TOPへ戻る
ハム男のラーメン日記



  2003年12  2004年12月  2005年12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
12月21日  上司のKさんと一緒に年末の挨拶まわり。
仕事で和歌山市内から橋本市内へ行く途中、打田町の得意先の手前でお昼ご飯。
で、打田町にある気になっていた『うらしま』にようやく行くことが出来ました。
以前から、このお店の前は何十回と通ってますが、ここにラーメンのお店があるとは知りませんでした。
というか、普通こんなところ分かりません。お店に来ている人はほとんどが地元の人ばかり。
カブに乗ったおばちゃんがお昼に食べに来ているあたり、かなり地元の人には有名だと思います。
店内に入り、メニューをチェック。「ラーメン500円」「ラーメン・ダブル650円」「めし」これだけです。
「ラーメン・ダブル」を注文。しばらく待っていると、お茶の入ったペットボトルと空のコップを2つもらいました(これって、すごい)
店主の人はおそらく2代目の人だろうか。かなり若い(おそらく20代半ばか前半くらい)ですが、平ざるをきっちり使われてました。
ラーメンが到着。麺を持ち上げてみると、やはりダブル。2玉・・・結構多い!ストレートの中太麺でいかにも「和歌山ラーメン」って感じです。
スープは和歌山独特の醤油トンコツで、思ったより油分が少ない。しかし、それでも旨みは十分。
昔ながらの美味しい和歌山ラーメンごちそうさまでした。


さてと・・・これから年賀状を書きます。  
12月20日  怪人さんと2人で仕事。お昼2時の遅めの昼食。日本橋に新しく出来た『玉五郎@日本橋店』へ。
お店はカウンターとテーブルがありますが、露店の様な作りとなっており、店内にも外からの風が吹き付けてきます。
2人ともラーメン+ご飯を注文。ここは『黒門ラーメン』と同じく商品が到着すると同時にお金を支払わなければなりません。
(代金引換です)
スープの表面にはかなり厚い脂の層があり、スープが冷めにくくなってます。
スープを飲んでみると、魚・魚・魚って味がしてなかなか美味しいです。
でも、やっぱここはつけ麺がいいかな〜。  
12月18日  神戸地区に年末の挨拶。数多い小口の得意先を回る。
お昼の12時半に隣のコインパーキングに車を止め、初めて行く『もっこす@高速長田店』へ。
店内は半分ほどのお客さん。メニューもよく分からなかったのでとりあず「中華そば」と注文。
すると、店員さんから「大盛ですか?」と聞かれ、「じゃ、それでお願いします」返答。
今まで『もっこす』のチェーン店は本店しか行った事がありません。
しばらくすると『中華そば』が到着。
スープを飲むと・・・・ダシが・・・醤油の味はちょっとだけ・・・トンコツの味は・・・
ダシが・・・・背油だけは・・・
麺はここのレギュラーのストレート中太麺。大盛を頼んで後悔・・・

しばらくすると、お店の外で「駐禁か〜」との声が。すると、お店の中の約半数の人がいきなり
立ち、ラーメンをそのままにした状態で外へ走って行きました。
食べかけのラーメンの器が5つくらい・・・と変な状況に。
隣のコインパーキングへ車を止め、 5分くらい後に帰ってくる人達・・・
伸びてスープの冷めたラーメンを再び食べ始める人達・・・、
これまた、まずいだろうに・・・
教訓・・・市内は何処でもお昼時はコインパーキングに入れよう!
12月17日  ハム子と2人で『九州最強努豚骨 一撃亭』に行きました。
自動食券販売機で食券を購入。
私は「一撃ラーメン」ハム子は「二八ラーメン」を選択。

しばらく待つと2人分のラーメンが一緒に到着しました。
「一撃ラーメン」はかなりトンコツの旨みが出ていて美味しいです!
こんなトンコツラーメンを味わえるお店が針中野にあったのか!と思いました。
ハシダ・メンさんが「早く行ってくださいよ!美味しいんですから!」と言っていた事が
ようやくわかりました。
後でハム子の「二八ラーメン」(トンコツ+トリ)を分けてもらいましたが、最初に「一撃ラーメン」(トンコツのみ)
を食べたので、味があまり分かりませんでした。
トンコツの苦手なハム子曰く「これ、美味しいよ」との事。女性にはこちらの方がいいのかも。




