堀部和経 W.S. 数学 と その周辺 「自宅内」
2000年 「2月の日記」です。
Background figure by Horibe Kazunori

HOME「自宅」 「日記」の表紙
前の月へ 次の月へ

2月 1日へ




次の日へ
@2000/2/29(火)
 午前中、試験監督。その後、明日の卒業式の準備。
 夕刻、下の娘を、小児科につれていく。風邪らしい。
 2000m泳ぐ。久しぶりで元気。水泳を競技でやっているらしい、一団が泳いでいた。やっぱ、全然違う。女の子も、男の子もすごい。ぐいぐい泳いでいく。まぁ、僕はあれを目標にしているわけではないのでいいけど。それにしても違った。



次の日へ
@2000/2/28(月)
 26日から27日の1泊2日で、鹿児島県の奄美大島へ行ってきた。
 鹿児島県立大島高等学校に勤務する。元同僚のS.Y.さんを尋ねて、友人7人で行った旅だ。
 行きのMD-81は、1時間50分ずっとゆれっぱなし。ちょと気分悪くなる。奄美大島の天気も曇りで、暖かくなく、どちらかと言うと寒く感じた。ビーチはきれいで、水はマリンブルー。季節のいいときに、また来たいものだ。大島高校も見学した。教育に予算が多くつぎ込まれているなぁと実感。
 夜は、名瀬市の繁華街で1次会それに続く2次会と盛り上がり、3次会はラーメン屋。徒歩でホテル「トロピカルステーションホテル」に戻り、就寝。ここは、日本の長距離陸上選手たちの合宿の定宿になっているらしく、当日も、実業団の選手たちが宿泊していた。
 2日目は、マングローブ林を見学。昼食は、鶏飯「けいはん」という、奄美大島の食事。鶏飯のスープ雑炊のようなもの。おいしかった。

 帰りの、JASのMD-81は、1時間30分、離着陸以外揺れも無く快適なフライトだった。大阪空港(伊丹)から、モノレール、北急(地下鉄)を乗り継いで、新大阪からこだまでゆったりすわって名古屋へ、そこで、7人の打ち上げをした。
 今日は、休暇で、この超忙しい旅行の疲れをとっている。明日から、また仕事ですね。



次の日へ
@2000/2/27(日)



次の日へ
@2000/2/26(土)



次の日へ
@2000/2/25(金)
 今日も、プールで1700m泳ぐ。途中、耳栓を落としてしまうが、同じコースを泳いでいた女性が拾ってくれる。それをプール中央付近で立ち泳ぎをして渡してくれそうになるので、こちらも立ち泳ぎでもらって、左耳にはめる。珍しい光景だったろうな。でも、耳栓を新調しなくてすんでありがたい。けっこう気に入っていたんだ、あの耳栓は。
 『彼女』が職場関係の飲み会に参加すると言うことで、夕方急いで瀬戸まで送る。『彼女』帰宅するやいなや、とんぼかえりでまた瀬戸に行く。これを送っていったのだ、多分もうすぐ迎えに来てくれという電話が入るころじゃないかな。
 明日は6時おきで、大阪へ行きそこから奄美大島だ。



次の日へ
@2000/2/24(木)
 朝からずっーと、事務仕事。
 夕方、プールによっていく。あと25mで1300mというとき、左足がぴくっとした。そう、足がつる前兆。水深2mの50mのちょうど真中あたり、残り25を右足と両手で泳いでいったん水から出る。ちょっとマッサージをし、今度は、浅いプールに移動し残り200を泳ぎ合計1500mを泳ぐ。でもなんか、少し自信がついたかんじ。片足がつったぐらいなら何とか泳げそうだ。でも両足だとちょっとつらいかな・・・・。
 3日泳がなかったのがいかんのかなァ。???????



