堀部和経 W.S. 数学 と その周辺 「自宅内」
1998年 「12月の日記」です。

HOME「自宅」 「日記」の表紙
前の月へ 次の月へ

12月 1日へ




@1998/12/31(木)
 午後、刺身などの買い物をする。そのついでに、この間なくした腕時計の代わりの物を買いに行く。安くていい品を見つける。バンドも本体もチタン製で、5気圧防水 となっているカシオ製のアナログ時計を購入。8000円。軽くていい感じ。前の物よりいい。今日はいい買い物をした。
 「紅白歌合戦」をハイビジョンで見る。その後、4人でトランプの「大貧民(大富豪ともいう)」を29回戦する。そのうち14回は、私が大富豪で、全体としては私の圧勝。まあ、子供相手にいつも通り手を抜かず、がんばっちゃったので、当然といえば当然なのだが。でも、その方が子供も喜んでいるみたいだ。
 寝たのは、1月1日早朝3時すぎ、下の娘が「夜更かしした・・・」といって喜んでいた。



次の日へ
@1998/12/30(水)
 午後、リビングとトイレの掃除を少しする。妻と生協へ買い物に行く。
 「マグロのたたき」(カツオじゃない)の冷凍を一つ買い。すぐに自然解凍して、酒と醤油につけ込み、オーブンで軽く焼いた物を夕食に食す。予想通り、うまい。
 明日の夕食も、刺身系にしよう。
 特に、なにをしたということのない、一日でした。
 ただ、定例のUNO10回戦はあり。



次の日へ
@1998/12/29(火)
 体調も元通りになる。家族4人で、1月4日にスキーに行くことに決まる。スキー場は、雪があれば「白樺湖ロイヤルヒルスキー場」に行くことにする。理由は、上の娘の中学からゆくスキー学校がそこなので、娘が行ってみておきたいという。先生でもないのに、下見に行く中学生は変だなと思うが、まあ、行きたいというし、私はどこでもいいので、結局そこに行くことになった。家族で行くのは久しぶりなので、楽しみだ。
 新年を迎える準備を、母と女房がしている。私は、一日ボーとしていたら時間が過ぎてしまった。
 夜は、4人で久しぶりにUNO・10回戦を戦う。優勝は上の娘、私は4位。惨敗。


 
次の日へ
@1998/12/28(月)
 昨日は、午前中まで、スキー場にいて、午後帰宅のバス、夜6時ころには仕事終了。その後帰宅し、風呂、食事、すぐ睡眠、のため日記の記載なし。
 今日は、昼過ぎまで寝ていた。体の節々やふくらはぎが痛い。後一日ぐらいしないと、体は元に戻らないだろう。疲れがピークになってから徐々に回復の兆しを見せているが、まだまた本調子ではない。
 しかし、またスキーにいきたいなぁ。



次の日へ
@1998/12/27(日)




次の日へ
@1998/12/26(土)
 天気は、曇り。午後晴れてくる。気温は低く雪の状態は最高。「スキーをやっていて良かった。」と思える状態。ほんとにこんないいコンディションで滑れて感激。という一日でした。



次の日へ
@1998/12/25(金)
 今日は朝から快晴。ドピーカン。北アルプスが手に取るように見えました。生徒たちも元気いっぱい。8:30〜4:30過ぎまで滑りまくりでした。先生方は、体がガタガタ。足はパンパン。私も、トクホンチールのお世話になっています。



次の日へ
@1998/12/24(木)
 志賀高原は、一面の銀世界。今年の出張は、雪男といわれている「Kさん」が参加しているので、「雪が足りないと言うことはないだろう。」という予想通り、ばんばん降っていた。開校式まで雪の降りしきる中で行われた。生徒も楽しそうである。明日から楽しみだ。



次の日へ
@1998/12/23(水)
 今日は、一日、年賀状を完成させることでいっぱいいっぱいでした。約120枚程度完成。残りは親戚関係のみ、これは女房に明日書いてもらうことにする。
 明日から志賀高原なので、そのための持ち物を用意する。スキー関係は、いつものことなので簡単にそろうが、初めて、モバイル関係の物をどのように持っていこうか考えて時間をとられる。しかし、結論は、普段通り仕事にいくときと同じが一番という結論になる。特に持っていかなくてもいいのだが、ちょっと持っていきたいなぁ、と思っているので、「自分のその気持ちを大切にしてみよう。」
明日は、志賀高原、ぶな平ゲレンデの中、「清広荘」から、日記を書いてみよう。



