堀部和経 W.S. 数学 と その周辺 「自宅内」
2000年 「9月の日記」です。
Background figure by Horibe Kazunori

HOME「自宅」 「日記」の表紙
前の月へ 次の月へ

9月1日へ




次の日へ
@2000/9/30(土)
 夜は、プールにいることが多いので、「手芸センター トーカイ」に半年ぐらい行ってなかった。久しぶりに行った。そのわけは、この頃透明なゴムひもで編んだ腕輪(ブレスレットって言うのかな。普通は・・・)などが売られているのは知っていた。その、透明なゴムひもを買いに行ったのだ。
 ありました。『ビーズ用透明ゴム』という名で販売されていた。待ってました。この透明感のあるゴムが、ずーっとほしかったのです。やっと、ぼくのほしい物が売りに出された。(出されていた。)多治見店にある『ビーズ用透明ゴム』を買い占めてしまった。と言っても、2000円ちょっとなんだけど。
 とにかく、待っていたものが手に入ったのでも早速、中断していたガラスビーズで『BALL STRUCTURE シリーズ』の「90」と「30」を編んでみた。やはり、透明なゴムはいい感じ。すこし創作意欲が湧いてきた。
 その上、「トーカイ」が「第1回手芸センタートーカイ ハンドメイド コンテスト 作品募集 課題『ビーズでつくる』」を募集しているではないか。コリャいい。ということで、すぐに作品の写真を張って応募用紙完成。明日にでも、お店で応募して見るつもりだ。
 でも、普通は、ブレスレットやネックレスばかりの応募だろうな。僕が作っている立体構造をもった用途のないただの ビーズ編み は、どう言う評価なんだろうな。まあ、考えてもしょうがないか。好きで作っているんだから、面白さがわからない人からの評価なんて気にしない。気にしない。
 (でも、他人の評価って気になるんですよね。)



次の日へ
@2000/9/29(金)
 水着の痛みが早い。今は、2着の水着を交互に使用しているのだが、それでも毎日のように泳いでいると、いたむものなのかなぁ。水着メーカーは、大体何回の使用で水着が駄目になると試算しているのかなぁ。100回とかで駄目になるものなのか・・・・・・?



次の日へ
@2000/9/28(木)
 髪の毛が短いとプールの後がほんとに楽だ。一度拭けば、それで終了。らくちん、らくちん。

 Fさん夫妻が、上高地の涸沢まで行ってきたそうだ。もう、北穂では雪が降っていて、横尾でも霙(みぞれ)交じりの雨も降ったそうだ。1泊2日なのに、晴・雨・霙・曇そして・日の出・朝焼けと各種の天気を体験したそうな・・・。いいなぁ。僕もまた行こっ、と。



次の日へ
@2000/9/27(水)
 夜、いつもの床屋さんにゆく。高蔵寺ニュータウンにある床屋さんだ。電話で頼んで、閉店間際にやってもらったのだ。いつも思うことだが、床屋さんは気持ちいい。人に、頭を触られるのは好きだなぁ。
 さっぱりした。プールに行った後、頭を乾かすのが、少し楽になる。



次の日へ
@2000/9/26(火)
 昨日の日記を読みなおすと、高橋さんの取った『金』には、感動していない様に読めるが、決してそうではない。それは、もう24日に済んでしまった感情なんです。でも、その日の日記にも、高橋さんのことは一言も書いてないね。感動が大きすぎて文章にしなかったのかな。



次の日へ
@2000/9/25(月)
 今朝の岐阜新聞の1面の編集がすごい。1面全面写真どころじゃなく、1面と28面をぶち抜いて、全面写真と高橋の記事。こんな紙面構成は見たことがない。びっくり。 ついでに、14・15面もぶち抜いた編集。やはり、地元岐阜の新聞だけのことはある。
 その他にも高橋関連のニュースや、高橋ゆかりの人のコメントをたくさん載せていた。
 もう、ほんとにびっくり。



次の日へ
@2000/9/24(日)
 バレーの試合、3回戦。今度は、そんなに簡単に勝たせてもらえなかった。ということで、午前中に、仕事終り。
 帰宅途中で、トヨタ博物館の新館にあるミュージアムショップ(ここは無料)に立ち寄り、ブリウスとエスティマのミニカーを購入。



