堀部和経 W.S. 数学 と その周辺 「自宅内」
2000年「3月の日記」です。
Background figure by Horibe Kazunori

HOME「自宅」 「日記」の表紙
前の月へ 次の月へ

3月 1日へ




トップへ
@2000/3/31(金)
 休みなのに、少し出校し、事務仕事を片づける。
 午後から、下の娘と『彼女』の3人で豊橋の港にある『シーパレスリゾート』へ。2泊の予定。
 このホテルにしたのは、プールと読書が目的。夕食前に、2km泳いだ。娘は、マンガを読み、 『彼女』はベットでスヤスヤ。もうすぐ夕食の時間になる。
 昨日安定しつながるようになった携帯電話によるFTPサーバーへのアップロードで、日記を転送している。
 今晩は、メールの設定をきちんとして、ここで読んでみる予定。



次の日へ
@2000/3/30(木)
 職場では、新年度に向けての会議の連続。
 年度当初は、しんどそうだけど、あの活気ある雰囲気がいいんだよね。
 モバイル環境を再構築した。この日記を、携帯電話からアップした。



次の日へ
@2000/3/29(水)
 夜7時20分から、家族4人で映画『グリーンマイル』を見に行く。
 トム・ハンクス主演の映画だ。いい、心にジーンとくる映画だ。悲しいが、心が温かくなる作品だった。是非一度、見に行くといいですよ。



次の日へ
@2000/3/28(火)
 新年度に向けての会議で出校。
 夜、ハイビジョンを録画できる規格のW-VHSのデッキをばらす。先日から故障していて、故障が3度目となったので、以前から、もう一回故障したら、「バラシテヤル」と決めていたので、ついに実行した。
 写真は、ばらす前と後の状態。娘2人で楽しそうにばらしていた。



次の日へ
@2000/3/27(月)
 進路室にて、雑用を片付ける。以上。



次の日へ
@2000/3/26(日)
 下の娘と『彼女』は、軟式テニスの練習の打ち上げとかで、テニスコート脇でカレーを食べる会に参加。
 僕は、完全フリーの日。春日井のプールとマツヤデンキと散髪に行ってきた。
 クロールの息継ぎのポイントをつかんだ感じた。この間まで、25mが死に物狂いだったが、今日は35mぐらいを割に楽に何度も泳ぐことができた。顔を上げるときに、「左手で水を押さえる感じ」この感じに慣れていけば良さそうだ。なんか、うれしいな。
 散髪は、3週間ぶりだったかな。さっぱりして、気持ちいいもんだ。



次の日へ
@2000/3/25(土)
 一応休みなんだが、午後バレー部の練習で出校。その上、事務仕事のアクシデントの為、その確認作業を、OG先生とすることになった。ほとんど、その時間にとられる。
 今日、『彼女』と娘2人が買い物を春日井でする計画だったから、僕は電車通勤し、車で迎えにきてもらう約束をしていた。
 ところが、と言うか、予想通り、4時過ぎには買い物が終了する計画だったものが、大きく計画がずれたらしい。
 『買い物が長くなり、迎えは6時頃になる』という連絡が4時少し前に入る。
 そこで、ちょうどいいとばかりに、溜まっていた文英堂の仕事をテキパキと済ませ。一応、目鼻がつく。
 長い買い物も、時にはいいもんだ。たった一人で職場で集中すると、いつもより効率のいい仕事運びとなった。よかった。
 迎えに来てもらい、4人でイタリア料理店へ行く。娘2人の進学祝い。おいしい料理で、4人とも満足。
 コースの最後に、デザートを8品目の中から選ぶ段になり、4人の誰も選ばなかったものの中に、こんなものがあった。

『いちごとバニラアイスクリームのバルサミコ風味』

 このメニューは、「あいまい表現」だ。
@果物のイチゴとバニラアイスクリームの両方に、バルサミコ風味がつけてある品
A果物のイチゴと、バニラアイスクリームのバルサミコ風味の2品
Bイチゴ味のアイスクリームとバニラアイスクリームの両方に、バルサミコ風味がつけてある品
Cイチゴ味のアイスクリームと、バニラアイスクリームにバルサミコ風味がつけてある2品
 注文しなかったので、本当はどれかわからないが、きっと『常識』というやつでは、Bになるのかな?????
 でも、Aでも美味しそうだよね。
 この、美味しかったお店は『カンパーニァ』です。



次の日へ
@2000/3/24(金)
 フジ・カラーのラボへ、MOからのダイレクトプリント(FUJIFILMはメディアプリントサービスといっている)を頼んでおいたら、これからは、FUJIFILMのソフトウェア FDi Photoware を使って注文してほしいと言うことで、ソフトのCDを無料で付けてくれた。しかし、L版の注文は帰ってきたが、通常2Lと呼ばれている大きさは、このソフトを使って注文しなおしてほしい、と言うことらしい。ありがたいやら、迷惑やら。でも、これからはドンドン注文の形が楽になるだろうね。



