堀部和経 W.S. 数学 と その周辺 「自宅内」
2001年 「3月の日記」です。
Background figure by Horibe Kazunori

HOME「自宅」 「日記」の表紙
前の月へ 次の月へ

3月1日へ




TOPへ
@2001/3/31(土)
 KJ、TUG、TAG、SUG、ADA、さんなどと、花見。『彼女』と下の娘が送ってくれる。僕が花見をしている間、2人はプールで泳いでいた。『彼女』はいつも水深の浅い25mプールで泳いでいるのだが、娘に「ダメ、こっちの深い50mプールで泳がなくっちゃ」と言われ、1コースの端っこを行きだけ泳ぎ。帰りは歩いて戻ってきて、また、向こうへ行く向きだけ泳ぐ、なんて言う変則的な泳ぎで、900m泳いだそうだ。きっと、そのときプールにいた人は、「変なおばさんがいる」と思ったことでしょう。娘は、2コースあたりを当然往復で泳いでいたらしい。そのうち、『彼女』も2.2mの水深でもスイスイ泳ぐようになるのでしょう。・・・か????。

 夜7時から、町内の役員(3役)の引き継ぎ会あり。30分ほどで済む。13年度はいろいろまた大変そうです。



次の日へ
@2001/3/30(金)
 バレー部のOB達がきてくれて、今のチームと練習試合。4勝2敗でOB優勢。
 夕食後『彼女』と2人で久しぶりに、飲みに行く。いつもは名古屋あたりなので、今日は地元多治見の店に行く。2件まわって帰宅。いい気分。



次の日へ
@2001/3/29(木)
 1日中、新年度に向けての会議。



次の日へ
@2001/3/28(水)
 バレーの練習試合と、事務処理。
 夜、家族4人で、『ラ・テラス』という芝居を見る。出演は、西村雅彦・手塚理美・近藤芳正・池田成志・宮本裕子・真行寺君枝・藤村俊二の7人。オシャレでウイットに富んだ台詞が、マシンガンのように出てくる芝居でした。



次の日へ
@2001/3/27(火)
 久しぶりに、F師匠と一緒に泳ぐ。これからバックを本格的にやり始めようかな、というところ。
 上の娘曰く「バックが一番楽やらー」(東濃弁)。私にとって、手とキックが上手く連動しなく、呼吸も辛い泳法ですね。いまのところ。でも、そのうちにモノにしてやる。



次の日へ
@2001/3/26(月)
 昨日は、テレビの設定と、テレビを入れたサイドボード(ほぼ壁一面)の整理で一日終わっていまい。日記を書く時間がなかった。
 いつの間に、ハイビジョン放送があんなに多チャンネルになっていたのでしょう。映像のクオリティは、デジタルになっても、以前のMUSE方式と変わらないようです。あとは、放送内容つまりプログラムの出来しだいでしょうね。ハイビジョンがもっと一般に普及するのを心待ちにしています。



次の日へ
@2001/3/25(日)



次の日へ
@2001/3/24(土)
 決断した。今のハイビジョンテレビを廃棄し、新しいものと交換することを!!!
 ずいぶん以前から、ハイビジョンを含むBS系のチューナー部分だけが壊れていたのだ。修理しないで、そのままになっていた。実験放送、試験放送、実用化試験放送の時代とハイビジョンを見ていたのに、(デジタル化された)本放送が始まったとき、我が家では、見ることができなかったのだ。
 年度替わりを期して、購入することにし、注文をした。



次の日へ
@2001/3/23(金)
 1日、ずっーと、職場でソフトのコードを書いていた。そして、帰宅してからもずーと。そして、いま、日にちがかわっていた。そろそろ、風呂に入って、寝よっと。



次の日へ
@2001/3/22(木)
 K高校のT先生に、成績処理のソフトで相談にのってもらう。すばらしい、ソフトを書いていらっしゃる方です。
 1日、ずーっと、その話。大変お世話になりました。そして、早速、ソフトの解析と一部表示の手直しに入る。



