ISOとKAIZENの部屋
   
池上生産技術研究所 ISO9001/ISO14001/TS/生産改善 コンサルタント ISOとKAIZENの部屋 TOP
 
Iコンサルテーションのご案内
 
《当社のISOコンサルティングの特徴》

《コース 一覧》

ISO9001/14001:2015改訂版 移行対応コース 
IATF16949 2016版移行、取得支援コース
ISO9001 取得コース
ISO14001取得コース

内部監査員養成コース ISO9001/ISO14001
ISO入門コース ISO9001/ISO14001

KAIZEN コンサルティング(JIT方式、無駄取り、5S 等)

≪コンサル費用の概要
(2018年1月4日より新料金表適用)

*当社のコンサルティングは、全国対応及び海外出張をいたします。
 ご相談ください。
 今までに、長野県、新潟県、群馬県、山梨県、茨城県、神奈川県、東京都、埼玉県、鹿児島県の組織で、また海外では、中国(上海、無錫、蘇州、広東省など)、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、などで指導実績があります。

*上記取得コース、改善、内部監査員講習、講演 等について、お気軽にE-メール、FAX/電話(0265-83-7668)でお問い合わせください。 

 E-メール:seisangijutu☆cpost.plala.or.jp (※スパム対策のため、☆を@に変えて送信してください)


《当社のISOコンサルティングの特徴》
 --ISO9001/ISO14001・IATF16949--
 ---貴社の経営方針・実情に合わせたオンリーワンの、継続的に改善する仕組みを作る---

1. 貴社の経営方針・実情に合わせた、貴社オンリーワンのシステムを構築築します。
   組織の経営方針・実情に合わせた、実行できるシステムを一緒に考えていきます.なぜなら、今まで貴社は貴社のやり方で業界で確固たる地位を築いてきたのですから、ISO取得にあたり、コンサル提供の仕組みに新たに作り変えることはありません.. 重厚壮大なシステムはいりません.サクサク動く実効的なシステムを構築します。貴社の実情に合わせて、相談しながら、貴社オンリーワンの仕組みを作ってゆきます.
2. 審査員と対等に渡り合えるような、しっかりした「貴組織の考え方」が持てるようにします.
 
 最近は審査事情も変わってきて、さすがに「重箱の隅つつき」や「文書がない、記録がない、サインがない」一辺倒の審査員は減ってきたが、今度は「価値ある審査」と称して、コンサルまがいの、「こうしたほうがいいですよ」、「こんなよいことをやっていた会社がありました」、などといろいろ「親切?」に言ってゆく審査員が増えてきた。 これを審査機関の売りにしているところもある。 では、初めて来た会社に対して、そんなに責任を持って、品質や環境などについてのマネージメントを提言できるのであろうか? いわれなき指摘や、審査範囲から外れた審査は断固論破できるように(そうしないと貴社の無駄な仕事が増えるだけです)、ご指導いたします。
3. 継続的改善を支援いたします。
   
ISOを取得しますと、多くの会社は、「取れたことで目的達成と一安心します」が、審査員は必ず「これからがスタートです」といいます。このギャップが、翌年以降の維持審査や更新審査に影響してきます。会社がISOで利益を上げるためには、実は取得後の継続的改善が不可欠ですが、実際にはどうしたらよいか困ってしまうことがままありがちです。 この継続的改善には、固有の技術的裏付けが不可欠です。この固有技術は基本的には貴社がすでにお持ちの分野ですが、(有)池上生産技術研究所では、生産改善、生産革新、CSR等を手がけておりますので、ISOにプラスしてこの分野でもサポートが継続して可能です。 KAIZENで、驚くほど社内在庫が減ったり、リードタイムが短くなったり、キャッシュフローが改善されたり更には、産業廃棄物が減った、揮発溶剤の購入量が減った、電気使用量が下がったなどと、目覚しい活動をされた企業がたくさんあります。ISOをツールとして、さらに貴社が発展するように共に考えてゆきます。
4. CSRを、会社運営の基幹において、マネジメントシステムを構築してゆきます。
  
企業の不祥事は、命取りです。品質や環境、労働安全、順法性、ステークホルダーとの関係など、ばらばらの取り組みでは対応し切れません。 CSR(企業の社会的責任)を、これらのコア(基幹)においた経営を強くお勧めいたします。 マネジメントシステムを導入するに当たり、CSRを意識して取り組みましょう。 CSRのガイドライン、ISO26000は、2010年に「社会的責任に関する手引」として発行された。