ラーメンを食べ終わった後に駒川商店街を探索。
薬局で『杜仲茶』を購入。
すると、店員さんから「どうしてこんな物、飲むんですか?」と聞かれ
「ちょっとダイエットに(^-^;)と思って」と言うと
「どうしてそんなに細いのにダイエットする必要があるんですか?」と聞かれ
「これでもアレなんですよ」と返答。
という事で、数日後スポーツジムに入会してきました。
でも、翌日から風邪でまだジムに行けてません(;-;)
商店街をしばらく歩き、偶然見つけた駒川商店街名物?の「ポテサラコロッケ」を購入。
そして、「ビス」というスーパーでちょっと買い物。2000円買うと抽選券がもらえて
一等が「年末ジャンボ宝くじ」これをもらう為にお菓子なんかを購入。
で、当たったのは「30円割引券」。これでまたお菓子を買いました(^-^;)
12月14日  お昼に堺のお客さん所に行く予定があったのですが、途中1度は食べておかねばという『天天ノ有』へ。
お店に入り「ラーメン」と言ってから後で後悔。周りの人の器を見て分かったんですが、このお店の「ラーメン」は(並500円)と(大盛550円)があり、(並)は普通のラーメンの小盛くらいの量。あわてておにぎりを1個追加注文。
ラーメンは結構早く到着。スープを飲んでみると「ウマイ!」こんな美味しいお店がこんなとこにあったのか!って思いました。今まで雑誌なんかでほとんど出なかったんですが、このレベルなら十二分に登場してもいいんじゃないかと思いました。
次は(大盛)食べよう。
12月10日 日曜日のお昼、以前から気になっていた『丸亀製麺@大東店』へ。お昼の2時頃ですが、行列が店内を含めると20人くらい。日曜日のお昼にセルフうどんでの行列ってなかなか無い事だと思います。

お店に入り私は「おろし醤油うどん」ハム子は「かけうどん」それとチクワの天ぷらを1個。これで2人で860円。安い!会計を済ませると、カウンターに置いてある、ネギとショウガが入れ放題です。ネギを山盛りにし、席へ移動。

壁に書いてある言葉が目に付きました。
「北海道産小麦粉を100%使用。讃岐うどんの美味しさを」
・・・・何か変な感じです

うどんはモチモチ感のある麺で結構美味しいです。
後、テーブルにあるだし醤油をかけて食べるんですが、これもなかなか。

私の中でのセルフうどん屋さんランキング
『丸亀製麺』>『麦まる』>『はなまる』>『めんむす』>>>>>岐阜地方にあるセルフうどん屋さん(←ココ、orzです)





その日の夜、いつもお歳暮で使っている山形の『清川屋』ってお店のパンフレットを見ていると「三元豚ラーメン」ってのがあるではないですか。これは自分でも買って食べてみねばという事で、自分の家にお歳暮!

麺・スープともに冷凍で到着。スープは透明のスタンドパック(業界用語ですみません)に入っています。これを解凍し、熱してから器に入れます。スープの量は多くて、大き目の器を使ったのですが、それでも入りきらず別の器に取らなければならない位の量があります。
麺ですが、これもまた多い!これを解凍すると300グラムくらいの量に増えます。

で、食べてみたんですが、麺・スープともにバランスが良く、あっさりですが、きっちりダシが取れていて美味しかったです!宅配なのになかなかやるな!と思いました。
12月9日  年末にかけて出荷が増えるので、在庫量を増やそうという事が社内打ち合わせで決まりました。それに伴い、出荷担当の人の作業の手間がかかるので、パレットを購入してほしいという依頼があり、後輩のSG君と一緒にパレット屋さんを下見に行くついでに『来来亭@御厨店』へ。
待ち人数は4組の10人。しばらく待って店内へ。
テーブルに携帯電話で見れるイーバリューラーメンなるグルメ情報の紹介があったので、ちょっとカメラで撮ってみました。これからのサイトみたいですね。
私は限定メニューとして「感激ラーメン」が出てたので、迷わずこれを選択。
SG君は前日、得意先との忘年会でダウンしていた事もあり、「ワンタンメン」にしていた。
「感激ラーメン」とはいわゆる坦々麺なんですが、背油とラー油・唐辛子+フライガーリックがこんなにも合うんだな〜と思いました。当然、化学の力も感じる事は出来ましたが、一般受けする味だと思います。
その次の日、おしり痛かったのは内緒です。



その夜、実家の両親と一緒に千里中央の『一之助』向かいにある『がんこ』で夕食。
満席だったので、時間つぶしに「がんこ」のお歳暮セットを見てみる。
麺類のコーナーがあったので、見てみるとそうめんの「揖保の糸」ラーメン版が出ているではないですか!
そうめんと言えば、三輪そうめんよりも揖保の糸派の私にとっては、ちょっと気になる一品です。
12月7日  旭区にあるお客さんの所へ行く途中、お昼を!という事で、『じゃんじゃこ家』にしようと思ったが、『じゃんじゃこ家』だと、お客さん所のすぐ近くなので、鉢合せしてもまずいと思い、それまでにあった『大阪王将 毛馬店』へ。かなり昔ながらの造りのお店です。

