当校が、ナガク’奥義学校在校生に提供するマヤ(中米)への儀式ツアーは一般の観光ツアーとは異なります。
マヤ先住民に古代から伝わる伝統的な教えを学び、聖なる儀式ワークを通じて
マヤの祖先が聖地に預けた(細工した)ギフトを受け取りに行く旅です。
また、この旅そのものが、魂の進化のプロセスでもあります。

聖地への巡礼の旅という非日常的な体験により、各自の魂が真に望む人生のあり方に気づくこととなるでしょう。
よって、あなたの魂がマヤへの里帰りを決意した時に、あらゆるサポートが与えられて実現するスピリチュアル・ツアーであり、一般の至れり尽くせりな依存型ツアーとは違いがあります。
あくまでも、参加者一人一人の自主性を尊重しつつ、共に分かち合い、学び合う特別な旅です。

参加者募集中のツアー

準備中

実践ツアー


このツアーでは、遺伝子に眠る「記憶」を蘇らせることになるでしょう。
この「記憶」とは、親から受け継いだ身体的なものではなく、とてつもなく古い、太古の記憶を意味しています。
古代人が重要視していた調和の心を思い出す本質的な記憶と言えます。
想像できるでしょうか?
世界中の人が調和を旨に尊重し合っていた世界を。
この旅は、そのような記憶を蘇らせることを目的の一つとしています。
それによって、自然界や宇宙との調和を深く意識することのできる、美しい人生への転機の旅となるでしょう。

私達人間をはじめ、生命あるもの全てには、ボディ(肉体)とスピリット(魂)があると考えるマヤ。
現代はボディばかりが重視され、スピリットの教育がおろそかになっています。
その結果、自然界や宇宙との調和の心が忘れ去られました。
ボディとスピリットのバランスを整えるために、古代人が意図した聖地において、古代から伝わる知恵を学び、
古代の記憶を蘇らせるのが、この「実践ツアー」です。

遺伝子に保たれている至福の感覚を思い出し、目醒めを体験することになるでしょう。
聖地マヤへのスピリチュアル・ツアー、宇宙的な教育を学ぶツアー、聖なる巡礼ツアー、
伝統の儀式ワークを行なうツアー、遺伝子の記憶を蘇らせるツアーへ、心からお誘い致します。
魂の故郷に、是非ご一緒いたしましょう!



メキシコから北米へ、そしてまたメキシコへと、何千kmも旅する蝶をご存知でしょうか?
彼らは本能に従って、祖先が越冬した場所へと自然に帰ってゆきます。
まだ一度も訪れたことがなく、誰に教えられた訳でもないのに、何億という数で舞い戻るのです。
彼らの遺伝子の記憶が同じ場所へ里帰りさせるのだと言います。

マヤへの儀式ツアーは、これと同じような現象が起ってスタートします。なぜか「マヤが気になる」「マヤに呼ばれている」と感じることや、「マヤという言葉に惹かれる」といった何かしらの合図がやってくるのです。これはあなたの古い遺伝子が、「再びマヤに戻り、祖先が聖地に預けた重要なギフトを受け取りにゆこう!」とあなたにメッセージを送っているのだとしたら、なんだかとても嬉しい気がしませんか。

中米メキシコのユカタン半島とその近隣諸国にマヤ地域はあります。
マヤ儀式ツアーでは、その地域に多く点在する聖地(遺跡)を訪れ、マヤ先住民の長老フンバツ・メンやその他のリーダー達と共に、マヤに伝わる聖なる儀式を行ないながら、現代人に必要な調和の心やバランスを取り戻します。

「マヤ文明」。神秘的で人を魅了してやまない美しいピラミッド神殿の数々…。しかしながら、一般的な文献に目をやると、「おどろおどろしい、いけにえの宗教をもつ文明」とあります。実はこれらの情報は、16世紀に侵略した西洋人が、異文化を理解できないまま解釈した誤解が元になっています。狭量な理解力と解釈が、「いけにえの宗教」を生み出しました。こうした侵略時の間違った情報は、こんにちもなお定説とされており、真実のマヤを伝える情報は、一切表に現れていません。

