ユーザーズ・コミュニティ

   「マヤン・カレンダー・チャート」ユーザー(購入者)への
   フォローアップや交流を目的としたページです。
   ご使用いただいてのご感想やご意見、またご質問などをお受けいたします。

   1997年から使用している私達自身、いまだに多くの発見や気づきがあり、
   このカレンダーの深さに驚き、感動しています。
   そんな深遠な知恵が詰まった「マヤン・カレンダー・チャート」ですので、
   私達もまだまだ学び、知る、「生徒」の立場です。

   是非、皆さんお一人お一人のご意見や気づきを分かち合っていただき、
   ユーザー全員の知恵として発展させてゆければと願っております。
   どうぞ宜しくお願い申し上げます。


   ご意見、ご感想、ご質問、発見、気づき、疑問など、何でもお受けしております。
   ユーザーの皆様からのあらゆる分かち合い、大歓迎!お気軽にお寄せくださいませ。

   お名前、シリアル・ナンバー(表紙右上にある登録ナンバー)と共に
     maya@nagaku.com にご記入の上送信してください!

   ユーザーに役立つ分かち合いに対しては、シリアル・ナンバーのみ記載して、
   このページ内で皆さんに紹介させていただきます。



練習問題 (マヤン・カレンダー・チャートからの導き方が合っているかを各自でご確認ください)


  1問目: グレゴリオ暦 2010年のハアブ・カレンダーの聖なる名前は?
         (解答例: オク)

  2問目: グレゴリオ暦 2010年のツォルキ’ン・カレンダーの聖なるナンバーは?
         (解答例: 13)

  3問目: グレゴリオ暦 2013年6月21日の月の聖なる名前と聖なるナンバーは?
         (解答例: ポップ 13)

  4問目: グレゴリオ暦 2014年9月21日の日の聖なる名前と聖なるナンバーは?
         (解答例: オク 13)

  5問目: グレゴリオ暦 2015年12月31日の聖なる名前と聖なるナンバーは?
         (解答例: イシュ13日 ポップ13月 オク13年)

  6問目: グレゴリオ暦 2016年1月1日の聖なる名前と聖なるナンバーは?
         (解答例: イシュ13日 ポップ13月 オク13年)

  7問目: グレゴリオ暦 2016年2月29日の聖なる名前と聖なるナンバーは?
         (解答例: イシュ13日 ポップ13月 オク13年)

  8問目: グレゴリオ暦 2018年3月13日の聖なる名前と聖なるナンバーは?
         (解答例: イシュ13日 ポップ13月 オク13年)

  9問目: グレゴリオ暦 2019年3月20日の聖なる名前と聖なるナンバーは?
         (解答例: イシュ13日 ポップ13月 オク13年)

 10問目: グレゴリオ暦 2020年3月20日の聖なる名前と聖なるナンバーは?
         (解答例: イシュ13日 ポップ13月 オク13年)


          ! 正解(答え合わせ)はこちら !




マヤ・カレンダーの通信授業


 マヤ先住民の長老フンバツ・メン制作の伝統暦「マヤン・カレンダー・チャート」をお持ちのユーザーの方、
 また、この機会にご購入くださる全ての方にお申込みいただけます。

 「マヤン・カレンダー・チャート」を元に、そのキーワードの導き方と、意味を解釈する文章作りを、
 5通以上のメールを交わしながらトレーニングしてゆきます。

 カレンダーからのキーワードの出し方が自分では上手くできているか確認できずに不安だった人、
 キーワードからの文章作りをもっと上達させたい人、
 そして、購入したものの全く分からないという人は、是非、お申込みくださいませ。



 マヤ・カレンダーの通信授業

 「step1、初級段階」
 受講条件: マヤン・カレンダー・チャートのご購入
 受講費 : ¥3,000(補習は、¥2,000/3通ごと)

 カレンダー・チャートからのキーワードの導き方を理解、練習、修得する段階です。
 スムーズにできれば次の段階に進みますが、難しいようでしたら、補習を受けていただき、
 修得されるまでサポートすることが可能です。


 「step2、中級段階」
 受講条件: step1、初級段階の完了
 受講費 : ¥3,000

 チャートから導き出したキーワードを元に、自分なりに解釈する文章を作成、練習し、
 マヤ暦の基本的な使い方を修得する段階です。



 お申し込み:  「こちらのフォーム」 でご入力いただくか、

          メールにてお送りください。  maya@nagaku.com
               件名→ 「マヤ・カレンダーの通信授業 希望」
               ご記入いただくこと→ 「お名前」



受講者のご感想

step1は、やはり、続けることの大切さと素晴らしさを実感する授業でした。実習をすることによって、もう一度、マヤン・カレンダー・チャートを見直すきっかけとなり、「マヤ・カレンダーがサイクルであること、そして様々に重なりあっていて一見複雑なようでいて美しいのは、全てが同調し合って秩序だっているからであり、グレゴリオ暦が直線的なだけでなく、ぶつ切れてしまうこと」を、改めて理解することとなりました。

正直、「複雑で苦手だな」という意識があったのですが、しっかり理解できると複雑なのではなくて秩序であることがわかり、もう苦手意識をこの機会にしっかり手放すことができました。そして、全てが宇宙的教育なので、やり取りのちょっとした文章の中にも宇宙的な捉え方が存在していて、それが自然と自分にも身についてくる通信授業の素晴らしさを再確認いたしました。



