TOPへ戻る
ハム男のラーメン日記



  2002年12 1月 2月  3月 4月  5月 6月  7月  8月 9月  10月  11月
12月29日

年末の最後の1杯を食べる為、家から近い『百匹目の龍』へ。
1番気に入っている「こがしネギ醤油ラーメン」を注文。
すぐにラーメンが到着。スープはいつも通りなのですが、麺が加水率高めの麺に変わっていました。
レベルアップしています。完成されていると思われるスープですので、後は麺との相性の問題です。これからも楽しみなお店です。
また何度も足を運んでみなければ。

上司のKさんと共に『横綱(東大阪店)』へ。ラーメンとオニギリ1個を注文。
ラーメンが到着。時間が無かったので、すぐに食べねばと思いあまり味わう事無く早く食べる。
でオニギリが到着。まず、一口食べると何と中に1センチ程のビニールの切れ端が入ってました。何故入っていたかは分からないのですが、こんな事もあるのかなと思いました。以前はぬるいスープを出された事があった東大阪店。そんな事は無くなったと思っていたのですが、今度はフイルムとは。
あ、店員さんに文句を言うほど根性が座ってませんので、知っているのは一緒に行った上司のKさんだけです。
でも、またあの濃厚なスープにつられて行ってしまうと思います。
12月18日

金久右衛門』2つが変わった?!

同期のKN、後輩のSG君と私の3人で『金久右衛門』へ。

まず、お店の外装は以前あったカラフルな暖簾は外されて、お店の外装が醤油ビンが立って入れば営業中という形式に変わっていました。

店内に入り、いつもの「濃口細麺」と「ライス」のセットを注文(この日は店長さんがおられました)
しばらくしてラーメンが到着。スープは以前と同じ完成された濃口味。

もう一つ、今回は麺が違いました。少し細めの加水率高めの麺になっていました。
喉ゴシがよくツルツルっと食べられます。

スープとの相性も良く、美味しかったです。また行かねば・・・

12月17日

滋賀県の得意先へ年末の挨拶に行く。近くにある浜大津の『天下ご麺(大津店)』へ。
いっちゃんさんから紹介していただいた「和風げんこつ麺(大盛)」を注文。
かなり濃いです。スープを飲むと言うよりも、食べると言って良い位の濃さ。
かなり(この日はホントにたまたま大阪市朝食抜きでした)お腹が空いていたので、スープを飲み干してお腹を満腹にしようと思ったのですが、3分の2くらいのスープを飲んだ時点でもう食べられないと思いました。
とりあえず、麺だけでも食べておかねばと思い、麺を完食。逃げるようにお店を出てきました。
パッと見た感じは何て事無い量だと思うのですが、食べてみてその濃さに驚かされます。
旨味が強烈に凝縮されたスープ、大津に行かれた際は是非食べてみて下さい!

12月15日 天王寺の得意先へ行く前に腹ごしらえと言う事で、『味冨久 あべの店』へ。
『味富久』は「住之江本店」と「天王寺店」へは行った事があるのですが、「住之江本店」のスープの出来はかなりのレベルです。非常にトンコツの旨みが引き出されていて美味しいです。

この「あべの店」の隣も同じくラーメン屋さん『喜多方ラーメン坂内』という名店。この隣にお店を出すと言う事はそれなりの自信があるということ。
アッサリの『喜多方ラーメン坂内』とコッテリの『味冨久』とでは、客層も違うし良い感じの2件のラーメン店と言えるのではないでしょうか。

店内に入ると、ほぼ満席。
奥にテーブルがあるかもしれないのですが、奥までずっとカウンターが並んでいます。
奥へ行こうとすると座っている背中があたるほど通路は狭いです。
「ラーメン」と「ライス」を注文。待つこと約5分。ラーメンが到着。コッテリトンコツスープの良い匂い。スープを飲んでみるとなかなか濃い味。
スープが強烈すぎてあまり麺の事は気になりませんでした。
ただ、「住江本店」の方がもっと美味しかったと思います。
「住之江本店」天王寺店」「あべの店」・・・後は「阪急東通店」に行ってみなければ。
12月11日

