橋本緑走友会 会則・会計
 
ホーム
● 会則

● 会計報告


● 年会費状況

● 山中湖合宿 会計報告












練習場所
レース結果
年間行事
日 程
写真館
会員紹介
メール
掲示板
リンク
会 則 

【会則】

橋本緑走友会の会則改定案


   2019年1月14日に開催された橋本緑走友会の総会において、会の運営方法を
刷新していくことが承認されました。
   運営方法を刷新するに当たり、その元となる会則を見直してみました。現行の会則は、
会の設立時の諸般の事情を反映し、会員数も5名と少なく、現状に合っていません。
   そこで、改定案を作成してみました。現行の会則と対比することで、より分かりやすく
なるものと思います。
  ご意見を頂きたく、よろしくお願いします。

なお、2019年度の組織体制については、総会での信任を得ていませんが、これまでの
経緯から、以下の人事で臨むことにしたいと思います。

会長: 平岡一則  運営統括長: 和木勇喜夫 (名称は改定案参照)

現 行
(緑走友会設立時に制定)
 
 改 定 案
(下線部青字が改定部分)

2 次 改 定 案
(下線部赤字が改定部分)
 <設立趣意>
走ることによって健康になり、酒が旨くなり、そして人生が豊かになる、そういった人達が集う会としたい。
これを実現するため、会員はお互いの立場を尊重し、協力し合うものとする。
会運営に当たっては、会員の負担を軽減することを最優先し、会員はむやみに増やさず趣旨に賛同するランナーに限定し、会主催行事は必要最小限にとどめる。
<設立趣意>
走ることによって健康になり、酒が旨くなり、そして人生が豊かになる、そういった人達が集う会としたい。
これを実現するため、会員はお互いの立場を尊重し、協力し合うものとする。
会運営に当たっては、会を長く存続させるために、会員個人の負担を常に考慮するものとする。
 <目的>
第1条
 走ることによって人生が豊になることを、会員相互の理解と協力で実現する。
 <目的>
第1条
 走ることによって人生が豊になることを、会員相互の理解と協力で実現する。
 <目標>
第2条 定例的に練習を行い、大会参加と合わせて、走力と健康の維持増進を図る。

2 定例的に懇親会を行い、情報交換と歓談によって会員相互の理解と親睦を深める。
 <目標>
第2条 定例的に練習を行い、大会参加と合わせて、走力と健康の維持増進を図る。

2 定例的に懇親会を行い、情報交換と歓談によって会員相互の理解と親睦を深める。
<会員資格>
第3条 次に示す3つの基準を全て満たすことが会員条件である。
一 走ることが好きな人
二 懇親会が好きな人
三 会の運営に平等に参画できる人
<会員資格>
第3条 次に示す3つの基準を全て満たすことが会員条件である。
一 走ることが好きな人
二 懇親会が好きな人
三 
会の運営に参画できる人

2 会費を2年間納めない場合、
     会員資格を失う。
<組織と運営方針>
第4条 会を運営する役員は、1名の会長と3名の副会長をおく。その担務は以下の通りとする。副会長は必要に応じて増減する。
会長:全体統括、懇親会、対外折衝
副会長:練習会、大会参加支援
副会長:会員名簿、広報・連絡
副会長:会計

2 会役員は任期制とし、任期終了時には後任を指名できる。指名された人は断れないものとする(会員資格第三項に準拠)。

3 大会への参加は、駅伝も含め、参加者が主体的に手続きを行う。

4 会の運営および入会審査は、情報を公開して会員全員で協議して決定する。
<組織>
第4条 会に会長と運営統括長を置く。会長は会のとりまとめに努め、運営統括長は会の円滑な運営に努める。
運営統括長は業務量の負担が大きいので、必要に応じて会員の中から運営委員を任命し、特定の運営事項を分担して携わらせることができる。

2 会長と運営統括長の任期は1年とし、総会で選出する。再任は妨げないものとする。


<運営方針>
第5条 年に1回総会を開催し、前年度の活動と会計について報告するとともに、新年度の会長と運営統括長の選出および活動計画を審議する。

2 会の主な運営事項は、@HPの維 持管理(会員名簿、会員への連絡、外部への発信等)、A会計、B駅伝(選手募集、申し込み等)、C懇親会、D各種行事(花見、合宿等)である。運営統括長は、これらの事項をとりまとめるとともに、必要に応じ会員の中から運営委員を任命し、特定の事項について携わらせることができる。運営委員に任命された会員は、これに協力するものとする(会員資格第三項に準拠)。

