堀部和経 W.S. 数学 と その周辺 「自宅内」
1999年 「4月の日記」です。
Background figure :Horibe Kazunori

HOME「自宅」 「日記」の表紙
前の月へ 次の月へ

4月 1日へ




次の日へ
@1999/4/30(金)



次の日へ
@1999/4/29(木)
 バレーボール部の、試合「インターハイ予選2日目」の引率。愛工大名電高等学校と対戦、1セット目12対25で名電。2セット目18対25で名電。悔しいけど、0対2で負け。
 しかし、2位日目まで残ったのは初めてである。とりあえず、過去最高の強さを持ったチームであった。



次の日へ
@1999/4/28(水)
 今日は、ほんとに仕事がハードだった。これから毎週水曜は、同じくハードに成りそう。
 帰宅が10時になる。これから風呂に入って、少し休憩。
 明日は、部活動の試合の引率。


 
次の日へ
@1999/4/27(火)
 仕事で遅くなり、帰宅は9時半頃。
 家でも仕事の続きをするつもりが、疲れていてもやれなかった。
 今日は、上の娘の誕生日なので、チョコレートケーキが買ってあったので、ロウソクを立ててお祝いをした。すぐに6等分して、僕はその一つを30秒で食べ、お祝い終了。



次の日へ
@1999/4/26(月)
 18時30分から、小学校の育友会の運営委員会があった。今週の金曜日、育友会総会のための最終打ち合わせなどを行った。今年、新たに役員になった人の中に、小学校の同級生の女の子がいた。と言っても、僕と同い年なので、43才だが。その子は、昔とかわらず、同じ顔をしていた。それに比べて、僕は驚くほど変化している。、昆虫が「変態」するのと同じくらいかもしれないなぁ。



次の日へ
@1999/4/25(日)
 学校の部活動「男子バレーボール部」のインターハイ県予選の名北支部大会の一日目があった。ここ5年間、一日目を勝ち進むことはなかったが、今日は勝ち残り2日目である、4月29日の大会に駒を進めることができた。くじ運もあったが、なかなか生徒たちのがんばりもすごく、何とか勝ち残ることができた。よかった。
 しかし、これで29日も仕事と言うことになった。うーん、なかなか完全オフの日は来ないなぁ。(完全オフとは、学校の仕事、育友会の活動、町内の仕事、文英堂関連の仕事など、すべてオフになること。)



次の日へ
@1999/4/24(土)
 今日は一日、町内子供会(名称:さつき子供会)の遠足に参加。バス一台で、愛知県青少年公園へ行く。園内の「愛知県児童総合センター」と言う施設で、4時間ほど過ごす。
 その建物は、中心部にピサの斜塔のように傾いた塔がある。その塔は、周りをぐるぐる回りながら上り下りできるスロープが内と外についている。塔の中は吹き抜けで、中心部の真下から見上げると、とても不安感を感じる。微妙に平衡感覚を崩される作りで僕はとても好きだ。誰が設計したのだろう、設計した人はきっと楽しかったに違いない。中心の塔の設計を含めて、建物全体がとても面白いものだった。



次の日へ
@1999/4/23(金)
 不在者投票に行って来た。
 市役所の夜間入り口から入り、4階の会議室へ、市役所の中は、事務をしている人たちが、夜8時まえだと言うのに割と多く残っていて、仕事をしていた。僕が見たのは、1階と4階だけだが、ほとんどの部署で誰かが、コンピューターに向かって入力作業をしていたり、帳簿整理などをしていた。その中で車椅子の女性職員が書類を運んでいた。ご苦労さんです。その人とすれ違いながら、4階の会議室に行く。
 思ったより狭く、40畳から50畳程度の会議室だ。そこが不在者投票の投票所だ。はじめて、不在者投票をしたわけだが、システムはなかなか良くできている。
 まず、不在者投票をする理由を、4つほどの選択肢から選び丸を付け、住所などを記入する。そして、二重になった封筒の外側に氏名などを記入。確認の後、投票券を発行してもらい、記入がすんだら、中封筒に入れ封をする。中封筒は何も書くところや区別できる情報はかかれていない。それを、外封筒にいれ、また封をする。それを、選挙管理委員に確認してもらい。自分で、投票箱にいれると言うシステムだ。
 開票の時、僕の票をどの選挙区に加えるかは、外の封筒で管理でき、外封筒の封を開け、他の投票用紙と混ぜる時に、僕の投票用紙は匿名性を持ち、中封筒を開け。開票に加えられると言う寸法だろう。
 ただ、とんでもない僕自身の失敗が一つある。この頃忙しくて、どんな人が立候補しているのか、全く知る機会がなかった、と言うより知る気もなかった。その結果、投票所で立候補者名簿を見ても、誰が誰やら分からない。その上この頃は、特定の政党以外、ほとんど無所属なので、気に入った「名前」を選ぶという、根本的におかしな投票行動になってしまった。これでは、何のために不在者投票をしたのか根本的に無意味だったかなと言う感じ・・・・・。



