使えるマヤ暦

! マヤの伝統文化 紹介センター 協力&推薦 !

マヤの長老フンバツ・メン制作の伝統マヤ暦「マヤン・カレンダー・チャート」のデータを基に、「使えるマヤ暦」のさくまともこさんのアイデア、表現、そしてアートを盛り込んで創られた作品です!一定の制作条件をクリアされ、マヤ・カレンダーのシンボルやキーワードの使用許可を認める当方との正式な契約を交わして制作していただきました。多くの皆さんに、この優しい手づくりのマヤ・カレンダーをお勧めいたします!



No.1  「手帳」

 




 サイズ: B5 4つ折り5枚分(7×18.5p)


 使用紙: 表紙と裏表紙 ・・・ 板目紙
        中身 ・・・ クラフト紙


 価格: 1,000円



! もちはこべるマヤ暦 !

マヤ暦を手帳サイズにしました。いつでも、どこでも、見たい時にすぐチェックできるマヤ暦です。ジャバラ折りになっている一年間。一行予定や一行日記を書ける欄もあります。新月と満月の日、毎月のハアブ、ツォルキ’ンの聖なる意味が見やすく書かれています。裏表紙には、あなた様のネームが入ります。(「ネーム入れ」不要の場合は、お申し付けください)





No.2  「かべかけ」




 サイズ: A4(全19枚)


 使用紙: ネパール手すき和紙


 価格: 3,000円


! かべに掛けて毎日チェック !

かべに掛けて毎日ながめることができるマヤ暦です。一日の枠の中にシンボルの意味が書いてあるので、マヤ暦初心者にも分かりやすくなっています。新月と満月の日、毎月のシンボルの意味、今年のシンボルの意味も書かれています。和紙のふわふわ感もお楽しみください。お部屋のインテリアの一つとしてもどうぞ!




No.3  「風の表」




 サイズ: A4


 使用紙: クラフト用紙


 価格: 500円


! マヤ暦の基本 !

今年一年を全体として見渡せるマヤ暦です。今日という日が、一年のどこにあるのか、過去、現在、未来を感じつつ、あれから何日たったのか、あの予定は何日後かと楽しめます。家族のお誕生日や記念日に印をつけることも可能です。新月と満月の日も書かれています!




No.4  「日めくり」


  * 現在、販売休止中 *

 サイズ: 5.5×9.1pが2列
       枝の長さは約15p


 使用紙: クラフト紙


 価格: 1,000円


! 毎日めくってマヤ暦を楽しめます !

聖なるシンボルやナンバーから伝わってくるメッセージを日々感じてみて下さい!シンボルの方が20枚、ナンバーの方が13枚あり、毎日、両方をめくってマヤ暦を進めてゆきます。








代金は後払いとなります(当方の暦や冊子との同時ご注文の場合は、一括の先払い)。カレンダー到着後、同封された用紙に記載された「ゆうちょ銀行」口座に、必ずご入金ください。



ご注文はこちらで!

* 晩秋から春分までは、「新年度版」の制作時期となり
「今年度版」の販売は終了となります。



使えるマヤ暦について by さくまともこ


使えるマヤ暦は、マヤ先住民の伝統のマヤ暦やマヤ文化の理解と普及を図っています。マヤ暦を使うことで、心に調和と平和が訪れ、自分本来の道へと進まれることでしょう。イン・ラケ’ッチ!

<使命、ビジョン>
「作る、伝える、笑顔になる」をマヤ暦制作会のコンセプトに掲げ、「シンプルかつナチュラルであたたかみのあるもの」を提供し、生活の中で宇宙や自然との調和をはかる人へメッセージを発信しながら、時代を超えても変わらない真理を追求し続けること。

<目標、目的>
真、善、美を思考や行動の基準に、常に幸せであること(霊性を高め神性を現してゆくこと)を目標とし、マヤ暦制作、販売、講座を通して人々や社会の役に立ち、明るく楽しい家庭を増やすこと、そしてマヤの宇宙的教育(調和や平和)を周りの人々に広げることが目的であり、成し遂げたいこと。マヤ暦でみんなの心に調和と平和が訪れますように。





さくまともこ さんについて by マヤの伝統文化 紹介センター


「山に籠って苦行をしなくとも、鳴物入りの栄光を勝ち取らなくても、日常の小さな出来事から悟りへの道はつながっている」。さくまともこさんを見ていると、そのような気持ちになります。過去世において修行と研鑽を積んだ魂が、今世は、家事、育児、主婦業といった日常の世界で、これまでよりもさらに先の何かを学ぼうとしておられるかのようです。

彼女はキラキラした瞳でおっしゃいます。「子育てや家事に追われていても、自然界に調和するマヤ暦に触れると、心から幸福な気持ちが湧き上がってきて、本当に嬉しいのです。私はマヤ暦に救われました!」と。そんな実体験を持つともこさんだからこそ、同じママさん主婦業を通して何かを学ぼうとされている方々を応援し、共に前進するための活動が必要なのだと考えておられます。「子育てするママさん達にマヤ暦やマヤの教えを伝えて、心に調和と平和を持って子育てできる母を増やしつつ、平和で幸せな社会を築きたい!」。ともこさんのマヤ暦制作は、このようなビジョンを掲げて2007年にスタートしました。

「子育て中の母のみならず、全ての女性、そして人類の女性性の部分の幸せを高め、応援したい!」。そんな純粋で熱い気持ちが、ともこさんのマヤ暦に表現されています。大地の母、母なる地球のメッセージ、姉妹なる月のメッセージ、そして父なる太陽のメッセージが、「手づくり」や「和紙」といった自然の表現をコンセプトにした作品に込められています。

古代マヤ人も、写本やカレンダーは和紙のような紙に描いておりました。文字もシンボルも数も紙も「魂を持ち、生きている」ととらえていたマヤの人々。ともこさんのカレンダーは、現代のカレンダーの概念を大きく超越し、マヤ・カレンダーの本来の在り方を深く感じさせてくれる逸品です。現代の日常生活にも溶け込む優しいマヤ暦ですので、多くの皆様に楽しみながらお使いいただければと思っております。


現在インスタにて、日々のマヤ暦を分かち合ってくださっています。 こちらから「インスタ」へ