次の日へ
@2000/3/23(木)
 朝から、銀行へ。野暮用をすます。教頭から電話あり、仕事の確認であった。
 下の娘の小学校の卒業式、『彼女』が出席している。僕は育友会の役員なので、本当は来賓で出席要請されていたが、仕事がどうなるかわからなかったのて欠席を早々と届けたため、休みになった今日、家で待機となった。
 『彼女』は午後仕事で、その後友人と会食らしく、卒業式が済み次第僕が、職場まで送るという手はずになっている。その後、ついでに、口論義プールにでも行こうかなと思っている。
 夜は、退職されるFさんの送別会を名古屋の栄で開く。結構ハード・スケジュール。でも、こういうのが、好きなんです。



次の日へ
@2000/3/22(水)
 今日と明日は、まったくのオフ。
 午前中は、教科書の仕事を自宅でこなす。午後は春日井の体育館で1時間半程度マシン・ジムで汗を流す。少し前の僕なら、エアロ・バイクをこげば、10分で心拍が130以上にはなったと思うが、今は、40分でも心拍数は安定したまま100少し上程度になった。この1ヶ月少しの水泳の効果だと思う。ありがたいことです。



次の日へ
@2000/3/21(火)
 NECの『パソコンといっしょにSNOOPY』が届く。発売が延期された商品だ。チャールズ・M・シュルツさんが亡くなって、もう一月以上たった。僕の心のある部分を作ってくれたのが『ピーナツ・シリーズ』だ。中学生のころ、僕の心を慰めてくれる作品だった。そして、心のよりどころだった。
 家のサーバー・マシンの上でスヌーピーとウッドストックが生活している。そういえば、ビジュアルペーシックを勉強しはじめたころ作ったソフトに、画面上をウッドストックが行き来すると言うものがあった。そうなんだ、ずっと以前に、自作したソフトがあったんだ。この画面を見て思い出した。できは、NECの方がいいに決まっているが、アイデアは似たものでした。



次の日へ
@2000/3/20(月)
 午前10時から、大阪の緑地公園駅ビルで、文英堂の会議。午後6時までびっちりと・・・。
 新幹線で、名古屋へ戻り、金山駅近くのナゴヤスポーツガーデンでひと泳ぎしようと歩いて行くと・・・・・祝日の月曜でやっていると思ったら、お休み・・・・・。しょうがなく、またJRに乗って多治見へ戻る。
 会議で訂正の入った原稿の直しを始める。数日で完成する予定。



次の日へ
@2000/3/19(日)
 昨日は、飲み会で深夜まで遊んでいて、日記無し。
 特に、愉快に気分良く飲めた。上の娘が、家から歩いていける高校に合格した。
 娘の合格がこんなにうれしいものとは、知らなかった。ホントにうれしい。そんなことがあり、お酒も進んだ。
 ヒトツ寂しいことがある。それは、教員人生の中で、ほとんど同じ職場だったKさんの転勤の内示があったことだ。今まで、いっしょだったのに・・・・。うーん、これは、ホントにさびしい。
 二つの気持ちが混ざり合って、僕の心はとても複雑な感情の渦に巻かれている。でも、Kさんは出世のような感じだし、喜ばしいことでしょうか・・・・・・。



次の日へ
@2000/3/18(土)



次の日へ
@2000/3/17(金)
 今日は、転勤の内示だ。とりあえず、私は無し、のようだ。
 連絡漏れ、なんということはないよね。まぁ、僕は何処でも行きますけどね。



次の日へ
@2000/3/16(木)
 職場のLANを少し拡張して整備することにした。そこで必要な機器や部品などを調達した。
 自分でLANの勉強を始めたころと比べて、一つ一つの値段が、すごく安くなっていると言うことだ。LANカードでも、1万6千円ぐらいしたものが、実売価格2千円を切るところまできている。ウーン、この下がり方は、「価格崩壊」と言ってもいいのではないか。あの、16000円は何だったんだろう。



次の日へ
@2000/3/15(水)
 帰宅後、娘の小学校の育友会の役員会あり。送れて参加。
 その後、2次会があり、深夜まで、校長や教頭とともに役員(男性のみ)と懇談。帰宅は日付が変わっていた。お迎えは、『彼女』。



次の日へ
@2000/3/14(火)
 球技大会と会議。
 ちょっと、遠いけど、口論義プールへ行く。シンクロの選手たちが、1,2コースを使って、練習していた。一言でいって、とってもすごいけど、変??。プールの底をヒラメか、ハゼのようにうねうねと身体を揺さぶるだけで泳いでいくし、10人ぐらいが、逆立ち状態で、水中にゆらゆらゆれて立っている。かと思うと、底まで泳いでいって、急に水面に浮いてくる。考えてみれば、当然なのだが、クロールや平泳ぎばかり見ていたものには、驚きのシーンばかりだ。
 一度、見てみるといいよ・・・・。