次の日へ
@2000/2/23(水)
 途中から、休暇をとり、多治見へ8名の女性を案内する。
 その後、部屋でビーズ細工のスライド撮影をする。現像は、土曜日に上がってくるらしい。ちょうどそのときは、奄美大島だ。



次の日へ
@2000/2/22(火)
 午後、出張があり、尾張旭市に行く。会議が終了してから、数人で残り色々話をする。ためになること多し。
 帰宅するが、あまり食欲なく、バナナを少し食する。僕にしては、ホントにホントに珍しい。ピアノ教室へ娘を迎えに行く。その後、友人との会食に出ている『彼女』を迎えに行く予定。場所は、尾張旭市。うーん、さっきまで会議をしていた場所だ。夜、またあそこまで往復する予定。
 「バァーチャルCD」を購入した。仮想CD-ROMを構築するソフトである。百科事典とか、地図、画像データなどのCDをHDに入れておき、クリック一つで、あたかもCD-ROMにそのCDを挿入したかのような状態にしてくれるソフトである。なかなか良いできである。GooooooD!!
 『彼女』を迎えに行く場所は、JR多治見駅に変更になり、楽チン。



次の日へ
@2000/2/21(月)
 ガソリンスタンドで、「ワックス洗車室内清掃付き」と「エンジンオイルの交換」を頼んだら、小1時間かかってしまった。おいてあった雑誌の大半に目を通したような気がする。じっと、座っている時間、ほとんど、頭は回転していなかった。何を考えていたんだろう。雑誌の内容もグラビアも記憶にあまりない。ただ、山根一馬氏の「メタルカラーの時代」の「エコアイス」開発の話のみ記憶にある。あの連載は、ほとんど目を通しているし、楽しみな内容だ。単行本にも、もう3冊なっていて、面白く読めた本だ。
 この間、直した木製の机は、下の娘の勉強机になってしまった。そして、それは私の部屋においてある。自分の部屋の自分の机は、おもちゃや色々な物でゴチャゴチャしているが、何も乗っていない机は、勉強しやすいものと見えて、ここに来てやっている。まあ、喜んで使っているので、よしとしよう。



次の日へ
@2000/2/20(日)
 娘の中学の授業参観と資源回収があった。資源回収は午後1時から、古新聞など結構多く集まり、僕のエスティまだけでも3度集積場所まで運んだ。
 3時半から『彼女』と二人でプールに行った。僕は軽く、1200m泳ぎ『彼女』別の流水プールで歩いたり泳いだり、20mプールで泳いだりしていたらしい。一緒に言ったといっても、休憩時間以外は、まったく別行動だった、でもそれがよかったらしく、『彼女』はプールは自分のペースで何でもできるからいいといっていた。たとえばテニスだと、打ち合う相手のことを考えなくてはいけないし・・・。
 ソリャソウダ。
 夕食後、なんかとても身体が、おかしくなりベッドに入る。2時間ぐらいしたところへ、Htさんから電話が入り、奄美大島の旅行の件で打ち合わせ。それで目が覚まされたが。体調はもっと悪くなっていた。しばらく起きていたら、急に吐き気がして、トイレへ・・・・・。
 すっきり吐いたら、元気が出た。何だったんだろう。でも、僕の身体は簡単な構造かもしれない。吐けば、すっきり、元気も回復。そんな感じ。



次の日へ
@2000/2/19(土)
 職場に、Kjさんと僕宛てに大きな封筒が郵送されてきた。奄美大島に住む、Smさんからだ。2月26日から1泊2日の日程で奄美大島に旅行する計画があるからで、その詳細計画を送ってくれたのだった。そのついでに、大島の高校のパンフレットも入っていたが、校舎もモダンで、すばらしい教育環境であることが、手に取るようにわかる。鹿児島県の力の入れ様が感じられるようだった。近くに迫った、奄美大島旅行を楽しみにしている。
 今日も、仕事が終わってから、Ktさんとプールに行く。土曜で時間的余裕があり、2000m泳ぐ。1時間15分(10分休憩含む)で泳ぐことができた。同じレーンで、若い女性が、ガンガン僕を抜いて泳いでいた。彼女が、クロールから平泳ぎに変えたとき、驚いた、そのフォームがきれいだったこと。クロールは、ガンガンという感じで泳いでいたが、平はからだがきれいにすーと伸びで、水面に平行になり泳いでいるではないか。多くのほかの人は、平のとき足が下がっているので、それでいいと思っていたが、あのフォームがきれいでかつ早く泳げそうだと感じ。すぐにまねをしてみる。1かきで、タイル2から3枚分余分に進む気がした。そのぜいか、2000m泳いでも、疲れはあまりなかった。
 どなたかしらないが、きれいなフォームを見せていただきありがとう。
 なんでもそうだが、うまい人の真似が、うまくなるコツかもね。