《コース 一覧》
NEW ISO9001/14001:2015 改訂移行対応コース
 
2015年9月予定で、ISO9001/ISO14001が大幅に改訂されます。これは、ISOルールによる定期的な見直しと、特に
上位構造(HLS)共通化の仕組みに合わせたもので、規格の構造が変わり、新たな条文も増え、一方簡易表現となったり、削除された項目も見られます。


 今回の改訂対応には、いろいろな対応パターンが考えられます。 各規格ごとに、移行を進めるものが一般的ですが、HLS適用のメリットを生かすために、QMS/EMSをこの機会に統合するのも一つの考えです。


☆ IATF16949の支援コンサルティング
・最近、IATF16949の取得を目指す組織が増えております。 またIATF16949:2016の改訂に当たり当社では、取得を強力にサポートし、経験豊かな複数のコンサルタントで対応します。 
・コンサルティング
は、貴社の状況に合わせまして以下のコースを用意しております。 

コンサル費用例-
IATF16949:2016

例:料金表(2018年5月15日より適用)


※費用は、消費税別料金です。
*上記コースについて、お気軽にE-メール、FAX/電話(0265-83-7668)でお問い合わせください。 
E-メール:seisangijutu☆cpost.plala.or.jp (※スパム対策のため、☆を@に変えて送信してください)

☆内部監査員養成コース ISO9001/ISO14001 *ISO19011:2011対応 / ISO9001/14001:2015版対応
年々、新しく内部監査監査員を任命してゆく必要がどの企業様にも出てくると思いますが、当社では「内部監査員養成コース」を設けております。当社のコースの特色は、1)原則依頼組織様のみの単独開催となります。したがって教材や設問も事前にご要望をお聞きしてオリジナルで作ります。
     2)貴社に出張いたしますので、講習時間を調整することができます、土日や残業での開催も可能です。
     3)1日コース(7時間)と2日コース(12時間)を用意しております。
     4)人数による、リーズナブルな料金設定です。講習の都合上、2名様以上とさせていただきます。

☆ISO入門/専門コース ISO9001/ISO14001 2015年版対応
新入社員に、ISOの基本を教えていただきたい、とか新任の事務局員、品質管理責任者の教育をやっていただきたいというご要望にお応えするコースです。貴社の要望にお応えしますので、完全な貴社のためのオリジナルコースとなります。

☆ISO9001取得コンサルティング  
2015年版対応
ISO9001コンサルティングとしては,
1) 新規取得の一括総合指導(内部監査養成コースを含む)
2) 規格の解説、継続的改善の進め方など依頼企業様に特化したご支援を行います。
3) 内部監査員養成コースをご希望により付属します。
・ISO原文、JIS原文は各組織で用意していただきますが 「構築の手引き」、解説は,当社のオリジナルテキストを使い、サンプルの書式も提供いたします。

☆ISO14001 取得コンサルティング  
2015年版対応
 環境への関心の高まりを反映して,ISO14001の取得が増えてきております。取得に当たっては、環境マネジメントシステムの管理文書等の作成なども大切ですが、文書作成より実際は、リスク分析、環境側面の抽出とか「著しい環境側面」の特定、法的要求事項の把握、緊急事態への対応、監視など実活動のほうが大変です。これらについて豊富な経験と実績を持っております.内部監査員養成コースをご希望により付属します。
 ISO14001はCSRの重要な柱の一つでもありますし、リスクマネジメントの一環としても、しっかりしたポリシーをもって取り組まれますようお薦めいたします.

 
ISO原文、JIS原文は各組織で用意していただきますが, 「構築の手引き」、解説は,当社のオリジナルテキストを使い、サンプルの書式も提供いたします。


☆KAIZEN コンサルティング(JIT方式、無駄取り、5S 等)
[THE KAIZEN]の頁で紹介した改善の実践指導を行っております.
当社では,「無駄」の発見をまず行います。 「動く」と「働く」は違います。毎日,毎年仕事を続けていますと、これが当たり前ということになりますが、一寸違った視点で見ると,現場には無駄にあふれています。
「無駄」が見つかった会社を、「貴社は幸せな会社ですね」と言わせて頂きます。それは,「今まで,営々として築いてこられた社業でも生き延びてきて、素晴らしい成果を収めてこられた」ではないですか。 さらに宝の山がごろごろしている可能性のある会社である」からです。 もう乾ききった「改善が進んでいる会社」がさらに改善を進めるのは並大抵ではありません。 悲観するのでなく,こんなに夢があると希望をもって改善に取り組みましょう。 
日本の「もの作り」一層発展のために共に考え、実践しましょう。
詳しくはお問い合わせください.



