堀部和経 W.S. 数学 と その周辺 「自宅内」
1999年 「11月の日記」です。
Background figure by Horibe Kazunori

HOME「自宅」 「日記」の表紙
前の月へ 次の月へ

11月 1日へ




次の日へ
@1999/11/30(火)
 今日の夕食のみそ汁は、私の作品「蛤のみそ汁(赤だし)」でした。みそのうまみと、蛤のだしがダブルで利いて結構美味かった。お代わりをして、お椀に2杯しっかり飲んだ。
 蛤でみそ汁を作ったことは初めてだったが、結構いけることがわかった。これからも作ってみよット。
 こんな事、書いているが、原稿の締切が頭の中を駆けめぐっていて、今ホントは大変なんだ。この日記も、逃避の1つとしていいけどね。



次の日へ
@1999/11/29(月)
 母が退院した。それも、自分一人、タクシーで帰ってきていた。何はともあれ、喜ばしきかな。
 ecap24のRIVU21にのCドライブを変更して、8.4GBにし、今までの4GBをDドライブにする計画で、昨日から作業をしていた。Windows98SEのインストールは完了。しかし、デバイスドライバが自動認識されない。そこで手動でドライバをインストールする事になった。だが、ecap24のマニュアルはとても不親切で、ドライバの説明は無し。しょうがなく、メーカーにメールを出して返事を待つことにする。来るかな返事。



次の日へ
@1999/11/28(日)
 完全オフの日なのに、珍しく朝からきちんと起床する。すると、弟から電話。「栄電社」に行こうと言う誘い。一緒にフラットヘッドのスキャナーを探しに行く。仕事で使いたいらしい。が、思ったモノが無く、この間からTAを換えようとしていたらしく、代わりにTAを購入。
 僕もついでに、IDEの8.4GBハードディスク(メルコ製)を購入。金1万8千円強であった。昔に比べると「でぇーらぁー」安くなっている。ありがたいことです。
 製造は、中国となっていたが、あの漢字の国の中国と思っていたが、 ラベルに

中国制

 としてあった。中国で作ったのではなく、中国の規格で動いていると言う意味かな???。



次の日へ
@1999/11/27(土)
 母は、今日退院するつもりでいたらしいが。退院は無し。病室で見るためのテレビのカードを買ってあげる。さすがに、今日はおとなしく受け取った。



次の日へ
@1999/11/26(金)
 入院手続きのため、朝から病院へ行く。その後すぐに出勤し、授業をする。昼からはまた休暇を取り、病院へ戻る。母の検査は、レントゲンだけであった。病院からは割と早めに帰宅し、睡眠不足を補う。
 こんな日ではあるが、下の娘の12才の誕生日なので誕生会を5人でする。
 この間、購入した軟式テニス(ソフトテニス)のラケットとシューズがブレゼント。
 明日と明後日は久しぶりの、完全オフ2日間、と思っていたら母の入院騒ぎ。でも、教科書の仕事を進めないととんでもないことになりそう。原稿作成に邁進しましょっと・・・。



次の日へ
@1999/11/25(木)
 夜10時過ぎ、母の喘息の発作がひどくなり、いつもの薬では止まらなくなり、夜間救急で、県病院へいく。
 点滴や注射などして少しは収まるが、結局、急遽入院と言うことになり、帰宅は深夜2時過ぎになる。



次の日へ
@1999/11/24(水)
 「希望」「夢」僕は、こんな言葉が好きだ。世の中には、こういう言葉が嫌いな人がいることも知っている。しかし、好きだ。それは、僕には、未来があると推測しているからだ。あと、100年は生きられないだろうから、50年かもしれない。50年というのも近傍を大きく取りすぎている。だから、ひょっとすると10年ぐらいかな。
 何なんだろう。今日の文章は、変だな・・・。