次の日へ
@1999/4/22(木)
 いかんいかん、今日も不在者投票ができなかった。もうあと15分夕方僕に時間があったら。これば愚痴だな。時間なんて言うものは、「自分で作り出すもの」そうだこれは、僕のモットーだったんだ。明日には、きちんと投票をしてしまおう。
 夕方7時15分から、小学校の育友会の常任委員会に参加。9時15分まで続く。その後、男の人5人で、場所を変え、ビールでご苦労さん会。11時過ぎまで話は続く。女房に迎えに来てもらい帰宅。12時少し前。あとは風呂に入って寝るのみ。しかし、急ぎの仕事も溜まっている。明日は、また馬力をかけて働こう。
 文英堂から完成した数学Cの教科書2種類が送られてくる。このことは、また後日。



次の日へ
@1999/4/21(水)
 25日の日曜日は投票日なのに、バレーボール部の大会と重なっているので、(不在者投票)をしようと思い、投票所の入場券を財布に入れて持っていた。多治見に帰って市役所に投票に行こうとしたら、財布を学校の引き出しに入れて忘れてきたしまった。あぁ・・。明日に延期だ。明日は必ず行こう。それに、明日も、育友会の会合が夜あるのに、その前に不在者投票を済ませよう。忘れずに・・・



次の日へ
@1999/4/20(火)
 春日井高校のホームページ制作も、完成域に近づき、今のところリンクのページを残すのみとなったので、さしあたって、近隣の高等学校のホームページへリンクを張ろうと考えている。そのため今日、そのホームページ管理者へメールを出し、許可をもらおうと思っている。メールを書こっ。



次の日へ
@1999/4/19(月)
 今日も、仕事で大変お疲れ様でした、と自分に言ってあげよう。日々特にいやではないが、疲れるなぁ。
 でも、まあ仕事だけで生きているわけではないし、仕事もいやじゃないからこの状態はとくに困った状態でもなし。
 さあ、もう寝て、明日に備えよう。



次の日へ
@1999/4/18(日)
 昨日の歓送迎会は、個人的に(良いくじ運)でした。
 2次会も、昔の仲間に会えて、懐かしかったし、結構予定より早く帰宅できた。そのため、今日の日程も滞り無くこなせた。
 午前中は、春日井工業高校で練習試合。
午後1時からは、娘たちの「ピアノの発表会」の参加とビデオ撮影。今日は、デジタルビデオを2台で撮影。カメラマンは当然僕一人。一台固定にして、もう一台を手持ち。そして、今夜中、現在、編集中。あと、1時間ぐらいで上げよう。(上げようとは、仕上げようと言う意味)



次の日へ
@1999/4/17(土)
 今日は、学校では「離任式」が行われているはず。私は、その時間休暇を取って、子供の小学校の、学級委員選出会に参加。初めは自分のクラスで、一保護者として参加。次は、6年生の学級委員8名による委員長説出のための会議の司会。最後に2年生のあるクラスの学級委員選出の司会をしてきた。小学校では、まだその仕事が続いているが、私だけ帰宅。
 これから、春日井高校の歓送迎会に出席のため、春日井市に戻る(行く?)。なんか一日の間に、多治見と春日井を何回も往復することが多いと、どっちが、「行く」で、どっちが「帰る」か分からないよぅ・・・。



次の日へ
@1999/4/16(金)
 今日も忙しかった。
 その上、19時半から、育友会の会合が21時過ぎまであり。学校から直接、小学校へ行く。家に帰ると、9時半頃だった。少し休息のあと風呂、そしてなんやかやと雑事を済ませると、なんと12時をとっくに過ぎている。明日はまた忙しい。
 けど、忙しいのは、性に合っている様な感じ。