次の日へ
@2000/9/23(土)
 バレー部の試合は、なんと2回戦突破。明日も試合がある。うれしい。明日も早起きだ。

 ブリウスは『リコール』ではないらしいが、故障する可能性のある部品が見つかった様だ。その上、調べてもらったら、僕の車は、該当していて、ハンドルのギアボックスをまるごと交換する様だ。(詳しくは、右のはがき参照)そのため、代車を用意してもらった。それもブリウスだった。同じ車種で乗りやすくいい感じ。しかし、代車は『煙草』の匂いがして、とてもつらい。はっきり言って「臭い」、煙草の嫌いな者には勘弁してほしいにおいだものねぇ。

 ビーチバレー女子は、ベスト4に入ってよかった。準決勝では敗れたが、3位決定戦で頑張ってほしい。それから、サッカーも惜しかったね。まあ、最後のPKのミスが中田だったのでしょうがないかなと言う気持ち。中田様あって。ここまでこれたのだから・・・・。



次の日へ
@2000/9/22(金)
 岐阜トヨタから、はがきが来た。プリウスにまずいところがあるようだ。ステアリング関係。無償交換・整備をするとのこと。早めに、トヨタに持っていこう。
 いけない所が見つかったら、速やかに公表し、訂正する態度がよろしい。
 とりあえず、明日にでも電話をしよう。

 昨日書いた「体重の戻る話」やはり、もう今日には戻っていた。1日で戻りました。つまり、物質(ビールなど)が体内に滞留している時間だけ。体重増となっていたようだ。しかし、これを毎日続けると、そうはゆかなくなる事は、容易に想像できます。節制しましょ。



次の日へ
@2000/9/21(木)
 久しぶりに、職場の仲間と飲む。楽しい時間を過ごす事ができた。よきことかな。
 駅までは、『彼女』のお迎え。ありがたきことかな。
 体重計測。やはり、1Kg以上アップ。当然でしょうな。しかし、この値は一時的なもの。普段の値に、2日で戻るはず。(好意的推測ですね。)



次の日へ
@2000/9/20(水)
 学校祭が終わり通常の授業形態に戻った。なんかほっとした。やはり、学校祭期間中は、『はれ』の日であり、『け』とは違いますね。正直、「ほっとした」というのが本音です。祭り自体は嫌いではないのですが・・・・
 通常の状態があってこその祭りなんでしょうね。



次の日へ
@2000/9/19(火)
 祝 通算遊泳距離365Km 達成
 1月22日から泳ぎ始めた水泳で、242日間で通算遊泳距離365Kmを達成した。
 
 一年間で、365Kmを泳ごうと決めて、それから242日間、179回のプール通いであった。感想は、わりあい早く達成できたなぁ。計算上は、一日あたり、1510m泳ぎ。フールに行けなかった日を除いて、行った日だけで平均すると、2042mである。プールに通った割合は74パーセント。そして、体重がMAX=87Kgだったのが、現在71Kgを切るようになった。体脂肪率は、32パーセントから、21パーセントになり、(計算上の)脂肪量はあと15Kgとなった。
 僕の『身体改造計画』は、体重で68Kg、体脂肪率で、18〜19パーセントを目指している。これを、今年中に実現したい。
 ああっ、それと、距離の目標を上方修正しよう。今年の12月までに、500Kmを達成したい。
 話は替わって、今日はヒイばあちゃんを眼科と眼鏡屋さんにつれていった。右目の手術も済み。目の状態も安定し、メガネを作り直すことになった。まず、まず、良かった良かった。



次の日へ
@2000/9/18(月)
 体育祭が快晴の空の下行われた。
 生徒たちは、元気一杯頑張っていた。いい事だ。

 シドニーでのオリンピックで日本の選手が結構いい成績を出しているのがなんかうれしい。
 今回、ビーチバレー女子の 『高橋/佐伯』 組を応援したい。すごくいいから、一度見てください。そして、応援しよう・・・ね。