次の日へ
@1999/11/23(火)
 この頃、飲み会ばかり多い。昨日もそれで、帰宅が深夜になり、日記はとても書けず。
 下の娘がソフトテニス(軟式テニス)のジュニアクラブに入るというので、今日、ラケットとシューズを買いに行く。そして昼食を2人で外食する。
 夜は、ポール・バーホーベン監督作品のスターシップ・トゥルーパーズをDVDで見る。下の娘はあの手の派手なアクションや破壊が描かれている映画は好きみたいだ。
 その後、数学のテスト問題をTeXで作る。TeXはなれると、作業が早くていい。



次の日へ
@1999/11/22(月)



次の日へ
@1999/11/21(日)
 1日、バレーの大会と思っていたら、第一試合で、コロッと負けてしまい。11時にはフリーに。
 帰宅したらなんと、いつもは朝からある中学の資源回収が13時からということになっている。女房と2人で参加。中学生の娘は、午前中事業参観で、午後は資源回収だったんだが、本人だけ英検の試験のため、そちらへ。だから、堀部家は親だけの参加。
 いつもどおり、多くの父兄が汗を流してがんばっていた。お互いご苦労さんでした。
 夕方、疲れが出て、昼寝。夜は、試験作りやデータの整理をこなす。



次の日へ
@1999/11/20(土)
 昨日は、日帰りだったが出張で、同志社大学へ。お世話になった入試センターのHさんに、お礼のメールでも書こうと思っている。しかし、長時間の移動がバスなのでとても、疲れた。
 昨夜から睡眠をだいぶ取ったはずだが、疲れは完全にとれず。少し腰痛気味。
 仕事で「1・2・3」を使っていたが、「エクセル」も使ってみようと、ここ数日トライしている。おおむね操作感は似ていて問題はないが、いろいろな点で異なっていることがあり、とまどうことも多い。特に用語の違いが、つらい。しかし、「1・2・3」も飽きてきたので、ここらで乗り換えてみることにしよう。グラフの感じが違っていて、同じデータでも、なんか新しいモノのようです。



次の日へ
@1999/11/19(金)


次の日へ
@1999/11/18(木)
 昨日は、予定より帰宅が遅くなり、育友会の会合にも少し遅れる。終了後、いつものように一杯。その生で日記は無し。
 エスティマの車検が終わったので、岐阜トヨタ多治見に取りに行く。その場で残りの代金をi-MODE で振り込む。ただし、振り込み日は11月22日に指定。やっぱり便利だね。
 明日は、早朝出勤なので、今日はもう寝ます。と言っても11時半過ぎ。お休みなさい。



次の日へ
@1999/11/17(水)



次の日へ
@1999/11/16(火)
 給料日、銀行への入金を、DoCoMo の i-MODE で確認する。便利な世の中になった。振り込みも、もう数件やった。
 どうせなら、ショッピングの代金を、携帯で支払うと言うことまで行くと面白いのに。どこかの国でもう実施されているという話を聞いた。
 でも、お金は自分で稼がなくっちゃいけないね。



次の日へ
@1999/11/15(月)
 「THE SIXTH SENSE」の監督の名前を、書き忘れた。

M.Night Shyamalan  (M.ナイト.シャマラン)

 1970年インド・マドラス生まれ。アメリカ・フィラデルフィア育ち。29才。
 本当に、すごい才能だと思う。



次の日へ
@1999/11/14(日)
 今日は、オフの日。
 娘二人のために、車を一度ずつ出す仕事があっただけ。
 16時から、女房と2人で「シックス・センス(THE SIXTH SENSE)」を見に行く。僕の予想は、「恐怖映画なのに、見終わるとどんでん返しがあり、実は『すべて事実ではなかった。』・・・と言うような映画である。」と予想して、僕の予想通りだといいな、と思って見に行った。そしたらなんと、僕の予想を(どんでん返し)されてしまった映画だった。
 面白い。見ていない人には、見るように勧めたい作品だ。
 それに監督は29才という。これからが楽しみな監督がでできたもんだ。アンテナを張って、次回作を見逃さないようにしよう。
 11.11.11の切符の画像が出来ました。



