堀部和経 W.S. 数学 と その周辺 「自宅内」
2003年 「1月の日記」 です。
2003 : prime.
Background figure by Horibe Kazunori

HOME「自宅」 「日記」の表紙
前の月へ 次の月へ

1月1日へ




次の日へ
@2003/1/31(金)
 職場のNさんが退職になった。20年以上勤められたそうだ。いままで、ご苦労様でした。

 PC室に、ホワイトボード設置完了。今まであった、教室の前の普通黒板と、後ろの開閉式黒板を両方ともホワイトボードに交換完了。
 特に後ろのチョークで書いてもはっきり書けない(すごくボロの)黒板が白くなったことで、教室の雰囲気もグッとアップ。

 S−BANKに口座開設完了。今日の残高、0円。
 多の銀行と違って、0円で開設出来るところが面白い。
 そもそも、店舗そのものがないし、すべてネット上に存在していると言うことが面白い。



次の日へ
@2003/1/30(木)
 雪
 僕になった。
 そして、色々あり、結局、1日でS市に3度行った。




次の日へ
@2003/1/29(水)
 雪です。
 明日、娘の私大入試初日、『彼女』が送っていく計画だったが、道路状況で僕になるかも・・・。



次の日へ
@2003/1/28(火)
 ある銀行の行員が、投資信託をすすめにきた。
 なんだ、それ?
 知らないモノを購入できないよ。代わりに「それらの勉強の出来る本を紹介して」と言う。



次の日へ
@2003/1/27(月)
 眼鏡屋さんに行く。多重焦点レンズの2つ目を購入。
 左目の乱視が少し進んでいた。
 レンズは、−3.5から−2.25と変化するレンズ。
 全部で9.5万円也で、来週できあがる予定。



次の日へ
@2003/1/26(日)
 昨日、タカラのマイクロペットを2匹購入した。999円×2。
 上の娘が「かわいい」と言い、少し遊ぶ。下のは、「やかましい」といって、電源を切ろうとする。
 タイプの違う娘に育って、面白い。
 2日続きでプールへ。明日から2週間プールは、定期点検と清掃のようだ。

 そうそう、今日、床屋に行った。いつものお店Tだ。



次の日へ
@2003/1/25(土)
 模擬試験の監督^2、をする。
 夕食後、珍しく『彼女』と2人でプールに行く。いつも通り、別々のプールでそれぞれが別メニューをこなす。
 我が娘の大学入試となると、なかなか、思うようにならないモノですねぇ。



次の日へ
@2003/1/24(金)
 19時から、地元の中学のPTAの新年会に参加。市内の「ポモドーロ」というレストラン。おいしい食事と、楽しい話で、楽しい2時間を過ごす。



次の日へ
@2003/1/23(木)
 仕事で河合塾に行く。センター試験の集計データをもらう。
 プライベートでも、娘の結果を見て、娘と『彼女』の3人で受験計画を立てる。



次の日へ
@2003/1/22(水)
 「超々難問パズル」芦ヶ原伸之 著
 は、面白い。
 パズルとしての良問がいっぱいある。結構楽しめそうです。



次の日へ
@2003/1/21(火)
 買い物三昧。
 まずは、講談社ブルーバックスシリーズ4冊。
 「お話。数学基礎論」八杉満利子・林晋 著
 「超々難問パズル」芦ヶ原伸之 著
 「論理パズル「出しっこ問題」傑作選」小野田博一 著
 「算数パズル「出しっこ問題」傑作選」仲田紀夫 著
 そして、朝日新聞社「サイエンス言誤学」清水義範 著
 プラス雑誌数点。  「ころころリング」を含むパズル3点。



次の日へ
@2003/1/20(月)
 センター試験の自己採点の日。なんやかやと、データを集計したり、加工したりしていて、とっても疲れた。
 早く寝ればいいものを、疲れが残って逆に、早く寝られなかった。でも、もう寝ることとしよう。