 ナガク’奥義学校「本校」に入学して、「マヤの宇宙的教育」全般を広く学ぶことで、
 step3、4、5と段階を進んでゆくこともできます。


 「step3、上級段階」
 受講条件: 「本校」生で、学位が第二グレード以上
 受講費 : ¥1,000

 カレンダー・チャートを元に、自分の個性、アイデア、表現、そして芸術的センス等を盛り込んで、
 マヤ暦、およびそれに関連する商品を制作する「マヤ暦制作委員」を養成する段階です。
 マヤ暦制作委員になった後は、当校と正式な契約を交わして承認されるので、
 仕事として収益を得ていただくことも可能です。


 「step4、特級段階」 (step3の上級段階を踏まずに進むこともできます)
 受講条件: 「本校」生で、学位が第三グレード以上
 受講費 : ¥1,000(「マヤ暦相談委員試験」受験料、別途要)

 チャートから導き出したキーワードを元に、自分の感性、表現、そして直感的センスを盛り込んで、
 カウンセリングやリーディング、運勢判断などを行なう「マヤ暦相談委員」を養成する段階です。
 マヤ暦相談委員になった後は、当校と正式な契約を交わして承認されるので、
 仕事として収益を得ていただくことも可能です。


 「step5、スキル維持のための継続段階」
 受講条件: マヤ暦相談委員
 受講費 : ¥1,000/3通ごと

 人間はやり続けないと、何でも忘れてしまいます・・・。
 それを防ぐための練習問題を繰り返し、真摯に経験を積み重ねてゆく段階で、
 少しずつ新たな極意もお伝えしてゆきます!




マヤ暦相談委員によるキーワード解釈(参考例)


    元マヤ暦相談委員: Kさん

    マヤ暦相談委員 「楽しい手づくりマヤ暦: さくまともこ」さん



        マヤ暦相談委員について




質疑応答


シリアル・ナンバー「009」さんより

Q1 :発売年である1997年からのユーザーです。
    オリジナル版を一見すると、2009年以降は使えないように見えますが、まだ使えるんですよね?

A1 :長年お使いいただきありがとうございます。
    このマヤン・カレンダー・チャートは、2086年まで同様の導き方で使用することができます。

    ただ、2009年以降のワイエブ月の求め方は複雑になってしまいますので、
    旧「日本語解説書(2008年改訂版)」、
    または現 「完全版」 の裏表紙に全てを一覧にしてまとめております。

    よって、シリアル・ナンバー「511」以前の方全員に、
    「日本語解説書」を「完全版」の方に差し替えていただくことをお薦めしています。
    ご注文お待ちしております。



シリアル・ナンバー「013」さんより

Q2 :シンボル・マークが白黒なんですが、好みの色を付けてもいいのでしょうか?

A2 :色を付けることは好ましくありません。
    本来、マヤのシンボル(象形文字、絵文字)は石に掘られていたり、
    絵文書の中で白黒で描かれているものです。
    そこにカラフルな色は存在しません。

    世界的に見て、マヤのシンボルに色を付けてしまっているカレンダーがあるようですが、
    長老曰く、それは日本の「日の丸」が赤ではなく、青に塗られているかのような違和感を、
    マヤ先住民として感じるとのことでした。

    形はそれ自体にパワーがあり、同様に色にもそれぞれの意味や力があります。
    尊重の気持ちを忘れずに、慎重に扱いたいですね!



シリアル・ナンバー「536」さんより

Q3 :誕生日から導き出したシンボルを使って、その方だけの木彫りのお守りを創り、
    販売も出来ればと思うのですが可能でしょうか?

A3 :このマヤン・カレンダー・チャートは、シンボルも含め、長老フンバツ・メンに著作権があります。
    また国内では、当校が責任を持って管理するよう、指示されております。

    興味をお持ちいただき、カレンダーやシンボルを使った物(アクセサリーや置物など)を
    創りたいとお思いの方には、当校と正式な契約を交わしていただいた上で、
    使用許可を与えるようにしております。

    契約金や金銭的な強要は、基本的にありません。
    制作と販売がうまくゆき、利益が出れば、その一部を次世代のために、
     「次世代継承」基金
へ寄付していただいております。

     「マヤ暦 制作委員」 としての活動となるため、詳細をご確認ください。
    「カレンダー」制作を希望する方に対して書いたものですが、
    「536」さんのような希望をお持ちの方へも同様に対応しております。

    マヤに関する物で共同創造できれば、私達にとっても幸せです。
    どうぞ宜しくお願い致します。



シリアル・ナンバー「537」さんより

Q4 :このカレンダーは2086年で終わっていますが、マヤ・カレンダーもその年に終わるのでしょうか?

A4 :マヤ・カレンダーに終わりはありません。
    サイクルとして、ずっと継続してゆきます。

    このマヤン・カレンダー・チャートには260年分のデータが記載されていますが、
    その260年のサイクルの終りが、2086年であるというだけです。
    そして翌2087年から再び新たな260年サイクルがスタートします。

    マヤ先住民の伝統の教えによるカレンダーには、「終わり」という概念すらありません。
    終わりもなければ始まりもない「無限の継続」なのです!



シリアル・ナンバー「509」さんより

Q5 :1972年12月23日は、「メン 8年 カ’ンキ’ン イミシュ」で、合ってますか?

