堀部和経 W.S. 数学 と その周辺 「自宅内」
1998年 「11月の日記」です。

HOME「自宅」 「日記」の表紙
前の月へ 次の月へ

11月 1日へ



@1998/11/30(月)
 今日、出勤はいつもと違い、電車。私の車、エスティマ・エミーナの定期点検のため。プリウスにお金を使っちゃったので、エスティマは、10万Kmを越えていても、このまま数年間は走り続けるのです。だから、特に念入りに点検と部品交換を頼んだのです。そのせいで、預けて何日も帰ってこない。(ホントは返ってこない。なんだけど、やはり「帰ってこない。」だな。)木曜の夕方届けて、まだダメらしい。明日も電車で通勤です。まあ、生徒の定期試験期間なので、特に荷物も多くなく、楽と言えば楽だけどね。
 食事が住んで、1階のリビングで採点、僕はどういう分けか、採点はあぐらでするのが合っているみたい。机に向かってするより、気持ちが乗りやすい。他の仕事は、文字どうりデスクワークの方が効率いいんだが、採点は床にあぐらをかいて座って、一枚ずつめくる方がいい。何でなんでしょ。
 DVDで「推定無罪」を見る。面白い事を再確認する。でも、数学関係者はいい役ではない、どうもそこら辺納得がいかない。映画で描かれる数学者あるいは数学の先生は変なやつが多い。気に入らない。
 それと、映画館で見たときは、気づきもしなかったが、ラスト近く、法廷からハリソンフォードが出てくるシーンで、マスコミの差し出すマイク群の中にテーブレコーダーがあるのだが、なんと、【テープが入っていない】小道具さんのミス。おまけに、そのレコーダーを持っている役者(右手しか写っていない)が、【録音ボタンを押していない。】
 そんなことに気づいてしまった。気になり出すと変なもので、そこを見返すと、テープレコーダーばかりに気が取られるようになってしまった。映画ファンとしては損してしまった。
 明日はもう師走、そうだ、12月用のページを起こさなくては、それは、明日にしよう。


次の日へ
@1998/11/29(日)
 やはり、3連休はいいなぁ・・・。今日も休みだ。ゆっくり起きて、朝昼食を食べる。
 上の娘は部活、女房は町内の食事会で出かける。下の娘を連れて、写真屋さんと電気屋さんにゆく。
 写真屋さんとは、「大平堂」のことで、ここのご主人にはカメラのことなど色々教えてもらっている。今日も新しい色素の層が4つになったフィルムはどうかと尋ねると。「たいして良くない。メーカーの言う程良くないにぃ〜。」と教えてくれる。商売をする気はないらしい。「だいたい、そんな良い物ならもっと早くからできているって。それに小さな改良はずっとやられてきているから、そんなに変わらないって。」と言う話だ。」新しいフィルムを買うのをあきらめる。
 次に、栄電社でCanonのスキャナーFB620Sを購入。3万円を切る。600dpiだ。一昔(5年)前なら25万円ぐらいした性能だ。職場においてあるのがそうだ。
 あれが、2万円台の値段で手に入る。世の中進んでいるなあ。それに、軽い・小さい・簡単・電源スイッチもない、すばらしい。今日から、時間外に学校でこそこそスキャンしなくていいわけだ。音も軽やか。うぅぅん、いい感じ。
 スキャナーをセットアップしていると、女房の注文していたベッドが届く。シーリーのベッドだ。ノックダウンで、寝室に設置してもらう。計算通りにぴったりと入る。長さを計って買ったのだから当然だが。なんか嬉しい。
 ここで一度、日記をアップしよう。
 その後、夕方からが、馬力アップでホームページの改訂をする。つまり、この日記の部分は、「GEO CITIES」の中の無料ホームページに移動する。そのための様々な調整を、ガンガンやってしまう。今日は、ここまで。お休みなさい。


