TOPへ戻る
ハム男のラーメン日記



  2003年12  2004年12月  2005年12月
1月23日

4人で行ってラーメンを持ってきた店員さんにネギのザルをもう追加注文しようと思って、店員さんを呼び止めると何も言っていないのに「ネギをおかわりですね!」と・・・本当なら3つネギザルを追加しようと思ったんですが、気が引けてしまい、2つと言ってしまった小心者でした・・・
横綱 東大阪店』で常連扱いされてます・・・

1月18日 1時過ぎに高槻にある新規開拓店へ行く前にお昼。『きんせい』に行きました。
本当は上司Kさんと12時過ぎに待ち合わせの予定だったんですが、上司Kさんが前の会社で時間を取られたとのメールが・・・
仕方なく1人で店内へ。
極みの醤油大盛(1.5玉)を注文。特盛り(2玉)にしようか迷ったんですが、無難に大盛にしました。
あっという間に完食。特盛りにすればよかったと後悔・・・
お店のそとに出ると上司を発見。
おそらくラーメン定食を注文したと思われます。
会社に帰り、仕事をほぼ済ませて夕方「あそこ、また行くわ・・・」
営業部長怪人さん、上司Kさん2人とも常連さんになってしまいそうな感じ。2人は鉢合わせした場面を想像してしまいました。こわ〜
1月15日

お店に入ると1組目「美味しかった〜。また来ますね」
次に会計を済ませようとレジに来たお客さんは「凄く美味しかったです」
次のお客さんは「年始からずっと開店するのを待ってました」

そのお店は『麺屋風火』先週行って、振られてハム子と再訪問。私は「とんこつらーめん」ハム子は「醤油ラーメン」

麺の種類は
トンコツラーメン 細麺・中太ちぢれ麺 のいずれか
醤油ラーメン   平打ち中太麺・ストレート麺 から選べます。
私は「トンコツラーメン+中太ちぢれ麺」
ハム子は「醤油ラーメン+平打ち中太麺」を注文。

ラーメンを待っている間にも他の客席から「このラーメン美味いよ」という声が・・・そんなに美味しいの?と期待とホントにそんなに美味しいのかな〜という両方の気持ちがあった。

待つ事数分。ラーメンが到着。「とんこつラーメン」のスープを飲むと、かなり濃厚なスープでしかもダシもキッチリと効いている。うま〜〜〜!
ハム子の「醤油ラーメン」も分けてもらいましたが、こちらもなかなか。
トンコツラーメンの方がレベルは高いです。

1月13日 昨日、上司とともに新年の挨拶まわり最終日。
この日は遠方ばかりをまわるということで
滋賀県へ。3年ほど前からお付き合いして
いる大津市南部の会社に午後一訪問予定。
瀬田西インターを南下し、得意先へ行く
途中で『ととち丸』へ2度目の訪問。
2人とも焼き飯セット(塩ラーメン+焼き飯+餃子)
を注文。
先に塩ラーメンが到着。スープを飲むと
やはりうまい!
焼き飯が到着。量が多い!そして、餃子・・・
お腹がいっぱいになりました。
1月8日  昨日はちょっと用事があった為、1日動きが取れませんでした。で、今日こそは滋賀県にある『麺屋風火』に行かねばと思い、ハム子と2人で滋賀県へ。

いっちゃんさんがご一緒してもらえそうなので、予め連絡。で、待ち合わせの時間よりも少し早くお店の前に到着。すると・・・11日までお休ませていただきます・・・今年初フラレ・・・やられました。

で、いっちゃんさんに「今日は風火休みですよ」と連絡。すると「折角滋賀まで来たんだからという事で『ととち丸』へ」ということで、場所を変更。京滋バイパス終点から少し行った所にある180円ラーメンとアミューズメント施設のある駐車場にて待ち合わせして『ととち丸』へ。

この近辺は仕事上で月に1度は来る場所。大体の地理は分かるのですが、いつも通る道から脇道へ入り住宅街へ。ズンズン先へ進んで行き、何処まで行くのかと思ったら、民家の前で停車。何処にお店が??と思って左側を見るとラーメンと書かれた提灯があるではないですか。で、お店に入りました。奥座敷にはテーブル席2つ・入口近くにもテーブル席2つ・カウンターには6席ほどの座席があります。

ラーメンの基本は塩・醤油(こってり・あっさり)・味噌ラーメンの3つ。後、キムチなどトッピングしたメニューが多数。私はいっちゃんお薦めの「ラーメンセット(醤油ラーメン・こってり+半チャーハン+餃子」を注文。ハム子はメインメニューの「塩ラーメン」いっちゃんさんは「ラーメンセット(醤油ラーメン・あっさり)+半チャーハン+餃子」を注文。

まず最初にハム子の「塩ラーメン」が到着。スープを一口分けてもらう・・・うまい!麺もスープに合ってうまい!もっと食べたかったが、ハム子の分を横取りしてはいけないと思い、すぐにハム子に返却。
次にいっちゃんと私の醤油ラーメンが到着。私の「醤油ラーメン(こってり)」はかなりの背油の量があり、トンコツベースの割合を多くした感じのラーメン。ベースのスープと醤油、ダシを効かせた方がいいかなとも思いました。
最後に、いっちゃんの「醤油ラーメン(あっさり)」スープを分けてもらいました。こちらの方は、昔ながらの京都背油系の醤油ラーメンで、表面のトンコツベースのスープを醤油と馴染ませた感じの少しコッテリした味。なかなか美味しかったです。

塩ラーメン、当たりでした!この近辺には悟空・よってこや・来来亭などの大手チェーン店がありますが、滋賀で塩ラーメンを食べるならココという味でした。大阪の有名店の塩ラーメン店と比較しても引けをとらない味。大満足!

