「低学年の水遊び」 −わしら同志会の体育実践−    


1.はじめに
 
低学年の水泳の授業でどんな力を子どもたちに獲得させたいのか、どんなことを学ばせたいのかということをまず、はっきりさせておこう。例えば、一年生では「浮く」ということを感覚的に身につけながら、浮き姿勢について考えさせる。と言った目標を持つことがまず大切である。その上で、どんな『水遊び』がこの子たちに必要なのかを考えるべきで、決して何でもいいから水に慣れればいいと言うことではない。
 低学年では、いろいろな運動感覚を遊びを通して身につけていく部分が大きい。水泳は、プールというごく限られた枠の中で行われるスポーツであるから、他のスポーツのように知らず知らずの間に、感覚を身につけているということは難しい。それだからこそ意識的に目的のある『水遊び』を仕組んでいくことが必要となってくるのである。


2.水泳の授業の前にキャップ遊び
 水泳の授業の前に息つぎの学習をする。低学年では、言葉遊びとして牛乳キャップにお話をする。
「キャップさんは何が好きかな?」
好きなものの名前を言うと、とび上がって返事をするよ。「うどん」「パン」などと言葉をいろいろ言いながら、
「パピプペポ」の音で飛び上がるのを発見させる授業は大変盛り上がる。その後、キャップを使ったいろいろなゲームを考えさせたりする。この前、テレビ番組で、ワイングラスに一円玉をパッを息で跳び上がらせて入れる宿題が出ていたが、子どもたちは入れ物を置いて、キャップを入れるというよく似たゲームを考えついた。2年生では、算数の「きろくとせいり」の勉強で、ゲームの記録を表に書いてみた。

3.浮くための”しずむ”水遊び
 まず、しずむことができない段階では、
「かばさんのいきつぎ」(かばさん いっかいしずんで パッ・・・)
というように、歌に合わせてしずみっこをし、息つぎさえきちんとできれば、沈んでも苦しくないことを分からせながら、口、鼻、目、頭までとだんだん深く沈めるようにする。
 ここまでくれば、
「しりもち」
「魔法のセメダイン」
(手に絶対離れないセメダインをつけて、頭や胸やおしりなどに手をくっつけてしずむ)
「月面着陸」(両手のひら、両足の裏を同時にプールの底につける)」「握手をして水中ジャンケン)
「水中ジャンケン、負けたらトンネルをくぐり」(3人組で2人が手をつなぐ、その下をくぐる)
「人間洗濯機−ロープくぐり」(渦巻きをしている中に、コースロープなどを渡して、その下をくぐりながら進む)
 これらはみんな”しずむ”遊びであり、
子どもたちにも「沈んでがまん」と言うように、沈むことを意識させる。ところが「しずもうとしても、かってにういてきて、しずめなかった」と言うように、知らない間に、浮いていたということを本当はねらっているのである。

4.浮くことを意識して『発明浮き』遊び
 このようにして浮く感覚を身につけてきた子ども達でも「さあ、浮いてみよう」ということを言うと、浮けないことが多い。「クラゲ浮き」「大の字浮き」「ダルマ浮き」などを紹介しつつ、
「みんなも浮き方を考えてみよう」
と呼びかける。いわゆる「発明浮き」である。「たこ浮き」「ザリガニ浮き」など、いろいろな浮き方を子どもたちは考え出す。おもしろいのは、それをやってもようとして、今まで浮けなかった子が、うっかり浮いていたり、その様子を水中メガネで見ているときに、うっかり浮いていたりする子がいることだ。こういった学習を通した後、もう一度、「大の字浮き」などにもどると、ほとんどの子どもが浮けるようになっているのである。

5.低学年からグループで水泳の学習を
 以上、低学年での学習内容を中心に書いたが、低学年であっても、水泳の学習であることを忘れてはいけないし、
子ども同士が互いに教え合って、技術力を高め、分析力をつけていくグループ学習の方法も捨ててはいけない。蛇足ではあろうが付け加えておきたい。

                             この実践は舩冨公二氏によるものです。

    もどる