次の日へ
@2000/9/17(日)
 完全オフ。
 池の水草が水面を覆い尽すほど増えてしまったので、半分ほどに減らす。
 池の中にいれてあった灯篭の傘が水没していたのを直す。(多分、猫が登ってバランスを崩し水没したのではないか。)気になってはいたが、なかなか、明るい時間に家にいなかったのでやっと直すことが出来た。
 井戸の水を入れている竹の筒を新しいものに交換した。文化祭でごみになった、竹筒の再利用。そうだ、来年から、一年に一度はこうして、竹筒を交換できますね。



次の日へ
@2000/9/16(土)
 体育大会を延期して、授業。ついに、月曜まで延期になってしまった。本当なら、木曜日には終わっているはずなのに・・・・

 オリンピックか始まった。今までなら、水泳競技は見もしなかったのに、やはり自分が泳いでいるので、ついつい、やっていると見たくなってしまう。世界のトップは違うよね。あの半分のスピードも出せない。  でも、陸上なら何とかなるかなぁ。陸上の短距離走の100mはトップで約10秒だから、半分の速さで20秒。これなら何とかなるかなぁ。でも、100mの記録なんて、30年近く測ったことがないから、いまは20秒より速く走れるのかな。やっばり、陸上でも無理だな・・・・・・。



次の日へ
@2000/9/15(金)
 休みだが、朝から大阪で文英堂の会議。朝10時から午後5時まで、みっちり。
 夕食を辞退し、新幹線で名古屋に急いで帰った。理由は、金山の名古屋スポーツガーデンで泳ごうと思っていたからだ。金山に、6時20分には着いて、プールに急いだ。
 ガーン
 日・祭日は営業が午後7時まで、だそうだ。平日は午後10時なのに、とほほっ。
 でも、せっかく来たのだから、入場料800円(6時過ぎの割安料金、普通は1100円です。)とロッカー代100円を払い。残り、25分弱で何とか700mを泳いだ。なんか、覗きに来ただけと言う感じでした。
 水深は浅く、120cmから150cm程度でした。いつもの220cmとは比べ物にはならない感じ。そして老舗なので、施設が老朽化しているのはしょうがないとしても、今日は多分特別だったんでしょう。プールの建物の壁面の塗装を塗りなおしていて、プール内の空気は、塗装用の溶剤のにおいで充満していた。息継ぎのたびに、その空気を「プッ、ファー」と吸い込まなくてはならない状況でした。
 でも、『大阪とんぼ返り』の疲れも吹っ飛びました。



次の日へ
@2000/9/14(木)
 文化祭の2日目。コンピューター部の3階の風景を生中継する。配信計画は、うまく行った。使用ソフトの関係で、タイムラグが、2分ほどあり、それがちょうど良く。3階で自分が映ってから、1階に下りてくると、ちょうど自分の姿が見えるという按配になった。



次の日へ
@2000/9/13(水)
 午前中、休んで、ヒィばあちゃんを眼科へ連れて行く。右目の状態が安定してきたので、今のコンタクトレンズをもう一枚買って、1ヶ月に一度交換すれば良くなった。そして、右目用の老眼鏡の処方箋ももらったので、新しいメガネをつくれるようになった。まあ、ひとまず安心。
 午後は、文化祭をしている学校に出勤。とても暑い日になったので、教室の発表を見てまわるのは大変。
 コンピューター部の展示は、人気が今ひとつのようだ。
 明日は、カメラで撮った動画を配信する企画を増やす予定。さぁ、うまく行きますかな。

 集中豪雨などの影響で、やっと取りに行った上高地の写真(フィルム)です。
 2枚とも涸沢ヒュッテのテラスの上で撮ったんです。休憩している間、視界に入る人間は10人以下だったなぁ。ほんとに、すいていましたよ。
 ビール(800円)と、おでん(ちくわ、こんにゃく各100円)です。ぷっふぁー。美味かったねぇ。シャッターは、僕と同じく1人で来ていた男性に『ビールを中心に撮って下さい。』と、頼みました。
 もう一枚は、涸沢小屋をバックに。右手に持っている、小さなリモコンで自動シャッターを切った。
 空は曇天。晴れていると良かったのだが、歩くには、気温が高くなかったので好都合。でも帰路、14:10、徳沢を過ぎたあたりで、土砂降りと雷。道はすぐに水浸しでした。



