TOPへ戻る
ハム男のラーメン日記



  2003年12  2004年12月  2005年12月 1月 2月 3月 4月
5月29日   松屋町筋を南下、千日前筋との交差点、南東にあるお店。

大きな提灯があるお店。『生○魂ラーメン』の提灯が。
以前から気になっていました。

上本町にある会社へ行く途中、ちょ〜〜っと寄ってみ(ようと思い)ました。

お店の中に足を踏み入れると途轍もない臭いが・・・

お店の中には段積みになった新聞紙と梅干のビンが。しかし、その臭いはそれらの物から出るのとは全く違う臭い・・・

私と同じ頃に入った人が2人。
その人たちは何かの定食を頼んだようだ。私は180℃曲がりそうな鼻をつまみ、ラーメン定食を注文。

先に入った2人のおっちゃんの(かなり若い)部下が2人・・・お店に入って席に着くと、すぐに立ち上がって・・・・出て行きました。

ラーメンが到着。スープを飲むと、クセはあるものの悪くはない。しかし、そのすぐ後に強烈な臭いが襲ってきて吐き気をもよおす。

私より先に到着した2人組の人たちはラーメンを食べるとすぐさま席を立ち、会計を済ませ店を出る(あれ?定食じゃなかったっけ?)

店内には私1人・・・12時過ぎ・・・

ラーメン、おにぎり2つ、野菜炒め、漬物、果実の切身これだけで800円は普通に考えれば安いよ・・・普通に考えれば・・・・

レジで会計を済ませようとした時、見てはいけない物をみてしまいました・・・・・・・・・・
ズンドウ・・・・っっっっって寸胴だよね。
四角い一斗(18ℓ)缶を使ってスープを作っていました。そのスープを飲んだワ・タ・シ・・・・・

挑戦者も・と・・む・・・・・・・

後日、このお店は閉店していました。
5月28日  ハム子と2人でいざ『弥七』へ。
店内は満席。しばらく外で待つことに。
私は『弥七』以前1度だけ来た事はあるのだが、久しぶりの訪問。以前は「醤油ラーメン」を食べました。順番が来て店内へ。

今日は超らーめんナビの1日15食の限定メニュー。
(注文時に携帯に表示されるチケットを見せなければなりません。)
『韓流つけ面「梅雨のドナタ?」』で1(イチ)さま〜4(ヨン)さままで選べる。お店に入り、つけ麺+1.5玉(増量)の食券を購入。4(ヨン)さまを注文。
店主さんは4さま以上も行けますよ。と、言って貰えたのだが最初はメインの4(ヨン)さまから行かねばと思い「4さまでお願いします(^-^;)」と。

で、ラーメンが到着。見た目のビジュアルはいかにも辛そうだた、食べてみるとそうでもない。丁度いい辛さだと思います。辛いラーメンと言えば、東京の『蒙古タンタン麺中本』は痛辛旨いって感じですが、こちらは優辛旨いって感じです。1.5玉をほぼ完食。
ハム子の塩ラーメンも分けてもらたのですが、これ・・・メチャ旨い!こんなに美味しかったんだ!と驚いてしまいました。

・・・・続けて食券の券売機のほうに・・・
「醤油ラーメン」の食券を購入。
全て食べ終え、お店を後にしました。店主さんから「この後は何処に行かれるんですか?」と聞かれ「もう無理ですよ」と返答しまいました。某エッチなAさんなら可能かと思いますが、目指せスーパーラーヲタ!のプチプチラーヲタの私にはちょっと無理でした。

時間をずらして1時過ぎに入店したのに、閉店の2時近くまでずーっと満席。これだけの味だったらな〜。納得。


あー旨かった!
5月26日 久しぶりにラーメン!(T-T)

ココの所、コンビニでおにぎりを買い、車の中で食べながら移動するという日々の連続。
いつも時間スケジュールを組むのだが、その通りに全く行かないのが営業の常・・・・(T-T)

東淀川区で仕事を済ませ、内環状線を南下。
新店『長浜ラーメン丸長』を発見!しかし、それには目もくれずウマイラーメンを求めて『カドヤ食堂』へ。
コインパーキングに入れようと思うが、満車で入ることが出来ませんでした。車の中を見てみると、2つの車の中で「若い!」漫画を読んでる営業と思われる人がいました。頼むから漫画はどこか他の場所で読んでコインパーキングから出てくれ・・・ようやく車を止めることができ、店内へ。

「つけそば大盛」を注文(特盛にしようと思ったが、午後からの集中力が低下すると思い大盛にする)店内にラヲタらしき人は見当たらない。12時30分。40%弱程のお客さん。これだけの有名店で40%くらい???驚きました。私にとっては1秒でも早くウマイラーメンが食べられるので有難いのだが。

つけそばのつけダレが到着するとレンゲで一口。ウ・・マ・・イ・・・・余韻を楽しんでいると麺が到着。ハシでメンをつかむとつけダレに合いそうな美味しそうなメンが到着。
スープに浸けて食べるととろけそうな味・・・口の中でメ〜ン!!