次の日へ
@2003/1/19(日)
 大学入試センター試験2日目、昨日と同じく娘を駅まで送り、私は生徒達が受験する会場へ行く。今日は曇り。

 急いで帰って、中学の研修委員会の会議を開催。2月7日の「リユースの会」の為の準備会議と作業。
 その後、PTAの文書1つ作成。

 午後3時過ぎから、岩井俊二監督「LoveLetter」をLDで見る。(DVDじゃないよ。)
 ずっと前に購入し、封も切らないで持っていたもの。娘も試験でいないし、今日だ、と思い、見る。
 いい映画ですね、中山美穂のダブル主演もいいし、柏原崇も酒井美紀も初々しく、いい。
 こういうのを、岩井ワールドと呼んでいたんだ、映画ファンの人たちは・・・。機会はあったのだが、どういうワケか、岩井作品は見ていなかった。これから、ちょっと気を付けて、コレクションしようかな・・・。
 青春時代の切ない恋心と言えない、「恋」をとてもうまく描いている。うーん、僕にもそういう時代があったのでしょうか、ねぇ・・・。



次の日へ
@2003/1/18(土)
 大学入試センター試験初日、娘を駅まで送り、私は生徒達が受験する会場へ行く。センター試験の日が雨だったのは、多分初ではないかな。



次の日へ
@2003/1/17(金)
 編集のTさんが忙しい合間に、原稿を少し読み始めてくれていたみたいだ。
 感想が述べてあった。お世辞かもしれないが、誉められると、つい嬉しくなるものですね・・・。
 今日は、中抜けの休暇を取り、娘の中学に受験票を届けた。2日間風邪で寝ていた間に、〆切が迫っていたらしい。急いで届けた。ついでに、『リユースの会』のチラシも届ける。
 同い年のHTさんの父が亡くなったらしい。この頃調子が悪かったらしいのだが・・・。ご冥福を・・・。



次の日へ
@2003/1/16(木)
 『リユースの会』のチラシ、MS Pubで作る。
 「MURAMASA」修理に出す。コムロードの延長保証で・・・。
 原稿は、数日前にあがった。しかし、編集のTさんが忙しいとのことで、返事は1ヶ月後らしい。最後、急いだのに・・・。
 まあ、何事も、タイミングがあるんです。別の表現では、周期とか、頃合いとか・・・。



次の日へ
@2003/1/15(水)
 中学のPTAの研修の会議開催。2月7日(金)の『リユースの会』の打ち合わせ。



次の日へ
@2003/1/14(火)
 我が愛しのモバイル愛機「mebius MURAMASA」のエンターキーが、僕の強いタッチについに、へたばってしまった。
 修理に出すと、戻ってくるまでに結構時間がかかると思うので、USBテンキーを購入し、エンターキーの代役を務めさせている。まあまあの操作感。グリグリ押さないとエンター出来ないより、マシ。その内に修理に入れよっと。ストロークが3mmだったのが、今は0.5mmあるかないかと言うところ。ちょっと、タイピングが強すぎるのでしょうか・・・。
ポニーチェアー

 写真は、「Casa BRUTUS」2月特別号の付録の「PONYCHAIR」のミニチュア。本物は、Eero Aarnioの1970年の作。このミニチュアは海洋堂版。
 このようなデザインが、1970にあったんだ。知らなかったなぁ・・・。



次の日へ
@2003/1/13(月)
 いろんな設定は、順次出来ていったが。どういうワケか、あれほど安定して繋がっていた、家庭内無線LANのネットワークが復活できない。
 まだ、他に思いそうとのインストールとあるのだが・・・。



次の日へ
@2003/1/12(日)
 PCとしての復活は、簡単に(30分位)出来た。
 それからが大変、約20種のソフトのインストール。ネットワーク、通信、各種カードのドライバーの設定など、結局1日では、完成せず。



次の日へ
@2003/1/11(土)
 ノート「MEBIUS」の余分なソフトやサービスをアンインストールしてた。
 やってしまった。液晶仮面表示用の絶対に必要なドライバーを一緒に捨ててしまった。うーん、復活はOS全部再インストールしかなくなってしまう。まあ、90分ぐらいの<楽しい??>時間を過ごす事にしよう。