ちまたで噂された「2012年世界の終末論」もまた、真実とは異なる情報です。
マヤが先祖代々伝えてきたものは、後世へ託されるべき宇宙的な調和の心です。

太古より天と大地を敬い、尊重をもって生きることを継承した美しい教えです。マヤが伝える宇宙的教育は、世界のどこに暮らそうと、自らのボディとスピリットのバランスを整えるための知恵です。その知恵は、人間本来のあり方を思い出させ、地球環境を考慮し、未来をも見据えた宇宙的視野を芽吹かせます。

16世紀当時、侵攻が深まるにつれ、これらの伝統的な教えは秘密裏に伝えられるようになりました。異端審問に熱狂的だった西洋文明は、先住民の文化を受け入れることができず、知恵の守り人であった神官のほとんどを手に掛けてしまったからです。そして一部のマヤが危惧をいだき、祖先から受け継いできた教えを、家系に隠し伝えるようになりました。

長老フンバツ・メンの家系もその一つで、代々儀式を通じて口伝によって継承されてきました。そして現代、この「真の宇宙的教育」が、少しずつ世界に向けて開示されているのです。地球環境の破壊に伴い、現代人の肉体や精神はバランスを崩し、方向付けや指針を失っています。そんな現代社会において、マヤ先住民の教えは、大変に貴重で重要なものであると言えるのです。

ただ一言、「母なる地球や父なる太陽を敬慕し、尊重する」という言葉に全てが集約されているでしょう。 マヤの人々は、何千年もの間、宇宙と自分自身を統合させる偉大なる法則を理解していました。そして、私達一人一人の遺伝子に刻まれた深い記憶の中にも、その法則は眠っています。それを目醒めさせるには、「聖地での儀式」という唯一の道を通らなければなりません。

マヤが到達した高い意識レベルを得るには、磁場エネルギーの高いピラミッド神殿での聖なる儀式が不可欠だからです。 聖なる道を選択しない限り、宇宙と調和した古代の文化を、そして古代マヤに託されていた本質を理解することは難しいでしょう。

マヤに心惹かれる方は、聖地のエネルギー波動を実際に自らの体に吸収させてみてください。マヤの祖先が聖地に預けたギフトは、聖なる儀式を通じてのみ受け取ることができるものです。それは、遺伝子に眠る太古の記憶を蘇らせることにもなります。

NAGA K’U(ナガク’)奥義学校は、1997年からマヤへの儀式ツアーを提供し、多くの方の魂の里帰りをお手伝いしてきました。しかし、「行きたい!」とおっしゃる方は大変多いにもかかわらず、実際にツアーに行ける人はわずかです。仕事、お金、時間、家族、健康、年齢、体力・・・など、理由は様々。本当に行くには、強い決意と宇宙のサポートが必要だと感じています。前進するという意欲を持ちさえすれば、マヤへの扉が既に開かれていることに気づくはずです。是非、「行こう!」「思い出そう!」「変わろう!」という強い意志を持ってみてください。

問題と思っていた様々な原因が、劇的に変化するミラクルを体験することになるでしょう! マヤに行くと強く決意した時から旅は始まります。ボディとスピリットを本来の強靭なものへ整えるためのプロセスが始まるからです。これまでよりも魂は飛躍的に成長し、人生は有意義に、かつ豊かに、そして本来の在り方へと戻されてゆきます。ゆえに、マヤでの儀式に参加できるあなたの魂は、ありのままで21世紀を導くスピリチュアル・ティーチャーの魂であると言えるのです!

参加者それぞれが受け取る個人的なギフトは、ツアー中のあらゆる体験からもたらされます。「至福感を得る」「変容が促される」「エゴに気付き、手放す」「本質を取り戻す」「使命、天命を思い出す」「呪術、シャーマニズムを知る」「意識を進化させる」「過去世を思い出す」「古代の記憶が蘇る」「さらなる覚醒が促される」「魂の成長が促される」「悟る」・・・など。その人の人生に必ず必要とされるギフトがもたらされるのです。 人生とは、幸福感と共に魂を成長させる学びの場であると私達は考えています。長老フンバツ・メンの語る言葉やマヤ語の祈りの音を聞き、気持ちの良い聖地で美しいピラミッド神殿の造形物を見て、伝統の儀式を体験することによって、飛躍的な進化を遂げるでしょう。魂の成長を促す聖なる巡礼の旅へ、是非ご一緒いたしましょう。そして、豊かで幸せな人生を共に歩んでまいりましょう。

イン・ラケ’ッチ!(私はあなた、あなたは私)