マフラー

side  マフラーはノジマの ファサームプロ
 特徴はやはり抜けがよく、高回転寄り。
初めはノーマルの国内仕様に装着したのだがいまいちリミッターによる頭打ちのために 本来の力は出し切れていなかったように思う。
やはり、吸気系のチューニングも必要かと思われた。
 で、そのサウンドは迫力の一言。・・・って言うか うるさすぎ(笑)
でも、なれると病み付きに(爆)
VTR用としては珍しくダウンタイプ(通常の位置)にサイレンサーがくる。
これは振り分けバック(マフラー購入当時)を使用するにあたりアップタイプでは不可能であると判断したため。
で、購入して初めて、まったくサイレンサーを 絞っていないのに気づいた。
ところで、本来はきれいな焼け色がつけてあるのだが過酷な使用(笑)によりすっかり汚くなっている・・・
尚、パニアケースを装着するために本来の位置より2cm程下げてある。
back
crosspoint  集合部分は割合変わっている。これがノジマの特徴である。
他のメーカの集合部分は"Y"字状になっているのが多いように思えるのだが、 それぞれのエキパイが" X"になって完全にクロス(わずかにずれているが)した形になっている。
とは言え、それがどのような特徴を生んでいるのかは知らない・・・(^^;

価格¥168,000円(あくまで定価ですが・・・)
仕様:カーボンサイレンサー、手曲げ42.7φステンレスエキパイ
インナーバッフル付