A5 :年は「メン 8年」で合っています。
    月は、「カ’ンキ’ン」の他に、数字(ツォルキ’ンの「聖なるナンバー」)もあります。
    日も同様に、「イミシュ」の他に、数字もあります。
    導き出してみてください!



シリアル・ナンバー「720」さんより

Q6 :カレンダーについている3つの赤い点は何ですか?

A6 :太陽の日(春分、夏至、秋分、冬至)の3日間に印がついています。
    父なる太陽に対する感謝を込めて、儀式や瞑想などのワークを行なうべき日として、
    忘れないように配慮されています。



シリアル・ナンバー「688」さんより

Q7 :マヤ暦に関して、個人の生活サイクルが分かるということで、それを活用されている方がいます。
    一般的に出回っているマヤ暦を使われているのですが、
    貴校で扱っているマヤ暦でも、このようなサイクルを見ることができるのでしょうか?

A7 :ご質問の意味が良く分りませんので、もう少し具体的にお願いします。

Q7 :説明が足りずに申し訳ありませんでした。内容としては以下のようなものです。

    まず、生年月日からKINを出し、そこからツォルキン表より銀河の音、太陽の紋章、WSを出し、
    個人の持つ性質などを調べます。
    次に、年ごとのその人のもつ生活リズムをツォルキン表と銀河の音を使って調べ、
    更に週ごとのサイクルを誕生日を起点に年ごとのサイクルに従って生活サイクルを調べるというものです。

    サイクルには中国の易経なんかを当てはめていますが、
    「そんなものかな?」とそのサイクルに当てはまるように感じつつも、
    そのリズムに外れていることも多々あるので、大安や仏滅といったもののように、
    私にはむしろそれが足かせとなって束縛を感じます。
    戒めでもあるので、日々そのことを意識しておく必要もある気はしますが、なんかしっくりこないので、
    本来のマヤ暦の使い方としてはどのように活用すると良いのかお伺いした次第です。

    農業や自然現象には活用できるものがあると思うのですが、実際にはどのようなものでしょうか?

    マヤ暦に関しては全く分かっていませんので、書籍を読めば済むことを聞いているかもしれません。
    その時は,私の不勉強で申し訳ありません。

A7 :お気づきのように、「13の月の暦」や「コズミック・ダイアリー」について、
    またその使い方や効果については興味がないので、全く知りません。
    ですので、それらと比較する回答もできないのが正直なところです。

    しかしながら、この古代の伝統マヤ暦でも、個人の持つ性質などは調べられます。
    また、日々のキーワードを元に、今日という日の過ごし方や気持ちの持ち方などを、
    ヒントとして受け取ってゆくことができます。
    ヒントと書いたのは、必ずしもそれに従う必要はないからです。
    あくまでも参考程度のものととらえればよいかと思います。

    私達は、迷った時や不思議な出来事があった日のみ、
    マヤ暦のメッセージを振り返り、納得したりしています。
    つまり、毎日毎日そのメッセージ通りに行動するということはしていません。

    仰る通り、どんなに素晴らしいものであっても、
    足かせや束縛となるものは真実(本物)ではないと思います。
    ちなみに今日は、「歩いたり、旅したりすることで、宇宙の調和を感じ取る日です」。

    > マヤ暦に関しては全く分かっていませんので,書籍を読めばすむことを聞いているかもしれません。
    > その時は,私の不勉強で申し訳ありません。

    買って、手元に置いておくだけでは意味がありませんから、理解のために何度もお読みください。
    そして、確認のために、問題集の解答も是非ご提出ください。
    解答を提出し、正解する方は、「ある程度の理解を得ている方」となりますので、
    こちらもそれを尊重して、メールでの質疑応答などのフォローアップもしております。
    どうぞ宜しくお願い申し上げます。



シリアル・ナンバー「738」さんより

Q8 :うるう年の質問です。
    例えば「2008年チチャン年3月16日のうるう年」生まれの人は、
    「2007年アハウ年」になるが、日にちをみる時は「2008年3月16日のチチャン5日」生まれになり、
    「2007年3月15日のカワク12日」生まれにはならないと理解したのですが これで合っていますか?

A8 :まず、表記がまぎらわしくて混乱しました。

    「2008年チチャン年」や、「2007年アハウ年」という書き方は間違いです。
    なぜなら、2008年が全てチチャン年ではないからです(理由は理解できていらっしゃると思います)。
    グレゴリオとマヤ暦の年号は、完全に分けて考え、また表記することが大切です。
    「2008年」、「チチャン年(または、チチャン5年)」というように。

    それで、例に出された「2008年3月16日」に関しては、
    「水の表」の2007年から、年は「チチャン5年」。(「月」は省略)。
    そして、裏表紙のグレゴリオ暦の日付から、日は「チチャン5日」です。
    慣れてしまえば、いたってシンプルで、複雑ではありません。

    また、ワイエブ月は特殊な月ですので、そこばかりに気やエネルギーを向けていると、
    大切なものを見失ってします。
    とても細かくて、ちっぽけなことです。
    カレンダーからの導き方を忘れても、間違えても、全く問題ありません。
    マヤ・カレンダーとは、とても壮大で、宇宙的なものですから、
    そこにフォーカスし続けることが、最も重要なことです!