次の日へ
@2000/2/18(金)
 推薦入試の日。仕事は、夕方まで、しかし、わりと早く終了する。すばやく移動して、プールで1000m泳ぐ。そして、多治見に帰り、急いで、名古屋の栄に行く。Kjm学年の反省会に参加させてもらう。久しぶりに、楽しい時間を過ごした。その後まじめに多治見に再度帰宅する。そして、この日記を書いている。
 今日から、キーボードは先日、大須で購入した、980円のキーボードを使用することにしている。安いが、カチャカチャいう音は、心地よい。ストロークも長く古いタイプのキーボートに慣れている者には、ありがたい、タッチだ。
 今日は、少し酔っているので、日記はこれまでとしよう。
 いっしょに飲んだ皆様ありがとう。お休みなさい。



次の日へ
@2000/2/17(木)
 午後は、明日の推薦入試の準備。それも終了し、Kさんとプールへ、今日も50分間で1600m泳いだ。着替えて、ロビーに出ると、Tさんとばったり、これから、プールの2階でエアロビクス教室に行くところだそうだ。少しの間、談笑し分かれる。
 夜になり、また雪が降ってきた。



次の日へ
@2000/2/16(水)
 春日井は大雪。
 夕方から、養正小の育友会の会合にでる。
 その後、帰宅、9時をまわっていた。
 パソコンショップ、「混道路」から電話で、ノートパソコンの修理が終わったとのこと。明日とりに行こう。いま仮に使っているノートは遅くてイカン。
  「corega」の、キーボード・VGA・マウス小型切り替え機「KVM」のマウスの切り替えの調子がおかしかったのは、単なる接続ミス。プラグをおくまでグイっと突っ込んでなかったからでした。「corega」の機器は正常でした。
 それに、この機能は、去年の夏からずっとほしかったものだ。そのために、余分な切り替え機を2台も購入してしまった。あぁ。もったいない。誰かほしい人がいたら、あげてもいいかな。この切り替え機は、なかなかいいよ。僕のは2台の切り替えだか、4台の切り替え機能を持っている上位機種もあるみたいだ。
 これで我が家のシステムも、2台フル稼働、同時にその上ノートが3台接続可能。でも操作する者が居ないんじゃねえ。もったいない。僕の、ネットワークの学習のために《だけ》作ったようなネットワークだ。《はじめからわかっていたことだけど・・・》
 とりあえず。メインマシンは常にMathematicaの計算をしていて、サーバは、インターネットとメール担当になっている。仕事はノートと言うわけだ。



次の日へ
@2000/2/15(火)
 今日も1日、事務仕事。帰宅後、もう1度春日井へ、プールで1800m泳ぎ外に出ると、そこはまるで野沢温泉村、村営プールの景色と同じ。雪が、ポッポッと積もっていた。駐車場までの間に、フリースの背中と、頭の上のタオルには、雪がぼこぼこ付いている。
 雪は大好きなので、心が弾む。スキップしたいが、スリッパではツルっと滑りそう。こころかろやかに、二度目の帰宅。



次の日へ
@2000/2/14(月)
 1日、事務仕事ばかりこなす。少し腰痛気味。僕は、授業をするのがいいな。
 「corega」というメーカーの、キーボード・VGA・マウス小型切り替え機を購入。ホットプラグ対応の言葉に、購入する。セットしてみて、キーボードとVGAはうまくいくが、マウスがね・・・・・。今日は遅いし、また明日、調整してみよう。