次の日へ
@1998/12/22(火)
 2学期、無事終了。
 明後日から志賀高原に出張「スキー学校」に行くことになっている。その間、この日記のコーナーのアップをどうしようかと思い。モバイルで出来るかどうかの実験をする。
 さあ、アップしてみよう。
 できたできた。志賀高原にノートパソコンと携帯電話を持っていこうかな。



次の日へ
@1998/12/21(月)
 風邪がつらいが、仕事を休めない。フルタイムで仕事をこなす。夕方には多少元気が出る。こんな時に限って飲み会のお誘い。ウーロン茶で9時まで一緒に飲む。当然私のみお茶。他の5人はビールや日本酒。
 元気が少し出る。10時過ぎには帰宅、風呂に入っていまこれを書いている。
 明日は終業式、2学期もまずまず大きな事件もなく過ごせそうだ。



次の日へ
@1998/12/20(日)
 風邪。一日中寝ている。弟が、コンピューターの事で質問があり家に来て欲しいと電話してきた。その為、約2時間外出。つらい。また寝る。



次の日へ
@1998/12/19(土)
 風邪気味、早めの帰宅。風邪をひいていないなら、本当は、ナイターのスキーに友人と2人で行くはずだったのに残念。無理のできない体なのでしょうがない。何せ、この24日から3泊4日のスキー学校の引率が待っている。体調を万全にしとかないと、とても4日間、生徒と一緒に暮らす事は不可能だ。
 夕方2時間眠る。夕食後、昨日購入した、「HONDA P2のプラモデル」を完成させる。右は、パッケージの写真。
 プラモデルを買って作るのは何年ぶりだろう。結婚後、最初の年の瀬に、スペースシャトルのプラモデルをこたつの上で女房と作ったのを覚えている。そのスペースシャトルも、階段の上から、子供達の手によって発射され、分解(破壊)&廃棄されて今はもうない。あれは、なかなか綺麗に完成したのになぁ。
 今回のキットは、接着剤のいらないタイプで、とても簡単でした。仕上がりも綺麗。正月休みにでも、シールを貼って完璧に完成させようと思っている。



次の日へ
@1998/12/18(金)
 夜9時過ぎ、もう10時近くの時間に、女房殿から迎えに来て欲しいとの連絡があり、尾張旭市の三郷付近まで迎えに行く。女房の職場の忘年会で、2次会のカラオケ屋さんにいるらしい。帰りは、11時頃になる。
 それから、見かけていたDVD「007ゴールデンアイ」を最後まで見る。まあまあ、面白い。今日買ったばかりのDVDを見てしまった。しかし、LDに比べて安いので助かる。



次の日へ
@1998/12/17(木)
 「今日もお仕事ご苦労さん。」と自分に言ってあげよう。
 帰りに飲みに行こうと誘われ、行く。しかし、例によって、私は、一滴もアルコールを飲まないで、ウーロン茶を飲みに行く。串カツ屋で3人で話をする。
 それにしても、いつも私は飲むときと飲まないときのけじめを付け目のが好きだ。自分で作ったルールをきっちりと守るのは、気持ちいい。とても快感だ。大学4年生の時に決めた、当然と言えば当然のルール「飲んだら、運転しない。運転するなら飲まない。」以来、20年間一度も破らないルール。うぅーん、定義通りだ。完璧。



次の日へ
@1998/12/16(水)
 給料日と言っても、全額振り込みなので、封筒の中は明細のみ。
 夕方仕事を終えて、6時10分頃、帰る。途中、西部のイージーオーダーの店でズボンを2本注文する。出来上がりは、新年の18日。
 その後、軽く食事をして、そのままギリギリ7時15分の養正小学校育友会の運営委員会に出席する。9時終了。その後、その中の父親だけで、一杯飲みに行く。11時過ぎに終了。
 忙しいけど、面白く充実した1日だった。
 その合間に、女房の仕事上の愚痴を聞くという時間もあり、よく考えると、朝からメニュー豊富だったなぁ。
 まとめると、午前中「学年会」と「授業2つ」、午後「保護者会10名」、夕方「ズボンの注文」、「役員会」、「愚痴を聞く」、「飲み会」、そして「日記書き」。
 今日は、以上