次の日へ
@2000/9/12(火)
 昨日の大雨の影響を考え、土砂崩れなんかで、道が通り難くなっているといけないので、いつもよりずっと早く家を出た。職場まで、いつもは35分から40分ぐらいで着く距離なんです。
 早朝に出発したので、いつもより速いペースで、通勤距離の8割くらいまで来る。25分だ。こんなに早いなら、いつもどおり、出発すれば良かったかな・・・。と思っていたら、道路が急に渋滞になった。やっぱり、昨日の影響があるんだ、と思い。ほとんど進まない19号線をのろのろと移動していた。
 渋滞は、1時間30分ぐらい、距離にしてわずか1kmほど。
 春日井インターのところに来て、渋滞の原因がわかった。片側4車線もある。そのインター付近の19号線を、3車線分、大型トラック(トレーラーもいた)が駐車しているではないか。
 どう言う事だ。路側帯や、1車線ならまだ理解できるが。4車線の道路を3車線もふさぐとは、何事だ。道路は、駐車場じゃないんだぞ。
 あの、10台ほどのトラックのために、多分、万を超える人が意味のない時間を過ごしたことになるんだ。時間を返せ。人生で一番大切な、『時間を返せ』
 ほんとに、10人ぐらいのトラック運転手のために、何人もの人の、貴重な時間が犠牲になった。
 許せん。
 こんなことは、絶対に許せない。一生記憶にとどめ、機会ある毎に、この事件にふれることにする。
 僕の時間を、返せ。

 解説・『人生』=『時間』と言っても過言ではない、と考えている。



次の日へ
@2000/9/11(月)
 夜プール、いつものように、スイーと帰る予定だった。いつのまにか、土砂降りの雨。そして、帰宅の道で、雨のために出来た道路の深い水たまりに白い車が水没している。もう、タイヤがほとんど水没しているではないか。
 コリャいけないと、別の道に行くが、そっちももっとすごい。道路と言わず隣の畑か田んぼかはわからないが、水があふれている。幹線道路に逃げるも、少しのくぼ地で、またも冠水。とにかく、来た道なら走れると後戻りすることにした。
 ぜんぜんどう自宅に近づかない。こうなりゃ、高いところを走る高速道路を走ろうと、そちらに進路を変える。でも、高速道路に向かう片側2車線の幹線道路でも冠水があり、両側の歩道を車が一列で、通っている。歩道が少し高い分、何とか通行できると言う状態。そして、その冠水の中には、乗用車が数台、立ち往生。
 やっと、高速道路に逃げ、春日井までたどり着く。高速も、そこから先は通行止め。今度は、国道19号で多治見に向かうが、他の道路が通行止めのせいか、通行量も異常に多くのろのろの渋滞。19号線内津(うつつ)トンネル付近で、落石によるガードレールの変形と、落石そのものを見る。落石の大きさは、直径60cmぐらい。あんなものが、上から落ちてきたら、そりゃ、ガードレールも、「ヘナャ」と曲がるわ。

 おお、怖。

 普通なら、何十分で帰宅できるところを、3時間近くかかって、帰宅完了。

 今日は、上高地の話の続きを書こうかと思ったが、こんなことがあったので、これにて日記は終了。



次の日へ
@2000/9/10(日)
 1泊で上高地に行ってきた。
 土曜日は、自宅を7時過ぎに出発した。予定では、涸沢まで行って泊まるつもりだったが。車を運転していて途中で眠くてしょうがないので、「10分だけ仮眠をしよう。」と、19号線の道の駅「ナマエは忘れた。(木曽福島のあたりの作りかけのところで,トイレに木曾義仲がどうのと書いてあった。)」で駐車して、寝た。ところが、10分どころが、1時間半以上2時間近く寝てしまった。「あちゃー」計画不可能(に近い・・・)。
 ということで、土曜日は、15時に、横尾山荘に到着。涸沢にあがる自信なく、そこで1泊。

