申請から検査・交付まで

 1.申請書等取り寄せ
 2.手数料払込
 3.申請書等の提出
 4.法定備品確認
 5.立会い検査
 6.検査証書等交付

1. 申請書等取り寄せ

まず、近くのJCI(支部一覧)などで申請書と払込用紙を取り寄せます。

記入方法などのわからない方は、船舶検査証書(コピー可)を持参すれば、その場で聞きながら記入できます。

JCI 境支部
(2001/12/25移転しました)
684-0071
鳥取県境港市外江町1626
 岡野ビル1F
電話番号 0859-44-5178
FAX番号 0859-44-5184
いしばい屋前、
鳥銀境内浜支店すぐ隣奥です。
地図 マップファン)
 
書類はKCC事務局にもあります。

現存船の新規登録について

新規登録は平成14年4月1日以降、最初の船検時に同時に行なえます。

新規登録申請に必要な書類を揃え、船検の時に登録申請してください。

 

 

2. 検査手数料払込

払込用紙に記入の上、近くの郵便局又は指定銀行で申請種類に応じた金額を払込みします。

JCI 境支部隣が鳥銀です。(振込手数料負担)

郵便局は、JCI 境支部を左に出て、
50m先右側の合銀横の路地を入った先に簡易郵便局もあります。(振込手数料不要)

 

3. 申請書等の提出

申請書に必要事項を記入し、手数料払込証明書と近くのJCIに提出します。(郵送可)

1.2.3.を同時に済ませれば一度で終ります。
この場合、船舶検査証書(コピー可)・認め印・を持参する事。

この時の連絡先には、必ず勤務先、携帯等船検に立ち会う人などの、連絡のつく電話番号を記入してください。
後日、日時と場所の確認のため、前日までに電話での連絡があります。


4. 検査の際は法定備品確認

検査を受ける前には、船体、法定備品等の点検とエンジンの作動の確認を行って下さい。

信号紅炎等の有効期限は約3年間です。
不足している備品があれば補充して下さい。

また、船体、エンジン等に不具合がある場合は整備をしておいて下さい。

 

5. 立会い検査

法定備品等はバース等一箇所にまとめて並べておくと、検査がスムーズに終ります。

船の所有者か代理人(その船の事情をよく知り、操作のできる方)が、必ず立ち合って下さい。航海灯の点灯、エンジン始動などがあります。

米子・境港の検査日は、通常、毎週火曜日です。


6. 検査証書等交付

検査が終ると、船舶検査証書、船舶検査手帳を検査官の方が持ち帰られます。
翌日の午後には大抵出来ているので、取りに行って下さい。
急がなければ、郵送してもらえます。

定期検査に合格した小型船舶には、船舶検査証書、船舶検査手帳と船舶検査済票1組とが交付されます。

法令により、船舶検査証書及び船舶検査手帳は船内への備え付けが、船舶検査済票船の両側で外から見易い場所への貼付が、それぞれ義務付けられています。
拡大

中間検査の場合は中間検査済票1枚が渡されますので、これを船の左舷側の船舶検査済票の右に貼りつけておいて下さい。

拡大東京拡大

★紛失、破損等
 船舶検査証書や船舶検査手帳等を紛失、破損等した場合は再交付が受けられます。

★記載された事項の一時的変更
 その他船舶検査証書に記載された事項の一時的変更(例えば、定員などの変更)を受けた場合は臨時変更証の交付が受けられます。

★臨時航行区域の変更
 臨時航行検査を受けた船舶には臨時航行許可証の交付が行われます。

これら臨時変更証・臨時航行許可証についても船内に備付けて航行することが義務付けられています。

船舶検査証書
拡大

船舶検査手帳
拡大

船舶検査済票
拡大

拡大中間検査済票

★船舶番号の表示
登録された船舶は、船籍港を表す都道府県名を、船舶検査済表の後に表示して下さい。手書き可。

拡大東京拡大

都道府県名ステッカーは2枚一組200円で各JCIにて販売しています。
この位置に表示出来ない場合は、番号の上下など、なるべく近くに表示して下さい。

JCI ホームページ より抜粋

船検TOP

錦海クルージングクラブ