次の日へ
@1998/12/15(火)
 夕方18時過ぎから、職場以外の場所で仕事。その後、帰宅。食事後すぐに、風呂に入る。久しぶりに、ゆっくりと風呂に入った。ここ、3週間ぐらいは、風呂とは、「汚れを落とすための時間と場所」と言う感じで、風呂を味わっていなかったことに気がつく。僕は本来風呂は大好きなのに。人生でやり残したことは、「露天風呂」を作ること位なのに。とりあえず、今日は気持ちよかった。あぁ〜っ、と
 あと、今日の活動のための残り時間は、2時間だ。さあ、今日は何をしようかな。張り切ってやるぞ。と言うことで、この日記はここまで。


  
次の日へ
@1998/12/14(月)
 仕事が結構あり、こなしても、こなしても湧いてくる。(愚痴)しかし、そんなにいやではない。すぐに、「保護者会」と言うモノが始まる。これも、そんなにいやではない。どちらかというと、好きな方かも。
 上の娘の、年賀状の絵はまだ未完成、「うーん、まだなんか寂しい。」と言って、また明日に完成はのびる。
 ホームページのオープニングページを少しいじる。ホームページって言うのは、さわりだすときりがなくて、「困る」and「面白い」である。やりたいことが、次々と湧いてきて、時間はどれだけあっても足りないくらいだ。
 そういえばこのところ、TVのニュースと言うモノをしっかりと見ていないことに気づく、世の中どうなっているのだろう。もともと、3、4日知らないなら知らないで済んでしまう。特に政治は興味が湧かないなぁ。
 そうそう、帰宅してみると、なんと洗濯機が新品になっている。「おふくろ」が買ったのだという。うーん、買いたい新製品があったのに・・・、と思ったら。その買いたい製品が、購入してあった。まあ、いいか。労せずして、その製品が我が家のモノになったのだから。



次の日へ
@1998/12/13(日)
 日曜日だが、午前中は学校へ仕事で行く。午後には帰宅。しかしまだ、金曜の忘年会の余波が体を支配していて、体がだるい。少し横になる。やはりアルコールという薬物は体に良くない。僕が酒を飲むのは、年間12回あるのだろうか。嫌いではないが、その後色々考えることもできないし、数学もやれなきゃ、コンピューターもいじれない。やはり、よほど時間があるときだけにしよう。それも、仕事上飲む機会ぐらいにしときましょっと。
 今年の年賀状は、僕用と妻用と合わせて3バージョンあり、その内の一つが完成した。我ながら綺麗な上がりだ。これで、僕字で書く宛名がきれいなら文句ないが、僕の字は、とてもとても下手なので、「つらい」
 これから、上の娘の年賀状を完成させないと、あいつの絵(原画)はなかなか面白い。それを僕が、PCを使って加工してやる。



次の日へ
@1998/12/12(土)
 昨日の日記がない理由:忘年会でベロベロに酔ってしまい。何時、帰ったか分からない。名古屋の栄でタクシーに乗ったのは、覚えているが、どうやって運転手に自宅を教えたか記憶がない。お金を払ったような払わないような、だいたい、3次会のお金の支払いはどうしたのかもよく分からない。
 とりあえず、あの寒空の下、タクシーの運転手さんに放り出されずに、多治見まで乗せてきていただいたことに、「感謝」。
 というわけで、昨日はボロボでした。今日も1日二日酔いと言うわけではないが、アルコールを体から抜くだけの1日でした。いま、とりあえずこの日記を付けているところだ。昼間も、ずーと寝ていたが、また眠くなった、お休みなさい。



次の日へ
@1998/12/11(金)




次の日へ
@1998/12/10(木)
 クレジットカードはやはり、取引停止にされていた。理由は予想通り、7日に引き落とす金額が残高を越えていて、引き落とせなかっためだ。カード会社はすぐに、僕のカードを取引停止にしていた。やることが素早い。(まあ、当然か・・)さっそく入金し、引き落としてもらうように依頼する。でも、僕のカードが復旧するのは月曜になるとのこと。自分のミスとはいえ、面倒なことになったものだ。
 明日の忘年会の2次会で、カードで決済する店に行くかもしれないのに・・・。あっ、そうだ、もう一枚あったんだ、VISA系のカードが。しかしな、こっちのカードは、ホームページを開くサービスが欲しくて作ったカードだから、それ以外には使わないと、自分で決めているのだ。こっちのは、なるべく使わないでおこう。
 今日、ボーナスの支給日だ、税込み1,335,097円だった。この数字を見て、「あれ、これは素数じゃないかなと思う。」
 さっそく、Mathematicaで確認を始める。すると惜しいことに、
1335097=73×18289
だとわかる。その数字近くを調べてみると、
1335079
は、102,499番目の素数とわかる。惜しかった、下2桁が、入れ替わっていれば、ちょうど素数だったのに・・・。



