CANON EOS Kiss Digtal N

2005.03.12新規作成/2005.05.04更新

 2005年2月18日、CANONからEOS Kiss Digitalの後継機EOS Kiss Digital Nが発表されました。

【予約】
 2月下旬に予約を入れました。ブラックのレンズキットです。

【購入動機】
 KissDのページにちらっと書いていますが、カメラとしての一定の性能を確保した上で、小さくて軽いことが購入の動機です。性能はKissD並で構わないのですが、常に鞄に入れておくことを考えると軽さと小ささは重要です。銀塩ではEOS Kiss(初代)を使っていたので、小さくて軽い一眼レフは待ち望んでいた製品です。

【購入】
 発売日に入荷の連絡があり、3/18に購入となりました。

【追加で購入したもの】
 SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DCを購入しました。TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di IIに比べて若干小さいことと、ズームの回転方向が純正レンズと同じだったことが購入の決め手でした。

【使用感(05.05.04現在)】
(1) 標準ズーム(EF-S 18-55mm F3.5-5.6)装着時は非常に軽く感じる。
(2) SIGMA 18-125mm F3.5-5.6 DCを装着した場合は、思ったほど軽くならない感じ。
(3) 重量よりも小型化の方のメリットが大きい感じがする。
(4) あちこちのサイトで言われていたグリップについては、確かに小さく、多少の違和感がある(慣れるように思うが・・・・)。E-100RSはどうだったかなと思って確認してみると、E-100RSはグリップが大きくしっかりしていた(さすが、当時10万円を超えていただけある)。
(5) ざっと撮影した感じでは、画素数は増えているものの画質傾向はEOS 10D、EOS Kiss Dと同じような感じ。画素数の増加については、現状の筆者の使い方では実感できない。確かに解像度は向上しているかもしれないが、レンズの善し悪しで逆転される程度の差だと思う。
(6) ノイズについては、10D、kissDに比べて特にISO800、ISO1600の高感度領域でさらにノイズが減った感じである。KissDNのISO1600のノイズは10DのISO800に近い感じがする。
(7) シャッター音はEOS 10Dのカシャに近づいたが、ちょっと独特の音である。悪くはないと思う。
(8) 起動は速くなった。電源を入れればいつでも撮影できるという感覚になった。今まで、起動時間が遅いと感じる場面(列車の撮影など)があったので、このあたりの改善はありがたい。
(9) ISO感度の設定がSETボタンを押さないと変更できないのは、10D、KissDから後退した。今まで、煩雑に変更していた部分なので、正直痛い。しかも、ISO感度はモノクロ液晶パネルに表示が出ないので、確認が面倒。
(10) 電池は小さくなり容量も減ったが、撮影枚数が極端に落ちたようには感じない。ただ、サッカーの撮影でEF70-200mm F2.8L IS USMを使ったときは100枚撮影できなかった。電池の保ちに関してはもう少し検証が必要だが、現在までの感触としては予備バッテリは1個は用意しておいた方が無難と感じる。
 → EF70-200mm F2.8L IS USMを使用しても200枚くらいは撮影できる感じです。ただし、予備バッテリはあった方がよいと思います(2005.07.25追記)
(11) 質感についてはKissDより向上しているが、10Dレベルには到達していないように思う。KissDNは必要な機能を備えたコンパクト機と考えるのが無難と思うし、それでよいと思う。
(12) 連写はTrancend 45倍速1GB CFを使うとラージノーマルで20枚を越える連写が可能だった。

【10Dとの比較(05.05.04)】
・画質というか解像度についてはKissDNの方が上かもしれないという程度の違いしか感じられない。
・質感については10Dが上。KissDNはどうしてもオモチャのような感じを受ける。
・ISO感度800,1600のノイズの少なさはKissDNの方が上。
・操作性は10Dの方が上。ISO感度やAF方式の変更などは10Dの方が行いやすい。
・連写については、枚数はKissDの方が明らかに多いが、10Dの9枚が足りないかというと、そう思う場面は少ない。
・10Dの2秒強の起動時間は急な撮影ではもどかしさを感じるが、目的を定めた撮影ではこの起動時間でもさほど問題とはならない。
・10Dの再生めくりは正直言って遅いと思う。KissDNはその点明らかに改善されているのが実感できる。
・シャッター音は10Dの方が静かだし、品も良いと思う。KissDNもKissDに比べて改善されてはいるが、絶対的な音はそれなりに大きいと思う。
・KissDNはほぼ10Dの機能を持ってはいるものの、その機能が使いやすいかというとそういうわけでもなく、質感については10Dに比べてはっきりいって劣っていると言わざるをえない。
・実際にカメラを使っているという実感が得られるのは10Dである。
・普段はKissDNを使用するが、サッカーや旅行などで腰を据えた撮影をする場合は10Dを使うことになりそう。

【総 論】
 大きさ、動作速度には満足です。重量はもう少し軽いとありがたいですが、現状では無い物ねだりかと思います。カメラとしての性能に関してはKissDでもさほど不便はなかったのですが、起動時間の高速化、連写枚数の増加、AFモードが選択可能になったことは、ありがたいことでした。

デジカメの部屋にもどる

JR8DAG/菅野 正人