TOPへ戻る
ハム男のラーメン日記



  2003年12  2004年12月  2005年12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月
9月30日  昨晩ですがハム子と一緒に『ちぇり〜亭』へ。ハム子は「たまり醤油ラーメン」そして、私は「メッチャお下品背脂たまり醤油エヴォリューション」を注文。しかも、この日の最後の1杯!やっと食べる事が出来ました。美味しいです!昼ごはんをパン1個にして挑戦。でも、1人で食べるのはきついです。キャベツとモヤシが食べても食べても減らないんですが、その合間に横からスープを飲むと、これがまた美味しい!明らかにダメージを受けるラーメンですが、それでも食べたくなります!こんなラーメン初めてです。それと800円という事でしたが、採算度外視の価格設定だと思います。土日は早々と売り切れてしまうそうです。
この日は先客3組。どの人も見るからに一般人。後、子供づれで来られている人に、店主さん自らが先に小皿とスプーン・フォークを持って行かれました。(先にってのが味噌です)
店主さん、以前見た時よりもかなり割腹が良くなったような気がするのですが。
(らーナビ限定ですが)他称ラーヲタでまだ食べられていない方は是非!  
9月27日  朝早くから岐阜へ出張。パーキングのショップで朝ごはんを購入。そういえば、先日の新聞でパーキングの食堂のレベルを上げるために、新たな制度が導入されるとか。食通の人がパーキングの食堂へ一般人のふりをして、抜き打ちで調査する。でA〜EなどのランクをつけてEランクのお店には改正を要求し、それでも直らない場合は退店してもらうのだとか。昔はいけてないパーキングの食堂も多々あったのです、最近はかなりレベルが上がってきたように思うのですが。今朝寄った黒丸のパーキングなんかでは食券の券売機の横に「店主おすすめラーメン」と、写真が貼られてあった。レベルが上がってもらうには、良いことだと思うんですが。
 
で、お昼のラーメンですが・・・・大垣インターを出たところに『山岡家』なる大箱のお店が出来ていた。そのまま普通に仕事をし、お昼前には瑞穂市へ。以前、PAPUAさんが行かれた『麻麻』に行こうかと思っていたら、途中に大垣インターで見た『山岡家』がまたあるではないですか。
「ちょっと食べとくか」と思い、パーキングに車を止め、店内へ。店内に入った瞬間、かなりの獣臭が鼻をつきます。食券で「つけ麺」を選択。席に座りしばらく待つ。待つ間にトイレに行くと、車で来てる人にはお酒を出さないとの張り紙が。(でも、このお店に来るって車でしか来れない人がほとんどだと思うのですが)
席に戻り、しばらくするとスープが到着。表面には物凄い量の脂の層があります。ラーメンの説明にトンコツ100%って書いてあったんで、トンコツの脂だと思うんですが・・・食べている途中で気分が悪くなってきました。スープ割用に、お茶の急須のような物に入った割りスープが。これで割ってもかなりきついです。麺をようやく完食し、スープをほとんど残してお店を後にしました。
9月26日  東淀川区で仕事。で、『』へ行こうと思っていた。『』へは、数年ぶりとなる。輝が出来て間もない頃に行ってから本当にご無沙汰です。つけ麺があればそれを食べようと思っていたのですが、行ってみると既に終了していた事がわかる。
で、ノーマルのラーメンを単品で注文。スープを飲んでみると、「お〜美味しい〜魚系トンコツ!」これなら行列も納得。昔食べた印象はもっとザラ目があったように思ったのだが、今回食べて思ったのは「何て滑らかなスープなんだ」って思いました。後から大盛にしとけばよかったと後悔。 
9月25日 会社のすぐ近くにPSセンターというのがあり、そこに『PS食堂』という食堂があります。以前は弥生給食という所が経営していたのですが、地雷級の定食ということで、周囲の会社の人達にはすこぶる評判が悪かった。安いのだが、あえて高くて遠い喫茶店やうどん屋さん、定食屋さんに行く人が多かった。しかし、この食堂の経営が村上学園でおなじみ?の村上財閥(ちなみに、先日事件があった東大阪大学もこの系列。校庭のオリに鹿を5匹くらいかっているという珍しい大学)の村上給食へと変わった。
カレーは先日食べたのだが、まぁまぁいける味。これなら!と思い、今回は本日の麺「味噌ラーメン+麺0.5玉増(80円)」を選択。食券を買い、麺類コーナーへ。このコーナーのおばちゃん・・・・2つ以上の事を覚えるのが難しいらしい。
私の食券を渡すと、

