堀部和経 W.S. 数学 と その周辺 「自宅内」
1999年 「3月の日記」です。
Background figure :Horibe Kazunori

HOME「自宅」 「日記」の表紙
前の月へ 次の月へ

3月 1日へ




TOPへ
@1999/3/31(火)
 新年度に向けた会議があった。
 会議の連続で、少し疲れた。
 今日は、ゆっくりして、早めに寝ることにする。とはいっても、ついつい、色々なことがしたくなる。
 「一太郎9」をノートにインストールしたが、やはり重い。「一太郎Lite」にバージョン・ダウンをしよう。



次の日へ
@1999/3/30(火)
 今日は、新年度に向けて、仕事の引継のための打ち合わせ。
 夕方、ウサギの新しいケージを作るために、DIYの店に行く。初めは部品を買ってきて、自分で考えた小屋を作る予定だったが、キットでとても良いものがあったので、変更してそれを購入。屋根部分のみ手作りすることにする。



次の日へ
@1999/3/29(月)
 朝から会議。帰宅は5時ごろ。
 プリウスを6ヶ月点検に出す。明日、午後5時に取りに行くことにする。
 ノートの方の再セットアップは、何とか間に合い、今日も、「一太郎9」を使うことができた。
 今日、残りの設定を完成させよう。



次の日へ
@1999/3/28(日)
 午前中、学校へ行く。午後、学校のすぐ近くに「SATY」がOPENしたのでいって見ようと思ったが、すごい人出なのでやめて、床屋に行く。
 帰宅後、ノートパソコンのハードディスクが一杯になったのでBOOTドライブをフォーマットして、すっきりさせた。再インストールに手間取り、時間が目茶かかってしまった。けど、これでHDは(すっきり、すすす)状態になったのでした。
 現実は、現在「再インストール中」なので、これはすべて予定です。



次の日へ
@1999/3/27(土)
 休みをいいことに、ずーとベッドのなかでぐずぐすしている。
 下の娘が「ガメラ3」を見たいというので、1時15分からの回を見に行くことにする。1時5分に家を出る。雨だったから傘を差して2人で歩いて行く。映画館が近いのはいいことだ。でも、お父さんと2人で映画に行きたいなんていうのもあと1・2年だろうな。
 地域振興券で入場料を購入しようとすると、係りのお姉さんが、「2枚でいいです」という。つまり千円券2枚で小学生と大人を入れてくれるそうだ。なんとすばらしい。ううん?。24日の「アルマゲドン」のときは、地域振興券1枚と600円を出したぞ。どうなっているんだ。でも、まあいいか。
 映画はともかく、映画を見ていて、体調が崩れ、吐き気がしてきた。帰宅して、ベッドで寝る。
 なんか、一日中、ベッドの中だったみたい。また、明日から仕事だから今日ぐらいいいか。



次の日へ
@1999/3/26(金)
終業式が終わると休みでいいね、などという人がいるが、『春休み』とはいっても、日曜日に部の練習があったり、会議だったりして、フルタイムの休日は今日と明日の2日間。なんか普段より厳しい感じ。
 そこで、今日は日帰りスキーに行ってきた。雪はグサグサだったが、これだけ気温が上がってしまっては、スキーができただけでも「ありがたい」としなきゃいかんだろうな。一緒にいったのは、仮に『谷』さん、『山』さんとすれば二人ともはるかに僕よりスキーが上手い。上手いと言ってもいろいろあり、『谷』さんは競技系でスピードが大切な人、『山』さんは基礎系の滑りで理論とかフォームが大切、それぞれすごいんです。でも僕は下手でも(スキーが好き)と言うことでは、二人の近くまで来ているかなと、一人で勝手に思っている。
 趣味なんていうのは、好きが一番なんだからね・・・。



次の日へ
@1999/3/25(木)
 けがで入院している友人のお見舞いに行く。元気そうでなによりだった。そのけがとは、アキレス腱切断である。めちゃめちゃ大変そうだが、本人はすこぶる元気。しかし、手術も終わり麻酔も効かなくなってきて、「痛い」とはいっていた。お大事に。
 15年以上前から5年ほど前までファンだった「薬師丸ひろ子」の写真集を古本屋で見つけた。当時、金もなく買えなかった本だ。つい、3冊とも購入!!!。青春時代を思い出す。
 訂正。今も青春でした。



