ふらふら 日記


■ 4月5日(日) 湯河原幕岩・正面壁 晴れ

 天気が悪かったりスキーをしたりで三週間ぶりの岩場でのクライミングになってしまった。 関根さんと湯河原幕岩の正面壁へ行く。 幕山公園は梅で有名だけど桜もたくさんあって今が見頃だ。 正面壁はいつもは空いているが、クライミングそっちのけで花見をしているクライマーらしきおじさんをはじめとして今日はそれなりに人がいる。 初夏のような天気で暑すぎるほどだ。

 まずは「コナン(5.8+)」を登る。 この前に登った時はプロテクションが残してあった状態で登ったので、今回は自分でフレンズとナッツをセットして正しくレッド・ポイントする。 クラックは、プロテクションを自分でセットしながら登って初めて登ったことになるということを実感する。 降りながら「スパイダー・キッド(5.12a)」にヌンチャクをかけて泥汚れを掃除する。

 次は「ともだちプライス(5.10a)」と「シダアウヌサイ(5.10c)」を登る。 両方ともオンサイトしたけど、久しぶりに外で登るせいか体の動きが悪い。 「ともだちプライス」は、『赤本』では壁の途中で終了になっているけど、元々は「カマクラ」と同じ終了点まで登るルートだと思います。 上部には初登者のものと思われる錆びたRCCボルトが二本打ってあります。 「シダアウヌサイ」はワン・ポイントのルートでした。 上部にもハンガー・ボルトがあるので、全部でボルト三本のルートです。

 いよいよ「スパイダー・キッド」に挑戦する。 二回やったけど全然ダメだ。 この前には登れた所も、今日は登れない。 暑くて手がヌメる気もする。 スキーをして食いまくっていたせいか体が重い。

 「スパイダー・キッド」は今日は諦めて「逃げるロバ(5.9)」を下から通して登る。 途中のテラスの大木でロープが少し擦れたせいか上部でロープがとても重くなってしまった。 やはりテラスで一回くぎった方が良かったようだ。 上部は登られていないようで苔が生えていました。

 最後に「スパイダー・キッド」のヌンチャクを回収するためにトップ・ロープ状態で登る。 トップ・ロープの安心感からか、それとも日が陰ったためか、核心以外のムーブは解決した。 まあ、またやってみましょう。

 薄暗いなかを下山する。 ひさびさのせいか今日はとても疲れた。 「スパイダー・キッド」は、かかりっきりにならない程度にしつこくやりたい。 同じルートばかりをやっていると楽しくなくなるので、オンサイトが狙えるルートも登りたいと思う。


1998年4月6日作成
Copyright 1997-1998 Hirosawa=Makoto