マヤ・カレンダーについて

現在私達が使っているカレンダーは、16世紀のローマ法王が制定した「グレゴリオ暦」で、世界中の人の日常生活にすっかり溶け込んでいます。しかし、この暦では「今日はイエス・キリストが誕生して何年目にあたり、何月何日である」ということしか知ることはできません。

一方、マヤ先住民に何千年も前から伝わってきた17種類の伝統暦は、各々が太陽、月、星などの天体や自然界のサイクルに同調しています。 このカレンダーを理解してゆくことで、大いなる宇宙や自然のサイクルと、自身の肉体や精神との関係を深く認識するようになります。そして、それらと調和し、協調する生き方を思い出すきっかけとなってきます。

マヤ・カレンダーは、過去から未来へ直線的に数字が並ぶ平面の紙ではありません。また、個人的な思想や権力による暦でもありません。超古代より、先祖代々丁寧に語り継がれてきたもので、深い敬意をもって学ぶべき太古の教えです。どれくらい長い時間を、どれくらい多くの人が関わってきたのかは、私達の想像を遥かに超えてしまいます。 終わりもなければ始まりもない「継続した無限∞の動き」であり、生きている「宇宙のサイクル」そのものなのです。


マヤ・カレンダーを学ぶ上で、まずはマヤの歴史について知っておかなければなりません。16世紀、マヤを植民地にしたスペインによって、マヤの文化は壊滅状態におちいりました。中でも、ピラミッド聖地を破壊し、その上にキリスト教会を建てた司祭ディエゴ・デ・ランダ(下画像)を知る方もいらっしゃるでしょう。 彼はマヤの聖なる古文書をことごとく焼き払い、広い範囲で徹底的な破壊を指示した人物です。

彼はまた矛盾した側面を持ちました。全てを破壊し、殺戮する一方で、魅力的なマヤ文化に興味を持って研究し始め、マヤ人からマヤ語を習ってアルファベットに照らし合わせます。そして、キリスト教的思想である司祭独自の解釈で調査し、資料を作って、本国とバチカンに報告しました。しかし残念なことに、マヤ文化の担い手であった神官のほとんどを手に掛けていたこと、そしてマヤ人に狂人と思われていたことなどから、司祭に真実のマヤ文化を語る者はいませんでした。

その後、破壊によって放置され、忘れ去られたマヤの聖地は、密林に覆われてひっそりと数百年の時が流れます。

20世紀になり、エリック・トンプソン(下画像)という西洋人の考古学者が、本格的なマヤの研究を始めます。 しかし、マヤ文化に関する資料は、ランダ司祭が書いた文献以外なく、また当時のマヤ人達もトンプソンに真実を語れる者はいませんでした。こうしてトンプソンは、司祭の資料を元に研究するしかありませんでした。



司祭ディエゴ・デ・ランダ

エリック・トンプソン


そして現代においてもなお、マヤ文明に関する書籍は、どれも西洋の考古学者であるトンプソンが研究した資料が基盤となっています。歴史を知ると、異文化を理解することができなかった狭量な解釈が、「マヤ文明」として現代にまで伝わってきているということがご理解いただけると思います。

現代に至ってもマヤの先住民達は、多くを語ろうとはしません。しかし、真実のマヤ文化や先住民の伝統の教えは、少数の家系に何世代にも渡って秘密裏に口承で護られていました。

マヤ先住民のリーダー、長老フンバツ・メンは、マヤ・イッツァエ族の口伝を護ってきた家系に生まれ、それを継承しました。長老は、本来ならば門外不出の伝統の教えを、「マヤの叡智が、再び訪れる光の時代に必要とされる」という予言にのっとって、世界中の人々に向けて惜しみなく与えてきました。

「13の月の暦」を発表したホゼ・アグエイアス博士も、長老フンバツ・メンから先住民の情報を得ました。しかし、博士が創作した暦は、前述の考古学者エリック・トンプソンの情報や、博士独自の研究材料も含めたものであるため「マヤ・カレンダー」とは全く異なるものであると言えます。

一つの例として、2012年の「世界終末論」説は、トンプソンの研究解釈による情報です。マヤ先住民には、「終末論」という思想すら存在しないので、伝統の人々は口々に、この情報を全面的に否定してきました。


マヤン・カレンダー・チャート


1997年3月、長老フンバツ・メンによって、マヤン・カレンダー・チャート(左画像)が世界に向けて発表されました。これは、マヤのカレンダー・サイクルに準じて、260年間使用することができるカレンダーでした。

