劇団麦の会 2015年初夏の公演 のげシャーレVol.2

「夏の日の陽炎」


作/演出 山口雄大

〜終戦70年・あの日から70回目の夏〜  
 日時

6月13日(土)14時開演/18時半開演
   14日(日)14時開演(全3回公演)
 

  会場 のげシャーレ
    (横浜にぎわい座地下小ホール) 
  
  
 配役

美咲町の皆さん
増田菊子(班長さん)
   新谷美智子
高倉百合子(奥様)     やちゆみ
高倉小百合(お嬢様)    松田真実
木下ウメ           小金井敏邦
関口さくら           川地敦子

木村拓次郎         山口雄大
本間四郎           江島裕一郎

高倉一範          宮川聡
薩摩芋太郎         河井範雄

上戸 椿          佐藤麻美
上戸あやめ        榎本かおり
氷川きよ太         高野光信

谷土梨町町内会婦人部の皆さん

片倉舞子 荒木真由美 山本歩実 村上穂波 福地麻里香

 裏方

作/演出   山口雄大

舞台監督  新谷美智子
舞台装置  錦ヶ浦亀之助
美術     武井雅子
照明     古澤亮 榎本かおり
音響     宮川聡 河井範雄
小道具    三嶋洋一
衣裳      やちゆみ 片倉舞子
制作     小金井敏邦 池浦典子 川地敦子 
        新谷美智子 荒木真由美
公演会計  佐藤麻美
     
     
悲しくて、おもしろくて、考えさせられる。また見に来たいです。
辛い戦争の中で、前を向いて生きて行こうとする、部分に感動しました。
平和な今の時代、大切に一日を生きて行きたいと思います。
内容的には重いのに、笑えるところもたくさんあってよかった
笑いと感動をありがとうございました。
納豆仮面最高でした!面白かったです
すっごく面白かったです!泣いた!泣きましたゾ!笑いましたゾ!!
シリアスな部分も、コメディの部分もたくさんあって、とても面白く観させて頂きました。学生さんが戦地に行くシーンとても感動してボロボロ泣いてしまいました。
良く稽古が出来ていて、2時間あきずに集中できました 
     
     
麦の会の戦争物はどんなものかと首をかしげましたが、麦の会らしい、人間のあたたかみのある劇でした。どんな辛い状況でも、その状況から楽しみを見つけ、生きてきた人間のたくましさを感じました。その人達がいたから、いまの日本があり、私たちがいるのだと。体験した世代の方々に感謝です。
パワーもらいました!まさに、笑いあり、涙ありでした!
チラシにあった通り、笑いありで、楽に見ることができました。戦争を体験したことないのに、体験しているような臨場感!!
麦の会の公演を初めて見ましたが、「すごい」の一言しか出てきません。笑いあり、涙あり、見ることができて本当によかったです。
今まで戦時の事など興味を持ったこともありませんでした。空襲の際の住民にスポットを当て、マサにその時の様子がリアルに伝わりました。
泣けました!皆さんの演技も本当に素晴らしかった!初めて「夏の日の陽炎」を見たが、これは毎年、これからも続けて欲しい!
私は戦争を体験したことはないけれど、共感できました。戦争を知らない子供が増えて行くだろうけど、この劇で、戦争の怖さや生きているたのしさを教えて欲しいと思いました(12歳女性) 
     
 戦争ものなのに、麦っぽい感じでした
一番前で観ました。美術さんの細かいこだわりが見ることができました。壁画素晴らしいと思いました。役者さんたちの懸命さが伝わってきました。中にはグッとくるセリフもあり、泣きそうになりました。素晴らしいものを観ると、心が動き、響きます。
泣けました
迫力があって、タイムスリップしたようだった。見に来てよかった。楽しませてもらいました。
戦後70年にふさわしい素晴らしい作品でした。感動しました。
小さな舞台ながらも、迫力のある演技とても素晴らしかったです。
笑って泣きました。ストーリー、台詞、配役、完璧でした。
麦の会風シリアスよかったです。重いだけじゃなく、生きるために笑う・・・見習いたいです。マジメなテーマも明るく笑い飛ばす作品をまた時々観たいです。
納豆を明日の朝食べてくなりました。
     
  2015年06月08日(月)神奈川新聞で紹介されました

2015年01月12日(月) 朝日新聞 「演劇の70年」劇団麦の会が掲載されました

<稽古風景をこんな感じで>
youtube 公開 第二弾 0608

youtubeで 0530
トップページに戻る