次の日へ
@2001/3/21(水)
 数年ぶりに、花粉症再発。つらい。マスクが手放せなくなった。目薬も・・・・・。



次の日へ
@2001/3/20(火)
 完全オフ。娘と「ヒーロー」の最終回のビデオを見る。視聴率を稼いだだけのことはある「話」です。



次の日へ
@2001/3/19(月)
 終業式。職場の人達とかるく飲む。古い友人H氏から電話あり。名古屋・栄に移動。



次の日へ
@2001/3/18(日)
 『彼女』と2人で伊那スキーリゾートへ。8時から10時半まで滑る。10時半頃には雪がゆるんできたので終了。午前券2500円也。
 新品のアトミックの板は、すこぶる調子いい。カービングターンを楽々切れる。
 馬刺を4本買って帰宅。



次の日へ
@2001/3/17(土)
 移動にタクシーを使い散財。うーっ。もったいない。けれど、自分のミスからこうなった。しょうがない。(詳細は明らかにできず。)



次の日へ
@2001/3/16(金)
 頼んであったスキーのチューンアップができた。「EBO」に取りに行った。そこのご主人と話をしたら、僕が数年前までの10年間よく行っていた、野沢温泉村の民宿『鈴森』のおっちゃんとこと親戚だそうだ。「縁」があったんですねぇ。
 もう別なお世話になったこと、「コムロード」で昨日、仕事で使うSCIIの変換コネクターを2つ購入した。それが、全く逆だった。つまり「おす」である規格が「めす」で、「めす」である規格が「おす」のものを購入してしまった。今日、何とか交換して欲しいと頼みに行ったところ、ありがたいことに、交換してもらえたのだ。うーん。よかった、よかった。



次の日へ
@2001/3/15(木)
 この間、CANNON BJC−420J が壊れたので、同じくCANNONのLBP−1110を購入した。あきらめていたBJCももしかと思い、一応修理見積もりをとったら、なんと、壊れていたのではなく、インクヘッドの部分が摩耗していただけであった。というわけで、インクヘッド付きのインクを購入し、一件落着。そして、我が家には、バブルジェットとレーザープリンターの2台が稼動することになった。
 そうそう、CPUクーラーのファン無しで動かしていたが、今日ファンだけ購入しクーラーにはめ込んで、普通のファン付きとなった。ファン無しも『無音』でよかったのだが、やはり、これから暖かくなる季節に向かって「熱暴走」はさけようという気持ちが働き、ファンを購入することにした。今度のファンは、何ヶ月間もつのでしょうかねぇ。



次の日へ
@2001/3/14(水)
 帰宅途中に散髪に行く。いつもの散髪屋のTだ。いつものように顔剃りのあたりから、ウトウトしていい気持ち。ホントに散髪は気持ちいい。



次の日へ
@2001/3/13(火)
 仕事が終わって、運動でもして帰ろうかと考えていたのだが、下の娘を小児科に連れて行くことになり、急いで、帰宅。何とか診察時間に間に合って、先生に見てもらう、軽い花粉症ということらしい。飲み薬と、目薬を処方してもらい、薬局で購入。
 その時間に、上の娘にみそ汁を作ってもらう。上の娘は、高校の自宅学習期間のためここ数日、家でぶらぶらしている。ちょうどいいので、みそ汁作りを頼む。『彼女』は年度末の事務処理で帰宅遅し。
 みそ汁は、具だくさんのみそ汁で、結構いい味してました。メインのおかずは、マグロの中落ちと、サケ、ハマチの刺身など。中落ちは、一般にいい場所と言われるところの刺身より、ずっと美味い。このことは、娘たちも賛成。



