させていこうかと考え試行を重ねる日々が続きました。そう した時間の中で、「7つのエネルギーセンターを脊椎を通って上昇する性エネルギー」の存在を自らの内に発見し、実感し、20年以上連れ添った妻とも新たな愛し合い方、エネルギーの交換を少しずつ覚え始めています。掲載されている写真や絵、シンボルの未知なる存在に自分の進む道の奥深さを再認識しました。そして、私がこのマヤの叡智とつながっていることに大きな喜びを感じとっています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

最初は「性教育」というだけで抵抗がありましたが、美しい物語に始まる四つの原理が広がりがあり、無理なく読み進めていくことができました。「なるほど〜」と納得できる部分も多くあり、「結婚して、子育てをしているからこそ理解できるのだろうな〜」と思うこともあり、今、学ぶのにちょうど良い時期だったと思います。シンボルについても書かれてあったので、とても参考になりました。何度も読んで、学びを深めていきたいと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

性は、太陽や地球、月、火星、土星のリズムとつながり、自然のスピリットともつながり、宇宙すべてとつながり、創造主とつながるものだったと知り、とても感動しました。本当に尊いものなのですね。マヤの性教育は、男女ともに、とても必要とされていると思います。聖なる二元性が一つとなり、すべての源につながる神聖なものなのですから。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

最初に、イラストや写真に神秘的なものを感じ、同時に懐かしさが甦ってきました。「性を創造主からもたらされた、とても聖なるもの」「性を神と人間との結合点とみなす」ということを前提とした性教育に、性の本来のあり方を考えさせられました。日本ではいわゆる「できちゃった婚」が増えています。自然や宇宙の法則、神との関係とは程遠い、性ですね。性をもっと大事にし、子どもを持つことの責任を持つために、マヤの性教育のエッセンスだけでも日本人の中にも知られるといいなと思いました。