@冷凍麺を1玉ザルに入れます。
A器を取ってお湯を入れ、しばらく暖めます。
・・・・後の人のカレーが来ました。
・・・・カレーのルーを乗せます。
・・・・カレーの揚げ物の場所が分からず、周囲をかなり調べ、ようやく皿の上に乗せる事ができ、完成。
B私の残りの0.5玉がザルに追加投入されます。
C2人後、後輩のSG君のラーメンの作業にとりかかります。
・・・・SG君の冷凍麺をザルに入れます。
D器を取って、その時点で私のを置いたままなのを忘れています。
E私の器の中に味噌と化調ダシが投入されます。
・・・・SG君の面を別のザルに投入します。
Fそれから・・・・私の麺がなが〜〜〜〜くザルの中に放置状態だったことに気がつきます。
あわてて麺を取り出しネギ・モヤシ・チャーシューをトッピング。
おばちゃん、全く悪気無く・・・「はい〜〜〜おまたせ〜〜〜」


先に投入された麺も後から投入された麺も伸びきってふにゃふにゃでした。
ちなみに、働いている人は以前の弥生給食の人のまんまです。
調味料・素材が変わっても・・・
ここでの麺類は超危険だと言う事がわかりました。 
9月24日  お昼は忙しく、車内で食べる事が多い。
一昨日の9月22日どうしてもラーメン・・・ということで以前から気になっていた『明星 ちゃるめら 佐野実 赤色バージョン』。コンビニの店内でフタを外してポットでお湯を入れ、お店の外へ。車の中へ持って行き、車内で食べる。道を歩いている人の視線が痛い・・・味は悪くないです。しかし、このカップの大きさは食事としてのラーメンというより、おやつとしてのラーメンの印象は拭えない。視覚的味覚・・・
9月23日  ハム子と難波の高島屋でプチお買い物。お昼に『釜たけうどん』へ行くも長蛇の列で諦める。映画『UDON』の影響がかなりあると思われます。それなら!という事で『浪速麺だらけ』へ。行こうと思うお店は2つに分かれた。私は『刃削麺 萬来』、ハム子は『本家あみだそば』に。
『刃削麺 萬来』はたどたどしい日本語の店員さん達。基本メニューの『麻辣刃削麺』を注文。そう混んでいる事も無いので、5分くらいで出てくる。ラーメンが到着。まず、スープを一口。唐辛子が利いていて辛いがかなり美味しい!色々なダシが入っていますが、何と言われても複雑な味でうまく言葉で表現出来ませんが、とにかく色々な調味料が合わさっていて、美味しいです。
それから、麺ですが讃岐うどんの様な腰とモチモチ感。麺の長さが短いので、喉ごし感には欠けますが、なかなかの味だと思いました。

そして、この日の夜8時半くらいに大日に出来たジャスコへ。駐車場に車を入れるのに、10分くらいかかりましたが、思ったほど混んでなくてラッキー。フードコートのラーメンコーナーを見に行ってみると『丸醤屋』と『亀王』が向かい合わせにお店があるではないですか。お客さんの数はご想像にお任せいたします。(片方のお店は行列・もう片方のお店はお客さんは居ません)
ジャスコから出るのにもそれほど混んでなくて、ラッキー。惣菜コーナーでは半額シールもたくさん貼られていたので、食品のお買い物をするには夜の9時以降が狙い目ではないでしょうか。 
9月20日  明日、オープンの新店ラーメン4店、うどん2店、その他いっぱい

といっても、専門店?ではありません。
イオン大日ショッピングセンターが明日プレオープンしますが、その中の店舗です。
茨木の実家に行ったときにチラシをもらいました。東大阪には入らなかったのに・・・

チラシからの抜粋ですが

ラーメン
『丸醤屋』自家製極細麺・炙り極薄チャーシュー・煮込みメンマ、とことん自家製にこだわりました。ぜひ一度「自家製」を体験してください。
『麓郷』豚骨や野菜を煮込む事8時間以上。深いコクのあるスープは醤油ベースのダシとよくあい、喉ごしの良いストレートの細麺とも絶妙なバランスです。
『博多ラーメンげんこつ』つうか〜
『らーめん亀王』しょうりゃく〜

うどん
『饂飩四国』お昼はコシが強く喉ごしの良い本場の讃岐うどんが味わえ、夜はおちついた雰囲気でお酒と食事が楽しめます。
『古式讃岐うどん温や』製麺から湯がきまでを店内で行うので、一番美味しい状態でうどんをお召し上がりいただけます。シンプルに麺の美味しさが味わえるお店です。

『佐世保バーガーログキット』特大ハンバーガーのお店ですね。

ココには、関西ではジャスコ喜連瓜破店にしかなかったセルフレジも導入されます。セルフレジ、1度は使ってみたいと思っていたので、今度挑戦してみようと思います。
ラーメンは『麓郷』くらいかな〜


