峠のポイントガイド    
貝淵峠     (小国町黒沢と種沢を結ぶ)   
 
 
 
他の峠へ 
十三峠の紹介へ戻る 
黒沢と種沢を結ぶ小さな峠。以前、黒沢集落の小学生はこの峠を通り種沢分校に通学していたが、昭和42年の羽越水害後通れなくなっていた。

平成21年に黒沢敷石道保存会で整備を行い通行できるようになった。水害後、峠の直ぐ下を通る道路ができ、今この峠を通る人はほとんどいない。

正保絵図【市立米沢図書館所蔵】

峠の古絵図    

A古道と横川の間に道路ができた
ため、斜面が削られ道幅は狭い。

@峠からは下に横川、その向こうには
黒沢や松岡の集落が望める。

A 

@ 

峠の概要      

絵図【年代不明、高橋康氏所蔵】

享和絵図【享和2-3(1802−3)年作成、 米沢市上杉博物館所蔵】