ナガク’奥義学校の授業


二元性である「知識ワーク」と「実践ワーク」の授業を、二本柱に置いています。
知識を得てそれを実践することこそが、真の理解をもたらします!

知識ワーク

実践ワーク

 基本クラス


マヤの宇宙的教育の礎をしっかりと築く
参加必須のクラス!

 太陽のイニシエーション・ワーク


実践ワークの基本はとにかくこれ!
太陽と再び、何度でもつながる!

 カレンダー・クラス


宇宙的な意識を手に入れる
マヤ・カレンダーに特化したクラス!

 満月とのシムバル・オル


姉妹なる月のパワーを借りて
マヤの聖地をオルでシムバルする!

 性教育クラス


人生で最も必要とされる教育がこれ!
次世代に遺したいクラス!

 春秋分の儀式ワーク


春秋分に「儀式ワーク」を実行して
世界中の「太陽の兄弟姉妹」とつながる!

 深遠クラス


さらに深い部分へと参入し、探究してゆく
「学びの要」となるクラス!

 マスク・オン・ザ・フェイス


自らの分身である自作のマスクをつけ
真実の自分と深く向き合う!

知識ワークと実践ワークがセットになっている授業

 火焔香の婦人

「儀式ワーク」を陰で支える務めを通じて、「真の女性」としての役割を知る!

 マヤ・ツアー参加のための準備ワーク

現地マヤで多くのギフトを受け取るために必要な準備ワーク!



通信授業(マヤ・クラス)


     各自の理解レベルに合わせた解説をメールで行なう、マヤの教えの各クラスです。
     指定の教材を短く区切って熟読し、アウトプットしてもらって、
     細かく、また深く教えの真髄に触れてゆけるような、スローな通信授業です。

     遠方の方や多忙な方、そしてマヤの叡智をじっくりと浸透させたい方はいつでもどうぞ!

     通信授業での学びの流れがありますので、以下の順番で受講していただきます。
     (一括料金 ¥60,000。 一括払いは返金不可ですので、やり遂げる意志のある方におすすめ)

                    基本クラス(分割料金 ¥13,000)

                    カレンダー・クラス(分割料金 ¥13,000)

                    性教育クラス(分割料金 ¥6,000)

                    深遠クラス1(分割料金 ¥13,000)

                    深遠クラス2(分割料金 ¥9,000)

                    深遠クラス3(分割料金 ¥10,000)




通信授業(その他)


                         マヤ・カレンダーの通信授業

                         マヤ暦制作委員(マヤ暦の通信授業 step3)

                         マヤ暦相談委員(マヤ暦の通信授業 step4)


                         マヤ暦による人生の調整と再検

                         聖なる二元性の統合


                         火焔香の婦人

                         ヘオバ・イニシエーション・ワーク

                         チャン・キ’ン・クラス



対面授業(その他)


                         夏冬至の在校生交流会

                         ヘオバ・イニシエーション・ワーク

                         マヤン・クリスタル・スカル・プロジェクト

                         チャン・キ’ン・クラス

                         モンテ・デ・ラ・ルス






【 ご感想 】

本校の知識ワークを受講し始める際に、「基本クラス、カレンダー・クラス、性教育クラスと、受講する順番は特になく、どれからでも構わない」と言われましたが、まさしくその通りで、どれから受講しても、どれもみな繋がっていました。カレンダー・クラスで言われたことが、基本クラスでストンと腑に落ちたり、基本クラスでさらりと聞き流したことが、性教育クラスではとても重要なポイントに感じられて深く考察してみたり、それはへオバ・イニシエーション・ワークからの自分の変化ととてもリンクしていたり、それもこれも一番最初に受けた太陽のイニシエーション・ワークあってこそで、そこから始まった太陽瞑想に繋がっていると感じます。

もっと言えば、お二人に出会う前の自分の人生とも繋がっていて、マヤ暦による人生の調整の中で聖奈子さんに云われた、「全てはプロセスである」ということに深く共感し、校内連絡で正幸さんに云われた、「『何をするか』よりも『どう行なうか』を熟慮させ、その連続的な繰り返しがククルカンとしての質を高めてゆく」「日々の家事や仕事の一つ一つに丁寧に関わり、『どう行うか』を意識してゆけば、どんなことでも『聖なるワーク』になってゆく」ということが実感されます。

基本クラスや性教育クラスはとても奥深く、また今の自分を修正し調整してゆくためにも、これからも大切で必要であると感じます。ですので、機会あるごとに再受講したいと思っています。一方で、深遠クラスへと学びを深めてゆく意志もあり、その先はイシュチェル夫人教育院を見据えています。へオバ・イニシエーション・ワークからの自分の変化は、自分が驚くほど目覚ましいもので、自分の中にも女性性はしっかりとあり、またそれが愛すべきものであり、とてつもなく人生を楽しく幸せにするものであると実感し始め、「もっともっと真の女性性をしっかり目覚めさせてゆきたい」と感じるようになりました。実際、朝ごはんを作る、弁当を作る、掃除、洗濯をする、買い物をする・・・といった日常の家事は、以前と何ら変わりのないことですが、それをどういう気持ちで行うかが変わるだけで、人生までが大きく変わるという素晴らしい体験です。

入学する時に、「こんなことをしたい、あんなことをしたい」と書きましたが、それよりも前に、自分の質を高めてゆくことの重要性がよくわかり、それが全てだとも思うようになりました。イシュチェル夫人教育院の学びを受けることができるか否かは自分の歩み次第でもあり、それもまた運命であり、どうなるかわからないのですが、今は意志を持って進んでゆこうと思っています。