次の日へ
@1999/3/24(水)
 仕事を早めに切り上げて、「アルマゲドン」を見に行く。
 ヒットの割に大した映画じゃなかった。ストーリーが見え見えで、それでいて、人物描写がいいかというと、大味な人物描写しかなく、SFXもごちゃごちゃしすぎ。
 やはり、基本的に台本が良くないと言うことだろう。
 と言うのが、僕の感想。次は、「ガメラ」とディズニーのCG「タイトルは何だったっけ(アリとバッタの話)」でも見に行くか。「プライベート・ライアン」も見ていなかったっけ。
 話は変わって、うさぎの「パンダ」ちゃんのこと。今度は女房が獣医さんにつれていき、レントゲンを撮ってもらったら、やっぱり第6腰椎がくしゃっとおれているらしい。手術はしないで、大事に育ててやるほかないということだった。ウサギにしては割と大きなきれいなゲージに入れてやり、当分は我が家の玄関で育てることにする。特に問題はないが、多少玄関先が動物の臭いがするのがちょっと気になる。





次の日へ
@1999/3/23(火)
 女房の学校の「アニマルランド」の中のウサギで、足が悪く「いざり」になっちゃったのを家につれてきていた。僕に獣医さんにつれていった欲しいと頼んでいたので、今日夕方5時からの診察に行くことにする。近くの「S獣医」にウサギの「パンダ」ちゃんを連れていく。順番は、4人目(匹目)だった。僕以外はみんな「犬」をつれていた。待っているとどんどん、人と犬が集まってくる。待ち時間は、10分程度ですぐに見てもらえた感じ、人間の病院の方がずーと長く待たされる。
 診断は、「腰麻痺(ようまひ)」だそうで、詳しくはレントゲンを撮らないと分からないが、まず99%腰の骨が折れていて、下肢の麻痺が起こっているとのこと。とりあえず、ウサギ用の抗生物質の注射を打ってもらって帰ることにする。日を改めてレントゲンを撮って、正式な診断をしてもらうことにして帰る。
 獣医の先生によれば、「ウサギは、かわいらしい動物だと思うでしょうが、集団で弱いものをよくいじめ、こういうことはよくある。」と言うことらしい。それに、今日も一匹、ウサギの手術をしたんだそうだ。明日か明後日にはレントゲンを撮ってもらおう。直るか直らないかがそこで分かる。うーん。分かるのも辛いな。
 写真は、「パンダ」ではなく、生後2日ぐらいから、我が家で育てた「プイ」ちゃんです。「プイ」は、生まれてすぐ、母親から見放された、4匹兄弟の一人です。今もちゃんと生きているのは、「さくら」と「プイ」の2匹です。
 その4匹をどう育てるかが、下の娘の昨年の夏の自由研究だったのです。
 その大変さは、また日を改めて、では。


これは、「プイ」ちゃん




次の日へ
@1999/3/22(月)
 勤労感謝の日の振り替え休日ではあるが、12時頃から、3時半まで学校へ。お仕事。
 夕食後、またまた娘がチェスをしたいという。数日前に駒の動きを教えたら、面白いと言って、毎日やりたがる。2,3局つきあっている。
 僕は物持ちがいいのか、僕が少年だったころ買ったチェスの駒と板だ。箱に入れてあったので、まるで新品のようだ。5,6年前に出してやった、オセロのセットも新品同様だった。
 それにしても、30年も前の物がこんなにきれいだとホントに、なんか気持ちいい。
 「本館」「入口」のページがブラウザの種類やフォントの指定によって、ビルディンクの絵が左右にずれたりする現象を直した。IEとNSの動作はどうしてこんなに違うのかな、やっぱり2つの会社は、話し合いなどはできないのかな・・・・。



次の日へ
@1999/3/21(日)
 久しぶりの、Full Offの休日。昼少し前に起きて。上の娘と、二人で、朝食兼昼食を食べる。母が、庭の芝生用の肥料や砂を買いに行きたいというので、DIYの店に行く。僕もついでに文房具などを何点か購入。
 午後は、お彼岸だと言うことで、親戚が来て対応。
 旅行に行っていた女房も帰ってきて、6名全員で夕食。夕食は、僕が今日ユニーで買ってきた。「ほっけ」の開きのひもの。どうも、この魚は、家では大変人気が高い。娘たちも、美味しいといって、どんどん食べる。数年前間では、僕は名前も知らなかった。4年前居酒屋で、富山出身の先輩と二人で飲んでいて、「なに、ほっけを知らないっ。」と馬鹿にされ、そのとき食べたのが始まりで、そのうまさに目覚めた。僕はホントに30才過ぎまで、魚のうまさを知らずに育ってしまった。しかし、それからは、色々な魚のうまさを知るようになった。人生の喜びが増えたと言うことだ。
 他におかずは、イカの黄金和え、わさび数の子、小魚のみりん干し、アサリのみそ汁、キュウリ、などだった。
 追伸、昨日もらった地域振興券を使って買い物をした。当然か。現金より先に振興券。でも、端数が850円ぐらいになったので、その分は「円」を使ったのだ。