シリアル・ナンバー「738」さんより

Q9 :裏表紙の「ワイエブ月」のデータ欄で、うるう年の3月20日の日が赤字になっています。
    これは「何に気をつけて!」の意味ですか?
    「変則的だよ〜」というアナウンスでしょうか?

A9 :52年間に13日ある「閏日」を意味しています。
    また、数字(ツォルキ’ンの聖なるナンバー)が全て「8」だということを強調しています。



シリアル・ナンバー「652」さんより

Q10 :月のところが、「ポップ13」、「ウオ6」、「シプ12」、「ソツ5」・・・のように、
    2つの流れのグループが交互になっています。

    なぜ、このような形になっているのか?
    また、左から右に1つずつ減っていく流れというのは、どういう理由からなのか?
    ここのところが知りたいと思いました。

A10 :そうですね、月のところのみならず、年のツォルキ’ンのナンバーも、1,2,3,4,5…とは推移しません。
    これは、マヤが時間を直線的にはとらえていないからなんです。
    うまくは表現できませんが、幾何学的と申しましょうか、そのように考えているのです。
    はっきりしたお返事ができずに申し訳ございません。



シリアル・ナンバー「630」さんより

Q11 :早見表は、毎年必要ということでしょうか?
    1日でも早く、理解、体得できるよう頑張りたいです。

A11 :早見表は、あればあったでその日のキーワードが一目ですぐに分かるので便利ですが、
    なくてもマヤン・カレンダー・チャートの方で知りたい日をご自身で調べることができますし、
    早見表に似た年間のカレンダーをご自身で作って、日々利用することもできます。



シリアル・ナンバー「509」さんより

Q12 :オリジナル版のマヤン・カレンダー・チャートを見てみると、風の表のワイエブ月の6日間ある所は、
    ハアブの6日目が5日目まで出たハアブと同じ名前である様な気がしますが、何故でしょうか?

    例えば、1996年の表(風の表の1)の下のワイエブ月のハアブはムルクから始まりますが、
    最後の6日目が、何故チュエンなのでしょうか?
    何故イシュにならないのでしょうか?
    そして、次の1997年には、そのイシュから始まっています。
    風の表にある1996年は、グレゴリオの1997年と考えるべきなのでしょうか?

A12 :これは、閏日(つまり6日目)は別のカウントになっているのが理由です。
    つまり、ワイエブ月は「5日間だけで」、毎年順番に配置されてゆきます。
    1996年の最後の6日がイシュにならず、次の1997年にイシュから始まるのもその理由です。

    いずれにしても、新しい解説書(現 「完全版」 )の裏表紙にあるワイエブ月の一覧表を、
    良くご覧になるとお分かりいただけると思います。
    閏日のみ、赤字で表記していますので、別のカウントであることがはっきりします。
    そして、ツォルキ’ンの数字がみな「8」になっているのも、興味深いところですね。



シリアル・ナンバー「782」さんより

Q13 :一昨日、マヤカレンダーが届きました。ありがとうございました。
    しかし、何もわからなく、どうしたらよいか迷っているのが現状なのですが・・・。

A13 :同封した冊子「完全版」を丁寧に読み進めていって、
    各表からの導き方を理解していただくしかありません。
    まだお若く、頭も柔らかいのですから、絶対にできます!!!
    大事なのは、やはり何でも「やる気」です。
    日々、何かとお忙しいでしょうが、じっくりとマヤ暦に向き合う時間も作ってみて下さい。



シリアル・ナンバー「857」さんより

Q14 :260日周期の単位はどこからどことありますか?
    基本的に「カ’ン1〜アクバル13」となるのでしょうか?

A14 :はい、そうです。でも、「基本的に」です。
    マヤ・カレンダーは常に円環で考えますので、
    「分断」や「区切り」といった発想が、根本的にはありません。
    よって、「260日周期の単位」も様々な状況によって変化するでしょう。
    例えば誕生日で考えるなら、「エツナー13」日に生まれた人なら、
    「エツナー13〜エツナー12」までの260日周期が単位になるといった具合に。



シリアル・ナンバー「857」さんより

Q15 :早見表を見ると、ワイエブ月については、日の聖なる名前もナンバーも続いていませんが、
    ワイエブ月をどのように解釈すればよいですか?(ワイエブ月だけ見るとつながっているんですね)

A15 :ワイエブは特別な月で、ワイエブ月だけてサイクルを刻み、続いてゆきます。
    詳細は、当校にご入校後に学びを進めて、
    ヨク’ハー・ マヤ宇宙大学に進学されてからお伝えしていますので、
    それだけワイエブ月は特殊で、深い学びを要します。



シリアル・ナンバー「858」さんより

Q16 :「風の表」では「13」が黒マスですが、これは何を意味するのでしょうか?