今日は・・・兵庫県、新在家にて仕事!『もんど』にいっくぞ〜!と思っていたら、得意先の人に引っ張られ引っ張られ・・・時間が無くなり・・・車の中で食パンかじりながら次の得意先へ移動・・・(;-;)
次こそは! 
9月15日  今日は土佐堀。雑誌に載っていた新店『麺屋 Kitchin 一歩 』へ。無化調をウリにしているお店です。
店内はカウンターのみで、バーを改装した感じ。座席の後ろは人1人がやっと通れるようなスペース。
お昼はサービス定食があります。しかし、レギュラーラーメン単品よりもセットの方が安いのはいかがなものかと。
つけ麺はサービス定食なら750円?。単品のつけ麺なら850円?と、ん??どっちが得だ?と思わず考えてしまいます。
安いのでサービス定食の「つけ麺」を注文。細かく切られた角切りのチャーシューが入っています。それに少し濃い目ですが、あっさり系のトンコツ醤油つけダレ。細く角ばった麺であっさり食べる事が出来ます。
この手のスープには今まで『綿麺』『麺座ぎん』あとほにゃららやふにゃららの様なお店で食べた太めの麺ばっかりだった為、違和感があります。
美味しいのですが、あと一歩いったら・・・と思います。でも、美味しいです。 





今日の日本経済新聞朝刊、43面(三面記事のコーナーです)

酒気帯び黙認で運送会社に罰金
神戸簡裁、店員にも命令

運送会社が長距離トラックの運転手の酒気帯び運転を黙認していた事件で、神戸区検が道交法違反(使用者の義務違反)の罪で運送会社11社と各社の運行管理者11人に神戸簡裁は14日までに、いずれも罰金25万円の略式命令を出した。
運転手が飲酒運転をするのを知りながら生ビールなどを出したとして、京都府福知山市のラーメン店の店員にも神戸簡裁は同日までに、道交法違反(酒気帯び運転)のほう助の罪で罰金12万5千円の略式命令を出した。

飲むのは飲む人の責任!自己管理!という事でいいと思うんですが。
9月13日  お昼に”ジャスト松原”ということで『綿麺』へ。
店内には3人の気合の入っている方と2人の工場の人達。それとカウンターに座っていたちょっと?ラヲーラをまとっている方。そして、私は1人でカウンターへ。迷わず「つけ麺」をオーダー。コッテリつけダレと麺との相性は抜群!店主さん、奥さんと話す間もなく完食。美味しかったです!この「つけ麺」は定番メニューとなるらしいですが、これだけの味が年中食べられるって幸せなことだと思います。塩ラーメンも復活してほしい今日この頃。  
9月12日 最近、あちこちで話題になっている『玉五郎』へ。
超らーめんナビで見たところ、ビーマさんやかめたろうさんも行かれているようです。

店内には料理通と思われる男性の方と女性、それに若い20代前半の人が1人いました。
ラーメンが到着してカメラで「カシャッ」
店員さんをはじめ、全員がこちらを向く・・・ハズカシ・・・

で、ラーメンをいただくことに。
醤油をあまり利かさず、サカナのダシダシダシ!って感じです。表面には油の層があり、熱を逃がさないようにしている為、スープはアツアツ!食べるときは注意が必要ですね。
でも、ダシダシダシ・・・うま〜〜!

店員さんに写真を撮ったので、誤解されるとまずいと思い、ちょっとだけお話をすることに。先日、東京からスーパーなラーヲタの方が来られたとか。ちょっとだけの話しをして、再訪の旨を伝え、すぐお店を出ました。

次は「つけ麺(大)だ!」
9月10日  お昼にハム子と2人で『四神伝』へ行こうと思い、車を走らせる。車を走らせ、コインパーキングを探す。

と、ココが1番近いかなというポイントに車を止める。
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=34%2F44%2F22.419&lon=135%2F35%2F31.431&layer=1&ac=27223&mode=map&size=s&pointer=on&sc=3」(東への一方通行です。向かいにもうひとつ、大きなコインパーキングがあるので、こちらも便利。)
ココから歩いて10分弱。

店内へ。カウンターに座り、店主さんと話をしようかどうか迷ったのですが、お昼の忙しい時間帯。手をとられてはまずいと思い、一般人のフリ(あ、ホントに一般人ですが)をしてテーブル席に。帰りに挨拶をして帰ろうと思いました。

店内の各席には、4人の家族連れの方とちょっとラヲーラを感じる方がおられました。ラヲーラを感じる方はつけ麺を食べた後にご飯を頼まれて、その上に残ったつけ麺のダシをかけられていました。