怪人さん、同期のKN、後輩のSG君と、『中来軒』へと行きました。会社からそう遠くないので、気になってはいたお店です。
店内に入ると地元の人と思われる人達でほぼ満席の状態。
お昼のセットはエビチリ、スープ、ライスのセットで650円とあったのですが、あえてラーメン定食を注文。ラーメンとライス(これが多い)漬物、小鉢に入った鰹節のかかった和え物。これだけ入って650円はリーズナブルです。ラーメンの方は、中華料理屋さん特有のラーメンという感じでした。

12月10日

会社の女子社員のMさんがかていの事情で年内で退職する事になりました。で、上司のKさん、女子社員のまとめ役であるOさん、ハム子で、送別会ということで、近場の『百匹目の龍』へと行きました。

KさんとMさんは「こがし塩ラーメン」Oさんは「こがしネギ醤油ラーメン」ハム子は「トマトラーメン」私は「ゆず塩ラーメン」を注文。
若江岩田駅周辺を少しは知っているKさん、OさんMさん『百匹目の龍』のお洒落な内装を見て驚いていた様子でした。
しばらくしてラーメンが到着。「ゆず塩ラーメン」、煮卵が半分入っていたのですがこれもなかなか。スープを最後まで飲み干してしまいました。
Kさん、Oさん、Mさんはラーメンに満足されている様子で何よりでした。

この後、お店でとあるモノにつかう為、写真を撮ることに。あるモノそれは・・・ヒミツです。

12月9日

「豆腐ラーメン」

大阪市西区に行く用事があったので、西区にある以前から気になっていたラーメン屋さん『大豆ラーメン 竜馬亭』でお昼を食べる事にしました。
裏手のパーキングに車を入れて、いざ店内へ。カウンターに座る。両隣に若い男性がラーメンを食べている。何となくラヲーラを感じたのだが、気のせいだったのでしょうか・・・

「大豆ラーメン」と「土佐飯」のセットを注文。しばらくしてラーメンが到着。「大豆ラーメン」とあるのですが、豆腐がラーメンの中に入っています。ラーメンに豆腐???美味しいの???と思っていたのですが、これが妙にマッチしています。スープは少しコッテリの醤油トンコツ魚系。横綱のスープを少しアッサリにして魚系のダシをプラスしたような感じです(ボキャブラリーが少なくてすみません)が、これが何とも美味しいです。これから西区に行く機会が増えそうなので、通ってみたいと思います。

土佐飯は少ししてから到着。ご飯の上に鰹が乗っていて、大豆も入っています。こちらもなかなかの味でした。


怪人さん、同期のKN、SG君と飲み会。1次会を終え、2次会へ。八戸ノ里から歩いて帰る途中『丸十』へ。極太麺の高井田系。醤油が効いていて美味しかったです。ちなみに、怪人さんはラーメン(大)を注文。次の日の朝もお腹が一杯だったそうです。食べて食べて飲んで飲んで飲んで・・・ラーメン(大)恐るべし怪人さんです。ちなみに、帰りは午前2時半でした。

12月8日

仕事で堺市へ。実を言うと、得意先と得意先の間にラーメン劇場があるのです。この日はたまたまその近くにいたのでいざラーメン劇場へ。
知らなかったのですが、ラーメン劇場は11月13日にリニューアルオープンしていました。
入っているお店は

『風来軒』以前のままです。
『壺水天』大阪にあるお店です(未だ行った事はありません)
『つけ麺 平岡』つけ麺がメインのお店。普通の醤油ラーメンもあります。麺の量が大盛・中盛・並と全て同じ価格なのが良いです。
『拉麺帝国』ド豚骨が特徴のようです。
『三厨』旭川の麺とフレンチの技法を組み合わせたラーメンらしいです。
『柳屋』トンコツのダシを効かせたラーメン。スープに納得できなければお店を開けないそうです。

