マヤ文明について


  中米のメキシコ・ユカタン半島、グアテマラ、ホンジュラス、ベリーズなどの地域で文明を築いたマヤは、
  6世紀頃に最も栄え、「幻のように消滅した文明」とされています。
  また、「いけにえ」の習慣があり、「血なまぐさい宗教を持つ民族」とも言われています。
  しかし、現在まで伝わっているこれらの情報は、
  16世紀の西洋人による侵略時の解釈が元となっており、
  マヤ先住民の伝承とは大きく異なっています。

  植民地となったマヤは、先住民の言語、宗教、教育などの伝統的な文化を奪われました。
  世に伝わる「マヤ文明」の歴史は、侵略した異国の者達によって新しく作られたものなのです。

  一方、一部の先住民は、侵略者の目を逃れて超古代からの伝承を秘密にして保持していました。
  マヤ人が継承してきた超古代の奥義が必要とされる時代が必ず来ると信じて、
  伝統の教えを口承で伝えてきたのです。
  こうして、この「光の時代」に超古代から語り継がれた教えの必要性や重要性が再認識され、
  今、世界中で注目されているのです。

  皆さまもどうぞこの機会に、マヤ先住民が命がけで護り伝えてきた「真実のマヤの教え」に、
  是非、触れていただきたいと思います。
  侵略という歴史に翻弄されながらも、口伝で語られてきた伝承とはどのようなものなのか。
  「光の時代」に必要とされる叡知とは何なのか。
  超古代の人々が、伝統の教えを通して現代人に伝えようとしているのは何なのか・・・を。






長老フンバツ・メンについて


  マヤ先住民の長老フンバツ・メンは、メキシコのマヤ・イッツァエ族の長老です。
  メン家は代々、超古代から継承された叡智を口伝で護ってきた家系です。
  メキシコの一般家庭にあるような学校教育やクリスチャン教育を完全に避けて、
  伝統の教えだけを受けて育ちました。

  何千年もの長い間、天と大地を敬う人々に純粋に語り伝えられてきた教えは、
  宇宙や自然界と密接に関連しています。
  そのような教えは、皮肉にも侵略され、疎外されたゆえに、
  現代社会とは別の場所で、独自の文化を保ち続けることができた貴重な教えであって、
  知ることは極僅かな人に限られています。

  「今こそ古来の教育が現代人に必要である」と考えた長老は、
  マヤ先住民の伝統の教えを「家系の後継者」ではなく、
  「世界中の人々」へ発信し、伝えることを使命としました。
  2016年 逝去。

  ※ さらなる詳細は、
     体験書 「創刊号 〜 マヤ先住民の伝説の長老との再会!」内で紹介しております。






奥義学校について


  奥義学校(CENTER for COSMIC CONSCIOUSNESS)は、1996年に、
  マヤ先住民の長老フンバツ・メンが提唱したもので、世界各国で開校されています。

  マヤが継承してきたような宇宙や自然と調和するための超古代の教えは、
  マヤのみならず世界の各地に残っています。
  そのような教えを学び伝えることを目的とした学校として、
  長老に考えに賛同した有志達によって、各校が独立して、独自の活動を展開しています。