次の日へ
@2000/2/13(日)
 上の娘は入学試験、下の娘は軟式テニスの練習。女房は、自室で仕事。僕は、一人でメールの返事などを書いている。と言うのが朝の風景。
 NECから、スヌーピーのメールグッズが発売された。私は中学生のときからのピーナツファンなので、是非とも購入し、デスクに置きたい。
 今から30年も前になるのだなぁ。あのころ、ピーナツの登場人物のしゃべる英語が、僕の英語の学習のすべてだったような気がする。日本では、スヌーピーに特に人気が集まり、当時、月間「SNOOPY」という雑誌まで発売された。いまでも、本棚のどこかにあるんじゃないかな。ツルコミック社という弱小出版社が仕事をしていた。翻訳は谷川俊太郎と言うことに今はなっているが、初めは、たしか、女性の翻訳家がはじめて、後に谷川さんが参加ではなかったかな。間違っているといけないが、そんな記憶がある。そして出版も、後に角川に買収された。大手の手にかかり、爆発的に広がっていったように記憶している。1950年から、チャールズ・M・シュルツ氏はピーナツの仕事をして、つい先ごろ1999年に、最後のコマを書き終えたと言うニュースが伝わってきた。ありがとう、ピーナツ。ご苦労さん、チャーリー・ブラウン。かわいかったよ、スヌーピー。いつまでも、元気でルーシー。僕は、ライナスが好きだったなぁ。あのころ、15才前後のあのころ。僕は何を考え、何を夢見ていたのかなァ。遠い昔のこと・・・・。
 夕方、『彼女』の実家に行く用事があり、夕食の準備を済ませて、2人で、名古屋へ。用事は簡単に済み、帰宅途中で春日井のプールへ、僕は1500m泳ぎ、『彼女』は、待合で読書をする(仕事を片付ける)。その後、そばとうどん料理の「喜作」で夕食にする。帰宅したら、9時を回っていた。



次の日へ
@2000/2/12(土)
 今日は、完全フリー。午前中は、机の天板のニス塗りと、ひぃばあちゃんの買い物の付き合い。時計が壊れたらしく、ウォッチマンに連れて行く。年配の店員さんが、年より向けのいい時計をさっと出してくれて、すぐに購入。時間にして、5分程度。早く済む。その後八百屋(果物屋かな)に寄って買い物終了。
 午後は、『彼女』は春日井の西部、下の娘は「古本屋」で立ち読み、その間に僕はプールでひと泳ぎ。25m×2×15で1500mを時間にして50分で泳ぐ。大体こんなペースだ。
 昨日、高校時代の同級生のK君からメールが届く。いま、オーストラリアのシドニーに住んでいるそうだ。そして、僕のアドレスは、「ゆびとま」で見つけたらしい。懐かしかった。こういうことができるのが、ネット社会のいいところでしょう。
 「ゆびとま」は、ネット上のバーチャル同窓生(会)というとこでしょうね。それは、ここにあります。



次の日へ
@2000/2/11(金)
 休みの日だが、バレーボール部の大会があり名古屋へ、残念な結果であった。
 試合後帰るときに、会場の隣が名古屋市の市営プールであったので、そこで泳ぐ。25mプールで水深も浅くちょっと残念だったが、入場料500円とロッカー代10円を使ったので、22往復する。採暖室は暖かく気持ちよかった。
 帰宅し、この間もらってきた、古ーーーい、木製の机に、ニスを塗る。ひっくり返して、天板以外を仕上げる。下の娘と一緒に作業、喜んでやってくれたので、僕としては楽チンをしてしまった。
 この木製の机は、職場で3年ほど前に廃棄されたものをごみとしていただいて、とっておいたものだ。まだまだ作りはしっかりしていて、手を入れれば使用できそうだったので、もらったものだ。そのうち日の目を見ることになる予定だ。