次の日へ
@1998/11/28(土)
 今日も休み。嬉しいな。
 午前中は、上の娘を眼科につれていく。結構混んでいて、結局家に帰ったのは、正午を過ぎた頃。なんだ、もう半日終わってしまった。
 午後、書斎で色々、たまった仕事やら何やらをやろうとしたら、下の娘が、コンピューターで「モナモナ」をやりたいという。誕生日に買ってやったゲームだ。「モナモナ」を買ったときはパッケージにつられて買っただけだが。よく見ると、ついこの間の10月30日に新発売のゲームだった。知らなかった。その上、面白いといって、私のコンピューターを娘が占領し始めてしまった。
 そんなわけで、寝室でごろごろしていたら、いつの間にか、お昼寝となっていた。これで午後も終わりだ。
 何という一日だ。もう夕食ではないか。夕食後、また「UNO」10回戦をする。さすがに今日は、下の娘は、3位で悔しがっていた。優勝は女房殿。
 午前中に、眼科に送って行っている間に、郵便局の休日窓口から、郵便小包で、8mmフィルムを、テレシネするためのラボへ発送する。この間一本だけテレシネしていただいた広島県廿日市市にある「サンケイビデオセンター」だ。筑波大学映画研究部OBの田中さん(ネットを通じて知った方)によると、DVまでサポートしているラボはまだ少ないそうだ。私はいいところを見つけたらしい。これもインターネットの検索エンジンで調べた結果だ。現実に役に立ち始めているなネットも、という感じがする。
 同じく午前中に、プリウスに給油する。今回の燃費は、16.1km/l という結果だった。目標18から20なので、女房にもっとがんばって燃費を稼げと言う。なかなか、簡単ではないねという話になった。しかし、思いっきり走り回っても、15km/l だから凄いよね。


次の日へ
@1998/11/27(金)
 今日は、休み。10時まで寝ている。軽るく食事をしてから、書斎でたまっている仕事をいろいろこなす。ホームーページの改訂を手がける。あっという間に、午後6時、食事をして、今この日記を書いている。
 その後、夜遅くなってから、また、UNOを10回戦する。またまた、下の娘の勝利。


次の日へ
@1998/11/26(木)
 職場の飲み会があった。場所は、春日井の瑞穂通りの「***」というふぐ料理屋さん。8人集まる。結構おいしい料理と楽しい時間を過ごすことができた。
 2次会もいいなと思ったが、下の娘の誕生日なので、すぐに帰ることにする。けれど、家についた頃には、もう娘たちも寝る時間になってしまったので、挨拶だけする。
 その後、一人で昨日のビデオ「昔の8mmフィルム」をじっくり見てみる。20歳の頃の女房は、目がクリクリ動くかわいい娘であった。そうそう、そういうところが、良かったのだ。しかし、何だこの頃の表情は。あの当時の愛くるしさは、どこに見つければよいのだ。「きっと、どこかにあるかもしれない。いやあるに違いない。探してみよう。」(公式発言)
 妻ではないが、当時の友人(女の子)の一人の映像もあった。仮にMちゃんと呼ぶことにすると。Mちゃんも、メチャメチャかわいいではないか。思わず、私の頬がゆるむのがわかった。一人で見ていて正解。妻に見られると、「なに〜〜。今の、にやけた顔は・・・」と言われるに決まっている。このシーンは、秘蔵ビデオにして大切にしまっておこう。ところで、現在、Mちゃんはどこでなにしているんだろう。このビデオをダビングしてあげたいな。青春の記念として。
 彼女も、僕より3つ下だから、40歳か。おばさんだな、今では。かく言う、私も、おじさん以外の何者でもないのだが。


次の日へ
@1998/11/25(水)
 下の娘が通っている小学校の育友会(一般名詞としては、PTA)の運営委員会に夜7:15から9:00まで出る。議題結構多し。
 運営委員会には、帰宅途中直接行っていたので、その後帰宅。8mmフィルムをテレシネしたDVテープが届いていた。忙しくて時間がないが、とりあえず見る。
 色は変色し、フィルムの質感が悪のなっているが、まあまあ絵として見られる。昔、若かりし頃の妻や、友人が懐かしい姿でででくる。とりあえず。流して見てみるだけにとどめる。
 そうなんです。試験問題を今日中に完成させなければ。さあ、この日記もここでやめて、仕事、仕事。


次の日へ
@1998/11/24(火)
 ここのところ、やることが色々あって、少し疲れ気味。そのせいか、風邪か鼻炎で鼻の調子がよろしくない。ティッシュペーパーが手放せない。僕の場合は、鼻はかまないで、ティッシュを棒のように丸めて鼻の穴につっこむ方法が好きだ。ティッシュが、水分を吸い取ってしまって、その後、鼻はすっきり。どなたも一度おためしあれ。そう、ちょうど鼻血が出たときの要領です。


