CANON IXYI DIGITAL 400(2003.08.09)

2003.08.09新規作成
2003.09.02一部修正

 2003年7月、CANONのIXY DIGITAL 400を購入しました。

【購入動機】
(1) PowerShotS45と同じ1/1.8inch 400万画素CCDを搭載し、かつ、3倍ズームでありながら、IXY DIGITAL200a(1/2.7inch200万画素,2倍ズーム)とほぼ同じサイズを実現していることから、常に持ち歩いてスナップ撮影に使えると考え購入しました。

【使用感】
(2) 露出、ホワイトバランスの安定性はPowerShotS45同様に高く、ほとんどフルオートでok。
(3) 空の青さが濃くなったように感じる。現実の空より色は濃い感じもするが見た目の印象は非常に良い。
(4) 絞りが2段階しかないためか、PowerShotS45より画質が少し落ちる感じがする。ただ、メモ的に撮影するなら十分すぎるほどの画質である。
(5) シャッタースピードと絞りが画面上に出ないのは、ちょっと使いづらい。フルオートの安定性が高いのでなくても問題はないのだが、シャッタースピードが出た方が何かと都合が良いので、設定で出せるようになるとありがたい。
(6) 当然ながら軽くて携帯性は抜群。
(7) AFポイントは9点AiAFか中央のどちらかしか選べない。今のところ9点AiAFはほとんど使わず、中央AFを主に使っている。
(8) 液晶モニタが1.5inchとPowerShotS45の1.8inchに比べて小さいが、その点についてはあまり気にならない感じ。
(9) 起動速度や画像の処理速度がそこそこ早く、リズム良く撮影ができる。
(10) 操作に関しては、PowerShotS45と若干違うが、特に迷うようなことはなく説明書はなくともひととおりの操作を覚えることができた。
(11) PowerShotS45に比べると、暗い場所でのAFが合焦しにくい。9点AiAFだと、室内でもピントが合わないこともある。

【総 論】
(11) ポケットに入れておいて、メモ的にどんどん撮影でき、なおかつそこそこの画質が得られる点が、IXY DIGITAL 400のウリであると思います。

デジカメの部屋にもどる

JR8DAG/菅野 正人