次の日へ
@1999/3/20(土)
 終業式も無事に終了。
 「多治見市の地域振興券」を発行してもらう。僕には、4万円分。なんか得した気分だが。下の娘がいうように、「私たちが大人になったら、(税金として)払わなあかんやら−。」(東濃弁【美濃地方の東半分の言葉】)と言うのが正解で、何も得していない。しかし、目の前の4万円券は、やはり、こころうきうき、目がくらむ。うーん、なんかいかんな−と思いつつ。少し、ほおが弛むのを禁じ得ない。
 町内の会議があったことを忘れていて、7時に公民館に行く。ぎりぎりセーフと思ったら、今日は、6時半からだったそうな、またしても失敗。いかんいかん。



次の日へ
@1999/3/19(金)
 夕方、6時半少し前まで仕事。その後、東名阪(ひがしめいはん)と名古屋都市高速道路を乗り継ぎ、7時開演の
『ミュージカルアップル・トゥリー 三つの恋の物語』
を見に行く。残念ながら、ナディアパークの地下駐車場から、11階の「名古屋青少年文化センター・アートピアホール」までに時間をとられ、数分遅れてしまった。失敗。見る者の最低のマナーとして、時間は守るべきなのに、申し訳ない。反省。
 3つの話のオムニバスだったが、1つ目の「アダムとイブの日記」が駄作。2作目の「女か虎か」が舞台演出や構成上最も良く。3作目の「パッショネラ」も「女・・・」と同じほど良いできだった。
 この作品には、2年前、高校を卒業した元生徒が出ていたので、その関係で見ることができた。楽しい時間を過ごせた。
 しかし、帰宅は、11時頃とまたまた、遅くなってしまった。風呂はいって、寝よっ。



次の日へ
@1999/3/18(木)
 純粋に仕事のみで帰宅が遅くなる。咳も出て、疲れ気味。今日は、もう何もしないで、風呂に入ってすぐに寝ることにする。
 終業式が終わったら、また、趣味の世界に生きよう。



次の日へ
@1999/3/17(水)
 仕事で、体はめちゃ疲れている。(球技大会のため)帰宅後すぐに入浴。食事時間、5分で、子供の小学校の育友会の役員会に参加。年度最後の会であった。その後、急に懇親会となり、寿司屋に。帰宅は深夜。これではホントに体が持たない。
 家に帰り、少しボーとしていたら、25時(午前一時のこと)を回ってしまった。特に今日は何も作らず、何も考えずに寝ることになりそう。というか。現実そうである。お休みなさい。



次の日へ
@1999/3/16(火)
 ビデオテープは忘れずに、発送した。
 仕事関係で、一杯会、一度帰宅して。再度、春日井へ。2度目の帰宅は、12時。
 あす、もう一回あれば、たぶん、今年度の飲み会はおしまいだ。特に嫌いではないが、余り続いてもね・・・。やっぱり、普段はアルコールは飲まないし、ない方が頭が働いて、気持ちいい。と言うのが本音ですね。



次の日へ
@1999/3/15(月)
 昨日、ダビングしたテープは、友人に送る予定だったのに、きょう送るのを忘れてしまった。明日は忘れないようにしよう。(忘れるなと、自分に言い聞かせよう。)
 だんご3兄弟の楽譜を、女房がどこかで手に入れてきた。楽譜を見ると、なんとシンプルな曲なんだ。びっくりした。あれで、370万枚(数日前の報道による)と言うことらしい。「すごい」と言うしかない。ヒットとは、ホントに恐ろしい。



次の日へ
@1999/3/14(日)
 昨夜(今朝)も帰宅は、深夜におよび、起床は午後1時。こんな生活をしていると、体が持たない。しかし、今週も、2回飲み会がありそうだ。今週は、すぐに帰宅をしよう。(固い決意)
 これから、ビデオのダビングをして、その後、ビーズ(木球)細工に取りかかろう。