私達も使い始めて10年が経ったころから、マヤ・カレンダーがどのような意図を持つものなのかを真に理解し始め、ますますその偉大な叡智に深く心が動かされ、驚きながらこのカレンダーに接する日々を送っています。自らを整え、宇宙や自然界と調和する人間本来の「真実の生き方」を思い出すことができました。

是非、多くの方に、このマヤ・カレンダーに触れていただきたいと思います。一人一人の人生が整えられることによって、世界の全体が調和を取り戻すことにつながってゆくでしょう。

このカレンダーは、古代人から現代人への大変に貴重な贈り物です。地球に暮らすことに責任を持つ者なら誰もが思い出したい、深遠な叡智が込められているものなのです。





マヤ・カレンダー Q & A

Q.「13の月の暦」や「コズミック・ダイアリー」は、マヤ・カレンダーではないのですか?


はい、伝統のマヤの教えに従えば、マヤ・カレンダーとは異なるものです。

80年代にホゼ・アグエイアス博士が長老フンバツ・メンから聞いたマヤ先住民の情報と、一般的なエリック・トンプソンの考古学的な研究資料、そして博士自身がチャネリングで得た啓示をミックスして創り出された、博士の研究による独自の暦です。

マヤ・カレンダーの一部を用いて創作されたために、当初「マヤン・カレンダー」という名で世に出てしまい、「この博士が創った暦は、マヤ・カレンダーである」との誤った理解が広がってしまいました。一方で、マヤの各部族の長老達がそれを否定するために、大きな混乱が生じました。


* ホゼ・アグエイアス博士の暦が自分に合っていて、使っていて楽しかったり、面白かったり、多くの気づきがあるのであれば、それはその方にとって、とても素晴らしいことです。私達はそれを否定したり、「間違ったもの」と攻撃する気はありません。ただ、「伝統のマヤ・カレンダーとは異なる暦である」という認識を持ってお使いいただきたいと思います。


Q.1か月が28日という月のサイクルに同調するカレンダーは、自然だと思うのですが…?


月のサイクルに同調することはとても大切なことです。マヤ先住民も古来より、女性に深く関わる暦として主に太陰暦(月の暦)を使用してきました。月のサイクルは女性の生理や排卵のサイクルと同調し、満月や新月は女性の新陳代謝と精神に影響を及ぼします。よって、妊娠や月経などのサイクルを調整するために太陰暦が使われていました。

しかし、月は変化が大きく、影響力もとても強いので、誤った理解で使用しないように注意しなければなりません。マヤの太陰暦のスタートの日は、春分の日以降に昇る最初の満月の日です。よって、毎年同じ日付がこの暦のスタートの日とはならずにずれてゆきます。ただ、常に月の周期、月の満ち欠けに同調するので、自然なサイクルであると言えます。ホゼ博士の暦は一ヶ月が28日で月のカレンダーですが、正確な月齢周期(月の満ち欠け)とはずれています。

日本、中国、エジプトをはじめ、古来より伝わる太陰暦は、月齢と同調しているため、女性の周期と密接な関連があり、また、自然を相手にする農業や漁業などには欠かせない暦です。しかし、「月のカレンダーは複雑なものである」という認識を、常に持っていなければなりません。

シンプルかつ男女共に使用できる暦、それが太陽暦です。人間誰もが密接な関係を持つのが太陽です。私達は毎朝、太陽のエネルギーに満ちた光を浴びて、月の影響をリセットしています。人間のみならず動植物も、そして月や太陽系の惑星さえも、太陽なしには語れません。先住民は、まずこの太陽を充分に理解した上で、月に意識を向ける必要があると語ります。月の光は太陽の反射光でもあるからです。


Q.マヤの伝統的なカレンダーとは太陽暦なのですか?


マヤの伝統的なカレンダーは全部で17種類あります。それら全ての基になるのが、マヤの神聖暦ツォルキ’ン・カレンダー(260日周期)と、太陽暦ハアブ・カレンダー(360日周期+5日)です。つまり、マヤ・カレンダーを語る上で、この二つのカレンダーは、絶対に欠かすことができず、また同等に重要視されます。

二つの暦は、ある時点で同時にスタートし、共に時を刻みます。そして、再び同じスタート地点に戻るのが13年後であり、このサイクルがマヤ暦の最小サイクルとなります。小サイクルを理解して、大きなサイクルの暦へとつながってゆきます。

天体の周期とも深い関連がありますから、太陽はもちろんのこと、プレアデス星団と一致するサイクルにも同調します。上述の太陰暦を含め、マヤの伝統的なカレンダーは、天体や自然界と同調し、私達にそれらとの調和を取り戻させてくれる宇宙的な暦なのです。


Q.マヤ・カレンダーの始まりの日は、7月26日ですか?