A16 :特に大きな意味はありませんが、サイクルの全体を見やすくするためだったり、
    その配列から何かを感じたり学んだりするためだったり・・・そんな感じでしょうか。

    また、特に13である必要もないでしょう。
    1でも、5でも、10であっても、黒マスが一つあることによって、
    マヤ・カレンダーを同じような視覚でとらえることができます。
    そのことが重要なのだと思います。




練習問題の答え


   1問目の答え: アハウ

   2問目の答え: 4

   3問目の答え: ツェク 1

   4問目の答え: ラマト 9

   5問目の答え: ムルク 2 日 ムアン 4月 チチャン 11年

   6問目の答え: オク 3 日 ムアン 4月 チチャン 11年

   7問目の答え: ムルク 10 日 クンフ 9月 チチャン 11年

   8問目の答え: イミシュ 1 日 クンフ 4 月 オク 6年

   9問目の答え: アク’バル 11日 ワイエブ 1月 アハウ 10年

  10問目の答え: マニク’ 8日 ワイエブ 5月 チチャン 1年




元マヤ暦相談委員 Kさんのキーワード解釈


 元マヤ暦相談委員 Kさんが、キーワードを解釈して作ってくださった例文です。
 「月」の解釈のみの掲載ですが、「日」や「年」も同様ですので、是非、参考にしてください。

 ポップ 3 / 光の道を歩むリーダーとして、
        今年のテーマ(「家庭+使命→自由」の三位一体)に取り組み始めます。
 ポップ 8 / 愛情深いカウンセラーとして、目の前の人に魂を込めて関わり、
        その人が宇宙の回転を思い出すきっかけとなります。
 ポップ 12 / リーダーとしての資質を自分なりの方法で活かし、家族や仲間と共に、幸せであり続けます。
 ポップ 13 / 自分の人生の最高責任者として、あらゆる現象全てが100%自分の責任であると自覚し、
         受け容れ、取り組むことによって、宇宙と調和した人生を歩みます。

 ウオ 1 / 目の前の相手を忍耐強く見つめ、理解し、その才能に光を当てることによって、
       相手の中に神を見出します。
 ウオ 5 / 物事の本質をよく見極め、理解します。
       たとえ、様々な現象にとらわれてしまったとしても、忍耐強くその本質を思い出し、
       瞬時に幸せの次元へ移動することを繰り返します。
 ウオ 6 / 自分の中にある宇宙の真理を深く理解し、忍耐力と平静さをもって、
       本来の才能が芽生え開花していくのを見守ります。
 ウオ 9 / 自分の歩みを止めているものを平静に、忍耐強く理解し、取り払います。
 ウオ 10 / 相手への理解を深めるために忍耐強く接し、相手を平静に見つめることでその才能を見出す、
        そんなかたちの人間関係を始めると共に、真実の関係を目指して進展させていきます。

 シプ 2 / 完全なる力を取り戻し、生命の始まりの閃きや喜びを体感します。
 シプ 7 / より完全な私らしさを構築するために、忍耐力を含めた私の特性を熟成させ、
       7つのエネルギー・センターへと行き渡らせます。
 シプ 11 / 今まで積み重ねてきた経験を熟成させて、有用な知恵の光へと変換し、
        無明の闇をその知恵の光で明るく照らします。
 シプ 12 / 今までの経験から得た知識を熟成させ、有効に活用し、これからの別の安住へとつなげていきます。

 ソツ 4 / 直感力や洞察力を磨き、相手の心を感じ取ります。
 ソツ 5 / 自らの直感や洞察力をもって、従来の見識を移動させます。
       (=今までのものの見方、捉え方を変える)
 ソツ 8 / 直感や洞察力を活かして、自分のエネルギー状態を自覚し、
       宇宙の回転の一部を担う者として、その状態に責任を持ちます。
 ソツ 9 / 直感を磨くために、洞察力を活用し、外の現象にとらわれるのをやめ、内に留まり続けます。
 ソツ 13 / 自身のセンターに居続けることで洞察力を働かせ、直感に従って行動することを繰り返しながら、
        宇宙の進化に貢献していきます。

 ツェク 1 / 存在の本質を根気強く探求し、その聖なる光をお迎えします。
 ツェク 2 / 真理を根気強く探求しながら、フナブ・ク’の一つの表現としての自分自身の生命を生き始めます。
 ツェク 6 / 自分の特質を根気強く探究することによって魂が選んだ基本地点を見極め、
        そこで大木となってたくさんの葉を茂らせるために、まずは種を蒔き、芽生えさせます。
 ツェク 10 / 自分自身の真実を根気強く探求し、そこで得られた創意によって統合を進展させます。
 ツェク 11 / 日々目の前に起こる現象を好奇心をもって根気強く探求することで、
         そこに聖なるものの二元性を見出し、統合させていきます。

 シュル 3 / 永遠のサイクルの一部を担っていることを自覚します。
        そして、自分の中で女性性と男性性を調和させ、三位一体となります。
 シュル 4 / 目標を持った人間として、その目標を達成することでひとつのサイクルを完了し、
        人間としてのみ可能な創造をこの世に具現化させます。
 シュル 7 / 新たな成長サイクルにふさわしい私であるために、7つのエネルギー・センターを指針として歩みます。
 シュル 8 / 一つのサイクルを終わらせ、新たな目標へと向かいます。
        その過程において、宇宙の回転に同調しながら、自分が宇宙的な存在であることを思い出します。
 シュル 12 / ひとつのサイクルを終わらせ、次なる目標・段階に向かって、日々の実践を継続していきます。

 ヤシュキ’ン 1 / 自身のパワーをより強く、より大きくし、神とひとつである感覚を呼び起こします。
 ヤシュキ’ン 5 / 力強く大きなビジョンを掲げ、それを実現させるべく、移動し、行動していきます。
 ヤシュキ’ン 9 / 無駄な言葉を発するのをやめて静寂の中に留まり、
           より大きな視野で言葉のパワーと限界を見つめます。
 ヤシュキ’ン 10 / より大きな卓越した宇宙的視野でものごとを捉えられるよう、力強く進展していきます。
 ヤシュキ’ン 13 / 大いなる宇宙の一部であることを自覚し、責任を持って幸せであり続けます。