この後、特盛にしとけばよかったと後悔・・・

明日(のお昼1時半前後かな)は某ヨン様を食べに行く予定。
5月21日  まりお流』にて「鴨つけ麺」。メッチャ旨いです!このテーブル、ラヲーラ凄すぎです!

「とんとろ・うずら卵入り鶏パイタンスープ。」
とんとろを別皿のつけダレに浸けて食べるとウマ〜です!
ビールに合うと思います。というか、食べてる途中ビールがほしくなりました。

奈良の名店、ココにあり!
5月19日  香芝市の得意先へ行く途中、お昼は神座か天一かと思っていたんですが、神座よりも『天一』かな〜なんて思って車を走らせていると「ラーメン」と書かれた旗を発見!

「中華料理屋さんかな〜・・・でもこんな所に中華料理屋さんなんてなかったよな〜」と思いつつ、駐車場に入るとラーメン屋さんではありませんか!本日開店(?)と書かれています。

お店の名前は『鉄馬堂
オープンサービスでラーメンとライスのセットで500円。

店内にお客さんは2〜3人。地元の人ばかりと思われます。
お店の中に(←ココ重要)ハーレーのバイクが飾ってあります。

ラーメンは鶏醤油でスープの表面には鶏の油が膜をはっていて熱を逃がさないようになっています。
スープ、結構美味しいです!
化学調味料の味がしなかったせいか、少し物足りなさを感じるものの美味しかったです。

麺・チェーシュー・メンマこちらは普通に美味しいです。

大通りから少し入った場所、近くに神座・天一・吉野家・うどんの前田(定食が安い!)などが密集した場所にあるなか、奥まったわかりにくい場所。外装を派手にしないとなか人の目につかないと思うのですが。常連客が着くまでにしばらくは苦戦するのではないでしょうか。美味しいのに・・・
5月16日 泉大津、岸和田周辺で営業活動。
お昼に手軽に食べられる『味の時計台 岸和田店』へ。
味噌ラーメンは高い!で、そんなにウマイというれべるでもない。
という事で、中華そば+焼き飯のセット691円を注文。

味噌がメインの『味の時計台』の中華そばだからと思って全く期待していませんでした。
しかし、出てきたラーメンのスープを飲んでみて驚き!
確かに化学調味料は入っていますが、あまり感じられません。

幸楽苑に少し似ているような気もしますが、それよりも濃いです。
まさかこんなラーメンが味の時計台にあるとは。

いっそのこと、デフォをこれに置き換えたほうがお客さんが入るんじゃないかと思いました。 
5月14日 昨日はハム子と2人で雨の中、三重県に潮干狩り。
海について、半ズボンに着替え、カッパを着ていざ海へ!
普通より少し大きなくまでと超特大くまで?と小さなスコップ。
しかし、抜け殻の貝ばかりで普通に中身の入っている貝は見当たらない。掘っても掘っても出てこない・・・・
仕方が無い、少し海へ入っていくか・・・という事でひざあたりまで海水があるところで掘ってみます。でも、掘っても見つからない・・・先のほうを見ると、海の中に何やら転がっている物体を発見。

特大くまでで取ってみる。すると、中身の入ったビックはまぐりではないですか!

この1個を採った後は小さなアサリがほんとたまに海水の中に転がっているくらい。
掘ってもダメでした。
ちなみに、ビックはまぐりの大きさは、つまようじの長さとほぼ同じ。
10年位前に来た時は同じくらいの時間でバケツいっぱい採れたのに今回はほとんど取れませんでした。

帰りに、『自家製麺中華そば なかむら』へ。店内に入るとお客さんはおらず、若い店主さんとその母親らしき方の2人だけ。
他にお客さんはいませんでした。らーナビをチェックしたら、ワンタンメンがお薦めとのこと。
私はそのワンタンメン、ハム子は中華そば(並)を注文。
ワンタンメンが到着。スープを飲んでみると、ほんとの中華そば。ワンタンはかなり美味しいです。しかし、麺が乾麺のような感じでちょっとイマイチ。加水率高めの麺の方が合うのにな〜なんて思いました。

昔のこのお店の情報を帰ってから調べてみると、以前は違ったようです。後、尾道ラーメンって書いてあったんですが、どのあたりが尾道ラーメンなんだろう・・・不思議なラーメンでした。
5月12日 後輩のSG君とともに近所の『横綱@東大阪』へ。