次の日へ
@2000/3/13(月)
 事務仕事と会議のみ。
 春日井のプールが13日間休みなのでどうしようかと思っていた。小牧は泳ぎにくいし・・・・。
 愛知県の施設で「口論義運動公園の温水プール」が50mで水深2m程度であり、休みは水曜日だと言う。ちょうどいい施設か見つかったので、そこに行って泳ぐ。すると、プールのタイルが春日井と同じ物であった。照明が違う点を除けば、春日井で泳いでいる感じと違わない。でも、利用料金が 800円でちと高い。でも、13日間の間は、しょうがないし、これから月曜で、春日井が休みでも、口論義まで行けば、泳ぐことができると言うことを知ったのがうれしい。



次の日へ
@2000/3/12(日)
 完全オフの日。『彼女』が名古屋へ研究会参加のため行く。駅まで送る。夕方には迎えに行く。
 春日井のプールが、今日から24日まで修理・点検のため休み。そのため、今日は小牧へ行く。25mプールがあんなに泳ぎにくかったなんて。それに、浅いプールは、良くないなァ。深いプールに慣れたのだろう、泳いでいると、目の前に底が見えて、圧迫感がある。うーん、やっぱり本格的なプールはいい。



次の日へ
@2000/3/11(土)
 休みであるが、バレー部の練習。午前と午後ずっと練習。この3月に卒業した(する)3年生との練習試合をした。
 ソニーの50周年を記念して作られた『ソニー自叙伝』を読了。3日かかる、実2日。



次の日へ
@2000/3/10(金)
 今日は、面接日。
 仕事が終わり。暗く寒い日だが、夜プールへ。
 今日は、昔水泳をやっていた人に泳ぎを見てもらった。
 平泳ぎの足の運びだが、引付けがほとんどないそうだ、もっと曲げたときにぐっと身体に近づけなくてはならないそうだ。手の方も、もっと力強く水を胸から腹のほうへ押しやるようにかくのだそうだ。
 と、いうことは「手も足も」良くないと言うことだった。それは、ほとんど全部と言うことと同じでしょうか・・・・・?
 その指摘を気を付けながら900mも泳いだら、太ももの前がパンパンになる感じ。今までの泳ぎは、流して泳いでいたと言うことみたいだ。
 この足の張りが気持ちいい。心地よい疲労感である。ありがとうFさん。



次の日へ
@2000/3/9(木)
 高校入試・学力試験日でした。明日は、面接日。



次の日へ
@2000/3/8(水)
 入試の準備の1日だった。
 明日は、早朝出勤なので、今日は早めに寝よう。



次の日へ
@2000/3/7(火)
 事務仕事。明日から、高校入試。
 1月22日からプールに通って、その結果体重が、85kgから、空腹時参考記録ではあるが、はじめて80kgを切った。実質、4kg以上の減量達成。一応の目標の 75kgまであと半分。



次の日へ
@2000/3/6(月)
 特に、何と言う日でなし。



次の日へ
@2000/3/5(日)
 昨日は、職場の飲み会で帰宅が深夜になり。日記なし。
 今日は、ゆっくり起床し、春日井のプールと大留の友人Tさんたくへゆく。久しぶりに会う。娘さんも大きくなり、もうこの4月から小学校に入学だそうだ。甘くてフルーティな紅茶と上品なお団子をいただく。



次の日へ
@2000/3/4(土)



次の日へ
@2000/3/3(金)
 「ひな祭り」ではあるが、特に我が家は関係なし。また、多治見は4月3日なんだけどね。
 この頃、プールのことばかり書いているが、もう日常となったので、日記には書かないことにする。つまり、食事をするような感覚。
 時々、特別な事件でも起これば、プールネタも書くことにしよう。



次の日へ
@2000/3/2(木)
 帰宅は遅くなってしまうが、今日もプールへ、もう病みつき状態。
 45分間、ノンストップで1500mを泳ぐ。10分間の休憩の後、もう600m泳ぐ。今日は合計2100m。気持ちいい。
 1300mのターンの直前、隣のコースから女性が目の前に割り込んできた。はじめは何が起こったのかわからなく、じたばたしたが、すぐにプールの縁に手をかけることができた。「すみません」と謝ってきた。どうも、僕を視認していなかったようだ。声から中学生のようだった。昨日もそうだったが、中学生ぐらいの水泳選手(?,フリーク?,健康第一中学生?)が何人か泳いでいた。小さなころから冬でも泳げる施設が使えて、なんて、「幸せ」なんだろう。



次の日へ
@2000/3/1(水)
 卒業式。1年生のときに担任した生徒たちが卒業した。なにか、寂しい。
 1500m
 夕刻から、名古屋にて3年生の反省会。その後2・3次会と僕は続く。深夜帰宅。アルコールは余り入ってない。しゃきっとした精神。そこで、3月のページとこの文をアップしている。


 

TOPに戻る