プロフィール


「マヤの伝統文化 紹介センター」について


1995年、マヤ先住民の長老フンバツ・メンは「奥義学校を開校する時が来た」と世界へ呼びかけました。その想いに賛同し私達夫婦二人は、1996年にNAGA K’U(ナガク’)奥義学校を開校しました。しかし、開校したはいいものの、何をどのようにしてゆけばいいのか分からない日々を過ごしていました。そんな中でも、毎年のようにマヤに通い続け、開校して10年が過ぎた頃、突如として自分達が背負った使命の大きさに目覚め、想いやアイデアを積極的に具現化させながら活動を本格的に開始しました。

その後、2012年秋に、校内を「チャン・キ’ン予備校」、「ナガク’奥義学校」、「ヨク' ハーマヤ宇宙大学」、「イッツァムナー宇宙大学院」と四つのカテゴリーに分割。また2016年初夏には、入学していただかなくても、広く一般の皆様にマヤの伝統の教えに触れていただくための場として「マヤの伝統文化 紹介センター」を開設して今に至っております。


下図は NAGA K’U(ナガク’)奥義学校の変遷を表わします(クリック or タップで画像拡大)。横軸は「時の流れ(年代、年号)」、 縦軸は「提供してきた教えのレベル」です。現「マヤの伝統文化 紹介センター」では、旧「NAGA K’U(ナガク’)奥義学校」と同レベルの内容の情報やマヤ先住民の教えを一般の皆様に公開し、分かち合っております。




当方が掲げるビジョン


「イン・ラケ’ッチ!な世界を、多くの方と共同創造すること」

イン・ラケ’ッチ!は、マヤ語で「私はあなた、あなたは私」という意味です。人間のみならず、あらゆるスピリット達とのつながりをもたらす魔法の言葉です。互いのスピリットを結びつけるこの言葉は、競争や争いを瞬時に消失させて、対等な関係を生みだします。「私とあなたは対等で、統合される」という意味を、含んでいます。




公認講師


こざくら みなこ(マヤの伝統文化 紹介センター)
こざくら まさゆき(マヤの伝統文化 紹介センター)

さくま ともこ(使えるマヤ暦)
おいっちむ(トオチ・オル・チャイク’)