ラーメン+半チャーハンのセットで680円

安い!コレに迷わず決めました。10分弱で到着。ラーメンはスープの表面に油がはっていて、見た目は美味しそう。スープを飲んでみると、明らかに以前の王将のスープとは違うような気がしました。
麺に関してですが、クタクタな感じの麺で、どんどん水分を吸って伸びていくのではないかという麺。これは改良した方がいいかも。

半チャーハンは流石、中華食堂、ラードの油を使ってコテコテ感を出しながらも、ぱらっと仕上がってます。

結論、680円は安い! 
そう思った1杯でした。  
12月3日  望麺会の翌日、はたけ師匠とともにアレクさんと合流する為に京都市内へ。
流石は元京都在住のはたけ師匠、名神高速の京都南ICから京都市内へ行くのに第2出口を利用してからの裏道?を利用し、京都市内へ。 アレク師匠のお薦め店を案内してもらう事に。


1軒目は『向日葵 』。塩ラーメン専門店です。
開店と同時に入店。店内に入り、4人ともラーメンを単品で注文。
ラーメンが到着し、スープを飲んでみると、カドが無く本当に優しい味。ちょっと二日酔で、塩分濃度が不足している体に染みる味でした。美味しかったです。



『Parade』がお昼は休みだったので、急遽違うお店にする事に。
で、以前からホームページで閉店のウワサが流れていた『おいけラーメンさまた』へ。アレクさん曰く、なかなかの味らしいので、期待が高まる!
お店に入ると屋台をそのまま店内に入れたような造り。奥にテーブルが2つあり、私たちはそこに案内してもらいました。
アレク師匠はラーメン(小)はたけ師匠はラーメン(並)(並)・・・・そして私とハム子は2人で1杯のラーメン(並)を注文。4人で3杯のラーメン。しばらくして、店員さんは別の取り皿を持ってきてくれました。有難い限りです(洗ってもらうのが気の毒で、結局使えませんでしたが)
ラーメンが到着しました。2人で1杯のラーメンを食べるときはハム子は猫舌なので、私が先に食べます。2/3くらいを食べた時点でハム子にバトンタッチ。でまた最後に残りをもらうという感じです。
で、肝心の感想は・・・美味しいです!ライトトンコツですが、きっちりとダシが取れたスープに醤油ダレが入ってなかなかのものです。今回はタレが少しきついような気がしましたが、それでもなかなか。
帰る時には結構お客さんが入ってました。地元の常連さんを付けたみたいですね。今後も頑張って営業を続けてほしいと思いました。


そして、3軒目の二郎系のお店『ラーメン荘夢を語れ 』へ。
並んでいる時にパーマンさんが来られました。『亜喜英』を食べられた後だそうで、結構きついかと思われ、違うお店に向かわれました。後で思ったんですが、正解だと思いました。
2人でラーメン(小)オール並(ニンニク入)を注文。
(野菜増・脂増などのオプションが出来ます)
その間に、アレクさんの所に野菜が超山盛になったラーメンが運ばれてきました。アレクさんの周囲の人の視線は器に向けられます。(野菜増・脂増を頼まれたそうです)
はたけ師匠の所にもラーメン(並)が運ばれてきました。(ここまで、はたけ師匠はオール(並)はたけ師匠も凄い!)
そして、私たちの所にまず最初に取り皿が先に運ばれてきました。この気遣い、本当に有難いです。そして、ラーメンが到着。
凄いボリュームです!圧巻といった方がいいでしょう。これで(小)です。しかも550円!安い・旨い・超多い・・・凄いラーメンでした。立地的にもこりゃ流行るの間違いないかな・・・
アレク師匠に教えてもらったんですが、器のコメントは全部違うとか。あと、年末年始の営業日が自販機に貼ってあったので撮りました。
次は(並)に挑戦してみようかな〜
12月1日 八尾駅南側の南側にちょっと用事があったので、仕事を早めに切り上げ車で出動。

用事を終わらせた後午後8時半。

新店『柊@八尾西武 』なら午後10時まで大丈夫!
西武百貨店のエレベーターで最上階の8階へ。平日のこの時間、百貨店の食堂街は空いています。

フロアにほとんど人が居ません。各店舗1〜2組くらいのお客さんです。『柊』もお客さんは2組。お客さんがゼロの店舗もあったので、まだ当たりだとは思います。

店内に入り、私はメインの「豚骨醤油」ハム子は「醤油」、そして餃子と唐揚げ(ハーフ)も一緒に注文。しばらくして2種類のラーメンが一緒に運ばれてきました。私の「豚骨醤油」はマー油とタマネギの甘さがうまい具合に混ざり合って美味しいです。コッテリしすぎず、あっさり物足りなくもない。丁度中間層の感じです。「醤油」はあっさりですが、かなり深い味わいだと思います。ダシ・タレのどちらも強すぎず、それでいて奥の深い味。完スペしても体に負担のかからない優しい味だと思います。

後、餃子がかなり美味しかったです。これでビール飲んだら美味しいだろうな〜って思いました。