次の日へ
@1998/11/23(月)
 上の娘は、試験の真っ最中とかで、ホントに久しぶりの勉強だといって家にいることになった。下の娘と、妻と僕で、大須へWindows95/98で走るゲームを買いに行く。この間、娘と栄電社に見に行って探したが、欲しい物がないそうだ。そこで、今日は大須なら色々ありそうだと言うことで、買いに行くことに。
 グットウイルで、「MYST」と「モナークモナーク」の2本を購入15,000円。その後、L.L.Beanで妻のアウトドア用ジャケットを購入35,000円。それと僕の山用パンツ2100円とL.L.Beanの軍手900円も購入。
 迷彩カラーのL.L.Beanの軍手を探すが店にない。店員に聞いても、知らないし、調べてもらったら、今はここにある物だけだという。しょうがないので、グリーンの軍手で我慢する。「あぁあっ」(ため息の音)
 迷彩カラーのL.L.Beanの軍手は、大変気に入っていた商品だ。冬には手放せないGOODSだ。その大事な軍手の右手の方だけ数日前に失したのだ。そのことで僕の心には、穴が空いていたのだ。実は、名古屋まで行くことにしたのは、この軍手の購入が最大の目的だったのだ。目的も果たせずに、その他の物を色々購入してしまった。まあ、娘と妻は喜んでいるのでいいとしよう。それにしても、軍手の右はどこへ行ったのだ。
 家に帰って、とりあえず「モナークモナーク」をインストールしてみる。娘は、いろいろケチをつけながら、4時間ぐらい遊んでいたようだ。
 夕方5時40分から、同僚の母親の通夜に出かける。道案内の仕事で、道ばたに立っていて、寒さが背中にしみた。



次の日へ
@1998/11/22(日)
 今日は、日曜なのに朝から仕事、午後3時過ぎに帰る。それから、車のタイヤを早々とスタッドレスに換える。いつも通り、ピットイン名岐で交換してもらう、交換するタイヤをいつも預けっぱなしにしている。つまり、年2回その店に行って、僕のキープしてあるタイヤに交換するのだ。だいたい12月すぐから4月までがスタッドレスで、残りがノーマルタイヤというわけだ。
 その店の佐伯さんとは、かれこれ19年のおつきあいだ。ずいぶん時間がたったものだ。


22日へ
@1998/11/21(土)
 今日は、葬儀に出席した。「無情」
 同僚の母親の訃報の連絡はいる。
 季節がかわるときには、いつも寂しいことが起こる。

 いろんな仕事が、だんだん溜まってきた。テキパキこなして、時間を作り出さなくちゃ。大変だ!!


21日へ
@1998/11/20(金)
 大学時代の劇団の私の後輩で、かつ女房の同級生の女性(私にとっては、かわいい後輩)のご主人が亡くなった。
 今日、通夜である。これから、出かける。ご主人は、45歳、若いのに、これから大変だろう。

 お通夜に行って来た。彼女の姿を見たら、やはり悲しくなってしまった。
 後に残る者の為にも、私も健康に気をつけて、少しは長生きをしなくちゃ。
 けど、そんなに長生きしたいわけでもないが。

 帰りに、妻と2人だけで、久しぶりに食事。「富喜寿司」のカウンターで、おいしい寿司を昔のように、つまむ。茶碗蒸しも食べる。この店には、25歳の時からずっと世話になっている。そのころは、「寿司屋で腹一杯食う客はいないよ。」と大将に言われながらも、いつも食べさせてもらって、その上、普通に握ると高くなるからと、僕の寿司だけ「しゃり」を多めにして、そんなにお金を使わないでいいようにしてもらったれりしたものだ。

 あれ、通夜の帰りに生ものは、まずかったかな・・・。でも、食べちゃったんだからもう遅い。



20日へ
@1998/11/19(木)
 きのうに引き続いて、今日も「UNO」7回戦を戦った。また、また、下の娘の勝利だった。
 広島のラボへの発送を今日済ましてしまう。夕方6時過ぎに多治見の郵便局の本局にゆき、窓口で「時間外ですけどいいですか。」というと、「時間外ではありませんから、いいですよ。7時までですから。」との返事。道理で、正面玄関が開いているわけだ。
 けど、いつから、郵便局は7時までが時間内になったのだ。うーむ、サービスは10年前と比べると確実に良くなっている。民営化するぞという脅しが利いているな。学校も民営化だ。
 私の個人の仕事「部屋の模様替えと掃除」は、滞ったままだ。これこそ、圧力もなにもかかってないので、いつまでもずるずると延びてしまっている。今日は作業を少し進めてみることにしよう。さあ、やるぞ、この日記のアップが済んだら。