3 新規駅伝大会への参加、新規行事の開催、新規会員の入会等については、発案者が会長と運営統括長に相談し、練習会・懇親会等で聞き取った会員の意見を元に、会長と運営統括長が採否を決定する。

4 決定事項は速やかにHPに載せ、会員に周知する。


<運営細則>
第6条 運営事項の中でも特に重要な駅伝メンバー選出と合宿については、以下のように定める。

・駅伝メンバーは、参加希望者を募った後、@走力、A会への貢献度、B過去の駅伝参加歴の三点から総合的に判断して、会長、運営統括長、担当運営委員が協議して決定する。特に、不公平感が残らないように留意する。

・合宿については、場所、時期、予算、交通手段、練習内容等について、会長、運営統括長、担当運営委員で協議して決定し、HPで参加者を募る。
会員外の参加希望者がいれば、本協議の場で可否判断する。

第7条 会費は年間1000円とする。その使途は、駅伝エントリー代の補填、会場への送迎用車代、印刷代など、会の運営・行事に直接関係するものに限定する。



  
 【会計報告】
収入金額  支出金額 残 高 内容
19  2 15  1,322   50,322 親睦会残金
19  2 15  1,000   49,000 年会費
19  1 14    5,000 48,000 相模湖駅伝車代
19  1 14  8,500     53,000 相模湖駅伝参加料とCチームの返金
19  1 14 6,000   44,500 19年,年会費(6名分)
19  1  6 3,000   38,500 19年,年会費(3名分)
18 12 16 14,000   35,500 19年,年会費(14名分)
18 11 22    12,000 21,500 相模湖駅伝エントリー料(4チーム分)
18 11 17  10,000     33,500 京王駅伝参加料
18 11 11  126     23,500 反省会残金
18 11 11  8,000     23,374 津久井湖駅伝参加料
18 11 11  1,700   15,374 Tシャツ代(1名分)残りMサイズ1名分
18 11 11  2,000   13,674 年会費(2年分)
18 10 12 3,400          11,674 Tシャツ代(2名分)残りMサイズ2名
18  9 12    8,000 8,274 津久井湖駅伝エントリー料
18  9 10          11,115  16,274 京王駅伝エントリー料(3チーム分)
18  8  5 1,700          27,389 Tシャツ代(M 1名分)
18  3 31  2,000   25,689 年会費(2名分)
18  2 17  2,000   23,689 年会費(2名分)
18  2 11  2,000   21,689 年会費(2名分)
18  1 21  2,000   19,689 年会費(2名分)
18  1  8  627               17,689 反省会残金
18  1  8    8,500 17,062 ストック用 ネーム無 Tシャツ代
(S 1名分 M 3名分 L 1名分)
18  1  8  7,200     25,562 相模湖駅伝参加料
18  1  8  14,000     18,362 年会費(14名分)
18  1  8     5,000 4,362 Tシャツデザインお礼
17 12  8       1,000 9,362 忘年会補助
17 11 27    12,000 10,362 相模湖駅伝エントリー料(4チーム分)
17 11 12  9,800     22,362 津久井湖駅伝参加料 & 反省会残金
17 11 11      798 12,562 ブルーシート
17 10  2    8,000 13,360 津久井湖駅伝エントリー料
17  8  6     7,133 21,360 山中湖合宿補助
17  6  2  1,000   28,493 年会費(松岡)
17  5  7 12,800     27,493 稲城駅伝参加料
17  5  7  1,000   14,693 年会費(西村)
17  4 14    13,440 13,693 稲城駅伝エントリー料(2チーム分)
17  3 20     33   27,133 板橋シティーマラソンの反省会の残金
17  1 15 17,000   27,100 年会費(17名分)
17  1 15   9,000     10,100 相模原駅伝参加料
16 11 22     3,000  1,100 相模湖駅伝エントリー料
16 11 20   3,500    4,100 京王駅伝参加費
15 11 15     9,000    600 相模原駅伝エントリー料
16 11 13   3,500    9,600 津久井湖駅伝参加費
16 10  7     3,500  6,100 津久井湖駅伝エントリー料
16  9  9  1,000    9,600 年会費(丹生谷)
16  8 21  1,000    8,600 年会費(矢島)
16  8 22     3,705  7,600 京王駅伝エントリー料
16  8 21  1,000   11,305 年会費(染谷)
16  8  7 5,000 10,305 山中湖合宿補助
16  5  5  5,500   15,305 稲城駅伝参加料
16  5  5  1,000    9,805 年会費(相原)
16  4 22  1,000    8,805 年会費(平岡)
16  4 12    6,720  7,805 稲城駅伝エントリー料
16  1 17  3,000   14,525 年会費(来田,長澤,野村)
16  1 17   2,000     11,525 相模原駅伝参加料
16  1 11  4,000    9,525 年会費(石塚,奈良田,秋葉,和木)
16  1 11   2,000      5,525 相模湖駅伝参加料
15 12  3     3,000  3,525 相模湖駅伝エントリー料
15 11 23   4,000    6,525 京王駅伝参加費
15 11 13     3,000  2,525 相模原駅伝エントリー料
15 11  8   4,200    5,525 津久井湖駅伝参加費
15  9 18     4,200  1,325 津久井湖駅伝エントリー料
15  9  7     3,705  5,525 京王駅伝エントリー料
15  3 28  1,000    9,230 年会費(野村)
15  2 28  1,230    8,230 年会費(青木),懇親会残金
15  2  1  2,000    7,000 年会費(相原、奈良田)
15  1 23  1,000    5,000 年会費(来田)
15  1 12  4,000    4,000 年会費(平岡,石塚,秋葉,和木)


