メイン » » » 米井源治郎
よねい げんじろう

米井源治郎

よねい げんじろう

1861.10.19(文久1)〜 1919.7.20(大正8)

明治・大正期の実業家(明治屋・麒麟)

埋葬場所: 2区 1種 1側 7番

 岡山県出身。豪農米井仲平の次男として生まれる。苦学ののち1887(M20)慶応義塾卒業し又従兄弟の磯野計が経営する食料品輸入販売業明治屋商店の店員となった。 1897(M30)計が病没すると、その遺言により遺児菊の後見人として明治屋の発展に努め、1903合名会社に改組して社長、1911株式会社に改組して社長となった。
 1907近藤廉平、瓜生震らとともに、岩崎久弥の個人的支援の下にジャパン・ブルワリーを買収して、麒麟麦酒株式会社を設立。 専務に就任し、明治屋を専売店としてその発展を図った。また1897設立の鉄・機械輸入業磯野商会を継承して米井商会と改め〔1919(T6)合資、1921株式〕、輸出入業と請負業を営んだ。 他に桜セメント・日本硝子工業などにも関係した。享年59歳。

<日本近現代人名辞典>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。