先日、ラーメンツアーに行った後未だ胃が重かったので、アッサリにしようと思い『つけ麺 平岡』へ。加水率高めのストレート麺、酸味と辛味が効いたスープ。そう・・・熊五郎系列のお店の麺・大勝軒のスープを合わせたような感じのラーメン。強い個性を持った麺とスープを無理矢理合わせようとするあまり、お互いの良い部分が欠けてしまっているような気がした。

最近、アルお店でも思ったことだが、スープが強烈に美味しいと思われるA店のスープと麺が強烈に個性を持っているB店があるとする。スープ・麺、それぞれ同じものを持ってきて合わせたとしてもA店B店を越えるラーメンが出来る事はそうあることではない。
麺に合わせたスープ、スープに合わせた麺。それがあってこそ美味しいラーメンが出来るのだと思う。

あ、『つけ麺 平岡』悪くはないです。美味しいのは確かな事です。

ただ今、ラーメン劇場では期間限定第1回ラーメン店主募集(1店限り)というイベントをしています。受付締め切り12月末迄。アレクさん、いかがですか?

12月5日

前日、アレクさん・はたけさんにお泊り頂いて次の日はラーメンツアーに行く事にしていました。

『ほうれんそう』か『イル・マーレ』のどちらかにしようと思っていたのですが、3者会議の結果『イル・マーレ』へ。大通りから1本西側に入った筋の角にお店があるので、分かりにくい。11時半の開店と同時に店内へ。ここは塩ラーメン専門店のようだ。基本メニューは塩ラーメンのみだ。ゴマと青ネギが入ったパイタンスープという言葉が合う様な塩ラーメンだ。もっとスープを飲みたかったのですが、この日は連食の予定だった為我慢して残しました。私は美味しいと思ったのですが、アレク師匠はサッポロ一番塩ラーメンに感じられたらしいです。昔からの関西ライトトンコツの進化系だと思ったのですが。

ラーメン割烹 封』に行ったのですが、夜だけの営業でした。

2軒目は『西宮大勝軒』へ。相変わらず愛想のよくないおばさんだ。アレク師匠とはたけ師匠は「「もりそば」私は「醤油ラーメン」を注文。驚いたことに、アレク師匠とはたけさんは注文してから10秒でラーメンがでてきた。10秒でラーメンが出来るわけが無い。作り置きをされていたのだろう。私の醤油ラーメンは何故か妙に量が少なかった。器の半分くらいだろうか。写真を撮ってみた。すると、おばちゃんは撮られてはいけないものを撮られてしまったというような感じで、しばしこちらを睨みつける様に上から見られていた。しばらく、西宮大勝軒はお預けにしよう。指名手配がかかっているかもしれない。

『花星』は平日は夜のみだが、日曜日は15:00まで空いているという情報の元、行ったのですがお休みでした。


ラーヲタの方々の間で話題になっている『虎一番』へ。開店とほぼ同時に入店しました。「こってり醤油」を注文。しばらくしてラーメンが到着。ラーメンが到着するなりいきなり3人ともデジカメで写真を撮り始めた。怪しい光景だったと思う。店内の写真やメニュー、ラーメンに関する詳しいコメントなどが壁に貼ってありましたが、こちらも撮らせていただきました。ラーメンのレベルはかなり高かったです。店主さんと少しだけお話をする事が出来ました。ココは何度か再訪してみたいお店です。

この日の締めに『麺処楓』へ。「醤油ラーメン」を注文。しばらくしてラーメンが到着。はたけ師匠はここの内装にえらく感動されていました。何故か麺が以前から変わっていたように思ったのですが。流石に4軒目となると、味の感覚が麻痺してきました。また行って確認してみなければなりません。