待っている間に、テーブルにある高菜を小皿に取り、食べましたのですが、コレが美味しい!あまりの美味しさにかなり食べてしまいました(店主さんゴメンなさい)

しばらくして背の高い、メガネをかけた30歳半ばくらいの男性の方とその子供と思れる5歳くらいの男の子が入ってきました。私たちがラーメンを食べている途中、その男性の方がラーメンが到着すると同時にデジカメでラーメンの写真を撮ってられました。只者ではないと思ったりしたのですが。
あの人は誰だろう・・・

で、肝心の私たちのラーメンですが私は「和風しょうゆ味」ハム子は「つけ麺」を注文。「和風しょうゆ味」はダシと醤油、どちらもそれほど強くなく、柔らかい味わい。毎日とまではいかなくても、週に何度か食べても飽きない味だと思いました。
「つけ麺」はつけダレが熱いかと思いきや、キンキンに冷たい。塩味ですが、ミョウガの味が合ってて美味しいです。
また、麺に関してですがこちらの縮れ麺、なかなか美味しいです。

食べている途中、カッターシャツを着た細くて若い男性がカウンターに。何と、ビーマさんではないですか!何やら店主さんとお話をされていましたが、私たちは食べ終わり、テーブル席は満席で次のお客さんが来たときまずいと思い、レジへ。
店主さん、ビーマさんに挨拶をして、会計を済ましお店を出ました。

今までは車で行く際、コインパーキングの場所がわからなかったので、ちょっと躊躇していたんですが、これからは落ち着いて行けそうです。

しかし・・・ビーマさん・・・かなり細い・・・あれだけ食べてるのに・・・・何故に???ウラヤマシイ・・・今日1番の疑問でした。
9月9日  昨日、上司のKさんと一緒に仕事で加西へ。インターを出たすぐの所にあるラーメン屋さんで昼食にしようということになりました。そのラーメン屋さんの名前は『元気の出る汽車ラーメンしゅっぽ』何とも変わった名前だと思いつつも店内へ。お昼はライスが無料との事でしたが、私は「特豚ラーメン」750円、Kさんは「ラーメン」をそれぞれ単品で注文。「特豚ラーメン」はトンコツ醤油味。「特豚ラーメン」は表面に脂の層があり、ラーメンのスープが冷めないようになっています。「ラーメン」は播州ラーメン特有の甘いスープでした。近くに新しいラーメン屋さんが2、3軒出来ていましたが、ここはそれらのラーメン屋さんが出来て、少々苦戦しているようでした。

『佐世保バーガー@大阪第一ビル1階』今日、ハム子と一緒に行ってきました。「佐世保バーガー、レギュラー」860円を注文し、持ち帰って家で食べました。かなり大きくて1個を2人で分けて食べましたが、それとスープで晩御飯終了。860円、高いですが食べ方によっては安いかも。  
9月6日  柴又タンタン麺

福島駅近く、国道沿いにあるお店で以前から気になっていました。
お店の前に行くと、食券の券売機があり他に冷麺やつけ麺もあったのですが、まずはメインメニューということで「柴又タンタン麺」を選択。

店内に入るとカウンターのみ12席ほど。おっちゃんとおばちゃんの2人で営業。
おっちゃんは調理、おばちゃんは出来上がったラーメンを運ぶのと、後片付け。
おっちゃんは超普段着の状態で調理。おばちゃんも普段着。何故かお店の外装が立派なだけに違和感があります。
カウンターに座り、テーブルを触るとちゃんとカウンターをきれいに拭いていないせいでネチャネチャ。で、ラーメンが出来るのを待つ。

ラーメンのスープは白菜と豆板醤がが入っていて、天理スタミナラーメンの化調ほとんど無し、塩バージョンといった感じ。
そう悪くは無いですが、美味い!というレベルではないような。
柴又タンタン麺、関東を中心にどさん子がこの柴又タンタン麺に変わってきているところがあるらしい。どさん子のある店舗、柴又タンタン麺にチェンジした方がいいと思ったりします。
9月1日 昨日は飲み会で午前様。
昨日、お昼は京都市内。スカパラさんに教えていただいた『とんとん来』へ。デフォの「特製ラーメン(並)」を注文。醤油トンコツのまろやかな味。化学の味も感じられましたが、このラーメンには合っていると思いました。美味しかったです。スカパラさんありがとうございました。

今日、仕事中営業車でローソンの前を通ると「映画UDONと松井製麺所の共同開発のうどん」ってノボリがあって気になったので、帰りに近所のローソンで購入、夕食にしました。ダシは塩分が多いがかなりウマイです。しかし、麺がイマチティ〜。改良の余地がありかと思われます。