マヤン・コミュニティ「ロルベ」

  マヤ先住民の長老フンバツ・メンが長年にわたって構想を練り、
  着実に進歩と発展を遂げてきたマヤン・コミュニティ「ロルベ(花の道、喜びの道の意)」は、
  おそらく、これまで世界中のどこを探しても出会えなかった、宇宙的教育の実践の場として存在します。
  長老が亡くなる間際まで取り組んでいた、情熱と希望が込められています。

  何年にも渡って、長老の指揮による「ロルベ」の整備を見てきました。
  毎回視察に訪れる度に、一般人の想像をはるかに超える造形物が新たに造られ、深く感動します。
  数々の美しいピラミッドを建造したマヤ人の文化を表現し、
  伝統のマヤが保有する深い叡智によって形作られてきました。

  それは、長老フンバツ・メンという「個」を超えて、
  宇宙や自然との調和を重んじた祖先達の深い意志と意図によってなされたものと言えます。
  まさに「個」の概念ではなし得ない、
  「全体性」や「宇宙的な記憶」によって動かされ、創造されているものです。
  ゆえに人種や言葉が違っても、「宇宙的な記憶」という人類共通の力によって、
  誰もが深遠なる知恵に目醒めてゆくことになります。

  このように「ロルベ」は、人種や国境といった分離された枠を取り払うばかりか、
  過去と未来を瞬時につなぐ、まさに円環(サイクル)を体験する場であり、
  本来の自分を思い出させる世界で唯一の「宇宙的教育の実践の場」なのです。

  マヤに伝わる宇宙的な奥義を共に学びながら、
  「ロルベ」に携わって下さる方々の積極的なご支援をお待ち致しております。
  何とぞ、宜しくお願い申し上げます。


  ご支援は、2012年秋に「ロルベ」支援基金と統合した、「次世代継承」基金にて賜っております。



「ロルベ」支援基金 会計報告

  2006年〜2012年の会計報告を こちらのページで、ご覧いただけます。

  大勢の皆様のご支援・ご協力をいただきまして、心からお礼申し上げます。
  本当にどうもありがとうございました。
  今後もご理解のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。