 モル 2 / 目にする現象や体験する出来事をポジティブなものと結びつけて解釈し、
       生命の始まりに満ち溢れる喜びへとつなげていきます。
 モル 3 / 様々なつながりをまとめ、宇宙へと結びつけることで、宇宙−現象−自分の三位一体を実現します。
 モル 6 / 夫と心からしっかり結びつき、真実の愛が芽生えるのを楽しみにしながら、
       その絆を大切に育んでいきます。
 モル 7 / ボディ&スピリットをしっかりと結びつけることによって、
       7つのエネルギー・センターを活性化させ、行動していきます。
 モル 11 / 自己を統制し、父なる太陽、母なる地球と結びつけながら、
        この世界に表現されている聖なるものの二元性をよく観察し、理解します。

 チェン 4 / 誠実で正直な人間として、人生の様々な経験を味わい、楽しみます。
 チェン 8 / 誠実に自分自身の中心に在り続け、宇宙の回転に同調します。
 チェン 9 / 正直に立ち止まり、自分の何が限界を作っているのかを誠実に見つめます。
 チェン 13 / 自分に誠実であり続けることによって、自分が完全な存在であることを思い出し、
         宇宙的視野ですべてのものごとを捉えていきます。

 ヤシュ 1 / 無邪気になって、神の掌の上で飛んだり跳ねたり転がったりします。
 ヤシュ 2 / 純粋で無邪気な心を取り戻し、自らの生命の始まりを再体験します。
 ヤシュ 6 / ただただ無邪気でいること、無邪気に行動することで、私の中のワクワクの種を芽生えさせます。
 ヤシュ 10 / エゴによる思い込みや誤解など、私の輝きを遮っている垢をきれいに落として、
         無垢な状態へと戻り、そこから再び、無邪気に生き始めます。

 サク 3 / 明晰なマインドを働かせて機敏に行動し、
       マインド・身体・魂が三位一体として調和的に機能するよう種々整えていきます。
 サク 7 / 素直にすばやく直感に従い、7つのエネルギー・センターを使って行動します。
 サク 8 / 純粋に軽やかにすばやく行動し、宇宙の回転に同調していきます。
 サク 12 / 急速な変化にもすばやく対応しながら、新たな世界に安住することを目指して、
        今取り組んでいることを継続していきます。

 ケー 1 / 優しさ、上品さ、柔らかさの中に聖なるものや神を感じ、発見し、
       自らもそのような存在となることを目指します。
 ケー 5 / 柔らかく上品で優しい言葉と行動をもって、新たな世界へ移動していきます。
 ケー 9 / 柔らかな発想をすることで、無意識にしがみついている不要な観念に気付き、
       優しく上品に手放します。
       そして、その観念によって自ら創り出している限界が、どのように変化するのかを観察します。
 ケー 10 / 真実の優しさを体現し始めます。
 ケー 13 / 繊細で精妙なエネルギーに同調し、宇宙とひとつであることを体感します。

 マアク 2 / 自分の個性を冷静に見つめると同時に、自然の中で様々な生命の息吹に触れることで、
        生命の源への理解を深めます。
 マアク 6 / 相手の天性が開花することを願い、その元の芽生えを助けるような善き縁となります。
 マアク 7 / 自他の個性を冷静に見つめるために、
        7つのエネルギー・センターやマインドの曇りを取り除いていきます。
 マアク 11 / 相手の個性を冷静に見つめ、天性を賞賛し、
         そこに見出した聖なるものの二元性を自分の中に統合していきます。

 カ’ンキ’ン 4 / 自分の特性を活かした自分らしいスタイルを表現する人間でありたいと思います。
 カ’ンキ’ン 8 / 創造的なパワーの性質について学び、理解します。
          そして、創造の源である宇宙の回転に意識を向け、そこから生じる流れを感じます。
 カ’ンキ’ン 12 / 相手の特性を深く洞察し、それを活かす助けとなって、
           その相手と共に光の世界に安住するために、自分の使命に取り組み続けます。
 カ’ンキ’ン 13 / 自分の特性・特徴を見出し、磨きをかけ、輝かせながら、宇宙の喜びの中へと入っていきます。

 ムアン 1 / 神フナブ・ク’の記憶の中の宇宙的叡智を受け取り、美しい言葉として表現します。
        その作業に繰り返し取り組み、熟練させることで、
        それを神聖な言葉にまで昇華させることを目指します。
 ムアン 5 / マヤ暦相談の実践を通じて、自身の内面ワークに熟達し、より高い次元へと移動します。
 ムアン 6 / 自分の適性を発見し、芽生えさせます。
 ムアン 10 / 自分の適性をより明確にし、熟練させ、新たな始まりへと進展させていきます。

 パシュ 3 / 自分の中でまだ眠っている部分をたたいて起こし、動かしていくことによって、
         頭・心・体の三位一体をバランス良く整えていきます。
 パシュ 7 / 楽しく動きながら、7つのエネルギー・センターを活性化、調和させ、
        それらを地球のエネルギーとも同調させます。
 パシュ 11 / 自分の意識を転向することによって、内なる二元性を理解し、調和させます。
 パシュ 12 / ビジョンに向かって動くことを継続する一方、個人的な興味を転向し、別の安住の基礎を作ります。