次の日へ
@1998/12/9(水)
 帰宅途中に、春日井の西部(ホントはあの店は「西友」なんです。西部百貨店とは別会社なんだなー)の3階にある。紳士服のイージーオーダーの店に行く。昨日行ったときは、担当者が休みだった。今日また行って、ワイシャツ4枚とスーツ1着を注文する。オーダーで作ると、着心地が違う。違和感がない。少し高いがしょうがない。なにしろ、吊しの洋服では体に合うのが見つからない。
 支払いの時に、「打ち出の小槌」クレジットカードを出すと、な、な、なんと、取引が停止になっている。2度入力してもらうが同じ。どういうことだ。今日引き落としで、そして、引き落としができなくて、クレジット会社が僕のカードを止めたというのか。そんな偶然は考えられない。しかし、まあいいか、支払いもなし、頭金もなしで、注文は受けてくれることになった。いつも、あの店でスーツを作っていて良かった。それにしても、「カードは、どうなっちゃたんだ。」まあ、明日確認してみよう。
 家に帰って、上の娘に、年賀状を作って欲しいと頼まれ、娘の書いたうさぎの絵をスキャンして、プリンターで出力できるようにする。こういうモノは、どうしてもこって作り始めてしまうので、時間がメチャメチャかかってしまう。娘はとっくに寝ていて、私一人でレイアウトやら配色をいじくっている。3時間ぐらいで完成。



次の日へ
@1998/12/8(火)
 今日は、午後休暇を取り、大阪へ。文英堂の教科書の編集会議に参加。数学Cの検定の対応の会議。予定より少し早く終わる。
 早めの新幹線で名古屋へ、ちょうどいい時間のホームライナー中津川に乗って多治見へ、割とスムーズにかえって来られた。今日は、行くときも多治見駅に着いたときに、ぴったりのタイミングで特急しなのが来たので、それに乗って名古屋にいく。僕は電車は好きだ。特急に乗るとウキウキする。子供のようだ。行きも帰りも381系の電車と、新幹線は300系だったと思う。下りのときは300系は1号車の2Cで、上りの時は1号車の24Aだった。下りホームライナーは、2号車13番の乗車整理券で間違って12番に座る。13番の人が来たが、「ああ、いいです」と言って、13番に座ってくれた。ありがとう。
 帰りの新幹線の中、米原付近で「星に願いを」の曲が鳴る。僕の携帯だ。着信ボタンを押して、デッキへ。すると「名古屋カラー」の人からの電話だ。用件は、MOに入れたデータによる、ダイレクトプリントで作る年賀状についてだ。ラボのマシンでは、データが開かないと言う。アドビのPDDで、OKだと言うので、そのファイルにしたのに、ダメだと言うことしい。改めて、JPGのファイルを送ることになる。そこで、今、その作業を終えたところだ。
 さあ、少しだけビデオを見るぞ。待っていたテレシネが届いているだ。もう時間が遅いが少しだけ見てみよう。ということで、・・・



次の日へ
@1998/12/7(月)
 ノートパソコンの方の、JUST IMAGE EDITOR と言う一太郎Ver.6の付属のソフトが、動かなくなった。お絵かきツールとして一番親しみをもっていたのに。こまった、他のソフトにはない、いいモノがあったのに。そりゃ古くていろいろな拡張機能はないし、対応しているのはBMPとGIFぐらいなんだが、そこがまた味があったのに、今、この文章を書いているのはデスクトップで、この中のJUST IMAGE EDITOR はうまく走っているので、これをコピーしてやろう。
 来年の5月3日(月)に、亡き父の33回忌を行うことが決まった。私の家6名と弟の家4名の計10名でする事になった。母が、もう最後の法要だから、50回忌はやれないだろうしという。もう、33年もたってしまったのか。時はこんなにも早く過ぎていく。そりゃそうだ、42歳で亡くなった父、現在43歳の私。