 横尾山荘は快適でGOOD。
 お風呂が(新築のように)改築されていて、ピカピカ。床もツルツル。その上、ヒノキの香りもプンプンと香って、贅沢なお風呂でした。16時半の入浴開始とともに突入し、3・4人目で湯船につかった。直後、お風呂は、大量のおじさんで、湯船の中も、洗い場も、満員電車のようになった。後から来た人に申し訳ないので、すぐに出る。でも、余りの気持ち良さに、夕食後人が少なくなったのを見計らって,もう一度入浴。今度は、最大3人で、優雅に入浴。付け加えておくと、当然、石鹸などは使用禁止でした。
 部屋も、8畳ほどの広さに、2段ベットで8人分、一人分は畳1畳きちっとあり。快適、その上、当日は、8つのベットに、2人組2組と僕だけの5人、2人組は2段ベットの上下で寝たので、僕の上は空、そして、1組の2段ベットも空、という豪華配置で、寝ました。
 (部屋は4,ベッドは2、続けると42。病院では、付けない番号だよね。)

 この上高地行きは、『約15Kgの減量により、山はどれぐらい楽に行けるようになるのか。』ということを確認するための山行。
 以前は、地図などに掲載されているコースタイムと比べると、割と平坦なコースで、コースタイムプラス少し。登りが急だと、1.5倍から2倍は当たり前、体調により2.5倍かかるなんていうことも・・・。
 でも今日のタイムは、
 横尾発(06:30)・・・本谷橋着(07:20)・・・本谷橋発(07:30)・・・(途中10+5の休憩)・・・涸沢着(09:05)
そして、ビールとおでんを食し、しばし休憩。『ボケーとしていたい』ところだが、・・・・昨日のうちに、来ていれば・・・・。とにかく、帰らなくては、
 涸沢発(09:45)・・・本谷橋着(10:35)・・・本谷橋発(10:45)・・・横尾着(11:25)
世の中の健脚の人に比べる値でもないが、一応コースタイム以内。時間のことよりも何よりも、以前の僕と比べて、「息の切れ方」、「汗の量」、「疲れによる気持ちの萎え」、どれも、格段に良くなっていた。
 やっばり、15Kgの減量で、変わるものですね。
 その後、徳沢まで来て、生×××が僕を誘惑し・・・時計を見ながら歩く気持ちも薄れ、
 河童橋(15:00)・・・バスターミナル着(15:09)・・・バス発車(15:10)・・・茶嵐着(15:25)・・・茶嵐をブリウスで発(15:45)・・・途中(車屋の蕎麦を食し、寝覚ホテルの風呂に入り、川上屋で菓子を購入)・・・多治見IC着(19:15)・・・自宅着(19:25)
 茶嵐から自宅まで3時間40分、途中の3つの道草を除くと、多分3時間を切るかも・・・・
 こっちの、コースタイムもすごく早い。長野の県道26と国道19がとっても、走りやすくなっていた。

 <注1>上高地はマイカーが入れないので、沢渡地区の駐車場に車を置いておくのだ。
 駐車場の中で上高地に一番近い駐車場の名前が、茶嵐。

 <注2>上高地の地名とコースタイム(山小屋の主人(オヤジ)がガイドするシリーズ)「穂高連峰を歩く」より
 河童橋(1時間)明神(1時間10分)徳沢(1時間10分)横尾(1時間30分)本谷橋(2時間)涸沢
 他の本では、違う時間が書いてあったりする。


 
次の日へ
@2000/9/9(土)



次の日へ
@2000/9/8(金)
 明日から、2連休。
 よし、1泊の予定で、上高地にでも行くか。雨が降るようだが、それもまた良しとしよう。
 早く起きて、行って来ます。うまく行けば、涸沢(からさわ)まで行けるかな。



次の日へ
@2000/9/7(木)
 今度の土日に、山にでも行こうかと思っていたら、台風が来そうだし、どうしようかと思っている。
 減量の成果を試すにも、軽くどこかを歩いてこようかなぁ、なんて考えている。それより、ずいぶん山はご無沙汰なので、少し寂しい。うーん、どこかに行こうかな・・・・・。

 「岐阜県の郷土料理を調べてくる」という宿題を娘がやっていた。初め、ばあさんたちに聞き、次に『彼女』に聞き、そして、百科事典を引いてもなかなか、まとまらない様だった。そこで、僕と一緒にインターネットで検索をかけた。すると、情報がいっぱい出てきて、ネットワークの威力を見せつけられた感じだ。キーワードは、「あゆ」、「ます」、「へぼ」、「柿」、「朴葉」、「御幣もち」、「寒天」、「飛騨牛」・・・・ていど??。岐阜らしい郷土料理って、あんまりないなぁと言うのが感想です。

 岐阜県を代表する郷土料理って何?????