次の日へ
@1999/3/13(土)
 昨夜、「週間ハイビジョンニュース」で、『the interaction '99』をやっているという、ニュースを偶然見た。その中で、正方形のスペースに人が入ると、自動的に、ボロノイ図を書くアートを紹介していた。とても興味深かったのと、3月14日(日)までの開催であり、開催地は大垣だという。そこで、今日、早速、プリウスで行って来た。右は、その図録の表紙です。
 まず、開催場所のソフトピアジャパンは、新しく、きれいで、新しいアートとテクノロジーを両方学ぶにふさわしい建物であり、考えていたよりずっと規模も大きかった。展示されている作品は、数こそ多くはないけれど、インタラクティブなアートとしては、まあそれなりに面白かった。以前名古屋であった、「アーテック」などと同じ系列の展示会だと感じた。
 肝心の「ボロノイ図を書く作品」は、だいたい想像通りのものであった。あの作品の規模を100倍(縦・横10倍ずつ)にして、ホテルのロビーや、遊園地のエントランスに配置すると面白いと思った。
 また、ボロノイ図を少し変形し、その人の位置情報だけてなく、別の情報を、テリトリーの面積なり、境界までの距離に反映させたりすると面白い。また、一つの領域を、同色で塗るのも面白いかも。あるいは、境界線をシンプルな線でなく、様々な装飾をもった帯(ある程度幅をもち、直線の情報以外の情報を持たせるとための幅をもった線)にするも一考かなと考えた。
 ボロノイ図をリアルタイムで、見せてくれる作品は、大変面白かった。
 その他、触発を受けたり、もっとこうした方がいいと感じる作品などがあり、楽しい時間を過ごせた。
 帰宅は、午後3時前だった。大垣は、高速道路で行くと割に近いものだ。
 きょうは、午後6時から名古屋の栄えで飲み会があり、また、これから出発しなくちゃ。



次の日へ
@1999/3/12(金)
 「新作」を学校に持っていった。だいたい、みんなの反応は、「すごいね。」、「どうやって作ったの?」、とか「なに、これ?」と言うものだった。また「蛙の卵みたいで気持ち悪い。」と言うものまであり、人それぞれの反応が面白かった。
 この調子で、新作に付随する、小品を毎日作成している。なかなか面白い。



次の日へ
@1999/3/11(木)
 体調がすぐれず、2時間休暇をとり、帰宅。すぐに寝る。夕方起きると、体調も戻った。どうも、ただの寝不足だったようだ。
 球で作った立体模型の「新作」からみの、小品をいくつか仕上げる。テトラポットの様な形状の物だ。
 その他、余りビーズで、30個の基本の作品をいくつか作る。何年か前に始めた頃とは大違いで、15分程度で仕上がる。早く作れるようになったものだ。



次の日へ
@1999/3/10(水)
 久しぶりに、「本館」を改築した。「2階」の「球体」に、新作2つ追加。
 ビーズを編んで、左手の親指と人差し指が痛い。1740個と3300個のビーズを使った新作は、自分でいうのも何だが、なかなか面白いものになったと思う。
 さあ、本館の方も、アップしとかなくっちゃ。



次の日へ
@1999/3/9(火)
 面接試験の日。つつがなく終了。夕方から、出張一件。これも、無事終了。
 仕事の関係で夕食は、自宅でとれないことがあらかじめ分かっていたので、一人で外食、「チキン照り焼き定食930円」おいしかった。しかし、出てきたチキンは、あの店で焼いていないと思われる。どうも、レストラン向けのレトルトと思われる。たとえば、牛丼の吉野屋の牛鮭定食の鮭は、お湯で温めてビニールから取り出すレトルト。まあ、あれよりも少し高級風だったが、チキンは工場のような大きな厨房で作られたと感じた。
 一人きりの外食の夕食と言うと寂しい感じを持つかもしれないが、僕は、嫌いじゃない。たまには、一人もいいもんだ。



次の日へ
@1999/3/8(月)
 今日は、高等学校の入学検定試験初日、学力の日。別に問題なし。
 それより、新作が今日完成する。これから、仕上げるのだが。まず、間違いなく完成である。完成したら写真を撮って、ホームページにアップしよう。楽しみだ。
 写真も撮った。けど、出来てしまうと、なんか、少し寂しい。次の作品に取りかかりたくなる。けど、アイディアが固まってない。しばらく、頭の中で熟成するのを待とう。いやいや、もっと積極的に、早く熟成させるよう努力してみよう。



