「チャン・キ’ン予備校」では、これからマヤの「宇宙的教育」を学んでゆくために必要不可欠な、
  この現代文明についての理解を深めてゆきます。
  知っているようでいて、実はよく解っていない社会の仕組みやそれによる弊害を客観視して
  しっかりと意識づけます。

  私達現代人が置かれている立場や環境を達観した視点で把握し、
  不要なものを手放して身軽になってから、学びの道へ、聖なる光の道へと参入してゆきます。

  今、超古代からカウントし続けているカレンダーが、
  再び「宇宙的教育」を必要とする「光の時代」の訪れを告げています。
  その教えの全てを、現代に即、適用させることは困難です。
  しかし、日常生活において意識的に実践する人が増え、
  その光のエッセンスが伝播されてゆくことで、7世代後の社会に良き影響をもたらすことができます。
  つまり、現代社会に生きながらにして、「宇宙的教育を体現する者」となることが可能です。

  それにはまず、自らの意識や常識、そして観念や発想を変えることから始めなければなりません。
  なぜなら、現代の社会システムに操られたままの受動的な態度や思考のままでは、
  マヤの「宇宙的教育」はスムーズに浸透してゆかないからです。

  そして、その大きな壁の存在を客観的に認識し、解放して、日々の衣食住のみならず、
  小さな思考に至るまでの生活環境(スタイル)を見直し、改善してみること、
  そしてまた精神や心理的トラウマを癒すことで、
  シンプルで純粋な教えを、素直な心身で受け取れる自分を取り戻してゆきます。

  本校である「ナガク’奥義学校」に入学する前の予備校として、
  知るべき、学ぶべき、整えるべきことをお伝えしてゆきます。
  一見、遠回りに思えるこの学びのプロセスは、
  結果的に、魂や遺伝子に誰もが持つ
  「超古代の記憶」を思い出すための近道になると確信しています。

  現代の教育や社会に疑問をいだき続けてきたあなたも、
  万人が懐かしさを感じる「宇宙的教育」に触れることで、
  「私が探し求めていた教育はこれだ!」と、感激の涙を流されることでしょう。

  私達は皆、「太陽の子」です。
  一人一人が、「小さな太陽=チャン・キ’ン」です。
  自然や宇宙の法則に基づいた生き方こそが、私達人間の本来のあり方です。
  この「本格的な『光の時代』への移行期」に、
  聖なる光の道に参入するための準備を整えてゆきましょう。

  さあ、ここ「チャン・キ’ン予備校」で磐石な基盤を構築しながら、
  「ナガク’奥義学校」でのマヤの「宇宙的教育」へ、そして、
  「ヨク’ハー・マヤ宇宙大学」での超古代の「宇宙的教育」へと、
  共に楽しみながら学びを進めて参りましょう。

  皆様とのご縁に深く感謝しつつ、再会の時を心からお待ち申し上げております。

  イン・ラケ’ッチ!(私はあなた、あなたは私)




入校を希望される方は
入校手続へお進みください。




チャン・キ’ン予備校を増設した経緯


  NAGA K’U奥義学校内に「チャン・キ’ン予備校」を増設したのが、2012年の晩秋です。
  それまでの16年間の活動において、
  マヤ先住民の教えや超古代から継承された奥義や秘伝に至るまでを、
  様々な形でお伝えしてきたのですが、どうも相手に入ってゆかない、または、
  「ズレた認識で受け取られている」といった違和感がずっとありました。
  そして、その理由を二人で探っていって結論に達したのが、
  「現代のマインドのままでは、理解することができない教えなんだ!」というものでした。

  私達現代人には、あまりにも邪魔になる思考や感情が多すぎて、
  純粋なままに保たれてきたマヤの伝統の叡智が、スムーズに魂の奥にまで届きません。
  職場でのいざこざや、家庭内の不和、そして心にあるイライラや不平不満・・・。
  それらの問題の根っこに光を当てて、自分自身の意識を根本的に変容させること、そして
  マインドを超古代のものへと変換させることが必要となってきます。
  そのための基盤作り、準備段階の学びの場として、この予備校を増設しました。

  現代社会を客観的な視点でとらえ、深く知り、学び、各自が自分を育て直すように整えて、
  生まれたままのクリアなマインドで聖なる叡智に対面するような、つまりは
  自身を「ゼロ・ポイント」に戻してスタートさせることを目的とする学校です。

  継続的に内なる自己を探求し、魂レベルでの成長を促すために前進する意欲のある方は、
  どうぞ、この「チャン・キ’ン予備校」にご入校いただいて、
  長くて深い学びのプロセスを始めていただけたらと思います。