次の日へ
@1999/11/13(土)
 昨夜、女房の飲み会のお迎えに行っていて、つい日記のページを更新するのを忘れてしまった。8時過ぎぐらいの呼び出しかなと思っていたら、けっこう遅く、10時過ぎでした。瀬戸まで往復、1時間ちょっとの深夜のドライブとなりました。
 今日は、朝から、バレー部の練習。
 午後は、久しぶりにホームページの大改修に乗り出す。本館と新館と自宅のページに内容を配置し直し、そして、ないようの追加を考えている。自宅は、だいたい今まで通り。本館は、純粋に数学の内容のみにして、新館に僕の個人的趣味など、つまり、鉱物やその他のコレクションのページにして行こうと考えている。
 これから、名古屋の栄に飲みに行かなくては、前回のこの会をすっぽかしてしまったので、「姉御さん」が、おかんむりになるといけない。遅れないで参加することにしましょう。
 と言うことで、HP作成の時間も今日は終わりとなりました。



次の日へ
@1999/11/12(金)



次の日へ
@1999/11/11(木)
 クラプトンのコンサートに行って来た。その後、一杯飲んで帰ったので遅くなり。時間がないので、詳細は明日以降。
 深夜、多治見駅で「11.11.11」の切符に「無効の判を押してください」と頼む。「あぁ」とうなづいて、若い駅員さんはすぐに無効印と入鋏してくれた。ありがとう。ぞろ目の切符をゲット。



次の日へ
@1999/11/10(水)
 ちょうど、ひと月前に奈良に行った。そのときの日記には書かなかったが、下の娘が、大仏殿を出るときに石畳の上で転んだ。右手に、APSカメラの PENTAX efina を持っていた。バシッと言う音がして、振り返ると、娘が転んでいた。右手にはカメラを持っていて、それで石畳をたたいた格好になった。それが良かったのか、娘は腕に擦り傷を1つ作っただけだった。その代わり、カメラはダメになってしまった。とても修理に出そうとは考えなかった。
 数日前にそのカメラを、バラバラにしていいよ、と言って娘に渡した。その結果の写真が右である。最後のバラシは、私の手によるが、楽しそうにドライバーで娘が壊していたものが大半だ。
 壊して見た感想。
 ネジ(ビス)が多い。アレでは組立に時間がかかるだろう。もっと、シンプルな設計にしないと、製造コストが下げられないのでは、などという、よけいな心配をしてしまった。大事なところだけネジ止めにして、あとは、「はめ込み式」などの工夫が出来そうだった。
 PENTAX さん、がんばって。でも、もう次の小型カメラは、オリンパスのものを購入済みです。



次の日へ
@1999/11/9(火)
 風邪が、進行した。ひどい場所の中心が鼻から咽に変わってきた。あと、1日か2かで元に戻るぞ。しかし、11日のクラプトンのコンサートに間に合うかな・・・。 何とかしたいなぁ。
 ウタダ・ヒカルのニュー・シングル・CDを購入。やっぱり、あいつ(失礼でした。彼女)の歌はすっごいわぁ・・。今度のも、売れそうだね。「ADDICTID TO YOU」無理に訳すと「君的中毒」かな
 ついでに、CSNYと言っても知らない人が多いかな。クロスビー・スティルシュ・ナッシュ&ヤングという、今は「大・おじさん」になってしまった。グループが復活し、新しいCDを出したのです。全米をコンサートツアーで回っているらしい。そのCDを買ってしまいました。明日から、出勤途中の車で聞こう。「LOOKING FORWARD」これは「前向」かな
 その上に、DVDも2枚購入。エリック・クラプトンのコンサートのDVD「クロスロード・コンサート」と、ポール・バーホーベン監督の「スターシップ・トゥルーパーズ」だ。
 これを書いていて、僕はいったい何枚のDVDを買ったのか見てみたら、25枚(タイトル)になっていた。LDは126枚(タイトル)だったので、LDからDVDに換えてから、わずかの間に25枚も購入したようだ。小遣いが無くなるはずだ。



