堀部和経 W.S. 数学 と その周辺 「自宅内」
2002年 「4月の日記」 です。
Background figure by Horibe Kazunori

HOME「自宅」 「日記」の表紙
前の月へ 次の月へ

4月1日へ




次の日へ
@2002/4/30(火)
 連休の間。やること多し。職務・PTA・その他、色々・・・・・。明日も色々ある、早めに就寝します。24時。



次の日へ
@2002/4/29(月)
 春日井高校の吹奏楽部の第9回定期演奏会に『彼女』と2人で行ってきた。
 13時半から、16時過ぎまでビッシリしと演奏が続いた。いろんな内容があり、盛りだくさんの演奏会でした。楽しめた。



次の日へ
@2002/4/28(日)
 平成15年度から実施の新カリキュラム用の教科書「数学T」「数学A」が届いた。そうだ、新館の教科書のページを直さなくては・・・。



次の日へ
@2002/4/27(土)
 やり残した仕事を少し仕上げるために、学校へ行く。事務のIさんもいた。その他、部活動関係はいっぱい出勤。
 久しぶりに、『彼女』とプールに行く。

 (注)『彼女』とは、女房殿の要請による彼女自信の呼び名です。



次の日へ
@2002/4/26(金)
 休暇をとり、中学のPTA総会などに参加。夜は歓送迎会に参加。



次の日へ
@2002/4/25(木)
 19:15より、中学のPTAで研修委員会開催。



次の日へ
@2002/4/24(水)
 弟が帰宅途中、動けなくなり、救援依頼。すぐに、3人で迎えに行く。
 急患で見てもらったが、大したことないようだ。ほっとする。
 年齢的なこともあり、心配。明日はもう一度、しっかり検査してもらうようだ。



次の日へ
@2002/4/23(火)
 なんと、久しぶりに「師匠」に出会う。プール談義に花が咲く。



次の日へ
だるまやスポーツ会員証 @2002/4/22(月)
 19:15より、多治見中学のPTA実行委員会開催される。出席する。
 この間行った「だるまやスポーツ」の会員証です。



次の日へ
@2002/4/21(日)
 うーん、日曜が休みなのは、ラクチンですね。
 こういう、日々を多くの人は味わっていたのだ。



次の日へ
@2002/4/20(土)
 昨日は、早めの帰宅。
 今日は、完全フリー。『彼女』と買い物へ。

 名古屋・瑞穂区にある『だるまやスポーツ』に水着を買いに行ってきた。『彼女』は1着、僕は2着購入。男のものは、女性用の約半額なのがありがたい。



次の日へ
@2002/4/19(金)
 葬儀の手伝い。
 夜は、職場の歓送迎会、名古屋・栄で。



次の日へ
@2002/4/18(木)
 お通夜の手伝い。



次の日へ
@2002/4/17(水)
 近くに住むおばあさんが亡くなった。明日通夜、明後日葬儀。ご冥福を・・・



次の日へ
@2002/4/16(火)
 娘の中学のPTAの役員会あり。



次の日へ
「伝説の勇者」(村長は大いに悩んで水戸納豆) @2002/4/15(月)
 家の電話がクラッシュ。Atermの設定がどういうわけか崩れてしまっていた。
 外から着信できないし、発信もできない状態。
 帰宅したら、そうなってしまっていた。ので、すぐに、工場出荷時に戻し、それから、@−munberの設定などをし直して、30分で元通りに戻る。
 ふぅっ。よかった、よかった。

 芸名「加藤みさき」から手紙届く、演劇集団☆河童塾 番外公演「伝説の勇者」(村長は大いに悩んで水戸納豆)に出るらしい。時間を作って見に行こうと思う。
 2002・5・18(土)1500と1900  19(日)1100と1500の4回公演



次の日へ
@2002/4/14(日)
 買い物のついでに、陶器祭りに行く。紅茶ポットとマグカップ4つ、合計1000円で購入。いい買い物ができた。ポットもいい感じ、マグは大き目のもので、SNOOPYの絵柄。この間、UFJで買ったものや、卒業生からのプレゼントと同じ物であった。



次の日へ
@2002/4/13(土)
 試験を学校にとりに行く。ついでに、プールに行く。



次の日へ
@2002/4/12(金)



次の日へ
@2002/4/11(木)
 プールに行く時間を作れない。うーん、自分の能力不足だ。

 『T先生との共同作業』(以後、BBTDと呼ぶ)を今日も1つする。



次の日へ
@2002/4/10(水)
 帰宅後は、原稿書きに集中していて、この日記のことを忘れていた。
 今日も、危うく忘れそうになった。



次の日へ
@2002/4/9(火)



次の日へ
@2002/4/8(月)



次の日へ
@2002/4/7(日)
 ズボン2本とブレザーを購入。

 「ビューティフル・マインド」を見る。数学者が主人公の映画ということで見に行く。
 うまく、数学者の感じを描いている。主人公の発想とか行動は気持ちよいほど分かりました。まさに、数学者は、そのとおりでしょう。
 出でくる数式も、大体本物のようだ。登場人物のセリフも数学用語での違和感はない。
 例えば、簡単な例だけと、
 結婚式の後に乗り込む車の後ろの窓の落書きも、<よく「Just Married」などと書く落書きのこと>
   「  αβ−βα=→{ハートの絵} 」
となっていた。普通の計算(可換環)では、左辺が0になってしまうが、(非可換環で)交換子<commutator>と呼ばれるものになっていた。映画制作スタッフの中に数学をよく知っている者が入っていないと、ああいう式は書けないでしょうね。(=があったかどうかは自信がないけどね・・・)
ただ一箇所、「フィールズ賞」と訳すべきところを、「フィールド賞」と訳しているのが気になった。ただ、主人公がわざと間違えて(賞を揶揄する意味をこめて)語尾を間違えて言っているのなら、それは、それで、しょうがないのですが・・・

 パンフレットを読んでみた。やはり、監修者として、バーナード・カレッジ数学科のデイブ・ベイヤー教授という人が付いていたようだ。それにしても、監督も数学に関する部分をきちんと描こうとしたんだろうなぁ。



次の日へ
@2002/4/6(土)
 バレー部の練習試合。KZTとする。一応、今年度から顧問する部を替わるので、最後の練習試合です。



次の日へ
@2002/4/5(金)
 会議と事務仕事。

 妻の同僚の旦那さんが亡くなられたらしい。僕よりひとつだけ若いらしい。
 うーん、この年齢の男は、よくこういうことがある。僕の父が逝ったのも40代だ。
 そのせいか今日は、声に少し「いたわり」の感じが含まれているような・・・。
 僕よりひとつ若い、その方の、ご冥福を・・・。



次の日へ
@2002/4/4(木)
 今日も一日、事務仕事。



次の日へ
@2002/4/3(水)
 バレー練習試合。KZ高と、4勝2敗。
 ノートパソコンをこの頃使っていないので、職場のデータと家のデータの同期を取りにくい。ブリーフケースは、どうも嫌いで・・・。でも、使ってみようかな・・・。



次の日へ
@2002/4/2(火)
 一日、事務仕事。
 町内の会計の引継ぎ、終了。
 昨日、PC「PENGIN」クラッシュ!!!
 Cドライブのフォーマットからやり直す。当然OSから入れ直しでした。ソフト群はまだ大半が未インストール状態。いろんな作業がやりにくい。



次の日へ
@2002/4/1(月)
 新年度に向けて、進路室の掃除をする。

 新校長が赴任してきたようだ。

 町内の会計の引継ぎの予定が、新会計の人が急な仕事で遅くなり、明日以降に延びる。



TOPに戻る