何故かあまりお腹が減っていなかったので、ラーメン(並)のみ。

SG君はラーメン(大)ネギザルを1つ追加してもらい、1人1つづつに。SG君はラーメン(大)をあっという間に完食していました。若いってすごい。

だてに毎日腕立て伏せ200回やってないな・・・と思いました。
5月11日 お昼に泉南付近。
以前に俊宗さんの日記を見て気になっていた『泉善』は定休日。

国道沿いで次の得意先へ行くまでにどこかでお昼にラーメンを食べたいな〜と思っていたら「らーめん」と書かれた小さな看板を発見。
反対車線だったので、次の信号でUターン。駐車場に車を入れる。小さなお店が集まっている場所ですが、ゴーストタウンといった感じの寂れた風景。1番端の店舗にまだ新しい感じのラーメン屋さんがありました。

麺工房』何処かで聞いたことのある名前。そうそう、大阪市内にあるお店だった。確かあそこはライトトンコツのこれといった特徴のあるお店ではなかったような。

お店に入ると、座席とカウンターの両方があり、昔はバー(スナック?)だったのかな〜という感じ。
テーブルの上には食べ放題のキムチが。これは白菜でなく、大根とキャベツ?

メニューは特製ラーメン(醤油ベース)・味噌ラーメン・塩ラーメンの3種類。
で、特製ラーメン680円でお昼のおにぎり2個サービスを注文。醤油ベースでほんの少しトンコツと背油が入っています。
ちょっと美味しいかな〜という感じです。
チャーシューは分厚くて美味しかった!
これで680円、安い!

大阪の麺工房とは関係無さそう。

近くにコレというお店が無い中で、なかなかだと思います。
途切れる事なくお客さんが来ていました。
5月11日  お昼に『馴染味』に行こうと思ったら定休日。
布施駅の南にある最近発見した『味壱』へ。
メニューは細麺・太麺のどちらかを選び、スープは基本的に1種類。

並(1玉)450円
大盛(1.5玉)550円
特盛(2玉)650円

どれも安い!

それ以外にセットメニューが2つ。餃子セットと唐揚げセット、両方700円。

ギョーザセットを注文。
太麺なので、湯で時間が少し長いですが特に気になりませんでした。

しばらくしてラーメンが到着。見た目は高井田系のように濃口醤油ではなく、普通の中華そばのようなスープ。一口飲んでみると、化学調味料の味は少しきついものの、鶏の旨みが出ていてアタリ!と思いました。
麺は高井田系の極太麺。これはこれで美味しいです。

続いて餃子が到着。普通に7個入っています・・・
そして、ご飯・・・・・・・大き目の茶碗に山盛り!
これで700円。食べ終わった後にラーメン大盛だけでよかったと思いました。

駅からも幹線道路からも少し離れた中途半端な場所にあるこのお店。何処からとも無くお客さんが集まり店内は満席。しかも、そのほとんどが常連客と思われます。
いいお店です。
5月6日 まりお流』の店長さんに掲示板の迷惑書き込みを防止する方法を教えてもらい、友人のそうまかなえ氏に来てもらいプログラムを修正してもらました。バッチリです。
でも、イタズラカキコはやめてくださいね。

今日は仕事。お昼に『金久右衛門』に同期のKNと行く。いつもは満員なのにお客さんは1人しか入っていない。

こんな事があるんですね。大型連休、何処の会社も休みってことか・・・
濃口醤油太麺を食べる。いつもの麺から変わってました。
今までに食べた事の無いような食感の麺です。

太くて硬い平麺。伸びにくいですが、スープをひろわないのでどうかな〜と思ってしまいました。
しかし、スープは美味しい!タカの爪を少し入れてスープを飲むと、かなり辛くて20分くらい口を閉じる事が出来ませんでした(^-^;)
5月2日  萬福』 俊宗さんのひとりごとを見て気になっていました。ラーメンと焼き飯(小)のセットで850円。

普通かな?と思い、注文してしばらく待つと、山盛りの青ネギとその下には大盛モヤシが入っています。

チャーシューも多くて見た目のボリューム満点!モヤシはちゃんと根の部分が取られていて、おいしいです。

普段はラーメンにモヤシは邪道?なんて思っていたんですが、ココのモヤシは全然そんなこと無く、ラーメンの一部としてちゃんと形になっているって思いました。

萬福』大満足です。

余談ですがこの日、上司のKさんはお昼の1時過ぎに『きんせい 』に行ったそうです。
5月1日 高倉二条』 あちこちで話題になっているので、1度は行って見なければと思い、訪問。

鰹カツオかつおでした。ラーメン1杯700円は高くないかい?と思ったり。

たまごかけごはん300円だと、ラーメンとたまごかけごはんで1000円。

怪人さんも一緒に行ったんですが、値段・量の件で納得いかなかった様子。スープはおいしいのですが。