 カ’ヤブ 1 / 喜びや安らぎが神に通じる聖なるものであると理解し、体感します。
 カ’ヤブ 4 / 喜びや安らぎを感じながら、人間ならではの体験を存分に楽しみます。
 カ’ヤブ 5 / いつも心に安らぎを保つことで宇宙と繋がり、宇宙の喜びを味わいながら移動します。
 カ’ヤブ 9 / 日々、穏やかな安らぎの中に留まりながら、表情をマネジメントすることで、
         内なる喜びを湧き上がらせます。
         その安らぎや喜びの状態にあるとき、自分の中の何が限界を作っているのかを見つけ出し、
         それらをひとつひとつクリアしていきます。
 カ’ヤブ 13 / 今生きている喜びを味わい、安らぎを感じながら、宇宙に身を委ねます。

 クンフ 2 / 身の周りの環境を整理するとともに、自身のエネルギーを浄化することで、
        生命の始まりの源へと還っていきます。
 クンフ 7 / 自分の内外を整理し、きれいにすることで、7つのエネルギー・センターを浄化し、活性化させます。
 クンフ 10 / 不要なものを整理することで心身をきれいにし、ハートの実践を始めます。
 クンフ 11 / 自分の内面および周辺の環境をきれいに整理することによって、
         聖なるものの二元性の美しさを認識できる感性を磨きます。

 ワイエブ 3 / 自分が継続してきた実践を高く評価し、愛、尊重、感謝の思いを宇宙に捧げます。
 ワイエブ 4 / 自分を含む全ての人々、そしてあらゆる存在がそれぞれに持っているユニークな価値を認め、
         尊重できる人間になります。
 ワイエブ 12 / 今年1年、自分なりに成長できたことを高く評価します。
          そして、至福に安住するために、成長し続けます。
 ワイエブ 13 / 自分とあらゆる存在の価値を認め、尊重し、宇宙と一体になります。




マヤ暦相談委員 「楽しい手づくりマヤ暦: さくまともこ」さんのキーワード解釈


 「楽しい手づくりマヤ暦」のさくまともこさんが、キーワードを解釈して作ってくださった例文です。
 「月」の解釈のみの掲載ですが、「日」や「年」も同様ですので、是非、参考にしてください。

 ポップ 4 / 家族のカンウンセラー的な人間として、家族の心の声に耳を傾けます。
 ポップ 8 / 自分自身のリーダーとなり、宇宙の回転、調和(思考の回転、調和)を意識して、過ごします。
 ポップ 12 / 自分自身の最高責任者となり、今年継続し、別の安住になるものを決めます。
 ポップ 13 / 自分自身の最高責任者となり、
         宇宙から与えられた仕事のリーダーにふさわしい活動を行っていきます。

 ウオ 5 / 自分の才能を発揮できる場所に移動します!
 ウオ 6 / 自分をより理解するために、忍耐と平静を心がけ、新たな才能の芽生えを期待します。

 シプ 3 / 自分なりの熟成、有用、完全、有効な三位一体を見つけます!
 シプ 7 / 自分の考えを熟成させる時間をとったり、自分を有効、有用に働かせたり、
       自分を完全であると認めほめることで、7つのエネルギー・センターが活性化することを期待します!
 シプ 11 / 有効に働くために、家庭と仕事の二元性の調和をはかります。
 シプ 12 / 今まで熟成していた思いを完全な形で有用し、表現して、有効に使っていき、
        その活動を別の安住として、継続させていきます。

 ソツ 4 / 直感力を磨き、人間本来の力を使えるようにします。
 ソツ 5 / 直感を信じて移動します。そこで見識を広げ、洞察力や透視力を養っていきます。
 ソツ 9 / 直感や洞察力、透視力を信頼し、より高めていくために、
       いったん止まり、今限界を感じている何かを見極め、見識を広げていきます。
 ソツ 13 / 直感や洞察力を磨くために、宇宙の無限の力と自分の繋がりを信じて、行動を選択していきます。

 ツェク 2 / 創意を高めるために 好奇心の向くものに根気強く探求し、
        自分の生命の始まり、独自性を喜びます。
 ツェク 6 / 創意や好奇心を大いに発揮し、自分の夢への探求を根気強く行い、
        そこから芽生えるものを大切に育てます。
 ツェク 10 / 創意と好奇心を刺激するものを根気強く探求し、楽しさと喜びあふれる人生を始めます。
 ツェク 11 / 自分の中の聖なる二元性を理解しつつ、創意と好奇心でマヤを根気強く探求します。

 シュル 3 / 今後の目標を三位一体の安定したものにします。
 シュル 4 / 大きな目的のために、小さな目標をひとつずつ終わらせるサイクルを作り、
        人間として充実した日々を過ごします。
 シュル 8 / 今までサイクルを終わらせ、目標・目的に添った生き方をし、
        宇宙の回転に、自分らしく自然に調和していきます。
 シュル 12 / 今までの目標、目的を、よく見極め 終わらせるものは、終わらせ、
         継続する価値のあるものを、次のサイクルへと持ち越し、別の安住とします。

