一人ひとり誰もが人として大切にされる社会へ、豊中から!	木村真とともに豊中を変える会	豊中市議会議員(無所属、2期目)
  • 豊中を変える会
  • 木村真プロフィール
  • 5つの視点
  • 催し案内
  • ニュース
  • ブログ
  • TOPページ
  • 木村真とともに豊中を変える会〒560-0023豊中市岡上の町2-5-28-2F	TEL:06-6846-8358	FAX:06-6846-8303

 

 誰もが人間らしく暮らせる世の中を目指して

 こんにちは! 豊中市議会議員の木村真です。議員になって7年半、私は市民の皆さんからの様々な相談を受けてきました。市政上の問題はもちろん、多重債務や性格困窮、親の介護、子育て・保育・教育、マンション建設など開発問題、解雇・パワハラなど職場のトラブル、相続問題、事業の資金繰り、DVや離婚問題…等々、多種多様な問題に、弁護士・税理士・医師など信頼できる専門家の力も借りながら、最善の解決を目指しているのですが、社会の荒廃をつくづく感じます。

お金優先・経済優先でいいのか?
 市場の原理、要は「儲かるか儲からないか」が最優先され、お金を稼げないヒト・お金に換算できないモノ・儲からないコトは、容赦なく切り捨てられています。教育・文化・医療・福祉など、本来は別の価値観に基づいて成り立っているはずの分野にまで市場原理が持ち込まれた結果、人と人との関係性など、人間の営みの豊かさが削ぎ落とされてしまいました。競争を強いられ、孤立と分断にさらされ、格差は拡大し、貧困が蔓延しています。「このままではとんでもないことになってしまう」。多くの人がそう感じているのではないかと思います。

一人ひとり誰もが人として尊重される社会へ

 私はこの豊中の地で、市民からの相談を受け、地域の身近な課題に取り組んできました。議会では、市民生活の基盤である「公」の領域を切り崩す動きに抗してきました。また、食の安全安心や地域福祉に取り組む人たちとの連携を深め、市民グループとともに反戦平和や脱原発、反監視社会などの運動に取り組んできました。地域の身近で具体的な問題に、またより大きな社会問題に、市民の皆さんとともに取り組みながら、孤立と分断を乗り越え、人と人とのつながりを紡ぎ直し、人々が集う拠り所をつくってきました。これからも、誰もが人として尊重され、人間らしく暮らすことのできる社会を目指して、地域での地道な活動を続けていくつもりです。
 市民と市政、市民と運動をつなぐ貴重な沿うん剤
 慣れ合い政治と毅然と闘う木村真さん。市民の相談に本当に誠意をもって応えてくれる木村真さん。職場の人権、反原発、反安倍政権の幅広い市民運動と行動で連帯する木村真さん。すでに2期にわたる市議としての経験と実績を積みました。
豊中では市民と市政を繋ぎ、市民と色んな市民運動を繋ぐ貴重な存在です。これまで以上の支援をよろしくお願いします。

「豊中を変える会」会長 田畑稔
(大阪哲学学校世話人、末広町在住)

 木村真さんに期待しています!
 安倍政権が戦争できる国へと大きく舵を切った今、その暴走を止めることができるかどうか、平和を願う私たちの市民力が問われていると思います。木村さんは市民運動ネットワークのキーステーション的存在。これからも木村さんのお力をいっぱいお借りしなければなりません。ぜひ一層の活躍を!

田中直子(熊野町)


 木村さんとは地域のボランティア活動の場で初めてお会いしました。気さくで親しみやすい好青年でした。それから早十年、当時のままに市民の声を聴き、熱心に活動されています。東日本大震災では、いち早く現地に駆けつけ、私たちにも現地の状況を伝えてくださるなど、今後も市民の立場での活躍を期待しています。

相原柳子(緑丘)


 木村さんとは食に関する問題を、一緒になって長年取り組んでいます。原発問題でも、市民の方も交えて勉強会などを行ってきました。いつも市民目線で物事を考え、行動をする木村さんは、今の政治の世界では希有な存在です。そんな木村さんが、今後も豊中市議会にはぜひとも必要です。

稲原 裕(よつ葉産直センター)




All contents copyright (c) 木村真とともに豊中を変える会 All rights reserved.