次の日へ
@2003/1/10(金)
 午後(有給休暇をとり)PTAの研修委員の方々と新年の昼食会開催。学校近くのお店であった。なかなかいい店でした。今度、また行こうと思った。



次の日へ
@2003/1/9(木)
最後と最初
 「雪印」と「メグミルク」のツーショット。
 同じ500ml紙パックなのに、なぜか少し小さい「メグミルク」。
 底辺のいっぺんが72mmから70mmへ、
 高さ(斜めの面の下まで)で105mmから100mmへ。
 持って、振ってみると、「メグミルク」の方が空間が少ない。
 と言うことは、約22cm×cm紙パックの面積が小さくて済む計算だ。
 今まで、横に35個並べた長さで、これからは36個並ぶ。
 輸送にも便利ですねぇ。
 平面的に、約3000個並んだ所にこれからは約225個多く並ぶ計算です。
 まあ、そうすると重さは、増えるけどね。
 なに計算してるんでしょう。



次の日へ
@2003/1/8(水)
最後の雪印
 先日送った、人形劇団「むう」時代のビデオ到着の連絡いくつか来る。
 18才19才のころの女性(女の子?)は、やはりきれいです。(でした。)
 まあ、写っていた人たちは、今も美しいのですが、やはり、娘時代は心も体も「はじけていた」と言う意味でもっと美しかったですね。
 <フォロー>人生を積み重ねてた美しさも理解してますよ。

 我が家における最後の『雪印牛乳』500ml紙パック。
 もう「メグミルク」が届いている・・・。我が家は、あのマークが大好きだったのに・・・。



次の日へ
@2003/1/7(火)
 始業式の後、通常授業。
 年賀状はやっぱり発送がめちゃめちゃだった。職場の席が近い人に確認すると、2枚届いた・・・2名。1枚の人・・・2名、届いていない人・・・2名という具合。あちゃー、だ。でも、もうどうしようもない・・・。



次の日へ
@2003/1/6(月)
 仕事始め。事務仕事こなす。明日は、始業式。
 年度末から原稿を仕上げようと、ちょっと根を詰めてやりすぎで、すこし息切れ。こういうときは、寝るのが一番なのだが、頭が興奮していて、眠りも浅い様だ。今日は、しっかり寝ようっと。



次の日へ
@2003/1/5(日)
 大学と院時代のゼミのOB会(新年会)に参加。30名ほどが集まった。先生にはもうゼミ生がいないので、来年からは僕が幹事となって会を開くことになった。



次の日へ
@2003/1/4(土)
 学生時代のサークル『人形劇団むう』のフィルムをビデオ化したものを5本ダビング。結構時間がかかり、大変だった。これで約束通り、友人たちに、送ってあげることができる。



次の日へ
@2003/1/3(金)
 家族4人で、『彼女』の実家へ行く。
 『彼女』の兄弟3家族が集まる。弟の長男(2ヶ月)が可愛らしいかった。



次の日へ
@2003/1/2(木)
 THと、金山の全日空ホテルズ・グランコート名古屋の最上階のバーとレストランに行ってきた。なかなか、いい感じのホテルです。




次の日へ
@2003/1/1(水)
 元旦。弟一家4人と合わせて10名で、夕食を食べる。
 その後、下の娘2人と弟で家族麻雀をする。年に一度の楽しみらしい。下の娘達は、ちょうど同じ年で、中3。


 年賀状で、発送ミス。タックシールのマネージメントを失敗し、出した人と出さない人がごちゃごちゃに、・・・。
 そして、何十人も出していないことは確かなのだが、誰なのかは不明。
 仕事だったら、大事です。年賀状が大量に余ってしまった・・・とほほ。
 いつも、届いているのに今年は、ご無礼してしまった方へ、

   その年賀状は、ここにあります。



TOPに戻る