 ヤシュキ’ン 1 / 強さやパワー、卓越した大きいものに触れ、
           そこにある神性さや聖なる部分からエネルギーやメッセージを受け取ります。
 ヤシュキ’ン 6 / 卓越したパワーの強さで、大きいなことの芽生えをつかみます。
 ヤシュキ’ン 9 / 大きな視点で、自分や家族の限界をとらえ、こえるポイントを見つけます。
 ヤシュキ’ン 10 / 太陽の卓越した、大きく、強さのあるパワーを頂き、
            魂の新たな進展、次のステージの始まりを決意します。

 モル 3 / 自分の心と体と行動の三位一体をまとめるために、
       心を統制し、行動を導き、体の動きを結びつけていきます。
 モル 7 / 自分の感情を統制し、まとめ、結び付け、良い方向へ導くために、
       7つのエネルギー・センターを意識した呼吸を心掛けます。
 モル 12 / 春分から今までしてきたことを、まとめ、結びつけ、統制し、導いていきます。
        またそれを自分の中の別の安住として、継続させていきます。

 チェン 4 / 誠実で正直な人間であるために、周りの人たちにもそのように接します。
 チェン 5 / 周りの人に正直で、誠実な態度で接し、正しく完全なバランスのとれた人間関係を作っていきます。
 チェン 5 / 正直で誠実な姿勢で、マヤ暦と向き合い、正しく完全なマヤ暦を目指して作ります。
 チェン 6 / 今やっていることが限界であってもなくても、一旦止まり、それが正しい方向に進んでいるか、
        誠実に、完全な仕事を目指して行っているか、正直に見つめてみます。
 チェン 13 / 周りの人々や自分自身に対して、誠実でいられるよう心がけると同時に、宇宙を感じます。

 ヤシュ 1 / 無邪気な心で神や聖なるものを感じてみます。
 ヤシュ 2 / 無垢で、純潔で、素朴な生活を子どもと一緒に無邪気に楽しみ、
        自然にある生命の始まりのエネルギーを取り込んでいきます。
 ヤシュ 6 / 無邪気に楽しみ、芽生えた何かを更に楽しみます!
 ヤシュ 11 / 素朴で無垢、純潔な無邪気な心で、自分のやりたいことを楽しみ、それを生活の中に取り入れて、
         聖なるものの二元性とし、大切にしていきます。

 サク 4 / 今必要なことは何かを見極め、それに集中して、すばやく機敏な動きをする時間をもちます。
 サク 7 / 体を機敏に動かし、7つのエネルギー・センターを活性化させます。
 サク 12 / 自分のやるべきことを機敏に動き、素早く終わらせ、心の余裕を別の安住とし、継続します。

 ケー 5 / 繊細や柔らかさ、上品さや優しさを持って移動します♪
 ケー 9 / 自分や周りの人々に心から優しくするために、一旦止まり、考え、限界をこえる何かを見つけます。
 ケー 10 / 繊細さや柔らかさ、上品さや優しさの中に、始まりや進展を感じてみます。

 マアク 7 / 自分の所属する部類の中で、個性や天性を発揮できるよう、
        冷静に7つのエネルギー・センター意識しながら行動します。
 マアク 11 / 自分の天性や個性を冷静に見つめ、マヤ好きという部類の中で、
         聖なるものの二元性の統合を目指します。

 カ’ンキ’ン 9 / 限界を超えていくために、自分の特性や特徴を生かしたスタイルを確立していきます。
 カ’ンキ’ン 13 / 自分の特性やスタイル、特徴や性質は、宇宙からの贈り物と感謝しつつ、
           それらをより磨いて、洗練させていきます。

 ムアン 6 / クリエーターとしての記憶、適性を 創作意欲のさらなる芽生えとともに、熟練、熟達させます。
 ムアン 10 / 自分の仕事を熟練、熟達するよう努力し、そこから新たな進展や始まりを見つけます。

 パシュ 3 / 自分の身体をたたくようによく動かし、状況にあわせ転向しながら、
        体、心、魂の三位一体の調和を目指します。
 パシュ 7 / 動いて、7つのエネルギー・センターを活性化させます。
 パシュ 8 / アートに触れ、自分の感性をたたいて動かし、
        宇宙の回転や調和に繋がる何かを作り出していきます。
 パシュ 12 / 触ったり、叩いたり、転向したりと、実際の自分の体の動きの中から、
        別の安住を見つけ、継続させていきます。

 カ’ヤブ 1 / 喜びと陽気さの中に休養と安らぎを得て、聖なる時を過ごします。
 カ’ヤブ 5 / 自分や家族の喜び、休養や安らぎを得るために、陽気に移動します。
 カ’ヤブ 9 / 喜び、安らぎの中から限界をこえていける何かを見つけます♪

 クンフ 2 / 自分自身を愛と光でいっぱいにするために、心や体、住んでいる環境をきれいに整理し、
        浄化していきます!そして自分の生命の始まりを喜び感謝します♪
 クンフ 7 / 春分に向けて、家や頭の中を整理し、きれいにして、浄化、清潔にして、
        新しい年を迎える準備をします。
 クンフ 11 / 自分の周りの環境や持ち物をきれいに整理し、さらに清潔に浄化して、
        新たな聖なるものの二元性の準備をします。

 ワイエブ 13 / この一年間、自分のやってきたことを高く評価します。