 【年会費】          

  会員名 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
年会費 年会費 年会費 年会費  年会費
 相原 政彦  ○   ○   ○ 
 石塚 森一
 榎本 光義 ---  ---   ---  18年入会
 恩田 晃 16年入会  
 川口 恭輔 ---  ---   18年入会
 来田 悦一
 染谷 祐介 16年入会
 田代  諒 ---  17年入会     
 長岡 好之 ---  ---  17年入会
 長澤 浩昭 16年入会
 奈良田 優
 西尾 和彦 --- --- ---  18入会
 西村 武宏 --- 17年入会   ○   ○ 
 長谷川浩也 --- --- 17年入会
   H.M ---  ---  ---  18入会   
 彦坂 靖和 --- --- 17年入会
 平岡 一則  ○   ○   ○ 
 松岡 健太 --- 17年入会   ○   ○ 
 矢島 義久 16年入会
 和木勇喜夫
 秋葉 愛  
 新井紗耶香 ---  ---  ---  19年入会 
 大塚 照美 ---  16年入会 
 染谷 若見 --- 17年入会
 長岡 美穂 ---  ---  17年入会
 丹生谷優子 16年入会 
 野村 真紀
 横山 重子 ---  16年入会  
  山崎        



   【山中湖合宿 会計報告】

【収入の部】
 参加費  
  男 性 11,000×7=77,000
       10,000×1=10,000
       (自家用車で参加 1名)
  女 性  10,000×3=30,000
117,000
 合計 117,000
【支出の部】
 「萌季」さんへの支払い   94,140
 一泊2食  8,100×11=89,100
 ビール    590× 8= 4,720
 ジュース    160× 2=   320
 「萌季」さんへ土産代 2,000
 高速を含む車代(5,000×3) 15,000
 反省会飲食費等 5,860
 合計 117,000
   ※ 会員からは焼酎、ワイン、ポカリスエット等  
     萌季さんから 焼酎 の差し入れをいただいたおかげで、
     会からの持ち出しもなく無事会計報告ができました。
     また、参加者は昨年の15名から若干減り13名になりましたが
     若手の増加や猿楽さん、浅野さん、Oさんの参加で練習内容は
     かなりグレイ度アップできました。本当にありがとうございました。
     来年は8月3(土)、4(日)の予定で、「萌季」さんの予約を
     入れました。1年後の事ですがこの二日間のご参加をお願いします。