森の6m QRP AMトランシーバー(FTAM-6)

2001.01.10新規作成 / 2001.09.12更新
ハムフェア2001自作品コンテスト自由部門出品

 ◎ はじめに
 2001年の自作品コンテストは「森の6m QRP AMトランシーバー」を出品しました。概要は以下のとおりです。

(1)ケースに木材を使う。材として選んだのは北海道にも生息しているホオノキ。シールドはケース内部に銅板を貼ることで対処した。
(2)周波数可変トランシーブトランシーバーで50.550〜50.650MHzが運用可能。
(3)電源電圧9〜10V動作。
(4)受信部はIF(10.695MHz) のシングル・スーパー・ヘテロダイン方式。受信周波数は100kHz程度可変も出来るようにして交信の機会を増やすまた、待ち受け受信用にスピーカを鳴らせる。
(5)送信部は終段コレクタ変調で出力100〜200(mW)。
(6)移動運用に使うのに無理のない大きさ。また、単4ニッケル水素電池6本を内蔵し、4,5時間の運用が可能

回路図(2001.05.05現在)
TOPページへ(Back to index)

JR8DAG 菅野 正人(KANNO Masato)

2001.08.06 第2次審査の結果通知が届き、選外となりました。
2001.06.17 作品を主催者宛に送付しました。結果通知は8月上旬の予定です。
2001.06.16 1,3,6,8エリアの6局とQSOができました。
2001.06.03 8エリアの1局とQSOができました。
2001.05.25 第1次審査(書類)の結果通知が届きました。無事に合格しました。
2001.05.12 自作品コンテストの第1次書類を郵送にて提出しました。

クリックすると拡大写真を表示します
【外 観】 大きさ 幅150mm×奥行125mm×高さ55mm