いいえ、これも伝統のマヤの教えに従えば、異なります。

司祭ディエゴ・デ・ランダと考古学者エリック・トンプソンの解釈で、7月26日がマヤ・カレンダーの始まりの日とされました。7月26日は、マヤで農業をするにあたって重要な日であったために、ランダ司祭に取り上げられた日です。また、司祭の母国スペインの重要な祭典の日であるサンティアゴ・デ・コンポステラと関連づけられました。現代もなお、各国から多くの人がこの地を目指して巡礼の旅を行なっていますが、司祭は「この日はキリスト教徒にとって重要な日であるので、始まりの日とする」と、当時の文献に記しています。

マヤ人を含め、世界各国の先住民達は、太陽の日、つまり春分、夏至、秋分、冬至を最も重要な日ととらえています。太陽を深く理解する先住民達は、この重要な日に太陽への感謝を表わす祈りの儀式を行ないます。マヤの伝統的なカレンダーは、この太陽の日である春分の日からスタートします。

春は全ての動植物がいっせいに動き出して、「始まり」を告げてくれる季節です。またマヤでは、多数のピラミッドや神殿に、太陽の日の現象が表われるような設計がなされています。スタートにふさわしい日は、太陽とその動きを表現するピラミッドや神殿が教えてくれます。そして、動物や植物もまた、私達に自然な方法で示してくれているのです。


Q.マヤ・カレンダーは占いなのでしょうか?


はい、占いの要素ももちろんあります。

残念ながら、「マヤ・カレンダーは占いではない」と述べる人が多くいますが、伝統のマヤの教えに従えば、それは間違っています。占いの要素を否定すれば、それはマヤ先住民の伝統文化やシャーマニズムそのものを否定することになります。なぜなら古来より、あらゆる神官やコミュニティのリーダーを選出する時、未来や過去を読む時、重要な儀式を執り行なう日付、また農業に関わる作業の日などを、カレンダーに相談することは常だったからです。

マヤ・カレンダーは、その周期や機能、システム(仕組み)、枠組み、カウントといった、言わば無機質な肉体面のみを私達に伝えているものではありません。私達の内面に作用する生きたキーワードやシンボル(絵文字)が日々与えられ、一方の精神面として存在します。少なくとも一日に15個のキーワードと、6個のシンボルがあります。社会を幸せの方向へと導く長老や神官達が、それらを深く読み解き、占いや予言を行なってきたのです。

 参考ページ:  マヤ暦による魂の照合


Q.2012年がマヤ・カレンダーの終わりで、世界の終わりを予言していたのですか?


いいえ、違います。

これも同様にエリック・トンプソンの解釈によって浮上してきた、誤った情報として再三警告されてきました。ノストラダムスの終末論と同様にして、2012年がマヤ・カレンダーの終わりであるとする「2012年終末論」が人々の怖れを駆り立てていました。しかし、伝統的なマヤ・カレンダーでは、「2012年」はサイクルの終わりに位置してはおらず、ただ通過する年に過ぎません。マヤ・カレンダーが考える「時のサイクル」とは、始まりがなかったのと同様に、終わりもない「循環、サイクル」ですから、どこかでぷっつりと途切れることはありません。

「2012年がマヤ・カレンダーの終わり」という情報もまた、500年前に侵略したスペイン人のキリスト教司祭の観点や解釈で書かれた文献が元になっていました。騒がれた2012年が過ぎた今、時間を直線的にとらえる西洋的な考え方に成り立った社会では、再び終末論が現われて、同様の騒ぎや混乱が起こることは容易に想像できます。自分自身を見失わないためにも、私達は先住民の伝統の叡智に耳を傾ける必要があるのではないでしょうか?


Q.先住民の伝統的なマヤ・カレンダーは入手できますか?


