CANON EOS 50D

2010.12.05新規作成

 CANON EOS 50D

 2010年2月、sofmap.comで中古品を約70k円で購入しました。

【購入の動機】
 これまで使用していたEOS 30Dに比べて、ISO感度オート、センサークリーニング、カスタムモードが追加されたこと、特にEOS KISS X2で便利さを感じてしまったISO感度オート、センサークリーニングが購入の大きな動機になりました。また、中古は価格がこなれていることもあり先ほどの動機と価格を天秤に掛けで購入に踏み切りました。

【これまでの使用感】
(1)中古品だが、モードダイヤルに傷があっただけで、外観は良好。また、撮影枚数を調べると、撮影を行っていないらしく、どういう経緯で中古にでたのか気になったが、おかしな挙動は無いので、気にしないのが一番と思った。
(2)モードダイヤルが銀色なのは正直CANONのセンスを疑うが、使っているうちに何とか慣れた感じ。
(3)画素数は1,500万になったが、ファイルサイズが大きくなるだけで恩恵が少ないので、普段は800万画素で撮影。
(4)カスタムポジション1にPモード 1,500万画素を設定。その他は800万画素で撮影。
(5)カスタムポジション2に札幌ドームのサッカー撮影として、ISO感度800絞り優先開放(F2.8)、露出補正-2/3EV,ホワイトバランス太陽光,800万画素モードを設定。
(6)EOS 30Dに比べて高感度のノイズは少ない感じだが、センサーの力ではなく画像処理の力でノイズを抑えているように見えるのが気になるところである。ただ、こだわらなければ問題のない画質と思う。
(7)ISO感度オートとカスタムポジションは確実に撮影するという点で便利な機能である(とくに札幌ドームの撮影で)
(8)ISO感度6400、12800は設定できることに意味はあると思うが、ノイズはそれなりにあるので、その点を承知の上で利用すべきであると思う。
(9)センサークリーニングのおかげでレンズ交換を気にせずに行えるようになったのは大きい。

【総合的な感想】
 画素数はEOS 30Dの800万画素で良かったのですが、EOS 50Dでも800万画素で記録でき画質的にも大きな問題は感じられないので、妥協の範囲内と思っています。購入の動機となったISO感度オート、カスタムモード、センサークリーニングは期待どおりであり、購入したことには満足しています。


【参考リンク】
JR8DAGのメモ書きブログ:CANON EOS 50D(2010.05.12)

デジカメの部屋にもどる

JR8DAG/菅野 正人