最後に、これだけの味で価格が安い!半チャーハンはどう見ても普通のチャーハンの量と変わりが無い。ラーメン自体の価格も味と比較すると安い!食材に対する原価率はかなりのものだろうと思いました。
1月7日 土曜日、会社の上司と後輩の3人で『金久右衛門』に行ったのですが、行列で中に入ることが出来ません。回転率が悪いから横綱にしようということで『横綱 東大阪店』へ。横綱でも20人くらい待っている。お昼の休憩時間が残り少なかったので、ここで待つ事に。席に着き、注文を聞きに来る。「ラーメン(大)3つ。以上で!」店員のおばちゃんは唖然としていました。
待つ事約4分。ラーメンが到着。早っ!「ネギザルを後2追加でお願いします」と言い、「わかりました」と店員さん。上司と後輩は途中から唐辛子を入れ、かなり辛いラーメンに。そして、最後はザルに入ったネギを全てぶち込み、ネギラーメンに。今朝、ハム子から「大盛はダメよ!」と忠告されていたので、最後はラーメンをちょっと(ココがミソ)残しました。
1月5日  1月5日 年始の挨拶回りで上司と共に大阪市内へ。得意先の途中にあった『天下一品(松屋町筋店)』で昼食。ここの天一は初めて入ったのですが、かなり・・・な味。上司は「天一ってこんな味やったっけ?」と聞かれ、「こんな味じゃないですよ」と返答。私たちの後ろのテーブルに座っている人は唐揚げ定食を注文しており、唐揚げとライスは食べているのですが、ラーメン(あっさり)は8割ほど残っています。ハズレでした。 たまたまこの日はスープの出来がわるかったのかも。
1月4日 まず1軒目、『カドヤ食堂』へ。
開店の11時半にいっちゃんさんにDVDをお願いしていて、待ち合わせを。すると・・・神戸のスカパラさんがおらでるではないですか!!実を言うと、いっちゃんさんと合うのもガクガクブルブル状態。そして、神戸の玄人スカパラさん・・・相乗効果で、ガクガクブルブル×4になってしまいました。
開店5分前でしたが、色々話をしているうちにシャッターが開きました(この時、3人がシャッター(^-^;))以前、3周年記念の時に開店前から数十人が並んでいたのが不思議に思えます。年始は狙い目なんですね。
店内に入り、つけそばを注文。最初にスカパラさんの豚そばが到着。そして、いっちゃんさんと私のつけそばのスープが到着。麺はまだか〜麺は〜と思っていると、麺が到着。携帯で写真を撮る時間が勿体無いと思いつつ、写真を撮りました。ザルが器の底に敷かれていますが、これに関してスカパラさんが麺が水浸しにならないような工夫、いいですよね。と言われていました。いいです。水切り・吸水・・・明日から仕事・・・はっっ!思い出してしまいました!さてさて、つけそば・・・ウマイデス・・・ウマイ・・・メニューに普通・大盛・特盛りの3種類・・・特盛りで食べたいと思いました。

次に行ったお店は『志みづ』。いっちゃんさんと同じく、メインメニューの黒豚ラーメンを注文。
しばらくして、ラーメンが到着しました。スープを飲むと、関西のライトトンコツから進化した味だと思いました。ただ、このスープ、最近出来た新店のトンコツとは違い、昔ながらの味を進化させたものであって、今時の若い人達にはどうかと思います。何人かお客さんが来ている様子ですが、どの人も年齢で言えば50代以上と思われます。私は、10代前半から大阪のライトトンコツになれているので、その味からすれば問題ないのですが、昔の大阪ラーメンを食べ慣れていない方からすれば、ズレている味ではないかと思いました。
ただ、チャーシューは美味しい!
ラーメン居酒屋という趣旨もあってか、メニューの半分は居酒屋さんのメニュー。そして、どれも黒豚を中心としたメニューが多いです。どれも美味しそうだと思いました。ただ、この場所は阪急庄内の駅前。数多くの居酒屋さんがある場所。駅の帰りに1杯やって帰るという人は減ってきているんじゃないかと思います。しかし、店内にはボトルキープのお酒が数多くあるではないですか。そういう意味ではこの近辺ではかなりのレベルではないかと思われます。
1月3日 1月3日、初ラーメンにハム子と一緒に『天保山 麺哲』へ。
元旦以降、既にかなりのラーヲタの方が行かれていると思いますが、遅ればせながら行ってきました。

店内に入ると、庄司さんがいつもお世話になってますと言ってもらえてうれしかったです。ラーメンが到着すると、携帯のカメラで写真を撮るという怪しい光景。ココ、天保山はどちらかというと家族連れで来る事が多い場所。ちょっと恥ずかしかったです。

ラーメンに関してですが、両方高価な限定を食べるというのではなく、片方だけ高価なものにして、1つは通常メニューを頼もうということで、麺哲といえばメインは塩かなと思い、「プレ・ノワール鶏塩」と「醤油」を注文。鶏塩ラーメンは今までの麺とは違う感じの平たい麺で外側は水分率が高く、内側がモチモチとした麺になっています。後、鶏に関してですが燻製の鶏を使用している為、かなり香ばしいです。なかなかでした。
次に、醤油ですが麺・スープともに私の好みであっという間に食べてしまいました。美味しかったです!