ハーブで元気!




ハーブビネガー
普段 使うお酢にハーブの一枝を入れることによって 香り豊な
ハーブビネガーができます。
タラゴン、セージ、タイム、ローズマリー、バジルを軽く洗って、よく
乾かしたものをビンにいれ、お酢(ワインビネガーまたはりんご酢)
をハーブが漬かるまでいれます。2〜3週間たったら ハーブをとり
出し、出来上がり。ダークオパールバジルで作ると きれいなルビー
色のハーブビネガーができます。


バジルオパールバジル      タラゴン


  タラゴンの葉にはヨード、ミネラル、ビタミンA,Cがたくさん
含まれています。


ピクルス


材料

きゅうり         4,5本
にんにく        1かけ
水            3カップ
ハーブビネガー    大さじ2〜3
塩            大さじ1
スパイス        粒こしょう、コリアンダー、ディルシード等合わせて大さじ2
             ピクルス用のミックススパイスでも可
ディルの葉       少々


作り方

@ 水、ハーブビネガー、塩、スパイスをステンレスまたはホウロウの鍋に
  入れ5分ほど煮立たせる。
A きゅうり、にんにく、ディルの葉を容器に入れ 熱いままの@を注ぐ。
B きゅうりが浮き上がらないように お皿などをかせる。
C 一晩おいたあと広口ビンにうつし冷蔵庫で保する。
D 2〜3日めから食べられます。



     
 ディル


ディルにはしゃっくりを止め、胃痛をやわらげ、消化を
促し、不眠症をなおし、口臭を消すなどの効果があると
言われています。

ライスサラダ


材料

米                 2カップ(塩小匙1/2を入れて炊く)
グリーンピース         100g
セロリ              1本
きゅうり             1本
スモークオイスターの缶詰  1缶
きざみ穴子           300g
ゆで卵              2個
ハーブ(チャイブ、イタリアンパセリ、マジョラム、ルコラ、ミントなど適宜)
ハーブの花(ナスタチウム、チェリーセージ、ルコラ、マローなど適宜)

かけ酢   ハーブビネガー    1/2カップ
       サラダ油        1/2カップ
       塩            小匙1〜2

作り方

@ きゅうり、セロリをさいの目にきり、かけ酢をかけておく。
A 炊きたてのご飯にかけ酢をかける。
B Aにゆでたグリーンピース、オイスター、きざみ穴子を入れてあえ、
  上にハーブ、ハーブの花、ゆで卵を彩りよく飾る。



トムヤンクン


材料


エビ      12尾
アサリ     300g
人参      1/2本

たけのこ    1/3本
きのこ類    1パック
チンゲンサイ  1株
チャイプ
コリアンダー




スープ      8カップ
  トムヤンクンペースト
  赤唐辛子
  レモングラス
  カフィアライムリーフ
  (パイマッケル)
  生姜 (ガランガ)

ナンプラー   大さじ1


作り方
@ エビは殻と背わたを取り除く。
A 人参、たけのこは薄切り、チンゲンサイは半分に切っておく。
B 鍋にスパイス類を入れたスープを入れ、10分ぐらい煮る。
C 人参、たけのこ、きのこ類を入れて煮る。
D エビ、アサリ、チンゲンサイを入れ、ナンプラーで味を調える。
E 好みでチャイブ、コリアンダーを散らして頂く。



レモングラスは消化機能を高める、貧血を防ぐ、心身の疲れを
とる、食欲増進などの効果があるといわれています。


バジルのスパゲティー


材料

バジルの葉    カップ2杯〜3杯
にんにく      2かけ
松の実       T3
塩          t1
オリーブオイル   カップ1/2
パルメザンチーズ  お好みの量
スパゲティー    500g

作り方

@ バジルの葉は洗って乾かしておく。
A スピードカッターににんにく、松の実、塩を入れ数秒回す。
B Aにバジルの葉をいれ 細かくなるまで回す。
C Bにオリーブオイルを入れ攪拌し おろしたチーズを加える。
D スパゲティーをたっぷりのお湯でゆで、茹であがりをCであえる。


バジルのペーストはビンに入れ
上部にオリーブオイルを入れて
冷凍庫で保存すると1ヶ月は大丈夫です。
バジルの収穫がたくさんあった時、作って
おくと便利です。


静咳や通経薬として昔から使われていました。
強壮作用や殺菌作用もあるので 神経痛、口内炎
鼻炎などにも効果があります。