次の日へ
@1998/12/6(日)
 朝8時から、小学校の「資源回収」をする。エスティマに、ビニールシートを敷いて、その上に町内で集めた古新聞・古雑誌・段ボール・ぼろ布・ビール瓶を満載し小学校へ持っていく。戻ってきて、今度は、トラックをもう一度学校へ運転し今回の「資源回収」は終了。この町内だけで、トラック2台・ワゴン車1台・軽自動車1台分の廃品を運ぶ。いつもより少な目だ。少し前に中学の「資源回収」あったからだ。
 午後は、下の娘の書道教室の展覧会と表彰があり、市民会館の展示室A・Bへ行く。同時に、小学校の連合PTAの教育講演会にも出席する。終わったら午後4をとっくに回っていた。夕食の用意を買って帰宅。食事を済ませ、いま、これを書いている。
 あっと言う間に、1日終了、仕事が進まない。(ぼやき)「あぁ〜〜〜」
 風呂の時間を入れても、あと4時間しかない。ガンバ・・・
 ・・・ガンブァッテ、ついに完成。遅れに遅れていた、文英堂関連の原稿があがった。これで、間に合う。ほっと一息。



次の日へ
@1998/12/5(土)
 「UNO」10回戦を戦う、下の娘がはじめて4位になる。負けたためか、終わったら、さっさと自分の部屋に行ってしまう。
 その後、ペンローズの階段の絵の小さい版を仕上げる。なかなかうまくゆかない、あっと気がついたら、3時間たっていた。疲れたので寝ることにする。
 時間は、もうすぐ25時になりそうだ、眠ることにしよう。



次の日へ
@1998/12/4(金)
 このホームページ上の「自宅」の改装(ファイル構造の変更)を行う。
 少し前から、実行している減量(現実の僕の体重を減らすこと)が少しだけ効果を見せている。約2Kg減った。きっとやせている女性なら、飛び上がって喜ぶほどのモノだろうが、僕だと日常の変化の誤差かもしれない。でも、とりあえず少しだけ喜ぶことにしよう。



次の日へ
@1998/12/3(木)
 「アドビ・フォト・デラックス・forビジネス」で来年用の年賀状作成。MOにデータを入れて持っていく。インターネガを作ってから、富士カラーの写真の年賀状を作る予定。
 ところが、ラボで本店に電話をつないでもらって、向こうの技術者と話をすると、MOから直接レーザープリンタに出力する方が綺麗なのだそうだ。そこで、一旦データを持ち帰り再度、作り直すことにする。
 綺麗な年賀状ができそうだ。
 そこへ、女房殿あらわる。「あなたのだけ綺麗でいいね。私のも作って。」ときたもんだ。「名前のところだけ換えて作っておいて。」「はい、はい。お安いご用だ。」
 2人分の年賀状は、こうして完成するのであった。
日曜日にまた、ラボにゆこう。ラボのお姉さん「井上さん」は昼から夜まで出勤だそうだ。いろいろお世話になっている。去年も僕のめんどくさい注文を詳しく聞いて下さったのは、彼女だったことを思い出した。ありがたいことです。
 そうだ、堀部家の過去の年賀状の部屋でも作ろうかな・・・・・



次の日へ
@1998/12/2(水)
 今日からは、またエスティマで通勤。やっと普通の生活になった。自分がいかに車に頼って生きているかがわかった。
 ここでよくある感想は、「そんな生活を考え直してみよう。」などだが、違うな。車を大切にして、できれば予備の自家用車も持てるような良い生活ができるといいなと願うことにしよう。快適な生活を求めて人類はここまで来たのだ。そう簡単に、この思考を止められはしないぞ。
 過去に向かって進むのはいやだ。恒に、今までとは違うもっと良い世界を目指そう。それが人類破滅への道でも・・・
 ちょっとオーバーでした。ジャンジャン。



次の日へ
@1998/12/1(火)
 今日も電車通勤。朝、春日井駅で時間を10分とって、「フランイグ・マグ・カフェ」と言う名のファーストフード喫茶店とでも分類できる喫茶店で紅茶とサンドを食べる。ほんの少しの間だが、ガラス窓の外の時間と、こちらの時間の違いを楽しむことができる。ゆったりとした時間と、駅におけるあわただしい時間の対比。
 自家用車通勤の僕は、味わうことのできない時間だ。しかし、その時間は、ホントはあわただしく、過ぎてゆき、10分は終わる。
 日常に入っていく瞬間、ガラスドアがその入口だ。さあ、押し広げよう。
 さて、日常の話。「数学A」の試験の採点をなんと3冊(3クラス分)1日(試験の次の日までにと言う意味)で完成。普段は、なかなか取りかかれないのだか、このホームページの改訂・改良の時間を稼ぐために、他の仕事のペースが速くなっている。いいことだ。
 12月の日記のバックは、大好きなM.C.Escherの1961年のリトグラフ「滝」にしよう。エッシャーに現代のCGを作ってもらいたかった。彼のアイデアと優れたテクノロジーが何かを生み出したに違いない。



TOPに戻る