12月4日 この日の夜は望麺会。100人を越える方々とお会いする事ができました。皆さん、凄い方ばかりでした。ありがとうございました。

1次会を終え、2次会はひろぴ師匠に案内されて「寿あん」へ。ここはリンク先にあるくろくろさんのホームページにて紹介されていますが、かなりのレベルの料理がいただけます。この日も美味しいものをいただきました。また、ゆっくりと行って見たいと思います。

そして、締めのラーメンを食べるべく『花京』へ。「あっさり中華そば」を頂いたのですが、なかなか美味しかったです。
12月3日

上司のKさんと岡山・福山へ出張。午前中の仕事を終え、福山へ。時間もあまり無かったので、インターの近くにある『ラーメン大統領 蔵王店』へ行く事にしました。

このラーメン大統領、以前から気になってはいたお店です。大きな黄色い看板に黄色のネオン・黒文字で『ラーメン大統領』と書かれてあります。
関西で言う『横綱』のイメージとほぼ同じ。店頭にラーメンの写真を拡大した旗のような物を吊っているのですが、これを見る限りでは『横綱』とそう変わりはありません。

店内に入り、ようやく違いがあることがわかりました。横綱のようなファミリーレストラン形式ではなく、「ザ・めしや」のような和を取り入れた食堂という感じです。席数もザ・めしやと同じくらいと思います。上司のKさんは唐揚げセット765円、私はラーメン(大)715円を注文。私のラーメンの量は何てこと無かったのですが、Kさんの唐揚げセットはかなりのボリュームがありました。

ラーメンは少しトンコツを加えた京都風の背油醤油ラーメン。これというパンチがあるわけでも無く、シンプルな味でした。悪くは無いのですが、インパクトに欠けるような気がします。岡山が本拠地らしいのですが、岡山には数々の美味しいラーメン屋さんがあると聞きます。これらのお店に対抗できるとは思えないのですが。チェーン店だけに、辛い所かもしれません。

12月1日

得意先へ行く途中、お昼に上司のKさんと共に『麺屋黒船 藤井寺店』へ。
Kさんは「醤油ラーメン+ライス」私は「味噌ラーメン+煮卵」を注文。店内は冬だというのに、30℃以上あるような感じの暑さ。Kさんと私は上着を脱いで車の中へわざわざなおしに行った。で、カッターシャツになったのだが、それでも暑いので袖をまくって半袖状態。だがそれでも暑い・・・12月、外は10℃前半の気温。どこか空調が悪いのだろうか。

しばらくしてラーメンが到着。味噌ラーメン、最初は少しスープに厚味を感じるが、次第に薄く感じてくる。もやしは美味しかった。
ちなみに、上司のKさんは「醤油ラーメン」に非常に満足された様子でした。ホッとしました。それにしても、暑い・・・とお店を出た後に2人で話していました。
(お店の中でもKさんは店員さんに聞こえるように暑いと言っていたのだが、聞いてもらえたのだろうか)

夜、『大天徳』へハム子と2人で行きました。店内のテーブル席は満席。そして、カウンターへ。
私は「ネギラーメン」ハム子は「うまからラーメン」後、キムチと餃子を注文。
テーブル席では、サラリーマンがスーツ姿で飲みに来ています(この日は私もスーツだったのですが)色んな料理を注文され、厨房内は大忙し。
『大天徳』はラーメンもさることながら、中華料理もかなり美味しい。ビールと中華料理、かなりリッチな組み合わせである。でも、リーズナブルなこともこのお店の特徴。

私の「ネギラーメン」が到着。スープをいただいて、コッテリのいい味がします。ネギ、美味しかったです。焦がしタマネギもなかなかでした。
ハム子の「うまからラーメン」も少し分けてもらったのですが、坦々麺+台湾ラーメン÷ラーメンのような感じの一味違う辛口ラーメン。美味しかったです。

少しですが、ご主人さん・奥さんとお話をする事ができました。奥さんとハム子が色々と話をしている中で、気になったことが・・・「私たちがカウンターに座ってラーメンを食べている姿を見て、一般人では無いと思いました」そんなにラーヲタオーラを放っているのでしょうか・・・