次の日へ
@1999/4/15(木)
 今日もあっという間の一日だった。もう、夜の12時前。風呂入って寝なくちゃ。



次の日へ
@1999/4/14(水)
 健康診断で、血圧測定をした。血圧の測定にかける時間が少なく、もっと慎重に計って欲しいなぁ、と感じた。
 ところで、血圧の定義だが、聴診器で拍動の音を確認するのだが、調べる人の聴覚能力には影響されないのかな、小さな音を聞き取りやすい人と、そうでない人など、測定者の違いは無視できるものなのだろうか。基本的な疑問を、いつも血圧測定の時に感じる。今度、医者に聞いてみようかな。



次の日へ
@1999/4/13(火)
 学校のマシンのメンテナンスに時間をとられる。うんーん。もう、ホントにメンテナンス・フリーのマシンはできないものか。昔に比べると、ある意味、トラブルは増えたような気がする。しかし、できることも飛躍的に増えまた早さも桁違いに早くなっているので、どちらが良いか・・・・?
 明日は、職場で健康診断がある。そして、今年から「空腹時血糖値」を測定するそうだ。と言うことは、腹を空かして仕事をすると言うことだ。うぅーん。僕には、とてもつらいなぁ。



次の日へ
@1999/4/12(月)
 学校のマシン(NECのNXシリーズの一台)が、フリーズしてしまうようになった。それもとても頻繁に起こるので、今日みんなが帰宅してから、再インストールをする。そのため、帰宅は、ずいぶん遅くなった。
 帰宅してからも、なんかやることがいっぱいあり。大変。けど忙しいことは、良いことだ。
 仕事があり、日々やることがいっぱいあることは「幸福」以外の何ものでもない。



次の日へ
@1999/4/11(日)
 午前中は、学校。
 昼に、そばをいただきました。「うまかった」基本的に、麺という形の食事は、完成されているなぁ、と思う。そば・うどん・ラーメン・スパゲッティ(系)・焼きそば系等々。その他各国の麺。食べたことがないものも多いと思うが、きっとおいしいんじゃないかな・・・
 話は変わって、隣の三重でも、東京でも予想通りの人が当選したようだ。岐阜県は知事選は無いのかな?。まああっても今の人で特に問題ないし・・・・。



次の日へ
@1999/4/10(土)
 午前中に、子供を眼科に連れていく。すぐにお昼。
 午後、来客あり。数学の模型の作り方を詳しく知りたいとのことで、昔の同僚が来た。しばらくの間、模型について話をする。最後に、(行きつけの)文房具やと模型店に行き、材料と道具などを少し購入。



次の日へ
@1999/4/9(金)
 女房もおふくろも夕方家にいないと言うことで、今日は急いで帰って、夕食当番をすることになっていたのを忘れて、あわてて帰宅。何とか、少し遅れぐらいで準備完了。
 女房は、帰宅が深夜になる。歓送迎会の2次会で遅くなったとのこと。僕もよくあるので、お互い様でしょうな、これは。



次の日へ
@1999/4/8(木)
 今日も一日ご苦労さんと、自分に言ってあげよう。
 ネットワークの勉強は、奥が深い。全然先が見えてこない。何とか使っている感じ。でも、現代社会は、Black Box がやたらとあるのでどんなことでも同じか。



次の日へ
@1999/4/7(水)
 始業式の日にも関係なく、データの整理。これがなかなか大変。でも何とか、4日かかったが完成。ほっ。
 夕方帰宅し、すぐに「育友会」の常任委員会へ。下の娘が6年生、来年は絶対にない仕事。一年間のご奉公。いろいろ、知らない世界が見えて面白い面もある。好奇心を少しくすぐられる仕事かな。
 これから、EPSONのホームページで、スキャナのドライバをダウンロードする予定、うまく探せるかな・・・。



次の日へ
@1999/4/6(火)
 入学式は、すぐに終わってしまったが、そのあとの仕事が大変。今日も帰りは遅くなってしまった。今年からやることになった仕事は、ちょっと大変だ。
 とくに、忙しいときと、そうでないときの差が<めちゃ>ありそう。とりあえず今は<めちゃ>忙しい。



次の日へ
@1999/4/5(月)
 入学式準備。
 準備のあと、いろいろ仕事をやっていて帰宅が遅くなった。帰宅後は、食事・入浴・睡眠だけ、と言う感じ。お休みなさい。



