Pick UP! 森友問題の追及

  • 2017年2月8日、情報公開を求め国を提訴。森友問題に火が着くきっかけに

  • 国会議員会館で院内集会。野党各党の国会議員が多数出席。

  • 市立文化芸術センターで市民集会。前川喜平氏、寺脇研氏とパネルトーク。

  • 「森友学園問題を考える会」では豊中市内での定例アピールを続けています。

ごあいさつ

市民とともに考え、ともに動く

2007 年4月の初当選から間もなく12 年。私は、「何でも賛成、何でも可決」のなれあい議会の中で、おかしいことはおかしいとはっきり言い切り、非常識な議会ルールの改革を求めてきました。議会の中に閉じこもることなく、市民の皆さんとともに、学校給食の充実、住環境を破壊する乱開発反対、障害者の権利、反戦平和・反基地、脱原発と自然エネルギー推進…等々の運動に取り組んできました。市民相談活動にも力を入れ、多重債務、解雇など職場のトラブル、子どもの学校でのいじめ、医療ミス、相続トラブル、詐欺商法被害…等々、多種多様な問題について、じっくりとお話をうかがい、本人とともに最善の解決を目指してきました。
日々豊中市内を走り回り、気になることが見つかれば調べ、市民の皆さんと情報共有し、話し合い知恵を出し合い、ともに動く、という活動を続けてきました。そこで行きあたったのが「森友問題」です。野田町の国有地が、異様な教育の学園に売却される。どうも怪しい。ちょっと調べるとますます怪しい。これは何か裏があるぞ…。それが全ての始まりでした。市民の皆さんとともに、真相究明・責任追及の活動を続け、政局を揺るがす大問題となっています。 これからも、「市民とともに考え、ともに動く」をモットーに、誰もが人として大切にされる世の中を目指して、全力で頑張る決意です。

「豊中を変える会」会長 ごあいさつ

日々の地道な活動が掘り起こした「森友問題」

 木村さんは森友問題を最初に提起し、訴え続けてきた中心人物。全国でも最も活躍している市議の一人と言ってよいでしょう。が、「浮ついた」ところは全くなく、いつも通り市民の相談にのり、市民の運動に関わり、市民の思いを背負って訴えるべきことは訴える。立派だと思います。
 日本の民主主義に暗雲たれこめるこの頃ですが、市民が草の根から力を合わせ声をあげるときです。木村さんにはこれからもその先頭で頑張ってほしいと思います。

「豊中を変える会」会長 田畑 稔
(哲学者、末広町在住)

連絡先

木村真とともに豊中を変える会

〒560-0023
豊中市岡上の町2-5-28-2F
TEL: 06-6846-8358
FAX: 06-6846-8303
メール:
toyonaka_kimura@yahoo.co.jp
facebook: 木村 真

プロフィール

関連サイト

MENU