19日へ
@1998/11/18(水)
 今日も、「UNO」7回戦を戦った。また、下の娘の勝利だった。
 広島のラボで、テレシネ(フィルムからビデオへの変換)をしてくれるところあり。30分で10000円かかる。しかし、他には代え難いので頼むことにする。とりあえず。今度の休みにでも、発送できるように準備しよう。
 部屋の模様替えと片づけだが、なかなか進まない。ゴミを捨てるのがだんだん難しくなる。ポイポイと捨てていた時代が懐かしい。これだけ、古い物がででくると、分別するだけでも結構な時間がかかる。さあ、またやろう。


18日へ
@1998/11/17(火)
 この間から、続いている部屋の模様替え。今日の仕事は、部屋の30%を目標にがんばろう。
 作業の途中で、古い8mmフィルムがでできて、懐かしさのあまり、作業は一時(だいぶ)中断。当然だが、登場する誰もがみんな若いだろうな。20年も前のフィルムだから、懐かしい、見てみることにする。ということで、模様替えは、ほとんど停止状態。
 なななんと、映写機が壊れている。まあ、当然か。前回動かしたのは、いつのことだったのか。うーん、どっかのラボで、ビデオに変換してもらおう。でも、今でもそんなサービスやっているのかな。


17日へ
@1998/11/16(月)
 注文してあった、DVDが届いたという連絡を受けた。それは、「Elic Clapton Unplugged」という、クラプトンが「MTV」で ON AIR したもので、アコーステイック楽器だけの作品だ。やっと、手に入った、(注文からは、1週間だが)注文するまでに、迷いに迷っていたので、欲しいなと思って、1年以上たってしまった。今日、帰りに取りに行って来た。
 ついでに、同じくDVDで「推定無罪」と「THE BODYGUARD」も買ってしまう。僕の「ほしい物リスト1000」の中にいつもランク・インしている品物なので、こういう物は、衝動買いというのだろうか。まあ、突然買ったことに違いはないのだが。
 クラプトンはやはりかっこいい。こういう、おじさんになれるといいな。(無理だと思うけど。思うだけなら、ただ)


16日へ
@1998/11/15(日)
 今日は、日曜日。でも朝から昼過ぎまで仕事。
 帰ってきてから、寝室と、書斎の掃除・模様替え。寝室に2つ目のベッドを、入れるために、4時前に家具屋さんへ、いい物が見つかり、購入。来週の日曜日の午後に配送されてくる。
 淀川先生の特別番組を録画する。先日購入した、DVデッキでDVのフルカセットで録画する。DVのフルカセットは、初めて使う。
 いろいろ感想やら何やらあるが、今日はもう眠いので、日記も終了。おやすみなさい。


15日へ
@1998/11/14(土)
 妻は仕事の整理と研究会で、長女は中学の部活動の練習試合で、2人とも一日いない。
 私は、長女とその友人3人を車に乗せて、多治見市の北の端にある中学まで送り、夕方には迎えにゆく約束をしていたので、その時間は詰まってしまっている。その上、送っていって、帰ってきたら、忘れ物を届けてくれとの電話。また、行くことになる。
 11月の日曜は、8日模擬試験・15日練習試合・22日大会当日と、日程が詰まっているのだ。
 だから、今日は、どっかに遊びに行こうと考えていたのです。そこで、下の娘と一緒に、ドライブに行くことにした。(いやがる。娘を何とか説得してね。)
 行ったところは、瑞浪市にある。市立博物館「地球回廊」と「化石博物館」、そして私立の「鉱物展示館」。鉱物展示館では、またしても、鉱物を金銭収集(収集方法では、一番下等とされる)をする。アメリカ・ユタ州産のオパールとブラジル産の鱗雲母の2点、合計7,300円でした。
 ホントは、自分で地球からもらうのがいいんだが、時間という一番大切な物が、あまりないので、しょうがない。
 その後、栄電社でコンピューターのゲームソフト「Train Simulator」\4500と、「五目並べ」\450を購入。
 夜は、夜で、4人で「UNO」を10回戦、戦う。