次の日へ
@1999/3/7(日)
 電話が通じないと、おふくろが慌てていたらしい。「電話が壊れちゃった」と言うので、寝ている僕に女房が新しいのを買わなくちゃと話しかける。実は、昨夜遅く、RASの設定をするために、基本の番号の方を切断して、別の事に使っていたんだ。それを元に戻すのを忘れて、寝てしまった。それで朝から、電話故障事件が起こっていた。故障でも何でもないので、プラグを差し込み一件落着。でも、申し訳ないことをした。お店に電話をかけてきたお客さんもいたかもしれないのに。今後、注意。!!!
 そのために、休みなのに早めに起きて、新作に取りかかれた。
 午後は、休みにも関わらず、学校の仕事。13時から17時まで、かかってしまった。(どんな仕事かは、秘密で書けない。)



次の日へ
@1999/3/6(土)
 上の娘が、今日は、スイートポテトを完成させると言って、また調理を始めた。そして、ついに完成、味は、まあまあ、ふつうと言ったところ。ごちそうになった。
 新作の方も、完成が見えてきた、急げば、あと二日ぐらいで出来そうだ。この間、ビーズ約2000個と書いたが、今日まじめに計算したら、3840個のビーズが必要だった。道理で、なかなか出来ないはずだ、約2倍も多いのだから。2000個程度の作品は以前作ったので、「今度のはなかなか出来ないな・・・」という感想を途中で感じていたのは、まんざら間違いではなかったんだ。
 完成したら、写真を本館のどっかにアップしよう。



次の日へ
@1999/3/5(金)
 今日の夕食は、おふくろが調子悪いと言って、寝ていて、女房は仕事で遅くなると言う。僕は、夕方上の娘を眼科に連れて行かなくちゃならない。そこで、娘たちと、夕食は簡単に、ボイルドソーセージと言うことに、つまりソーセージをゆでて温めるだけという、超簡単なおかずに決定。
 でも、これがなかなかおいしい。食事はすぐに済み。娘と話をしていると、・・・
 今日、中学の家庭科の時間に「スイートポテト」を作ったそうだ。そして、これから、また作ってみると言いだし、早速、調理開始。僕は、隣のリビングで新作のビーズ編みの立体模型作りをしていた。突然「ギァー」と言う声。どうしたのかと思ったら。味見をしている娘が、「めちゃめちゃ、からい」と言っている。どうも、漫画にしかないと思っていた。(砂糖と塩を間違えた)というやつをしでかしたらしい。僕も味見してみたが、「しょっぱい」などと言う程度の物でなく。舌の先にふれただけで「からい」と言う感じだ。かくして、食後のデザートは、ゴミとなったのでした。



次の日へ
@1999/3/4(木)
 仕事の方は、ちょっと&急に忙しくなっちゃった。でも、まあ、いつものようにテキパキと処理。
 家に帰って、新作とRASの構築をやってみよう。まずRASから、・・・



次の日へ
@1999/3/3(水)
 LAN経由で、TA(ターミナルアダプター)をコントロールして、インターネットに接続完了。やっぱり、ネットワークをいったん全部削除して、必要な物だけ追加していって正解だった。以前の設定よりだいぶすっきりした、いろいろ設定している間に不必要な物なんかが自動で付加されていたようだ。
 さあ、つぎは、RAS(リモートアクセスサービス)の設定を完成させるぞ。そうすれば、僕のマシンも、外部からコントロール可能になっちゃう。うぅ。楽しみだ。
 そうそう、新作も着々と進んでいる。でも、完成まで時間がかかるのはしょうがないか、なにせ、約2000個のビーズだもんな。



次の日へ
@1999/3/2(火)
 8mmのプラスティチック球が届いた。1万個届いた。これで新作に打ち込める。
 でも、まだ、学年末考査の採点が残っている。ええぃっ。すぐに仕上げてしまおう。そして、新作だ。



次の日へ
@1999/3/1(月)
 今日は、高等学校の卒業式です。
 仕事の関係で、PTAとお昼の会食会があり、それに参加。それから、自分の 学年の飲み会に夕方から参加。そしてその二次会に参加、帰宅は午前零時を少しまわってしまう。大変ですね、先生というのも。
 どんな仕事でも、楽なものはないとはよく言ったもので、ほんとに色々大変です。



TOPに戻る