次の日へ
@1999/4/4(日)
 午前中、学校へ。僕の他にも3名の先生が出校していた。
 午後になり、食事に「地中海」というファミレスに行く。20年以上前は、店舗数は、数軒のレストランだったと思ったが、いつの間にか大きなファミリー・レストランの一つのチェーンとなってしまった。そして、今回言ってみると、僕の大好きだった「地中海鍋」という。海の幸がどっさりと入った洋風煮込み鍋が、メニューから消えている。なんと言うことだ。これを食べようと思って久しぶりに入ったのに。ウエイトレスに、「地中海鍋」は無いんですか。と聞くと、「私たちも、なんで無くなったのか知りません。あれは結構注文も多かったのに?」と、僕に合わせてくれたのか、ホントにそうなのか、分からないが、とにかく、そういう返事だった。しょうがないので、別の料理を注文した。
 多治見に帰ってくると、天気も良く、「多治見修道院」はきれいだろうと思い、足を延ばす。(5分ぐらい)
 予想通り、とてもきれいで、なんと言っても、光(太陽)がきれい。桜の淡い桃色、修道院の橙色の屋根、青い空、白いぼーっとした雲。足下には、白いチューリップと緑の芝草。
 と、いう感じて、帰宅。そして、ウサギの「プイ」ちゃんの小屋の中の部屋(穴ウサギなので体の大きさに合わせて、板で穴代わりになる部屋)を作ってやる。予想通り、嬉しそうにその狭い部屋に何度も出入りしていた。
 追伸、昨日の日記には、「プイ」は外で暮らすことになったと書いたが、女房が寒いといけないのでといって、僕の知らない間に、また家の中に戻していた。今日からは、ホントに外にするぞ。



次の日へ
@1999/4/3(土)
 休みなのに珍しく、7時すぎには起きて、ゆっくり朝刊を読む。庭の手入れのための肥料などをストックしておくための小さな物置を買いに、瑞浪のカーマホームセンターに行く。ちょうど手頃な大きさと価格のものが見つかる。大変気持ちいい。
 他には、ウサギの小屋の透明なプラスチック板を買う。小屋の編み目が割と大きいために、近くをうろついている猫から守るための防御板にする予定のもの。帰宅後物置を作り、猫防御板も完成した。今日からウサギはぬれ縁の上、家の外と言うことになった。
 それを見て、女どもは「急に外に出して寒くないだろうか。」、「風邪をひきゃしないだろうか。」と、喧しい。(かまびすしい)毛皮を来ているうさちゃんなんだから大丈夫でしょ。
 その他、普段やりたかったことを色々できて、嬉しかった。


次の日へ
@1999/4/2(金)
 今日も一日、新年度準備。
 帰宅は、7時頃。夕食を食べたら、女房がお茶でも飲みに行こうかというので、下の娘と一緒に近くのイタリヤ料理系のレストランへお茶を飲みに行く。
 夕食後、外へお茶を飲みに行ったのは、たぶん結婚してからはじめてのことじゃないかな。16年めの初の出来事。
 その帰り、スピードの一人「上原???」ちゃんのCDを女房が衝動買いをする。コンビニと言うところは、人の心理をついた商品構成をよく考えてある。すごい。それはさておき、上の娘がそのCDをあけてみて最後にしまうとき。
 「CDの入れ物はどこ。」
と聞いた。今時の中学生なら、「CDのケースは?」と言いそうなものなのに、「入れ物」ときたもんだ。それも、発音は「いれもん」だった。やはり、四世代同居家族の言葉は、少々時代がかっているなぁ。



次の日へ
@1999/4/1(木)
 腹話術の「いっこくどう」を見た。見たというのは、正確には、ステージを見たと言った方がいい。テレビで、何度か紹介されているのを見て、是非見てみたいと思ったからだ。出し物は、TVと同じだったが、目の前の「芸」は、掛け値なしに<すごい>。あの若さで、あれだから、これからもっともっと精進したら、5年後ぐらいには、すごい芸人になると思う。
 10年くらい前に、初めてみた「爆笑問題」に感じた、すごさより、もっとすごいかもしれない。とにかく、将来が楽しみだ。ネタを増やして、どしどしステージをこなして欲しいものだ。



TOPに戻る