コンサル費用例
-ISO9001/ISO14001
当社のコンサルテーションの費用は、基本的には各組織の状況により違いが出ますが、参考として、「製造業、従業員50人程度、1サイトで、特に重大な危険作業や、多量な有害物質や廃棄物などがない」場合の目安を掲示いたします。 具体的には、貴社のご事情を伺ってお見積もりいたしますのでお問い合わせください。
 
 料金(2018年1月4日より適用) 

コース名 概算費用例 内容・条件
1.QMS/EMS:2015規格改訂解説コース(個別規格対応)   各規格ごと(3時間) 4万円  ISO9001/14001改訂版(個別)を解説するコース 
2.QMS/EMS:2015規格改訂移行相談コース(個別規格対応)    各規格ごと(3時間) 解説コースに引続き、2万円   ISO9001/14001改訂版(個別)解説にプラス、移行相談付きコース
3.QMS/EMS:2015統合構築コース        統合標準(10日間標準+予備日2日) 5万円   ISO9001/14001改訂版を解説し、統合運用する仕組みを構築するコース
※予備日、プラス2日を含みます。
4.QMS/EMS標準移行コース(5日間)
 上記標準日程参照ください 
NEW
 各規格ごと(5日間標準+強化指導1日) : 25万円  
内部監査員研修(1日コース)
  *ISO19011:2011対応
   (品質/環境)
 2015年改訂版対応
2名様受講=総額5万円、3名様=総額6万円、4名−8名様=総額7万円、9名以上=総額10万円  7時間コース:基本を理解する。
修了試験合格者に、修了証を授与いたします。
 なお、万が一試験不合格の場合は、1回に限り再試験が受けられます。
内部監査員研修(2日コース)
  *ISO19011:2011対応
   (品質/環境) 2015年改訂版対応
1日コース料金に加えて、2名様受講=総額2万円、3名様=総額2万円、4名様以上=総額3万円をプラスしてください。 12時間コース:QMSに役立つ内部監査の強化する
修了試験合格者に、修了証を授与いたします。
 なお、万が一試験不合格の場合は、1回に限り再試験が受けられます。
ISO入門/専門コース(1日コース) ISO9001/ISO14001   1日 解説コース  5万円  講習内容は基礎習得、テーマ別専門コース等ご相談で決めます。
2015年改訂版対応
ISO9001 取得コンサルティング 98万円より(受審サイトの数や、関連人員数、会社規模により変わります)  内部監査員研修を含みます。 2015年改訂版対応
ISO14001 取得コンサルティング 98万円より(受審サイトの数や、関連人員数、会社規模により変わります)  内部監査員研修を含みます。 2015年改訂版対応
テーマ別指導(スポット) 診断 1日工数:5万円  規格説明会、ISO更新の指導、効率の向上、ギャップ分析等のスポット指導
KAIZEN(生産革新)コンサルティング 1日工数:5万円  
※費用は、消費税別料金です。

*上記コースについて、お気軽にE-メール、FAX/電話(0265-83-7668)でお問い合わせください。 
E-メール:seisangijutu☆cpost.plala.or.jp (※スパム対策のため、☆を@に変えて送信してください)

上記のコースは標準例ですので、コンサル期間・内容等は、貴社のご要望に応じましてお打ち合わせ後、決めさせていただきます。
正式には、貴社のご要望をお聞きしてのお見積りになります。

1)交通費・宿泊費について
 
 *交通費及び宿泊を伴う場合の宿泊費は、原則実費を請求させていただきます。 ご相談があった段階で見積書を出させていただきます。
2)出張講習の場合の講習会場費、受講者の食費、会場使用経費等は料金に含まれません。 また審査にかかる費用は、含まれておりません。
3)オリジナルの規格は、それぞれの組織でご準備ください。
4)全国対応及び海外出張をいたしますが、特に国内遠方および海外出張の場合「移動拘束費」を頂く場合がございます。
 (但し 関東、中部は、移動拘束費はいただきません) ご相談ください。
 今までに、長野県、新潟県、群馬県、山梨県、茨城県、神奈川県、東京都、埼玉県、鹿児島県の組織、また海外では、中国(上海、無錫、蘇州、広東省など)、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、などで指導実績があります。

 

   

ISOとKAIZENの部屋 TOP
   ISO9001:2015      ISO14001:2015    IATF16949  ISO45001-OH&S
KAIZEN(生産改善)   会社案内 

長野県駒ヶ根市赤穂2733   0265-83−7668
All rights reserved by (有)池上生産技術研究所
E-メール:seisangijutu☆cpost.plala.or.jp (※スパム対策のため、☆を@に変えて送信してください)


  コンサルテーションのご案内