次の日へ
@2001/3/12(月)
 この間買った、スキー板を春日井の「EBO」というスキー・チューン・アップのお店に出した。 Y先生のお薦めのお店で、ご主人が信州の野沢温泉の出身なんだそうな。すこしわかりにくいお店だったが、場所は春日井駅のすぐ近くでした。ご主人に会ってみて、本当にスキー三昧の生活をしている人という感じがひしひしと伝わってきた。仕上がりが楽しみです。ちなみに、URLは、
http://www.ebo-ski.com
です。



次の日へ
@2001/3/11(日)
 『彼女』の頭髪には、白いものが混じり、前回染めた濃いブラウンが剥げかけ、地毛の黒が混ざり、3色から5色ぐらいの汚い頭髪になっている。というわけで、今日は、美容院にお出かけ。以前は、自宅でやっていた毛染めをやはりプロの技は違うと言うことで、通うようになった。その送り迎えやらなんやらで、一日終わりそう。
 友人のHEさんより、日記のページで3月のバックの色がよくないとの指摘を受けたので、早速変更する。どうだろう、多少文字が読みやすくなったでしょうか、・・・・。実は、自分でも感じていたのだが、面倒でなおしてなかったりのです。でも、やはり、そう思うだろうなぁという指摘だったので、すぐに反省。



次の日へ
@2001/3/10(土)
 今日と明日はね完全オフ。いろいろ家族と遊ぶ。下の娘がチェスをやろうといい。この間、「いつでも遊んでやる」と約束した手前、1勝負する。ほとんど、チェツクメイト寸前で形勢有利、と思ったら、大ポカ!!!。ポーンが女王になって、一巻の終わり。そのご、五目並べを30勝負ぐらいする。最後に、「碁」のルールを教えてほしいというので、少し教える。という一日でした。



次の日へ
@2001/3/9(金)
 昨年の卒業生2人に出会った。一人はG大に合格してらしい。よかったよかった。もう一人は、まただめだったようだ。2浪目に突入ということらしい。いくつか、アドバイスをし、お茶をおごってあげ。それぞれ、大学生として浪人生としてがんばるよう話して分かれる。たった1年前まで高校生だったのに、「とても懐かしい」のはなぜでしょう。
 夜、高蔵寺にある「キッチン仁志田」で職場の食事会あり。料理もなかなかよろしい。ワインもいい。話も盛り上がり、3時間は結構早く過ぎた感じ。



次の日へ
@2001/3/8(木)
 人生いろいろ辛いこともあるよね。危機的状況とかいろいろ。でも、日々生きて行かなくちゃならないものね。

 さて、実は昨日からメインマシンが変な音を立て始めた、はじめはHDのモーター音かなと思ったが、中をあけて調べてみると、CPUクーラーのファンだった。そりゃそうだ、このメインマシンは、安いPCを買ってきて、24時間365日電源を入れっぱなしにしている。だから、ファンのモーター軸がすり減ってもしょうがないか。というわけで、CPUクーラーのフィンからファンを取り外し、今は空冷のみ。といっても、異常加熱が怖いので、フィンに金属製のダブルクリップをがちゃがちゃつけて、放熱面積を多くして、どれぐらい加熱されるかテスト中。これが上手くゆけば、これからは空冷CPUにしてしまおうとも考えているわけです。
 と、この日記を書いている間にどれくらいあつくなったかさわってみましょ。オッケー、オッケー電源部の(水平におかれていてまだ壊れていない)ファンの風を受けてちゃんと冷やされているではないか。この調子なら、CPUクーラーのファンはいらないかもね・・・・。



次の日へ
@2001/3/7(水)



次の日へ
@2001/3/6(火)
 下の娘が風邪で寝ている。だいぶ熱は下がったのだが、腹痛が少しあるらしい。『彼女』の方が今は忙しいらしいので、僕が休みを少し取り様子を見ることにした。
 状態も安定しているので、これから出勤。その後、今日は名古屋に行く予定。そのころには『彼女』が帰宅するという計画・・・。
 家には、ばあさんたちがいるが、風邪がばあさんたちに移るのが一番心配。娘は体力があるし少々の風邪なら大丈夫。困るのは、本当にばあさんたちが寝込むこと・・・。