次の日へ
@1999/11/8(月)
 風邪をひいた。鼻がおかしい。咽もおかしい。早く寝よう。お休みなさい。



次の日へ
@1999/11/7(日)
 昨日は、高蔵寺高等学校の20周年記念の会があり、それには出ていないが、夜みんなで集まる会に参加。
 2次会は、気心の知れた昔の仲間8人で深夜まで語り合っていたので、日記は無し。
 今日は、模擬試験の監督の世話という仕事で、早朝から仕事。それでも、3時過ぎには多治見に。女房の買い物の時間と打ち合わせして、駅前ユニーで待ち合わせ。
 いつもは、買い物にもよくつき合うのだが、今日は読みかけの本、土屋嘉男(つちやよしお)著「クロサワさーん!」新潮社、が面白く。結局、買い物につき合わないで、ベンチで読み切ってしまう。
 「七人の侍」の中で、侍を雇いに行く農民のひとりで、若者の役をやった人と言うとわかる人も多いのではないかな。
 黒沢家に居候をしていたと言うだけあって、黒沢監督という人物が、暖かくかつユーモラスに書いてある。僕としては、おすすめの1冊だな。



次の日へ
@1999/11/6(土)



次の日へ
@1999/11/5(金)
 職場の仲間と飲み会。電車で帰宅。いい気分。明日は、電車で出勤だ。
 そして、明日は、昔の職場の仲間と飲み会。「前の職場の20周年記念」である。



次の日へ
@1999/11/4(木)
 諏訪ガラスの里から、ガラスビーズが届いた。(写真右)
 薄いピンク色のビーズだ。約1700個購入した。1つ60円なので、約10万円。これを買うと言ったときに、女房殿は、「よく、そんなもの買うねぇ。」とは言ったが、「ダメだ」とは言わなかった。ありがたいねぇ。僕のこんな変な趣味に、10万円を出すのを拒否しないなんて。まぁ、今までも、もっきゅう(木球)15万円とか、プラチック製の数学模型のキット6万円や別のキット5万円なども買っているので、慣れっこになっているんだなぁ、これが。
 とにかく、材料はそろったので、あとは、時間をどう作っていくかだ。仕事も忙しいし、つ〜ら〜いな〜ぁ〜。
 と、楽しげな、悲鳴をあげましょう。以上



次の日へ
@1999/11/3(水)
 多治見まつりの日。午前中は、子供会で町内を回る。ご祝儀を集める。
 午後は、多治見国長が先頭の戦国武将行列に、下の娘の小学校も鼓笛隊で参加。その鼓笛隊の小太鼓に娘がででいる。それを、撮影するために。町に行く。これだけで1日が過ぎてしまう。夕食の買い物に行き。そのあと、少しベッドに横になったら、いつの間にか、9時を過ぎていて、とっくに食事も終わっていた。
 そして、いま、この日記を書いている。と言うわけで、自分のことは何一つ出来ず。1日終了。



次の日へ
@1999/11/2(火)
 夕食後、娘と女房、僕の4人で映画「マウス・ハント」を見る。こういうドタバタ劇は基本的に、我が家では大受けである。ネズミと猫の追っ駆けっこのシーンは、「トムとジェリー」へのオマージュ(賛辞)だ。
 とにかく、大笑いの約2時間であった。
 あすは、「多治見まつり」なので、カメラとビデオの用意を今からしなくては・・・・



次の日へ
@1999/11/1(月)
  起きる時間になっても、空は暗い。朝から雨。少し憂鬱。
 というのは嘘。雨は嫌いじゃない。回りの景色が綺麗に見える。僕の自動車も綺麗になる。もちろん、ワックスなんてかけたことがない。そういう自動車は、雨が好き。
 プリウスの方は、ハイドロコートをかけてあるので、当然綺麗になる。雨雨降れ降れもっと降れ。


 

TOPに戻る