14日へ
@1998/11/13(金)
 13日の金曜日がくると、必ず思い出すことがある。
 現在の「歴」では、13日の曜日別出現率(13日が何曜日になるかの割合)のうち、金曜日は一番多い曜日の一つである。従って、13日の金曜日は珍しいというのはおかしい。
 しかし、全体を1年のすべての日にすると、365(366)日のうち、多くても4日ほどだから、そのことを言うなら、珍しいといってもいいかな。


13日へ
@1998/11/12(木)
 このごろ、下の娘(小学校5年生)が、食事が済むと「UNOをやろ。」と言い出す。
 だから、妻と上の娘(中学2年生)と私とで、UNOをやることになる。
 なんか、正月が来たようだ。  まあ、30分から40分で終わるので、私の一人の時間は、そんなに減らないからいい。
 その上、下の娘も「ごきげん」になるし、よしよし。

 話は、全く変わって、淀川長治さんが亡くなった。つい先月も、淀川先生の講演録の本を読んだばかりだ、その中で、先生は「もう来年はないからね。この講演で最後だよ。」という「まくら」から話を始められていた。その日は近いと、そう思っていたが、やはり本当になると悲しい。いろいろな意味ですごい人だった。・・・・・
 朝日新聞によれば、1998年11月11日(木)午後8時7分とのことだ。合掌


12日へ
@1998/11/11(水)
 車を長い距離バックさせようとして、後ろを振り返る。あれ、真後ろが見にくい。
 俺は、バックが得意で、割と長い距離をスイスイ運転できたのに、どうも後ろが見にくい。
 おかしい、体の切れが悪い。
 理由はわかっている。太りすぎで、体がねじりにくい。以前なら、片手をハンドル、もう一方を隣の座席の背もたれに手をかけ、振り向いて後ろを見ながら、バック。
 これは得意だった。・・・・・・うー、どうしよう。ウーム  『決心』
 やせるぞ、今年度中に、86Kgの体重を、6Kg以上やせて、80Kgまで落とそう。
 しかし、この6Kgがきついぞ。でも固い決心で乗り越えよう。



11日へ
@1998/11/10(火)
 モバイルの調子悪い理由が分かる。  僕は、2つのプロバイダーを使っているけれど、そのうちの一つが、携帯やPHSには、対応していないのだった。
 電話は、通じるがデータはやりとりしないらしい。2つのプロバイダーを平均的に割り振って使っていたので、その片方で、電話はかかるが、データは降りてこないということが起こっていたらしい。
 とにかく、原因が分かって良かった。と言っていいのかな・・・


10日へ
@1998/11/9(月)
 このポームページは、自宅にある据え置き型のコンピューターで作成している。もちろん、電話回線は、ISDNである。しかし、いつも仕事で使っているのは、ノートパソコンで、数日前に購入したモバイル・データ・カードで、通信をする予定。
 このカードと携帯のペアが、調子悪い。いつも調子が悪いわけではない。いつ調子が悪いのかというと、職場に持っていくと、つながらない。家で一人でやっているときは、ふつうにつながるくせに、昼間、同僚といるときには、どうもダダをこねるようだ。
 カードモデムのデバイスや、携帯の設定の調整をしようと思う、けど。・・・今日は眠い。「ふぁ−−あっ」(あくび)・・・


9日へ
@1998/11/8(日)
 日曜だけど、模擬試験監督のため出校。
 帰宅は、明るいうちであった。女房の車に、TOTOのハイドロコートをしてあるので、洗車は水だけでいい。というより、洗剤なんかは使用禁止。やっぱ、ハイドロコートは、すごいよ、水をかけて雑巾で車体をつるつるっと、なぞるだけできれいになる。
 ずぼらな奥さんにはぴったり、その上、あまりに簡単にきれいになるので、面白くて、ほとんど僕が洗っている。(2週間に一度くらいだけど)
 という、二重の意味ですばらしい効果がある「ハイドロコート」でした。ホントおすすめ。