次の日へ
@2000/2/10(木)
 職場の反省会(飲み会)があり、勝川で一杯。その後、喫茶店でお茶を飲み、すぐに帰宅。



次の日へ
@2000/2/9(水)
 夕方、仕事で小牧へ行く用ができた。仕事を終え、帰宅途中で小牧のプールへ、やはり25mは短いなぁ。
 それと、春日井と比較すると小牧のほうが、若干水温が高いかなと感じた。採暖室の室温ははっきり小牧のほうが高いと感じました。
 25m×2×22回



次の日へ
@2000/2/8(火)
 Kさんと春日井のプールに行く。クロールを少し教えてもらい、息継ぎが多少楽になる。25mはバタバタしながら何とか行けるようになる。50m×2×15回泳ぐ。いい調子。



次の日へ
@2000/2/7(月)
 特にどうと言うことはない月曜日でした。



次の日へ
@2000/2/6(日)
 雨のため、午前中は特に何をするでもなし。午後は『彼女』と買い物。水泳パンツを購入。やはり長く泳ぐのに、リゾート仕様の水泳パンツは、布が邪魔してよくなかったので、競泳用らしきものを購入。夜、泳ぎに行って使用すると、やはり、脚の付け根の動きがスムーズにできる。それようの機能と言うのはすごいな。
 50m×2×10回・春日井



次の日へ
@2000/2/5(土)
 午後は、バレー部の練習試合。18時まで名古屋。
 明日は、久しぶりのオフ。それに、文英堂の原稿も昨日仕上げて、郵送と、メールのダブル送付で完璧のはず。明日は、机の修理をしようかな。木製の30年ぐらい前の安物の机をもらってきた。それをきれいにして使おうと言う計画。まあ、ゆっくり仕上げることにする。もともと、作業を楽しむ計画なんだから。



次の日へ
@2000/2/4(金)
 今日は、Tさんに「あっちの方が泳ぎやすいよ」と聞いた春日井の温水プールに行く。
 50mの競技用のプールで、水深2mだった。当然足は全然着かないが、こっちのほうが泳ぐと言う意味では、適している感じがした。張り切って、50mの往復を15回泳いだ。合計、1500m泳いだ計算だ。
 小牧のほうの回数券を買ってしまっているので、当分は、小牧と春日井の両方に通うことにしよう。



次の日へ
@2000/2/3(木)
 節分だが、子供たちもぜんぜん興味をなくしてしまったので、家長として、僕が一人で、「鬼は外」 と言って、豆を玄関の外にまいた。きっと明日の朝起きて、道路を見ると、大豆の粉がいっぱいだろうな。道路を通る車が粉に引いてくれているはずだ。

 プールで泳いでいることを、同僚のTさんに話していて、わかったこと。
 クロールの息継ぎが苦しいわけ。顔を上げるタイミングが右左逆だったようだ。早速試すが、変な癖がついていて、そっちのタイミングで顔が上げれない。く・・る・・し・・い・・っ・・。
 やっぱ、泳ぎは平泳ぎに限るねっ?????
 22往復。



次の日へ
@2000/2/2(木)
 今日は原稿を書こうと思っていたら、ノートパソコンが壊れた。LEDが、真っ暗になってしまった。よく見ると、黒い中にも何か表示している感じ。でも、文字は判読できない。しょうがないので、パソコンショップ「混道路」へ持ち込む。店長が、ノートパソコンを裏返して、品番を確認すると、うなづきながら「時々あるんです」とのこと。電源から火を吹いたNECの別の機種だと、新聞種になるが、こういう故障は、持ち込んだ人だけ修理、となるらしい。
 PC8801から数えて6台目も買ったのに・・・・もう同じメーカーは買わないぞ!!!!

 DATA12往復25分



次の日へ
@2000/2/1(水)
 今日も、帰宅途中でプールに行く。実時間32分で17往復。割と楽になってきた。これからは、データのみ書くことにしよう。
 教科書の原稿の最終調整部分を書く仕事が溜まっている。ここ数日の間に仕上げよう。


 

TOPに戻る