次の日へ
@2001/3/6(火)
 家事で2時間休暇を取って帰宅しようとしたら、昨年の卒業生が訪ねてきてくれた。1年生の時担任した女性徒ふたりだ。ちょうど休みを取ったものだから、喫茶店で1時間ほど現在の生活の話などを聞く。ほんの少し前のはずなのになぜか懐かしいものです。
 もう注文したCANONのレーザービームプリンター「LASER SHOT LBP−1110」が入荷したとの連絡を受け。取りにゆく。小さく軽いプリンターだ。以前使っていた、プリンター用サーバー(タバコの箱ぐらいの大きさのもの)を使い回そうとしたが、設定が上手くゆかず。断念。そこで、USB接続でメインマシンのプリンターとして設定し、他のPCからネットワークプリンターとして設定する。これは上手くゆく。
 試しのプリントアウトをいろいろするが、個人ユースとしては十分なスピードと静粛性があった。はっきり言って以前のような音はない。ただガイドの音声(女性っぽい合成音)が「印刷を開始します。」としゃべるのがうるさいと言えばうるさい。けれど、これは設定で消すことが出来るので、問題なし。その上、印字精度も600dpsで十分綺麗。モノクロがただ一つの弱点かな・・・・・。



次の日へ
@2001/3/5(月)
 ある知り合いが4月からの仕事が決まった。よかった。と、ここに記しておこう。
 こういう日記を毎日書いていると、「ノー天気」な男のように見えるが、仕事のことでも家庭のことでも、いろいろ悩みがあるものなんです。でも、それはそれ。という気持ちで日々生きているのです。それに、「解決できない問題なんてない」と自分自身に言い聞かせているのです。



次の日へ
@2001/3/4(日)
 完全フリー。久しぶりに昼近くまで、惰眠をむさぼる。
 『彼女』と下の娘が風邪気味なのか調子悪し。
 古くなり、下部に穴もあいてしまったオーブントースターを新品に交換。少し大きめのものにする。
 ついでに、プリンターとUSBネームランドも購入。プリンターはホントに安くなったものだ。最初に購入したのは、ドット・マトリックス・プリンターで、高い・遅い・文字が粗い・印字音がやかましいという代物だったなぁ。夜に印刷をしていると、隣の部屋の母がやかましくて寝られないと苦情を言ってものだ。その次が、バブルジェット・プリンターで、静かで・きれい・カラーとなったのしいいが、印字速度が遅かった。まだ。現物は届いていないが、注文したのは、小さいレーザー・プリンター(モノクロ)だ。
 価格は古い順に、24万、6万、3万と驚くほど下がっている。あのとき使った24万円は何だったんだろう。今なら、高速カラー・レーザー・プリンターも買えそう。



次の日へ
@2001/3/3(土)
 以前買っておいた「スチュアート・リトル(DVD)」を見る。家族4人で見たが、みんなに大受けであった。ネズミのスチュアートがいい。表情が豊かで人間くさく感情をよく表していた。ストーリーもこちらを思うつぼにはめてくれていい。脚色はあの、M・ナイト・シャマランだった。「シックスセンス」・「アンブレイカブル」の監督・脚本をやった人だ。やっぱり、すごい人だ。



次の日へ
@2001/3/2(金)
 仕事帰りに、Yさんと一緒に、スキー板を購入に行く。彼はスキーが上手く、道具にも詳しいので是非にと頼んで一緒に行ってもらう。決めたのは「アトミック」の板で上級モデルにした。ついでに古くなったストックも、最新のカーボン製のものを購入。今までの板は結構長く使っていた。かれこれ10年以上も履いた板だ。靴も同じ時に購入したので、よくもっていると思う。大切に使っていたからなぁ。ありがとう「セラミック使用のYAMAHAの板」



次の日へ
@2001/3/1(木)
 卒業式。卒業式の寂しさはどういう風に説明できるのでしょう。



TOPに戻る