8日へ
@1998/11/7(土)
 久しぶりに、コンピーター屋さんに行きました。「メルバ春日井」というお店です。店長には、コンピューターのことを、いつも色々教えていただいています。今日は、いつもそこで働いている、若い(しかし、色々詳しい)店員さんが対応してくれました。
 携帯電話のためのソフトを購入しました。「携帯電伝」と言う名の、携帯電話の中の電話帳を編集するソフトです。新しい携帯のデータをすべて漢字表示に直そうと、電話の小さなボタンを、ブチブチと押しながら、ワープロのように漢字変換を(3日間)していたら。とても、疲れたので、ついつい、ソフト購入ということになりました。
 実は、このソフトが、前の携帯電話に対応していないという情報を知っていたことが、「3日前の突然の携帯購入(機種変更)に至る。」という、一大イベントの呼び水だったのでした。


7日へ
@1998/11/6(金)
 帰りが遅くなり、一人で食事。下の娘が「ウノ」をやろうというので、10回だけやる。そのうち2回だけ私の勝利。今日は、ちょっと疲れた。 


6日へ
@1998/11/5(木)
 「あなたの、携帯だけどうしてそんなに小さいのにしたの、私のもそうして。」
 と、昨日女房に言われ、今日はもう一つ、携帯を小さいのに換えてきました。何でも、2つというのは、出費がかさむものです。
 女房は、着信音が変えられることを知り、一通りプリセットの曲を全部聴いて、「他のがいい」と言いました。そして、プリセットにはない曲「星に願いを」をリクエスト、夜の9時頃から、そのデータ入力をしました。30分程度で完成、もうどんな曲でも入力できるぞ。
ちなみに私の携帯の呼び出し音は、「ブザー@」。基本設定です。基本が一番。


5日へ
@1998/11/4(水)
 昨日、弟が携帯電話を、新しいのに変えたといって、僕に見せた。なななんと・・・。今、私が使っている物の半分以下の重さしかないではないか・・・。いつの間に、こんなに小さく、そして軽くなったのだ、悔しい。(この部分は、昨日の日記かな?)
 しかし、私はすぐに、それを手に入れたのだった。(つまり、DoCoMoに行って買いました。支払いは、来月払いの「借金カード」)うん、軽い、小さい、メモリーも500人分ある。嬉しい。
 その上、それを記念して(自分で勝手に記念しているのだが)、モバイル・データ・カードも購入してしまったのだ。しかし、転送速度は、やはり、「どえりゃー遅い」。まあ、ISDNと比べたらしょうがないか。じゃん、じゃん。


4日へ
@1998/11/3(火)
 町内のお祭りで、御神輿をかつぐ、町内を一回りするだけなのでたいして疲れない。
 昼寝を少々、何となく過ぎた一日だった。


3日へ
@1998/11/2(月)
 放課後、職員室の南で生徒を見ていたら、去年担任した、2年生の女生徒から
「先生あたまボウボウだよ。床屋に行ったら。」
と言われちゃった。そろそろ床屋の時期だなと先週あたりから感じていたので、今日突然行くことにした。以前教えた生徒が、今は床屋になっているので、その店に行く。いつも通りの髪型を頼んで、少し世間話をしている間に、すやすやと眠ってしまった。元来どこでも寝ることができる性格だが、床屋では必ず寝てしまう。心地よい1時間だった。また行こう。
 その足で、なじみの寿司屋にゆく。一人で寿司を食べる。当然カウンターだ。やはり「うまいぃ!・・」。寿司は、カウンターに限る。その後帰宅。


2日へ
@1998/11/1(日)
 今日は、日曜日、朝8時に起床して、ホームページの動作をもっと軽くする工夫を考える。サンプルの絵をもう少し小さくしてみよう。さて、これから作業だ・・・ やり始めたが、小さな絵を少しぐらい小さくしても、効果なしでした。ファイル構成を、元にもどすぞ。それと、一部の画像を地下に移し、本館2階をリニューアルして、画像を4点追加。
 映画「踊る大走査線」を見てきました。期待通りのプロローグ、期待通りのストーリー展開、期待通りの人間模様、そして期待通りの結果・エンディング。見ていて、こんな心地よい映画は、無いね。「平成の水戸黄門」と言っていいような、映画でした。それと、中学・高校ぐらいの、男子生徒が目立ちました。これは、珍しいじゃないかな、「タイタニック」は、女性のリピーターとそれにつきあった男の観客で、あふれてたからね。



TOPに戻る