長老フンバツ・メンが1997年に世界に向けて発表したマヤ・カレンダーが、以下にご紹介する「マヤン・カレンダー・チャート」です。

この発表を前に、マヤの各部族の長老やリーダー達は、各々の家系に代々受け継がれてきたマヤ・カレンダーの知識を分かち合うために歴史的な会合を開きました。会合の結果、遠く離れた部族が数百年を経てそれぞれに伝承してきたカレンダーが、ほぼ同一だったという事実があります。先祖の叡智を尊重し、確固たる信念をもって受け継ぐ伝承の正確さに改めて驚かされた出来事となりました。

この貴重で、なおかつ歴史的な「マヤン・カレンダー・チャート」には、神聖暦ツォルキ’ン(260日周期)と太陽暦ハアブ(360日周期+5日)をはじめとする、4種類のカレンダーが表現されており、1827年〜2086年まで260年間のデータを使用することができます。つまり、自分や家族、そして友人などの誕生日から、各自のキーワードやメッセージを導き出すことができます!

この「マヤン・カレンダー・チャート」によって、多くの気づきや発見がもたらされることでしょう。太陽や宇宙を意識させ、自然と調和する術を思い出させてくれるマヤ・カレンダーを理解する上で、欠かすことのできない暦です。

当校では、このカレンダーの日本語による「完全版」と、毎日使用しやすいように作成した「早見表」をセットにして、皆さんに提供させていただいております。またオプションとして、長老が制作した「オリジナル版(メキシコ製)」も、在庫限りの希少な資料として販売しております。

 詳細ページ:  マヤン・カレンダー・チャート




マヤでは「一つのことでも、全体が関連している」と考えます。よって、カレンダーという一つのトピックをお伝えする時も、また学ぶ時も、それには、神や宇宙、天体、自然、科学、宗教、神秘学、数学、言語学、幾何学、絵文字、建築学、性教育、農業、芸術、儀式・・・など、あらゆる事柄が密接に関連しているということを知る必要があります。

「マヤ文明=マヤ・カレンダー」と、思っている人が非常に多いのが現状です。しかし、マヤ先住民の伝統ではカレンダーの知識や知恵は、その教えの一部分にすぎません。

よって、マヤ・カレンダーを真に理解したいと望めば、マヤの宇宙的教育の全体にバランスよく触れ、学び、自らの遺伝子に眠る超古代の記憶を活性化して、思い出してゆく必要があります。とてもとても重要なことですので、最後に追記させていただきます。




どなたでもお求めいただける 「マヤ・カレンダー」 と 「マヤ・カレンダーの冊子」

 マヤ先住民の伝統の暦 「マヤン・カレンダー・チャート 完全版」


マヤン・カレンダー・チャートはマヤ先住民の伝統暦で、260年分のデータが4つの表にまとめられています。それらの表から、年、月、日の持つキーワードとその意味を知ることができます。自分はもちろん、家族や友人の誕生日から、その人のマヤ暦による特質、特性、本質などが調べられますし、また、過去の出来事と照らし合わせて、未来を予測することも可能です。

その日が持つキーワードの意味を、自分自身の立場や状況に合わせて常にポジティブに解釈して、マヤ暦からのメッセージを読んでゆきます。さらに、この宇宙的なサイクルに同調しながら理解を深めてゆくと、自らの人生を調整することにもつながってゆきます。17種類あるマヤ・カレンダーの基礎を理解するのに重要なもので、貴重な資料としての価値もあります!


マヤ先住民の伝統に基づく
「マヤン・カレンダー・チャート」
詳細とご購入はこちら!


 マヤ暦の教化書「マヤ・カレンダーを使うために必要なこと step1」


読み物がお好きな方には、教化書「マヤ・カレンダーを使うために必要なこと step1」をお勧めいたします。暦とは本来、私達の精神性を育み、高めて、人生をより美しくて幸せな方向へと導くもの。そして、誰もが持つ遺伝子の記憶を刺激して、人間本来の在り方を思い出させるようなものです。その叡智を集約したマヤ・カレンダーを、古代マヤ人のように使用するには、まず使い手である私達が変わらなければなりません・・・。詳細は、以下のリンク先で!


教化書「マヤ・カレンダーを
使うために必要なこと step1」
詳細とご購入はこちら!



「予備校」へのご入校、さらには「本校」へのご入学後に学べるマヤ・カレンダー

 マヤ・カレンダーの教材と授業


  チャン・キ’ン予備校

      教材:  準備教材04 「マヤ・カレンダーの礎石」

      授業:  通信授業 「マヤ暦による人生の調整と再検」


   ナガク’奥義学校

      教材:  実践教材「マヤ・カレンダー step1」 
            実践教材「マヤ・カレンダー step2」

      授業:  対面&通信授業 「カレンダー・クラス」