次の日へ
@2000/9/6(水)
 この頃、泳ぐスピードが少し速くなり、かつ、安定してきた。25分で1000mだ。だから、1時間に10分間の休憩があるので、7時05分から55分まで泳いで2000m。そして、ラストの回の8時30分まででもう1000m。都合1時間半で、ちょうど3000mとなる。このペースは、ほとんど崩れない様になってきた。ただし、これ以上早くも泳げないけどね。



次の日へ
@2000/9/5(火)
 高校のコンピュータークラブが学校祭で、発表するのだが、体育館の様子をコンピューター部の発表会場で、ネットワークを使い生中継を企画することになった。はたしてうまく行くのか、・・・
 とりあえず、僕は彼らのために、ケーブルを仕入れてやることとなった。
 結果は、また、この日記の中で・・・・・



次の日へ
@2000/9/4(月)
 昨日の朝からの資源回収で疲れ、昨日はついつい昼寝をしてしまった。そのせいか夜なかなか眠れなかった。あげく、今日は朝から身体が少し重くなっていた。それも、お昼前には、パワーも全開に戻った。
 少しぐらいの寝不足は、どう言うこともなく過ごせたのに、年のせいか、少しつらいかな、と感じるようになった。
 なんか、今日の日記の内容も、ハツラツさに欠けるかな。



次の日へ
@2000/9/3(日)
 中学の資源回収の日なので、8時から町内の各家庭の新聞・雑誌・ボロ布・アルミ缶などを集めて中学へ持っていった。今日、僕はトラックや軽トラを運転した。
 毎回のことだが、ほんとに良く皆さん働いて下さる。ありがたいことですね。町内だけで、2台が各々4回ずつ往復した。
 この間から「名古屋」が資源ごみの回収方法をやっと分別しはじめて、そのことが新聞などを賑わしていたが、いまさら・・・・と言う感じだ。



次の日へ
@2000/9/2(土)
 弟が香港への1週間の出張から帰ってきた。頼まれていたので小牧空港に迎えに行った。
 CX(キャセイ・パシフィック)の夕方の便でした。台湾経由だったらしく、香港の(アパートの)部屋を朝6時半に発って、7時頃にチェックイン。
(香港は、地下鉄の駅でチェックインを済ますことが出来るらしい。その後、電車で新しい空港に移動なんだそうだ。)
 9時頃の便で台湾へ、乗り換えてのために1時間強、そして小牧へ。降りてから、小さなトラブル。荷物室が開かなくって、預けた荷物がなかなかででこない。その遅れのため、スムーズなドライブの予定が、道路の込む時間にかかってしまった。結局、弟の自宅に我が愛車『ニュー・ブリウス』が着いた時刻が18時頃。都合、起床から約12時間かかっての帰宅となった。結構、時間がかかってますなぁ。
 飛行機は揺れもなく快適だった様だけどね。観光ならいいでしょうが、これが『しょっちゅう&しごと』だとたいへんですね。
 お仕事ご苦労さん。

 岐阜市へ部活動の試合のために1泊している上の娘から、深夜の電話。
 何かな、と思っていると妹にビデオ録画の @確認と A指示をしていた。なにかというと、野球で録画したい番組の放送時間がずれたとのこと。
 娘にとっては、ビデオが最大関心事らしい。うーん。すごいと言うか、あきれると言うか、何にでも一生懸命は、『良し』としておきましょう。
 でもねぇ・・・・・。



次の日へ
@2000/9/1(金)
 今日、減量を40Kg以上した『人』にあった。以前を知っていただけに、

すごい。お見事。びっくり。人相が違う。誰?。半分になった?。

と言う感想を持った。13Kgなんて、ヒヨッコだったなぁ。
 でも、僕はそんな減量は不可能だ、なぜなら、体脂肪率から計算して、余分な脂肪はあと10Kgしか残っていない。どうがんばっても、それ以上の減量は不健康だ。僕の目標は、あと、5Kg。そして体脂肪率18パーセント程度なんです。


 

TOPに戻る