俳句を楽しむ 

2022,01,13
       


      人生百歳の時代


最近、テレビ・新聞などで「人生百歳の時代」と云う見出しをよく見るが、他人事と

みなして来た。しかし、昨日、そのことを私自身の実生活で実感することとなった。

私の運転免許証の期限は今年の12月なので、その旨の事前通知を受領していた。

現年齢等を考えるとそろそろ返納時期とも考えたが、実家の不動産の整理等のことも

あるため、今回だけは更新することした。

ついては、「認知機能検査」を済ませ、本日、高齢者講習を受講する。

結果は、夜間や高速道路は運転しないつもりなので、特に問題はない模様である。

さて、表題に戻るが、講習の時に隣席の男性に年齢を聞いたら

何と本年95歳とのこと、つまり更新後の免許期限時の年齢は98歳となる。

本日も高齢者の事故に関する判決が出てテレビで盛んに報道されているが、

だからと云って年齢だけで免許更新に線を引くことは出来ないであろうし

そのために「認知機能検査」と云うものがあるのでしょうが、

自分自身のこととして考えてみると複雑な気持ちにならざるを得ません。

自動運転システムの採用とも相俟って、100歳超の運転者が

溢れる時代が来ることになるのでしょうか。

以上


あなたは、   人目のお客様です。